FC2ブログ

中国茶の試飲会

なんだか、あっという間に時間がたってしまって...
お茶の試飲会に参加してきました。

🍂清境高山茶

 清境は台湾の山の名前だそうです。
 高い山で取れるお茶はおいしいといいますね。
 上品な香り高いお茶でした。

🍂清香 金萱茶

 よくミルクのような香りと言われる金萱茶。
 コンテスト受賞のお茶だそうで、ふわりと柔らかく、
 独特の製法だと聞きましたが、製法などわからない私。
 焙煎の技術の高いお茶屋さんですが、柔らかなあさい焙煎でいいお味~

🍂東方美人

 ちょっと紅茶に似たような感じの東方美人茶。
 とってもお値段のする東方美人茶も試飲させていただいて、飲み比べ。
 試飲会はいろいろ飲むので、まだ飲める茶葉を捨てて次のお茶をいただくのですが
 これは10gで5000円弱...何煎も入れて飲ませていただきました。

おいしい東方美人茶を見つけられなくて、お手軽なティーバッグのものなんかを買ってみたりしていたのです。
もちろん、比べ物になりません。 ただ、10gが5000円もしては気軽に飲めません、懐具合も考えてお安い方を購入。
といっても、お安い方でもとってもおいしくて、よいお買い物だったわと思っております。

有料試飲会で(お茶菓子はもちろん、デザート付き)試飲したものを買って帰ることもできるので
家でも楽しもうと買って帰ってきました。

浴衣を着ていきましたわ。

   DSCN6032_convert_20160731090915.jpg

母のお下がりの半幅帯。
昔のものは幅が狭いのです。帯板がはみ出ちゃう!
なのでずらして結んでいます。
スポンサーサイト



テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読“Wait!”

図書館でお借りしてきた絵本。

殺伐とした時代。最悪な事件。
現実から目を背けたいけれど、現実はそこにあるのですよね。

心を育てるのってどれだけ大変なことなのでしょう。

絵本はほっと心を和ませてくれます。
やさしい子がたくさん育ってくれる社会になりますように。

   

★Wait / Antoninette Portis

電車に乗ろうと急ぐお母さん。
でも、手を引かれたこどもは「待って!」
こどもには立ち止まってじっくり見たいものがいっぱいあるの。
「急いで、急いで~」とお母さんは言いますが。
こどもはまた見たいものを見つけちゃう。
でも、最後はお母さんも立ち止まって、ふたりで「待って~」

立ち止まって眺めたり、考えたり。
大人にも大切ですね。

でも、気がせくお母さんの気持ちもよくわかるけどね~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 ‟Beady Bear”

図書館からお借りしてきた絵本です。
つぶらな瞳の熊さんはぬいぐるみですよ♪

    

★Beady Bear / Don Freeman

男の子にかわいがられていたゼンマイ仕掛けのぬいぐるみの熊。
本物の熊が洞穴で暮らしていることを絵本で読んだぬいぐるみの熊は、住むところはそこだと思います。
雪の中を歩いて洞穴へ。
住み心地を整えて...そんなとき物音が!
やってきたのは男の子。よかったね~

熊のぬいぐるみの絵本ではこちら↓がよく知られていますよね。

     

同じ作者さんです。
ほのぼのした気持ちになる絵本です。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

3週間前のネイル

自分の記録用にせっかくだから残しておきます。

     DSCN6035_convert_20160724135838.jpg

あぁ、ピンボケ~
金魚のシールを貼ってみました。

この前に母にもネイルをしたのです。
金魚のシールを貼ってあげたらかわいかったので、自分にも。

現在、もう爪がだいぶのびちゃっています。
でもまだしっかりついているのでお直しするかな?
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

今日の母のお弁当

母のお弁当に季節を感じるものを入れたいと思っても
ちょっと歯ごたえがあるだけで「硬い、たべられへん」というのです~

今日は冬瓜を煮たのを入れてみました。
これなら柔らかいでしょ!

    DSCN6041_convert_20160724135935.jpg

・鶏のかば焼き
・プチトマトの湯むき
・空芯菜のお浸し
・冬瓜と鶏団子の煮物

緑のお野菜を入れたいと野菜室をみたら、ホウレンソウがなくて空芯菜...
母は食べたことないと思うの。味は大丈夫だと思うけれど、茎の部分は硬いかしら?
細いところだけ刻んで入れてみたけれど、残すかな~。

お浸しには普通のお醤油じゃなくて粉醤油を使っています。
お弁当にはこのほうがいいかな。
いつも使っているお醤油屋さんが粉醤油も作っていたので使っています。

前回のお弁当は

    DSCN6034_convert_20160724135756.jpg

ダイエットのためキャベツだけ?
いえいえ、コロッケが気に入っていたので、こんどは母のところで揚げてあげようと思いまして、キャベツだけ。
ところが、キャベツの千切りは硬くて食べられないことに後から気が付きました~。失敗!

まぁ、キャベツくらい残してもいいですけどね。
レタスを千切りにしたらよかったかなぁ~
トマトの湯むきと大豆のチリコンカンは食べてくれました。

さて、お弁当もって行ってきます!

ドイツ語多読 何度目の再読かな?

ドイツ語教室に通い始めたのでドイツ語にふれる時間が伸びました。
もしかしたら知ってる単語が増えてるかな~と易しいのを再読中。

教室に通う日は母のところから直接行っているので、電車の中で英語の本を読んでいると頭がドイツ語に切り替わらなくて~
あまり器用じゃないのです。
なのでドイツ語の日は英語の本は読まないようにしています。

Produkt-Information  lesemaus2.jpg

lesemaus3.jpg   lesemaus4.jpg

lesemaus5.jpg

いくつかの単語をスペルの代わりに絵で書かれていて、挿絵もあって
まったくドイツ語の単語を知らなかった私が「お話しが少しわかる」と思えて、ドイツ語の多読が続けられる手助けになってくれたシリーズです。
数冊持っているので再読しています。

でもね、お話しはだいたいわかるのですが、まだまだ知らない単語がいっぱい。
知っている単語はたしかに増えているのですけれどね。
気長にやっていこう~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

体重はもどったわ~

先週いえ、もう先々週になりました。
友達と博多に行っていました。
学生時代のギターマンドリン部の指導をしてくださっていた先生が九州で演奏会をされるので行ってきたのです。

九州には学生時代の友達がいます。
もうひとり誘って3人で博多でおいしいものも食べてきました~

いえいえ、第一の目的は演奏会ですよ。
それでもおいしいものはいただきます!

まずは大宰府でお昼ごはん。(いえ、もちろん天満宮にも行っておりますよ。おほほ~)

  hakata1_convert_20160721163717.jpg

私はそば寿司。
友達ふたりは梅そうめん。
大宰府の飛梅にちなんだメニューでしょうか?

  hakata2_convert_20160721163758.jpg

演奏会の翌日はランチの和食御前に

   hakata4_convert_20160721163940.jpg

生きのいいイカの造りもいただきました♪

   hakata3_convert_20160721163830.jpg

二泊三日の旅でおいしいもの散々いただいたので、帰ったら1.5kgほど増えていました~
あらあら大変~
二泊三日で増えた体重を元に戻すのに1週間かかりましたわ。
でも、特別なことをしなくても、普段の食事に戻しただけで戻りましたから、まぁいっか~。

楽しかった二泊三日の旅のお話しもおいおい...
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ドイツ語の講座に申し込んでしまったのです

申し込んだのは地域のコミュニティーの講座。
語学教室などとくらべるとはるかにお安いお月謝です。

先生はドイツ人。
あ~、ドイツ人のドイツ語が聞けるのもおもしろいかなぁって思っていたのです。

この講座、私には難しすぎるのです。
教科書はドイツのもの。
私の読んでいるような易しい絵本に出てこない単語続出~
おまけに講座はドイツ語...お手上げ~
そして、クラスの人たちは多数がこのクラスの常連さんのご様子で
先生とドイツ語でお話しされてます...なにを話していらっしゃるのかはわかりかねます。(涙)

でもね、月謝は払っちゃったわけですから通いますよ。
宿題もいっぱいでます。
きっちり講座の期間内にテキストを終わるために宿題で進んでる感じ。

最初は宿題も出したいとあがいていたのですが、あきらめました。
次の講座で進むだろうところをせっせと予習。
そうすると、少しは講座の内容がわかるのです。

いっぱいお勉強する時間があればいいのですが、それはちょっと無理なので
予習を一番、次に復習、宿題は一番後回し~ってことにしました。

貴重な時間とお金を使っているのですから無駄に過ごしたくない。
この講座では(どこでもそうかしら?)文法を勉強しています。
私は文法がさっぱりなのです。
でも、何度も受講している人が多いので文法の説明は比較的サラッと流れていきます。
これが私には幸いしています。

文法を突き詰められるとしんどいです。
ごくごく基本かしら?くらいのドイツ語文法しかしらない私。
絵本を読んでいるだけだと、それほど文法を気にしなくても内容がわかるのです。

先日の講座は「関係代名詞」(だと思います。ドイツ語でも関係代名詞って文法用語でしょうか?)が出てきていました。
derとかの後に名詞がないので、絵本で見かけたときは「derの後の名詞を省略しているのかな?」と思って読んでいたのです。
それでもたいがいは文章の意味がわかるので、動詞の位置が後ろだとかどうだとか気にしていなかったの。

最初から文法で関係代名詞を説明されて、語順などを勉強していたら私は投げていたかも。
今までに読んだことのある文章の説明として関係代名詞が現れたので、そういうことか~とすんなり受け入れられました。
読んでいた絵本の文章がなんとなく思い浮かんで、ふ~んという感じです。
自分で文章をドイツ語で書くには(ドイツ語で話すには)なかなかまだ使えそうにないけれど、なんだか心に残りました。

使っているテキストはドイツのものなので、ちょっとおもしろいの。
電話の応対の仕方のお勉強かしら?とおもいきや
電話でのクレームを言っている。あちらこちらの部署に回されて怒ってる。
つぎのページには手紙でクレームをつけている。
(最後には、「もし返事がいついつまでにこなければ...」なんてちょっと脅してる?)
ドイツ人ってどれだけクレームつけるん?

先生も、「日本人はこんなにクレーム言わないよね。ドイツではこれは普通だよ~」って笑ってました。
クレームを言うことがテーマではないようですが、なんだかお国柄がでていて面白い。

4か月、週一の1時間の講座を2回分でテキスト1冊がおわるようです。
講座がちょっとおもしろくなってきたので、ドイツ語絵本を再読してみよ~
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 ‟I Want My Hat Back”

先日読んだJon Klassenさんの絵本です。
この絵本がイラストもストーリーもクラッセンさんが描いた初めての絵本だそうです。
それまでは絵本のイラストを描いてらした。

先日の絵本は帽子を取っちゃったさかなくんでしたが、
今回は帽子を取られちゃった熊さんです。

     

★I Want My Hat Back / Jon Klassen

「ぼくの帽子しらないかい?」と聞いて回る熊さん。
何匹も聞いても知らないって。
でも、鹿さんが聞きました「どんな帽子?」
「赤くてね、とんがってて...」
自分がその帽子を見かけたことを思い出した!
帽子は取り返した!
そして、りすくんが聞きました。「うさぎくんに会わなかった?」

ぐふふっと笑うか。きゃ~と言うか。

この絵本も前回の本と同じく長谷川義史さんの訳で日本語版になっています。

    

大阪弁です!
題名しか知らんねんけどね。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

お弁当箱を忘れてきちゃった~

母のところへお弁当を持っていくのですが、お弁当箱を回収するのをわすれちゃうんですよ~
なので、母のところにふたつお弁当箱がたまっているはず。
ちゃんと洗っておいてくれるのですが、ぽいっっていろんなところに置いてくれるものですから...
急いでいると探しそびれて、そうこうしているうちにすっかり忘れて帰ってしまう私。
ふたりともボケてて「大ボケ小ボケ」です~

  DSCN6030_convert_20160713122147.jpg

前回のお弁当。
・コロッケ
・アミエビとネギ入り卵焼き
・茄子の揚げ浸し
・五目豆

五目豆はスーパーで売っているものなんかを冷蔵庫にも入れておいてあげるのですが、
私が煮たものも食べてもらおうと、実はゴボウがないので四目豆なんですけどね~

このお弁当箱がふたつ目のお弁当箱。
子供がいないのでお弁当箱というと私が仕事をしていたころのものなんですが
どれもこれも、お昼ご飯用ですこし小さめなんです。
母のは夕ご飯だし、小食でないことがわかったので少し大きめを探しました~

二段になっていて、このほうがおかずによっては入れやすいかも。
ただ、内蓋やら二段になっているやら、パーツが多いと母にどれかのパーツを捨てられちゃいそうだなぁ。

  DSCN6031_convert_20160713122245.jpg

・鯖に煮つけ
・高野豆腐の煮物
・かぼちゃの甘煮
・野菜たっぷりマカロニサラダ

マカロニサラダちょっと失敗。
中に入れたニンジン、いつも私たちが食べるときと同じように生の千切りで入れたんです。
母には生の千切りニンジンは硬いかもしれない。
ちょっと茹でて入れてあげようと思っていたのにすっかり忘れてしまいました。
ニンジンがなるべく入らないようにしてみたけれど、どうかしら?

さっ、おべんともって行ってきまーす!

英語多読 Mo WillemsさんのやんちゃなPigeonの絵本

このハトくんのシリーズの最初の絵本は”Do't Let the Pigeon Drive the Bus”でしょうか?
おもしろいシリーズです。

今日、図書館でお借りしてきたのは2冊。

     

★The Duckling gets a Cookie!?

小さいアヒルちゃんはかわいいから「クッキーちょうだ~い!」っていうとすぐにもらえちゃうのです。
「いいよな~、おちびちゃんはかわいいからすぐにもらえるんだ。」とすねるハトくん。
ナッツ入りのクッキーをくれるというアヒルちゃん!
いいやつだ~っと思ったら...

     

★The Pigeon needs a Bath

ハトにお風呂なんていらないのさ~。
臭くなんてないさ。クンクンしたってハトの匂いがするだけだ!
といっぱい言い訳するハトくんです。
でも、いったんお風呂に入ってみるとね~♪

このハトくんのシリーズ、ほかにも図書館にあるかな?
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌