FC2ブログ

英語多読 ORT Stage 1+ First Sentences

これで、市の図書館に置いてあるOxford Reading TreeのStage1は全部借りれたのかな?
昔、お友達に貸してもらって読んだものも、読み返してみると楽しいのです。
語数なんてほんのちょびっと。

英語多読とはいうけれど、語数の多さは本当に関係あるかな~
一冊で1万語の本を読むよりも、100語の本を100冊読んだ方が得るものがあるように思えます。

   

★Hide and Seek

Can you see me? Yes,I can see you。
なんて続きます。かくれんぼ~
絵が楽しいですよん♪

    

★Look at Me

チップが「ママみて~!」と得意げに自転車に乗って見せます。
あ~水たまりが~。
今度はママが“Look at me!”

    

★Go Away,Floppy

あそんで~あそんで~ってフロッピーがボールをくわえてやってくる。
でも、こどもたちも、ママもパパも「あっちいってー」って~
あ~らフロッピーかわいそう

     

★Reds nad Blues

赤いシャツを着たチーム、青いシャツを着たチーム。
They were in red.だしThey were in blue.
でもサッカーをしていると...They are all muddyになっちゃいますね~

ラグビーも雨の中でも試合が中止になりませんから
テレビを見ていてどっちのチームかわからなくなるくらいに泥だらけってこともよくありますね。
それならまだまし。雨がひどくてまったく見えなく音だけでテレビ見てた(?)ことも...

     

★Big Feet

チップが玄関ドアの前に大きな足跡をみつけます...
Come and look at this 
モンスターかしら?恐竜?巨人かもしれな~い!

     

★Kipper's Diary

キッパーが絵日記を書いています。
曜日の名前、日記だから過去形というわけですね~

スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 ORT Stage 2 Stories

ORTのStage2を読んでいます。
文章は短い文ですが、過去形が出てきています。
今まででも出ていましたが、もっと意識的に過去形を使っているのかな?

                     
 
★The Toys' Party

キッパーはパーティーをしたいのですが、パパもママも兄姉たちも来てくれません。
なのでぬいぐるみを連れてきてパーティーを始めます。

Mum was cross.なんていうcrossの表現はORTを読んで初めてしりました。
再読なので、何年前でしょう。イギリス英語???中学では習わないかな?

キッパーのパーティーが大変な事になっていくと、ぬいぐるみたちの表情が~(笑)絵本ならではですね。

                     

★New Trainers

チップのスニーカーがダメになってしまって、新しいのを買ってもらいました。
いつものようにサッカーをしたりして遊んでいると、せっかくの新しい靴が泥んこに~

文章には出てこない絵でもう一つお話が進んでいて、おとぼけのパパさんがまたやらかしてくれます♪

Trainersって呼ぶんですねぇ。イギリス英語ってことですね。

                 

★A New Dog

キッパー一家が犬を飼いたいとドッグホーム(日本なら保健所かな~)に行きます。
家族それぞれ好きなワンちゃんのタイプが違うのですが、
みんなの意見が一致するわんちゃんと出会います。

キッパーたちがフロッピーとであったお話です。
ペットショップじゃなくて、保健所みたなところであずかっているワンちゃんをもらいにゆくお話は英語の本を読んでいるとよく出会います。
イギリスの本でもアメリカの本でもであうのです。
そういうの、いいですね。
                 

★What a Bad Dog!

みんなが気に入ってキッパーたちの家にやってきたフロッピーですが
いろんなことをやらかして、家族はちょっと困っています。
夜中にあまり吠えるので眠れないパパさんが行ってみると...
な~んっていい子なんだー!えらいよ、フロッピー!

                  

★The Go-Kart

パパがゴーカートを作っているとビフとチップが取り合いして兄弟げんかに!
一つしかないと取り合うのは万国共通~

お隣のおじさんの禿げ頭も登場~

               

★ The Dream

ビフが夜眠れなくて、パパが本を読んであげますが、その本の龍が夢にでてきて~
ママが夢見がよさそうな本を読んでくれます。

ビフの夢見が悪いと一緒に寝ているぬいぐるみたちの表情も寝つきが悪そうです。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

介護の話題

私の世代ですと介護話はよく出る話題です。
ラッキーにも兄や姉任せでかかわらなくていい(と思っている)人もいますけれど、たいていは身近な話題。

介護とは関係ない生活をしている人に、なんとなく話の流れで介護の話をすると引かれる時があります。
実感がない、でもなんかすごく大変そうで、聞いちゃいけない話に思えるのかな?
先日のブログに書いた、母が私の年齢を多く言ったりすること、私にはたわいない笑い話なんですけどね。
うっかり話したらすごく深刻に受け取られてしまって~
そんなつもりじゃなかったんですけどね。
「それは本気でいっているの?」とか「アルツハイマーですか?」とか聞かれましたね。

すごく悲劇的なことで、ならないためにはどうすればいいかしら?なんて話題になって、ちょっとびっくり。
認知が悪くなるようなこと、避けられればならないようにした方がいいとは思っています。
でも、避けられるだろうか?

母の認知が悪くなっているのを治すことは無理でしょう。
ですが、目くじら立てて怒ってしまう話題じゃないわけです、自分の年齢を若くいってみたり、私を70歳にしてみたりなんてこと。
笑い話ですよ。おもしろいけどな~。
母と一緒に笑ってますよ。

もちろん、深刻な話もあります。でも、そんな話はちょっとした知り合いなんかに話さないよ。
なので、母の面白話をしていたら「それくらいなのに要介護2なの~?もっと軽いのじゃないの?」とか言う人もいますね。
それほどの知り合いでない人に本当に困ったときの相談なんかしないの。
だって、深い知り合いでもない介護の経験もない人に相談したってどうしようもないでしょ。

両親同時に倒れられたときは「親を連れて死ぬ」ことが最善のことに思えた。
主人には何も言ってなかったけれど、急にメールで「死なないでね」と送ってきたことがありました。
きっと異常な感じがしたのでしょうね。
そんなこと話せないでしょ、ちょっとお教室とかで知り合った人になんか。

腹が立ったり、困ったり、泣きたくなったりすることもあるけど、そんなことばかりでもない。
母がひとりで歩けないから手をつないで歩いているのは、けっこう楽しい。
ネイルなんかしてあげながら雑談してるのも楽しいよ。
母の好物の「セコガニ」をふたりでつついて食べながら、母方のおばあちゃんの思い出話もたのしいしね。

それもこれも、ケアマネさんや訪看さんやヘルパーさんがいて支えてくれているからです。
社会はこういう人たちにもうちょっと報いてあげられないものだろうか?
介護離職を防ごうと言ったり、親は家族がみるのが当然と言ったり
(あ、親だけじゃなく未婚の叔父叔母なんかも家族ってことになるね~)
介護に疲れて親を殺してしまうようなことは、そういう社会が殺してしるんだよ本当は。
政治家さんお金持ちだからね。介護はお金かかるけど、人の手もかかるけど、そんなのへっちゃらな人たちだから。
変わっていくのは難しいのかな。
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

やっぱりライトが古かったのだ~

ちょっと早いかな~って思ったけれどクリスマスのネイルにしてしまいました。
前回のネイルのツヤが悪くてぇ。
そして、爪が折れてしまった人差し指だけ直したらボロッととれました。
ライトが古かったわけですねぇ。

   RSCN5856_convert_20151128155132.jpg

夜に白熱灯の下で撮ったもんで、相変わらずの写真です。

母の爪もやっぱりポロポロと取れていたのはやっぱりライトが古かったからですねぇ。
やり直してあげなくっちゃ~
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 ORT Stage 2 More Stories A

ORT Stage 2のMore Stories Aの残りの3冊。
ORTを読むのにちょっと間があいてしまいました~
図書館で予約を入れておいても、忙しくてなかなか借りに行けないし~
まぁ、ぼちぼちです。

     

★Floppy's Bath

やんちゃなフロッピーがうさぎを見つけると...
どこまでも追いかけて、泥んこになっちゃうのはお決まりです!
洗ってあげなくちゃね~
きれいになったフロッピー!かわい!
でも、見つけちゃうのよね、またうさぎ...

わんちゃんをきれいに保つのって大変~
だって本人は汚れてても快適かもしれないもの
叔父のところのわんちゃん、きれいに洗ってカットしてもらってるのに
食いしん坊で口の周りだけ汚れてたな~

     

★The Water Fight

暑い日は水遊び!最高です!
でも、こういうのってやってるうちにエキサイトしすぎちゃうのよねぇ。

あれっ?おとなりのおじさん、別人?それともバンダナかぶってるから?

  

★Kipper's Birthday
キッパーのお誕生日パーティー。
お友達呼んで大喜び!
パパさんの失敗が...
災い転じて福となす???
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

六甲全山縦走大会でした。

ここ数年、毎年うちの主人が参加している「六甲全山縦走大会」。
今年も主人が参加してきました。たぶん3回目かな?

私の実家のこともあるし、いろいろあるので
練習に山に行くことも今年はほとんどできなかったので
私は内心「怪我しなければよし!」くらいに思っていました。

56キロ歩くのです。
朝の4時起きで須磨から宝塚まで。
暗いうちから出発で、出発地点は渋滞するほど人が参加しているそうです。

私がしたのは朝からおにぎりを作ることと、いってらっしゃいと送り出すことくらい。
必要なものは自分でそろえる。
足りないものがあっても、それは自己責任。
本人が一番なにが必要かわかっているはずですから。
私が何かしてもたぶん迷惑~

途中ケーブルなんかがあるところでタイミングよくリタイヤできれば上々。
そこを過ぎてしまったら最後まで歩かなくてはいけません。

足を少し痛めていたので「怪我のないうちにリタイヤするといいけど。」と思っていましたが
無事、歩ききって帰ってきました~

よかったよかった。

美味しいご飯をいただきましょ~


テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

やられた~

先日、夜に母に電話すると妙に明るい。
ん?なんか酔ってる?ビール飲んでるのかな?
でもね、うちの母はお酒強いの~。
ビール小瓶一本でごきげんになることなんてないの。

ピンと来ました!
先週、母を歯医者さんから連れて帰ると家の前に酒屋さんから配達されたお酒が置いてありました。
そういえば、いつだったかテーブルの上に「純米生原酒。お正月にどうでしょう。」なんていう申込用紙が置いてありました。
いつの間にかなくなっていたので「捨てちゃったかな?」と思っていたけれど、注文してたのね~

4合瓶を2本セットで注文。生酒なので、冷蔵庫に入れておかなくちゃ~。
「2本注文したのは1本私にくれるため?」なんて聞くと。
覚えてない顔してる~

「お正月用だよ」と念を押して野菜室の奥へ隠しました。
見つけたのね~。こんなことは覚えてるんだ~。
いや、覚えていたのではなくて「何かいいものないかな~」って探していて見つけたってことだろうなぁ。

で、いっきに4合飲んだみたいね。
美味しいお酒って飲みやすいからねぇ。
酔っぱらって倒れたりするほど酒に弱くないからいいけどさ。
母の年金は文字通り母のお金だからいいけどさ。
豪快だよねぇ~。

まぁ、こんなこともあろうかと1本持って帰っておいてよかったわ~
お正月用って思ってたけど、忘れてるんなら飲んじゃうぞっ!

テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

英語多読 The Day the Crayons quit

この絵本、アメリカに行ったときに本屋さんで平積みになっていた絵本。
気になっていたのですが、図書館に置いてありました~♪

             

★The Day the Crayons quit / Drew Daywalt、Pictures by Oliver Jeffers

ある日、ダンカンがクレヨンを持っていこうとすると束になった手紙をみつけます。
それはクレヨンたちからの抗議文だったのです!
赤いクレヨンはいいます。「消防車やイチゴやリンゴ。特にクリスマスには大忙しさ。休みが欲しいんだよ!」
ベージュのクレヨンは肩を落としています。「薄茶色なんて呼ばれるのはもうたくさんなんだ。なんで二番手なんですか?」
白のクレヨンは「君は白い紙を使うだろ?だから僕のことが見えていないんだ!ここにいるんだよ!」
さあ大変、ダンカンはどうするのでしょう~

クレヨンの抗議がおもしろ~い
あ~その言い分わかるよ~って思ったりしてね。

子どもの頃、クレヨンやクレパス、絵の具や色鉛筆にどうしても早くなくなってしまう色があって
私はとっても気になっていました。
わざとあまり使わない色を取り出してみたり...
なんだか子供の頃を思い出させてくれました。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 The Tiger-Skin rug

図書館でお借りしてきた絵本。
ライオンの本をお借りしたので、トラも~って思って手に取った絵本ですが、いいな~この絵本。

       

★The Tiger-Skin Rug

インドのジャングルに痩せ細ったトラがおりました。
あるお屋敷をのぞくと家族が楽しそうに食事中。
召使がトラの皮の敷物を庭に干していたので、それをどけて自分が代わりになりました。
やせ細っていたのでだれも本当のトラとは気が付きません。
家族が残した食べ物を食べてちょっと太ったトラの敷物くん。
ある日、そのお屋敷に泥棒が入って、ご主人が襲われています!
大変だ!!!

トラの敷物になろうと思うトラがのんきで楽しい。
敷物だからブラシでごしごし洗われちゃったりするのも我慢のトラ君。
ゆかいゆかい~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

なんだと~!

母を歯医者さんに連れて行くので、母のところに通うのが週3回になってぇ。
なんだか疲れがとれる暇がありません。
まぁ、代わりがいないのでしょうがないですが。

歯医者さんの予約を私の都合で取ると、なかなか進まないので、なんとか予定を合わせている。
なので、デイサービスに迎えに行って、タクシーで向かうの。

デイにタクシーが来る前にバスでたどり着いた私。
まだ送りの時間がきていないお年寄りが何人かいらっしゃいまして
母が「これ私の娘。61やねん」
ん???なんて言ったの????

「ねぇねぇ、今なんて?」
「あんた、61歳。」「ちがうわっ!!!」

母は当時では高齢出産。
なので私の同級生のお母さん方とは10歳くらい年が違うことも珍しくない。
デイのお年寄りの会話で子どもの年齢の話になったとき、たぶん他の方々のお子さんは60代かな~。
で、私も61歳にしといたのかい?
やめてよ~。どうせ間違うんやったら若いほうに間違えてよ~~~

で、歯医者さんに着いてからもう一度聞いてみました。
「あなたは何歳ですか?」
「ん?60・・・70・・・」
「で、娘の私は?」
「71歳!」また10歳増えてるやないか~~~
しかも、なんで私のほうが年上なんよ!
なんで自分の年だけ若くして、私の年をいっぱい増やすのよ!

元気な母は東京オリンピックが観られそうですね。
で、その時に私まだ61歳になってへんからね~~~~!
母よ、覚えといてなっ!

テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

ドイツ語多読 ジム・ボタンとルーカス、トゥア・トゥアさんに出会う

ジム・ボタンとルーカスと機関車エマの旅は続いています。
4冊目、ジムとルーカスは砂漠にいるのです。

     

★Jim Knopf und der Scheinriese

ジムとルーカスは砂漠で水筒に最後に残ったお茶を飲んでいますと
機関車エマが突然走り出しました!あわてるジムたち
エマは巨人を見つけて逃げ出したのでした。
ジムは怖がっていますがルーカスは「悪い人にみえない」といいます。
「逃げないでください」という巨人。
ルーカスはハンカチを振って遠くにいる巨人にあいさつをします。

巨人を怖がって、近寄ろうとするルーカスを止めるジム。
ルーカスはジムに「彼が大きいってだけで信用できないっていうのかい?」と言います。
見かけで判断してはいけない。
ジムは旅で学ぶことがたくさんあるようです。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

2012年のドイツ語絵本アドベントカレンダーの再読 4

ジム・ボタンの絵本に気を取られていましたが、2012年のアドベントカレンダー絵本の再読もぼちぼち進んでいます。
手のひらサイズの絵本なので、出かける時に持ってでやすいし立っていても読みやすいですから。

再読は10日目と11日目の本。

    umeshu_458umeshu_convert_20151119094302.jpg

★Paulinas Winterreise

パウリーナちゃん、幼稚園でバンパイアちゃん(?)と呼ばれて「私はバンパイアかも」と思い始めます。
パウリーナちゃんはドラキュラ伯爵のところへ行こうと荷物をまとめて列車に乗ります。
列車に乗り合わせたおばあさんにパウリーナちゃんは「幼稚園のお友達をかんじゃったから...」と話します。
もちろん、それは夢でベッドで目を覚ましたパウリーナは幼稚園でクリスマスのお菓子を作ります。
先生が持ってきたのはくるみ割り人形。
これが本当のバンパイアだね~とお友達。
バンパイアのおかげでとっても美味しいクルミ入りクッキーができました~

かわいい絵ですが、ちょっと難しいなぁ~。もうちょっと読めるようになりたいですわ。

      umeshu_459umeshu_convert_20151119094347.jpg


★Marie bastelt Geschenke

後13回眠るとクリスマスと言う日。
マリーはパパとママ、お兄ちゃん、そして幼稚園のお友達オミトへ何かプレゼントしたいと思いました。
パパは「時間とお金がほしいな~」と寝ぼけながら答えます。
ママは「お魚を飼いたいわね」とペットショップの前で言っていました。
お兄ちゃんは「柔道着だろ~、探偵の本だろ~...」
オミトは「一番好きな生き物はペンギンだな!」と言っています。

本にはマリーが作ったプレゼントの作り方が書いてあります。
お兄ちゃんの欲しいものはちょっとマリーには買えませんよね。
「もっと別なものは?小さいもの。私はたくさんお金もってないし~」というマリーに
「あっ、絵を描いておくれよ」と妹のほっぺにキスするお兄ちゃん。
このお兄ちゃんとのやり取りがかわいくて好き~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 The Happy Lion

この絵本、たしかに再読だと思うのですが...ブログを始める前だったかしら?
ごきげんなライオンのお話です♪

     

★The Happy Lion / Louise Fatio、Pictures by Roger Duvoisin

フランスのある動物園にご機嫌で暮らしているライオンがおりました。
おなじみの人たちは、みんな彼に声をかけてくれます。
ある日、彼の部屋のドアが開いていました。
「いつも訪ねてくれるのだから、こんどは僕が訪ねていくのが礼儀というものだね。」と街に出ることにしました。
ボンジュール♪とご機嫌なライオンですが、いつもはあんなに正義正しくあいさつしてくれるひとたちが...
街は大騒ぎ!でも、ライオンはなぜなのかわけがわかりません。

もう一冊。ごきげんなライオンさんのお話。

     


★The Happy Lion Roars / Louise Fatio、Pictures by Roger Duvoisin

あんなにご機嫌なライオンがなんだか元気がありません。
ライオンは思っているのです。「みんな奥さんがいて、一人ぼっちじゃないのに...」
そう、彼はひとりぼっちで寂しかったのです。
あるとき、町にサーカスがやてきました。
サーカスに連れて行ってもらったライオン。
そこにいた雌ライオンに恋をしちゃたのです!

文章を書いているファティオさんも絵のデュボアザンさんもスイス出身の方のようです。
なので、ドイツの児童文学の賞をとっているのですね~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多読 ジム・ボタンとリーシー姫

ジム・ボタンの絵本の3冊目~♪

ジム・ボタンのシリーズ絵本ですが、読みやすさのレベルはそろっていないのかな?
それとも、私の知っている単語に偏りがあるのかも。
1冊目2冊目よりこの3冊目が少し読みにくく感じています。

     
 
★Jim Knopf und Prinzessin Li Si

ジムとルーカスは太っちょ機関車エマに乗ってマンダラ国にやってきました。
マンダラ国の王様に会おうと王宮に出向きますが、入れてもらえません。
街を見物している時に出会ったピンポンというこどものこども(?小さい小さいこどもみたい?)に案内されて
裏口から王宮に入れてもらいました。
王様やリーシー姫に歓迎されますが、意地悪な門番(?)に閉じ込められてしまいます。

ちょっと冒険ものっぽいお話になっています。
きっと原作はもっと(ちゃんとした?)冒険物語なんでしょう。

マンダラ国はもちろん架空の国ですが、中国のような感じの挿絵になっています。
こどものこどもってなんだかわかりませんが~そのピンポンくんはオムツをしてるみたいなの。
そして仲間もいっぱいいるようです。

    

↑は12cm角くらいの絵本のセットです。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ネイルのライトをかえましょ

そろそろUVライトを換えなくては~
母にしてあげたネイルがよく取れます。
ライトのせいかもしれません。
私のはとれないでついているのですけれど、どうしてかな?

10日ほど前のなので、爪が伸びてしまっています。おまけにピンボケ~)

   RSCN5842_convert_20151121162500.jpg

まぁ、私の記録なのでいいことにします。
アリスのシールを使ったのですが、赤いハートにアリスが黒では何が何だか見えませんね。

     RSCN5845_convert_20151121162534.jpg

ここまで大きければわかりますが、こんなにアップで爪をみることもないなぁ。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ドイツ語多読 ジム・ボタン冒険の旅に出発~

ジム・ボタンの絵本。たぶんこれが2冊目のお話。
でも、8冊の絵本になっているので、それぞれ独立したお話になっています。

         

★Jim Knopf und Lukas der Lokomotivführer gehen durch dick und dünn

小さな島国ルンメルラント国。王様と家来と機関車の操縦士4人とジム、それから機関車のエマ。
王様はジムが大きくなってきて、いままで大人4人と機関車エマでいっぱいだったのだから減らさないといけないと考えています。
ルーカスを呼んだ王様は「エマを...国がいっぱいだから...処分...わかってくれるだろ?」と申し訳なさそうにいうのです。
ルーカスはエマひとりをよそへやるなんて考えられません。だって機関士なんですから。
ルーカスはエマとふたりで国を出る決心をします。
島に小包で来て以来ジムとルーカスは親友です。
ジムはルーカスとエマといっしょに旅に出るというのです。

ルーカスは優秀な機関士で、機関車のことならなんでも知っています。
水の中を走らせることだって...
「そんなわけあるかい!」なんて言ったらファンタジーは読めませんね。

今、観光地などで水陸両用の乗り物もあります。
この本が書かれたころは思いもよらなかったでしょうけれど。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多読 ミヒャエル・エンデ 「ジム・ボタン」

「はてしない物語」(映画になった「ネバーエンディングストーリー」)の作者エンデは有名だからみなさんご存知。
でも、私はこの「はてしない物語」がどうも苦手だったのです。
なので、エンデの作品に今まで触れることもなかったのです。

「ジム・ボタンの冒険」も題名は知っていましたけれど未読でした。
ドイツ語では「Jim Knopf」になるので最初はジム・ボタンと気づかなかったほどです。

私が手に取ったのはのそエンデの処女作の児童書「Jim Knopf und Lukas der Lokomotivführer」をもとに絵本に書き直されたものです。
なので、お話も易しく書き直されているはずです。(確認できませんのよ~原作持ってないので。)

     

★Wie Jim Knopf nach Lummerland Kam

ジムは自分がこのルンメルラント国にやってきた時の話を聞くのが大好きなのです。
いつもルーカスにせがんで聞かせてもらいます。

ある日、ルンメルラント国という小さな島国に小包が届きます。
送り先に書かれたひとは住んでいません。
王様の判断でこの国たったひとりの女性バースさんに「開けてよい」という王命をくだします。
小包を開けるとまた箱が出てきて、その箱には空気穴があけてあります。
次から次へと箱をあけて最後に出てきたのは、なんと肌の色の黒い男の赤ちゃんです!
それがジム・ボタンだったのです。


私が買ったのは小さな絵本が8冊はいった↓こちらです。

     
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ行くんだって、いいな~

主人の母の旅先は、今回ドイツ。
私はドイツ語の多少読みを始めてからドイツに一度も行ったことがありません。
いいな~、行きたいな~

アメリカもたのしかったけど、本当はドイツに行きたかったなぁ。
忙しいし、無理だけどね。

義母は何年か前に癌の手術をしましてね、元気になりました。
3日ごとに主人の実家に往復3時間かけて一年ちょっと通って世話をしました。

その時、主人も義妹も義母の手術の日にさえ病院にこなかったんですよねぇ。
あきれるというか、まったく。

看病だって私任せでね。
で、元気になると義妹が旅のお供ですから。
調子のいい子だよ、まったく~

まぁ、私も義母と仲がよくてもふたりきりで外国の旅はちょっとね~
なので、義妹に任せています。

今度、本格的に介護が必要になったら、あーたたちふたりもやってよね。
っていうか、あーたたちの親だからね!
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

お稲荷さん弁当再び

母は入れ歯のためか巻きずしにすると海苔が噛みきれないようです。
普通のおにぎりにしてもいいのですが、自分だけのためにお寿司は作らないだろうと思ったのでお稲荷さんにしました。

    DSCN5840_convert_20151112094100.jpg

主人が家で仕事という。
私は母のところへ行かなければいけないので昼食を作り置くことにしました。
なので、主人もお稲荷さん♪

私、お稲荷さんの寿司飯に大葉を入れるんです。
母はそれが好きじゃないようなので、大葉は私たちの分だけ入れました。
胡麻とお雑魚が入っています。

おかずは昨晩の我が家の夕食、関東煮(おでんですね)の茹でたまごと大根。
ほうれん草は胡麻ではなくてクルミ和え。
クルミは脳に効くと薬膳ではいうのですって。
まぁ母には遅すぎるかもしれませんが、使ってみました。

タッパーなんかに入れて冷蔵庫に入れておくと母にはお弁当に思えないらしい。
なのでお弁当らしいお弁当箱に入れておくのです。
そうすると冷蔵庫を開けて「あら、お弁当があるわ~」って気づいてくれるのです。

先日の発熱からは完全に復活か?と思ったけれど
まだ咳というか、喉に痰がからんでいるように感じるらしく「えへん、えへん」とやっています。
しばらく様子を観察しなくっちゃ。
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

着物も着ていたのですけれど...

着物を着て写真も撮ってあったのですが、いろいろあると日々があっという間に過ぎてしまって~
いつからブログに書いてなかったかな?ってみてみたら...浴衣の写真が最後でした~
週一くらいで着ているのですけれどね。普段着ですし~、まぁ写真を撮らないことも。

せっかく撮った写真があったので載せておこーっと

   DSCN5830_convert_20151112093913.jpg

これを着たのはいつだったか?でも暑い日だったので単衣の着物です。
単衣でもウールなので年中単衣に仕立てています。
普段着なので単衣だとお家で洗いやすいですからね。

着物の花を菊かな?と、襟は紅葉にしてみました。

    DSCN5831_convert_20151112094024.jpg

同じ着物を帯を替えてみました。
友達と博物館で「大英博物館展」と食事に出かけたときに着ていきました。
いったいいつになったら秋なのか?と思うくらい暑い日でした。
日傘をさしていたくらいです。
それでも夕方には涼しくなってくるのが、やっぱり秋ですね~
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

2012年のドイツ語絵本アドベントカレンダーの再読 3

まだ2012年のアドベントカレンダーの再読してま~す。
でも、実は今年のアドベンントカレンダーが先日届きました。
それは12月に入ってからのお楽しみ♪

    umeshu_455umeshu_convert_20151110101215.jpg

★Das Wiehnachtsfest im Wald

森にクリスマスツリー用にモミの木がたくさん植えられています。
一本また一本、売れていきます。
曲がったモミの木一本だけ残されてしまいました。
森の動物たちが集まって、小さいネズミが「いい考えがある」と言い出します。

このお話は語数も少なくて、絵もかわいくて。
最初に読んだときから理解度が高かった絵本でした。
アドベントカレンダーの中の絵本はレベルがそろっているわけではないのです。
なので、読めたり読めなかったりしますね。

      umeshu_457umeshu_convert_20151110101252.jpg

★Hortensias Weihnachts-besuch

妖精のホルテンシアスは人間のクリスマスのお祝いを見たことがなくて
従弟を訪ねるというビヒテルたちと一緒に見に行くことにします。

この絵本も初めて読んだときからわかりやすかった絵本でした。
でも、再読だとやっぱり知ってる単語が増えていて、
前に読んだときはミントティー飲んでるってわかってなかったかなぁと思います。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 Caps for Sale

図書館でお借りした絵本です。
図書館でみかけると、読んだことのある絵本でもまた借りてきてしまうことがあります。
もう一度よみたいな~って。
何度も借りようと思う本は結局買ってしまうのですけどね~。
(でも、きりがないので...家の床が抜けるよ。)

今回お借りしたものも再読です。
作者の名前読みにくい~ロシアの方?エスフィア・スロボドキーアさんかな?

      

★Caps for Sale / Esphyr Slobodkina

帽子売りの男は頭に色とりどりの帽子を乗せて売り歩いています。
木の下で一休みと眠っている間に帽子がないっ!
木の上にはサルたちが帽子をかぶっているではありませんか。
さて、どうやって取り返すでしょうか?

ゆかいな絵本ですよ~
1940年に描かれたもののようです。
長く楽しまれている絵本ですね~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 Noel for Jeanne-Marie

フランソワーズ・セニョーボさんの絵本です。
2012年のドイツ語のアドベントカレンダーの絵本を読んでいたら
英語でもクリスマスの本が読みたくなってきました。
ちょっと早いですが、クリスマスの絵本です。

以前、友人にお借りして読んだのです。
この絵本、かわいくて大好きです。
図書館でお借りしてきました~

       

★Noël for Jeanne-Marie

ジェーンマリーちゃんがヤギのパタポンにサンタさんのプレゼントはなにがもらえるかしら?と話します。
でも、パタポンは靴を持っていませんから、「僕はサンタのプレゼントはもらえない」と悲しんでいます。

やさしい絵とお話で、心が和みます。
フランソワーズさんの色使いもきれいで、クリスマスのお話にぴったりです。


語数500語ほど。読みやすさレベルYL1~1.5くらいかな?
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 友達を思う絵本を2冊

図書館でお借りしてきた絵本です。

一冊目はペンでさらさらと描かれたような絵。
なんだか味があります。

    

★The Gift of Nothing / Patrick McDonnell

ムーチは悩んでいます。
親友のアールに贈り物をしようと思っているのに
アールは何だって持っているのです。
そうだ「なにんにもない」を贈ろう!
人はいいます。「テレビ、なんにもないな~」
「買い物に行ったけど、なんにもなかったわー」
人は何もないというのですが、テレビはいろんなことを放送しているし
お店にはいろんなものが売っています。
ムーチの悩みは解決するでしょうか?

かわいいわんこたちの友情のお話です。
恋人(恋犬)なのかな?
ふたり(二匹?)はnothing and every thingをenjoyするのでした~

280語ほど。絵本の読みやすさレベルって難しいなぁYL1.5~2.0かな~って感じ。

2冊目はブタちゃんのツーツとパドルのお話。
これはシリーズがあって、この本が一冊目でしょうか?

      
   
★Toot & Puddle / Holly Hobbie

ツーツとパドルは仲良しですが、したいことは全く違うのです。
ツーツは世界中を旅してまわろうと計画します。
でも、パドルは我が家が一番さと思っています。
ツーツは旅した先々で絵ハガキを書いて送ってきます。
パドルもスケートをしたり、メープルシロップをとったり、と季節ごとのあれこれを楽しんでいます。

それぞれ、自分が楽しいということを楽しんで
それぞれを認め合って、そして続く友情なのです。

絵も丁寧で美しく、私は旅に出たくなってしまいました。
あなたはどちら派?

語数500語ほど。読みやすさレベルはYL1.5~YL2ってとこ?
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

風邪ひいちゃったのかな~


母を連れて歯医者さんへ。
真っ二つに割れた入れ歯を修復して、とりあえず使えるようにしてもらいました!
よかった~、食べられるよ~母~

ところが、デイに母を迎えに行ったときのこと
「今日は立ち上がりが悪くて、歩行もなんだか悪いんですよぅ」とデイの看護婦さん。
椅子から立ち上がるときにおかしいなぁと私も気づいたけど。
前日は何ともなかったのに、どうしたんだろ?

歯がなくて意気消沈しているから、動きも悪くなった?
歯医者さんの待合室で母に触っていると、何となくいつもより温かい。
熱があるというほどは熱くないけど...

家に帰って体温を測ると36.9度。
日頃の体温が低い母なので発熱ですよ~

解熱剤を飲ませるほど高熱ではないので
着替えさせて、ベッドに寝かせて、しばらく様子を見ていると
よ~く眠っている。

トイレに行きたくて目が覚めたら手伝いがいるかと待っていたけれど
起きないなぁ~
さすがに空腹~。
母のために買ってきたものはあるけど、私が食べちゃったら母のがなくなっちゃうし。

よく眠っている。
触ると熱も下がった様子。
寝かせたまま帰ることに。

私は駅前のお寿司屋さんでちょっと食べて
飲み会で遅くなった主人と合流して帰宅~

あ~疲れた。
連日、実家まで通うのはなかなか疲れますわぁ。
しばらく歯医者さんにも通わなくちゃねぇ。
年末までには新しい入れ歯ができそうです。よかった~。


テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

英語多読 ORT Stage 2 More Stories A

Stage2をお借りしてきました~
Stage1よりは語数も増えて、お話らしくなってきます。

    


★The Baby-Sitter

ママとパパがお出かけなので、ベビーシッターが来てくれます。
キッパーたち兄弟3人、「眠れな~い」「本読んで~」「お腹がすいたわ~」と言い出します。
さんざん騒いで3人はベッドへ~
大変なのはベビーシッター君ですね。

アメリカもイギリスも子どもだけを置いて出かけてはいけないのですよね。
もちろん、日本でも子供だけを置いていけませんが、ベビーシッターの習慣がありませんからね。
いや、ベビーシッターを使っていた友人もいましたから、今ではあることなのでしょうね。

     

★Kipper's Balloon

キッパーはお買いものに連れてきてもらって、風船を買ってもらいました。
自動ドアに挟まって風船がわれてしまったのでもう一つ買ってもらいます。
ふわりと飛んでいく風船「キッパーの風船だー!」とパパは必死に追いかけます!

や~誰だってその風船を見たらキッパーのだって思うよね~
そこまで追っかけてくれるパパはあまりいませんけどね。

    

★Spots!

あれれ?ポツポツができちゃった~
麻疹でしょうか?
キッパーから兄姉にうつり、ママにもうつり
パパはみんなの世話で大忙し!大変だ~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

母のお弁当

下の入れ歯が壊れたという。
お弁当やデイでの食事は刻み食にしてもらっている。

今日の夕飯にお弁当を作りました。
いつものように、母のところで作っていると間に合わないから。
だって歯医者さんに入れ歯が修理できるかをみてもらわなくちゃならないから~
とりあえず持っていくだけでみてもらって、作り直すなら本人が来なくちゃね。

     DSCN5832_convert_20151104101050.jpg

何が食べられそうか聞くと茹でたまごは食べにくいらしい。
なのでポテトサラダにゆでたまごを刻んでいれる。
ほうれん草のお浸しも刻んだ。
お醤油をかけると持っていく時にもれるので、こんなときこそ粉末醤油。便利です。

粉豆腐を高野豆腐のような味に味付たもの。
高野豆腐は噛みにくいけど、粉豆腐になると大丈夫。
生鱈子煮は好物だからか、食べられそうだという。

すぐに入れ歯が使えるようになるといいな~
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

2012年のドイツ語絵本アドベントカレンダーの再読 2

2012年のアドベントカレンダーの絵本の再読~
6日目と7日目の絵本です。

12月6日は聖ニコラウスの日なので絵本がちょっと大き目なのです。

     umeshu_453umeshu_convert_20121212110728.jpg

★Der Nikolaus Bekommt Hilfe

聖ニコラウスの日に子供たちは小さなプレゼントをもらいます。
長靴に入れてもらうので、子どもたちは靴をきれいにみがいています。
でも、大人たちの靴にはプレゼントが入っていないことに気が付いたフェルナンドとルイーサ。
ニコラウスさんに電話をしようと思っても番号をしりません。
かわりに自分たちでプレゼントをつくります。

お隣のおばあさんにもプレゼントをあげるのですが、その靴が木靴なのです。
オランダのイメージの木靴ですが、調べてみるといろんな国にあるのですね~

     umeshu_454umeshu_convert_20151105113141.jpg

★Klöppels Krippenspiel

以前に読んだときは3人組の男の子たちがどうしていたずらをしてクリスマスの劇を邪魔するのかわからなかったのです。
この3人組、東方からの三賢者の役をやるので、覚えなければいけないことがたくさんある。
めんどうだから劇に使うものをこわしちゃって、劇をなくしてしまえ!ということらしい~い。

何年越しでわかったんだか...子供が読む絵本ですのにね。
いえ、知らない単語はまだまだ山積みです~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

みごとなタイミングだわ~

「母はショートステイ。なので、久々のゆったり週末。」
という内容でブログでも書こうかなぁ~って思っていたら...

ケアマネさんから電話で「〇〇さんの下の入れ歯が壊れてしまって~」と。
入れ歯が二つに折れてしまっているらしい。
一生懸命に「ショートの職員さんが落としたりはしていないらしくて...」と言ってらっしゃいました。
あ~、そっちの心配ね~。
「どうしてくれるのよ!」とでも言われると困るもんねぇ。

普段しないことを、慣れない環境で、もたもたして、きっと母が落としたかなんかしたんだと思う~。
私の心配は「お正月までに新しい入れ歯がちゃんとできるかな?」だったんだけどね。

だって、歯がなきゃ食べられないじゃな~い。
せっかくお正月に母と近くの温泉に泊まろうと予約したのにさぁ。
かわいそうじゃない、ごちそうを前に食べられないなんて~。

歯医者さんに電話して予約を入れました。
やれやれ~、本当に次から次へといろんなことがあるわ~。
母のせいじゃないけどね~。

歯がなくても食べられそうな母の好物「鯛の子煮」でも煮て持って行ってあげようねぇ。
でも、鯛の子のつぶつぶがつぶせないと味がしないかな~?
何が食べられるかな~?


テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

ラグビーワールドカップ 2015

終わっちゃったわ~、ワールドカップ~

五郎丸くんたち、ラグビー日本チームが帰国してもてはやされていましたね~
テレビでも引っ張りだこ。
ラグビーファンが増えるといいなぁって思うので、うれしいけど。

覚えてましたか?
みなさん、ワールドカップって終わってなかったんですけど~~~~

日曜日の朝早く(というか、土曜の深夜)世界一のチームが決まったのですよ!

やった~~~~オールブラックスが優勝や!!!!
オーストラリアとの対戦、いい試合だったわ~~~
世界一のラグビーチームを決める試合にふさわしい。

ダン・カーター、バシバシキック決まってたわ~
最近、怪我も多いしぃ年ってことかな~なんて思っていたのですが
元気なころのカーターが戻ってきたみたいやん!

我が家はふたりで夜中に大騒ぎでしたよ!

4年前のワールドカップ、カーターが怪我して出られなくて
次つぎにけが人が出て、リッチーも怪我してるし~
どうなることかと見守っていましたが、フランスに勝って優勝しました。
けが人が何人も出ても2番手3番手にいいのがいるってのがNZかな~、層が厚い。

4年後は日本でワールドカップ。
日本でワールドカップをすることに自信を持たせてくれた日本チーム。
すごいよ~~~

私の好きなオールブラックス。
カーターも、リッチーも、メアラムも4年後に現役ではいないでしょう。
あ~、観たかったなこの3人。

テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ