FC2ブログ

英語多読 ‟The Big Wave”

ピューリッツァー賞やノーベル文学賞を受賞したパール・バック。
そのパール・バックが書いた児童書です。

多読のお仲間にお借りしました。
お借りすると、自分で買わなかったなぁと思う本と出合うことができますね。
「面白そう」とか思って英語の児童書を選ぶので、深刻そうな題名だと躊躇する私。
お仲間のおかげでよい本に出合えました。

     

★The Big Wave / Pearl S. Buck

農家の子キノは漁師の子ジヤと友達。
ふたりの少年は海で遊びますがキノはジヤや漁師たちが海を恐れていることを不思議に思っています。
ある日、キノたちの畑のまだ上の火山が煙をあげます。
そして、その後に「大きな波」津波がやってきたのです。
家を守ろうとするジヤの両親と兄。
両親は一番小さいジヤを山に逃げるように言います。
やがて津波は漁師の家々を持ち去り、
まるでそこには人が住んでいなかったかのように砂浜だけが残りました。
キノの家族たちはジヤを家族に迎えます。
ジヤはショックと悲しみから立ち上るのに時間が必要。
キノの家族たちは、ただそばにいてやり、ジヤの心を思いやり
ジヤはやがて悲しみから立ち上がるのです。

キノの父親の言葉
Life is stronger than death
何度も出てきますが、自分で悲しみを乗り越えることは重要ですが、なかなか時間がかかるのではと思います。
自分以外の助けも必要ですね。

物語の中でジヤやほかの漁師たちは、もと住んでいた浜に家を建てます。
前は海、後ろは山。
日本にはそんなところがたくさんあります。
ずっとずっと昔から、そんな惨事が起こっても日本人はそこで暮らしてきたのですね。

今では英語でもtunamiで通じますが、この本が書かれたころはBig Waveだったのですね。
パール・バックは中国で育ったそうで、日本にもいたことがあるそうです。
アジア的?いえ、日本的な感情も西洋人とは少し違って理解できたのかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 Step into Reading を4冊

お友達にお借りしていたSIR(Step into Reading)を読みました。
英語ネイティブの子供向けの絵本でレベル分けされているシリーズがいくつかあります。
そのうちの一つ。

易しい単語ですが、なかなか侮れない。
中学校や高校で英語を習ったはずですが、こんな単語は知らないよってのも出てきます。

    

ご存じコロンブスのアメリカ大陸発見の航海のお話しです。
かいつまんで、でもちゃんと子供が自分で読めるレベルで書かれています。

    

‟in”が感覚的にわかるようにストーリーになっています。
‟a”や‟the”の使い分けもさりげなくね。
辞書引くよりこんな感じで覚えると忘れないですね。
中学一年生くらい(あ、今は小学生から英語はじまるんでしたか?)に読ませたいですね。

    

韻を踏んであります。
韻というのがあまり日本で使う教科書に出てきませんね。(もちろん私の時代の教科書って意味ですが)
英語ネイティブのこどもたちはマザーグースや絵本で韻を踏んだ文章に慣れ親しんでいるので
次々にでてくるんですよねぇ~
リズムがいいので文章がいきいきしますね。
韻を踏んだ文章を書けと言われると、なかなか書けないなぁって思っちゃうのは私だけ?

     

久しぶりにSIRを読んで衝撃~
これ、簡単そうで簡単じゃないよ~
ヤクがyakしてるって絵でわかっても知らないわ、そんな単語~
エイのある種をskateと呼ぶことも初耳よ~
大体絵本の絵じゃエイの種類はわからないし、エイの種類なんてそもそも知らないよ~

この絵本、SIRの中で一番簡単なレベルの絵本なんですよぅ。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

母のお弁当

今日のお弁当はとっても手抜き~

    DSCN6158_convert_20161027102955.jpg

・鶏の照り焼き
・高野豆腐
・かぼちゃと豚ミンチの煮物

なんだかやる気がでなくて~

涼しく、いえ、寒くなってきたと思ったら夏に戻ったかのような気温。
体調が思わしくありません。

太ったし...でもダイエットにも気力が...

私はこんなですが、母はとっても元気。
風邪もひかないようですし、よかったよかった。

お弁当を話題にしておいてなんですが
健康診断に連れて行ったときに家で取ってこなきゃいけない検便。
これがなかなかうまくタイミングが合いません。
だってねぇ、わたしが来た時にうまい具合にもようすなんて...

ところが、リンゴのグラフティを食べた日には成功!
もう一回取れるかな~
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

ドイツ語多読 Maulwurfの絵本を2冊

前回に続いて、↓の絵本の中の2冊

    

一番上の2冊。
Maulwurfってモグラです。他の絵本にも出てきました。
絵本で多読してると動物の単語から増えてくのです。

★Der Maulwurf nach dem Regen

長雨が降ってモグラくんの家も雨漏りがしています。
でも、長雨の後は友達のうさぎやハリネズミといっしょにピクニック!

★Der Maulwurf reist ans Meer

モグラくんは友達のうさぎとハリネズミと一緒に「海」のお話しを読んでいました。
そして思い付いたのです!海に行こうって。
いろんな動物に「海はどっち?」って聞きながら、モグラくんは海に向かいます。


絵はかわいいのだけど、前回のペンギンのヤスパーのお話しより知らない単語がおおいかなぁ~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

リンゴのクラフティ

先日、りんごのタルトといい加減に焼いたの。
そしたら主人が「りんごのクラフティーのほうが好き」って~
だって、そっちのほうが手がかかるんだもん。(本当はそれほど手はかからないけど...)

なのでりんごのクラフティを焼きました~

せっかくなので、ついでに母にも小さいグラタン皿にクラフティを焼きました。

   DSCN6157_convert_20161026110418.jpg

持って行ってあげましょう~
また珈琲をいれてくれるかな~
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

野菜を注文するのが下手なんです、私。

またやってしまった~
20年ほど「らでぃっしゅぼーや」で野菜を配達してもらっています。

基本は「ぱれっと」と呼ばれるお野菜のセット。
それに定期便などもプラスしています。
なるべくスーパーで買い足さなくてもいいようにと思っているので
お肉や追加したい野菜も別に注文。

ところが、この野菜の注文が下手なんです。
「秋だわぁ。キノコが食べたいなぁ」と追加で椎茸を注文。
お野菜が届いてみると

    DSCN6156_convert_20161024181645.jpg

椎茸ばっかり3パック~
私が追加で注文したもの、「ぱれっと」に入っていたもの、そして今週のキノコでランダムにくるキノコ。
重なりました~

よくやるんです。「食べたいなぁ」って注文したものが「ぱれっと」に入っているってこと。
ちなみに今週は「白ネギ」も重なりました~

結局は使い切るんですが、それでも重ならないで別のものがあるほうが食卓がにぎやかですよねぇ。

白ネギと椎茸が重なりましたから、今日は鍋です!決定です!
ニラも届いていたので「カレー鍋」にしよっと。
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

英語多読 ‟Pretender”

アニモフスの23巻。
トバイアスが語り手です。

トバイアスが語り手の時はお話しが深刻な感じがします。
それはトバイアスの生まれに関係していて...

     

★The Pretender (Animorphs #23) / K.A.Applegate

トバイアスは天涯孤独。
2時間以上変身しているとその生き物から戻れなくなってしまうアニモフスたち。
トバイアスは人に戻れなくなってしまって鷹の姿になってしまった。
そんなトバイアスを心配する親はいなく、育ててくれた叔父叔母たちもトバイアスにあまり興味がない。
なので、人に戻れなくなってからも誰も彼を探すものはいなかった。
ところが、トバイアスを探す者が現れた。彼の従妹という。
本当に従妹なのか?
これは何かの罠なのか?
面倒を見てくれるという従妹と暮らすために永久に「人」になってアニモフスから離れるか。


今まで幼い頃から孤独だったトバイアス。
心を許し仲間と呼べるのはアニモフスのメンバーだけ。
自分のことを本当に心にかけてくれる身内がいるなら、人生を選びなおせるかもしれない。


アニモフスのメンバーの中でも特別な立場のトバイアスです。
でも、それはトバイアスの生まれながらの宿命だったのですが...

どきどきする巻です。
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

久しぶりに着物の話

ここのところ涼しくなって、やっと袷の着物が着られそうですね~
それでも、時々みょうに暑い日があったりして
袷の着物で大汗なんて嫌ですから、なかなか袖を通せません。

ちょっと前に縫い上げた着物にどの帯を合わせましょう~

    DSCN6153_convert_20161022191500.jpg

色が気に入って買った帯。
芯が入らない帯なので自分でチクチクとかがりました。
もちろん、和裁の先生にちゃんと教えていただきましたので、きれいに仕上がってうれし~
合いますか?

    DSCN6154_convert_20161022191644.jpg

こちらの帯は博多帯。
お気に入りでまだ未使用。
でも、色が合いすぎでしょうか?





今日は灘のお酒のイベントがあったので、久しぶりに着物で過ごしていました。

      DSCN6155_convert_20161022191733.jpg

ちょっと、ぐずぐずしわしわ~
図書館に車で出かけてから撮ったのでぐずぐずです。

館林木綿着物。木綿ですからもちろん単衣。お酒がかかっても自分で洗えるので平気です。
帯留めはドングリ。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ショック

平尾誠二さんが亡くなりました。
ショックです。
まだまだお若かったのに。

ワールドカップで日本ラグビーチームがいい試合をした
あの時に平尾さんが解説にも出てこなかったのが気にかかっていました。

日本でラグビーワールドカップが行われる前に亡くなってしまうなんて


あの頃...
同大、強かったなぁ~
神戸製鋼、強かったな~

悲しいなぁ
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

金木犀が咲いていました。

先日、実家に行くと金木犀が咲いていました。

    hana_convert_20161020134848.jpeg

ちょっと前に植木屋さんに庭の木や生垣を切ってもらったので
金木犀が咲くかしら?と心配していたのですが、ちゃんと咲いてくれました。
金木犀の香りが台所の窓から入ってきて、季節を感じさせてくれます。

母の「鰻事件」で疲れてしまいました~
今日はお茶でも飲んでゆっくりしようと思います。(しなきゃならないこともあるけど...)

金木犀のお茶にしましょう。
金木犀は「桂花」(ケイファ)と中国では呼ぶようです。
桂花烏龍茶というのも売っているのですが、今日は凍頂烏龍茶に桂花を入れてみました。

    DSCN6152_convert_20161020141440.jpg

金木犀の花を乾燥したものが売っています。
これを烏龍茶にひとつまみ入れ熱湯でお茶を入れますといい香りがします。

少し疲れがいえたかな~
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

小指に黒猫~

ジェルが浮いてきている気がしたので変えました。

    RSCN6149_convert_20161019092140.jpg

え~っと小指に黒猫がいるのですけど

     RSCN6150_convert_20161019092844_201610190929365ee.jpg

ほらね、いるでしょ?
小さすぎてきっと誰も気が付かない。
自己満足
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

また鰻を買ったのね...

母の好物は鰻。
他にもいっぱい好物はあったけれど、年を取って歯が弱くなって食べられなくなっちゃった。

先日、ヘルパーさんより電話がありました。
めったにないことなので、何事かと思いましたら
「お母さん、また鰻を注文されたようです。電話がかかってきていました。」

あら~また買ったんだ~
買うのはいいのですが、全部解凍しちゃうのでこまるのです。
「冷たいから腐ってないよ。」なんて冷蔵室に入れとけばいいと思っている。

それに、ちょっと前に訪問詐欺みたいなのにハンコを押したこともあったので
お金を持たせなくなったので配達が来てもお金が払えません。
たぶん、着払い。振込用紙が入っているのかな???

また、高~い鰻を買ったんだろうなぁ~(ため息~~~)

気を取り直して、今日も母にお弁当を作ってみました~

   DSCN6151_convert_20161019123532.jpg

・ポテトサラダ 
・アミエビ入り玉子焼き
・鶏レバーの生姜煮

母がたぶん好きだと思うポテトサラダをたっぷりめに入れておきました。
後はコロッケを母のところで揚げてあげようと思います。
あっ、ジャガイモばっかりだ!まぁいいか...(失敗~)
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

ちょっと咳がでるので

季節の変わり目で、ちょっと咳がでたりしていました。
乾燥に弱いです。喉がちょと弱いので。

そんな時に肺に良いと薬膳で言われるのが白い食べ物。
肺といっても西洋医学で言う臓器の肺だけではなく
薬膳(中医?)では肌や呼吸器なども含まれるそうですよ。

季節で、ちょうど梨が届いていたので
梨と白きくらげでスイートスープにしてみました。
薄ーく甘味を付けたお湯で少し煮ただけ。
季節の変わり目は気を付けないと、うっかりすると体調をくずします。

   あったか、甘~い 梨と白木耳のスープ


テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ドイツ語多読 Jasperの絵本を2冊

以前に多読のお仲間にいただいたドイツ語絵本。
8冊セットだったのですが、その時の私にはちょっと難しかったので置いてあったのです。

置いていた間に何かが熟成したのか?読めるようになっていました。
ほんと~にちょっとずつの進歩ですね、私。

    

↑の中の2段目の2冊を読みました。
手のひらサイズの絵本8冊セット。

★Jasper macht Limonade

ペンギンのヤスパーはある港町に住んでいます。
仲間たちが住んでいる南極から遠く離れて。
時々ボトルに手紙を入れて海に放って南極にいる家族に手紙を送っています。

友達の女の子エマとフリーマーケットに参加したヤスパー。
ヤスパーが売りに出したのはレモネード(お魚バージョン)。
ひどい匂いと味に人間は逃げ出しますが、ネコちゃんたちには大歓迎~
木に登って降りてこないネコちゃんに困った飼い主を助けたことから
この特製レモネードは売れ行き上々となりました。

★Jasper bekommt heiße Füße

時は夏。ペンギンのヤスパーの足には熱くなった地面はたまりません。
エマと一緒に靴屋さんに買い物にいきますが
ペンギンの足にぴったりの靴などみつからず
でも、ヤスパーはいいものを見つけました!

シリーズでこのヤスパーのお話しはあるのでしょうか?
ヤスパーがどうして南極からここに移り住むことになったのでしょう。
ヤスパーのお話し、もっと読んでみたくなります~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 ハロウィーンも近いので魔女の絵本を2冊

以前から図書館でお借りしている「魔女のウィニー」のシリーズ。
あら、まだあったんだーと見つけてはお借りしてきます。
7冊目です。巻の順番はわかりません。

   

★Winnie's Midnight Dragon / Valerie Thomas and Karky Paul

ウィニーが眠っていると、物音にネコのウィルバーが気が付きます。
ドアのキャットフラップを開けてみると、真夜中の訪問者はネコではなくてドラゴン!
ドラゴンの赤ちゃんが入ってきてウィニーの屋敷は大騒ぎ~

魔女のウィニーは悪さをする魔女じゃなくてトラブルを呼び込んじゃう魔女なのね。


もう一冊は前に読んだ絵本のように積み上げ歌になっています。

   

★There was an Old Witch / Howard W. Reeves、Illustrated by David Ctrow

魔女はコウモリがほしいようです。
でもその前にネコを捕まえます。
ネコを捕まえるために生き物を作り出します。
でもその生き物を捕まえるためにミイラを...

ハロウィーンバージョンの積み上げ歌です。

韻を踏んでいるのでリズムよく読むと面白い。

ハロウィーンのパーティーって今では日本でも若い人はするみたいですね~
騒ぎたいから何かきっかけを探してるんでしょうけどね。
どうなんでしょ?
こどもならかわいいもんですけどね。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

四万十の鰻と香るお米

結婚記念日を毎年忘れちゃって~
ふたりとも忘れるので、もめません。
今年は主人が覚えていました。
もっと前から思い出していれば計画もしたんでしょうけどねぇ。

突然思い出したものですから、思いつきでまた高知に行ってきました。
たったの一泊ですがリフレッシュしてきました。

いつものように食べてばかり~
もちろん、おいしいものを食べに来たのですからね、これでいいのだ!

高知はもちろんカツオ。
戻りガツオのシーズンで、まるで高知のまわりの海にはカツオしか泳いでいないかのようです。
それもたくさん食べてきたのですが、結婚記念日なので奮発して四万十の天然うなぎを食べてきました。



こちらのうな重は関西風。関東のウナギのかば焼きのように蒸しが入っていません。
好みはそれぞれですが、私は断然関西風!大阪生まれ大阪育ちですからね。
最近は関西でも蒸しの入ったウナギのかば焼きが主流だそうです。
まぁ、養殖のウナギは脂っこいかも。蒸したほうがおいしいかもしれません。

天然のうなぎ、おいしいですが母には食べにくいかなぁ~
皮に弾力があるんです。
なので食べたときの食感が違います。
天然は当たりはずれがあると聞きますから、私たちは偶然当たりを引いたのかもしれません。
美味しかったです。

いつも食べてる養殖の国産ウナギって...
土用に精を付けるといって食べますが、養殖じゃ精が付かないかもよ~

のどかな風景の中ドライブしていますと稲刈りをしている田や稲を刈ったばかりの田が。
新米の季節です。
我が家でも先日から新米を食べ始めました。
そうそう、新米を買って帰るといいなぁ~

買ったのは香ばしい香りがするという仁井田米。
以前に少し買って家のお米に混ぜて炊いてみたのですがよくわからなかったのです。
今回は100%仁井田米炊いてみようと買って帰りました。
炊いているときから香ばしい香りが台所に立ちこめます。
いい香り~
いろんなお米があるんですね~


食べすぎたのでダイエットと思っているのですが
このご飯がおいしくて~困ります~
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

母のお弁当 汁がもれそ~

今日の母のお弁当は
先日の我が家の「うどんすき」の時に残っていた白菜を使いました。

     DSCN6147_convert_20161013111034.jpg

・白菜と京揚げの煮物
・ピーマンの肉詰め
・ミニトマト

京揚げがおいしそうだったので白菜と煮ました。
でも、汁がもれそうでひやひやしながら持っていきました。
学生さんのお弁当で一番嫌がられるパターンですね。

肉詰めや、白菜を柔らかくなるまで煮込むのに時間を取られたのでトマトは湯むきなし~
「食べられる?」と母に聞くと「大丈夫や!」というのでそのままにしておきましたが
食べ残されてる予感がします。

おやつにシュークリームを持って行ってコーヒーを一緒にしました。
コーヒーはサイフォンで母が入れてくれました。
できるんだねぇ、いろんなこと忘れちゃうのに珈琲を点てることは覚えてる。
不思議な母の頭ん中。
でも、母のできることをみつけると、なんだかほっとします。
珈琲おいしかった~
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

英語多読 ‟Blackout”

まさに、東京で停電が起こっていた。
関西は全く関係なかったので、これは偶然に図書館でお借りしてきた絵本。

    

2012年のコルデコットのオナー賞になった絵本です。

★Blackout / John Rocco

男の子が、家族と遊びたくてもみんなパソコンをしていたり忙しくて相手にしてもらえません。
と、そこで突然の停電!
懐中電灯を手に最初は何もできなと思っていたけれど
屋上に上ってみると、それぞれが大停電を楽しむ姿がありました。
懐中電灯の下、みんなでボードゲームをするのもたまにはいいね!

私がこどものころ、いまよりもっと停電が起こっていたと思います。
ロウソクはそのころ各家庭にあったものだと思います。
今なら懐中電灯だけど~。
もちろん、私の子供のころにも懐中電灯はありましたが、
なぜだか停電でおもいだすのはロウソクなんですよね~
   
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

紅玉りんご

近頃、ちっともお菓子を焼くこともなくなったのです。
紅玉が酸っぱくて好みの味のりんごです。
どちらかというと果物はあまり食べないのですけどね、季節を感じます。
香りが好きなのかもしれません。

ただ切って並べて、卵黄に砂糖と牛乳を混ぜた液かけて焼いただけ~

     DSCN6146_convert_20161011183053.jpg

焼いているときがいい香り~♪

昨晩から急に寒くなって、らでぃっしゅさんから届いたお野菜の箱に白菜やネギが入っていました。
鍋だな~。「うどんすき」にしましょう。

うどんすきの後にこのデザートが食べられるかしら???
     
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

べっ甲に見えるかな~~~

ネイルを変えて写真を撮ったのはずいぶん前になって
今は薬指にパールを付けています。

    RSCN6132_convert_20161009162539.jpg

簡単そうでなかなか思ったようにできません。
素人の中でも下手ですなぁ~

今はミラーネイルが気になっています。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 ‟Nana in the City”

図書館でお借りしてきた絵本。
おばあちゃんと男の子の表紙がなんかいいなぁと思ってお借りしてきました。
表紙は、ふたりが紅葉の中を歩いているのです。
なんだかほっとする絵です。
個人的にはネコちゃんが描かれているのがツボだったりします。

2015年のコルデコト賞のオナー賞の絵本です。

     

★Nana in the City / Lauren Castillo

僕は都会にやってきました。おばあちゃんが住んでいます
僕はおばあちゃんがだーいすき!
だけど都会はうるさくて、人がいっぱいいて、なんだか怖いものもいっぱいで
好きじゃない

男の子は、おばあちゃんはうるさかったり怖かったりしないのかな?って聞きます。
おばあちゃんは自分が大好きな都会を好きになってもらおうとある考えを思い付きました。

NYの街の生活が子供の目を通して描かれています。
うるさいだけの音だと思っていた中に素敵な音を見つけたり
人がいっぱいなのも楽しいと思えたり

柔らかい絵がきれいな絵本です。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 ‟The Apple Pie that Papa Baked”

積み上げ歌ってご存知でしょうか。
「ジャックが建てた家」‟The House that Jack Bilt”が有名でしょうか。
この絵本も積み上げ歌になっています。

    

★The Apple Pie that Papa Baked  / Lauren Thompson、Illustrated by Jonathan Bean

「アップルパイ、パパが焼いたの。あったかくて甘いのよ。」
で始まる積み上げ歌です。
that Papa bakedで終わるのですね。

「ジャックの建てた家」は有名なナーサリーライム(マザーグース)なので
検索するといっぱい出てくると思います。

どんどん積みあがっている文章はthatでつながっていきます。
日本語に訳されるとつまら~ん文章になります。

「パパが焼いたパイです。」と訳すとthatの後が前に来ちゃいますよね。
そういう風に学校で訳したと思います。
「関係代名詞」って学者さんが名付けたんだねきっと。
「これが出てきたとたん英語の授業が難しくなった。」って何度も聞きました。
(私は授業をいい加減に聞いていたのでその時に難しくなったかどうかすら覚えていません。汗)
私たちは学者になりたいわけじゃない。英語が話せるようになりたいな~。違う?

「関係代名詞を学ぶためにはこんな絵本がいい。」なんていいません。
「関係代名詞」なんて謎の言葉は忘れちゃえってことです。

りんごがいっぱいあるの
それはね、パイになるの
それはね、パパがやいたの~

それだけのことなんです。それはね~ってどんどんお話しできちゃう。
「何か」説明するのにとっても便利な言葉「that」(thatじゃない場合ももちろん便利でしょ?)

語数370語 YL0.5~YL1くらいかな?
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

栗の箸置き

箸置きって小さくてかわいいので好きです。
先日、友達が神戸に来てくれて、ランチしてかき氷食べてきました~

氷は秋のかき氷「栗氷」

     kuri_convert_20161007130130.jpg

小物や雑貨なんかを見ながらぶらぶらしてきました。
その時買った栗の箸置き。二つ買いました。

     DSCN6140_convert_20161006160342.jpg

以前はお客様が来た時にと思って5個買っていましたが、
最近は母のことなどで忙しく、家に人を呼ぶ心の余裕がありません。
なので、箸置きはふたつ買うようになりました。

「栗の箸置きって、箸が転がっていきそうだよね。」と主人。
ええ、そのとおり。だから葉っぱがついてるのね。
最初「栗に葉っぱ?」と不思議に思ったのですが、栗だけだと箸が転がってしまいますものね。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

母のお弁当 鱧も名残の鱧ですわぁ

母のお弁当に鱧の天ぷらを入れました。
台風がきたり、夏か?と疑うような気温になったり。
それでも日が落ちるのは早くなり、もう10月。

鱧を食べるのもそろそろおしまいでしょう。

   DSCN6141_convert_20161006160248.jpg

鱧を天ぷらにして、油をだしたついでにサツマイモの天ぷらも♪
作り置きの五目豆とゆで卵。
鱧がいっぱいでトマトを湯むきしたのに入らな~い。
まっいっか~
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

英語多読 ‟House Held Up by Trees”

Jon Klassenさんイラストの絵本です。お話しは別の方が書いています。
今まで読んだクラッセンさんの絵本と感じが違って
ぐっと抑えられた、静かなお話しなのです。

   

以前に読んだのは↓

   

あぁ、でも色使いはクラッセンさんですねぇ。

★House held up by Trees / Ted Kooser、Illustrated by Jon Klassen

その真新しい家はポツンとたっていました。
周りは林や茂みがありましたが、家の周りだけはお父さんがいつも面倒をみて
きれいに刈り込まれていました。
子供たちが巣立ち、お父さんが一人暮らしていたけれど
とうとう売ることになりましたが、買い手がつかずにおりました。
きれいに刈り込まれていた家のすぐそばまで茂みができ
なんとその木々がゆっくりと、その家を持ち上げていきました。
まるでツリーハウスのように。


先日書いたバートンさんの「ちいさいおうち」を思い出しました。
でも、あのように擬人化されておらず
その家はただ静かに同じところに建っているのです。
家から遠ざけられていた茂みは自由に種を運び、音もなく時間をかけて家を持ち上げていった。
自然の静かな歩み。しなやかで強いですね。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌