FC2ブログ

2012年のドイツ語絵本アドベントカレンダーの再読 1

いつまで続くかわかりませんが、とりあえず再読しようと手に取りました。
3年前はドイツ語が読めていたかどうか、我ながら怪しいと思うのですが
とりあえず絵を眺めて理解したつもりになっていただけかな~

なので、再読。
さすがに、3年前とは違って、一日に何冊か絵本を読むことができます!(笑)
3年前は毎日ドイツ語の絵本を一冊読むのは大変だったのですもの~
進歩したと自分で褒めておこ~っと

           
  umeshu_447umeshu_convert_20121202114105.jpg
 
★Die Eisbahnmusiker

3匹の音楽家の虫たちが主人公なのですが
名前がメルキオオール、カスパール、バルタザールと東方からの三賢者の名前を付けてあります。
3匹が音響が壊れたアイスリンクに音楽を奏でるというお話です。

虫たちは冬を迎えられないだろうなんてことは忘れておくことにします。

   umeshu_449umeshu_convert_20121212110419.jpg
★Sterntaler

グリムのお話。「星の金貨」?「星の銀貨」かな?

    
      umeshu_450umeshu_convert_20121212110537.jpg

★Überraschung an Weihnachten

ファビアンとヤスミンは仲良しさん。
パパママ同士がそれぞれ独身で、みんなでいっしょに住むようになるよ~って
かわいいお話。

クリスマスのお料理の準備の様子が以前より読めるようになってて、楽しいな~

       umeshu_451umeshu_convert_20121212110614.jpg

★Zenzi mag's kalt

初めて読んだときは、手書き風の文字が読みにくくて~
ドイツ語の単語をあまりにも知らなかったからなのですねぇ。
読めるようになりましたわ~

       umeshu_452umeshu_convert_20121212110652.jpg

★Iglu Geschichte

お布団をイグルーに見立ててエスキモーごっこをしている父と子です。
エスキモーの子はココアじゃなくて肝油を飲むとか言ってる気がする~

5冊読みました~続けて読めたら拍手喝采!
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 ORT Stage 1 First Words

Stage 1 のFirst Wardsなのだから最初に読むべきだったのかな?
というか、ORTは次々と冊数を増やしているようなので、これは最初に出たものかな~
以前のお友達にお借りして読ませてもらったのです。
再読~

このFirst Wordsの前に文字なしの本もあるのですが、図書館さん買ってくれてないみたい。
文字が出てきたので、キッパーたち家族の名前が初めて出てくるのですよね。

      


★Who is it

「これだ~れだ?」とキャンプに行ったキッパーたちは影で誰だかあてっこしています。
あれ?宇宙飛行士だ~!

     

★Floppy Floppy

ペットの犬、というか家族の一員フロッピーの紹介。
フロッピーはこんな子だけど、かわいいやつなのだ。

       

★Six in a Bed

ママとパパの(Mum Dadですが)ベッドに子供たちが順々にやってきます。

あれ?このときははテディーベアがビフのぬいぐるみなのかな?
キッパーのだと思ってたけど~

       

★A Good Trick

ビフとチップのマジックショーです!
さー、箱から出るのは鳩か???

        

★Fun at the Beach

キッパーたちの家族がビーチで楽しんでいます。
桟橋にはちょっとしたアトラクションやなんかあるんですね~

Kipper,Biff and Chipとかって最後にだけandを入れるって中一くらいで習ったかな?
でも、これってテストじゃなくてお店で注文するときなんかにand andって言っちゃったりしてね~
ハンバーガーショップなんか入れるものを自分で選んで「これとこれと~」っていうときは、
andはこれで最後の合図だから、andの後で上のバーンズ乗せられちゃうのよね~
何度もand andなんていうと「なんだよ~、ちっ!」ってお店の人の心の声が聞こえそう...

多読の講演会などで先生がandはこれで最後の合図だからって言っても
きっと失敗してみないとわからない気がする~
だって、受講者の反応少ないもん。「あたりまえや」って思ってるんだよね。
でも、けっこう旅先で見かけますけどね。and and~って

       

★The Pancake

はい、みなさん!お父さんがパンケーキを作りますよ~
小麦粉です。卵です。あ~みんなtheなんだねぇ。
目の前で作ってるもんね。


今回は6冊セットでお借りできました~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読  The Midnight Library

カズノ コハラさんの絵本をもう一冊お借りしてきました。

   


★The Midnight Library / Kzuno Kohara

ここは真夜中にだけ開く図書館です。
小さな図書館員の女の子とそれを手伝うふくろうたちが3羽。
やってくるのは動物たち。

版画なんですよね。
原画展でみたらどんなかな~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読  Pat Hutchinsさんの絵本を2冊

“Titch”や“Do't fotget the bacon”などで有名な絵本作家さんの絵本を2冊お借りしてきました。

       


★Don't Get Lost

豚ちゃんとヒツジちゃんとウシちゃんとお馬ちゃんの4匹でお散歩に行きます。
迷っちゃだめよ~、夕飯までには帰っておいで~とお母さんたちは声をかけます。
さて、4匹はどこへ行くのかな?

生き生きした絵と色使い。
楽しくなる絵本♪

      


★We're Going on a Picnic!

さあ、ピクニックに行こう!
ニワトリとアヒルとガチョウは籠に自分たちの好きなものを入れて
「どこがピクニックにいいかしら?」と歩いています。
でも、うかつな3羽の籠の中を狙っている影が...

こちらも、のんきでちょっとまぬけな3羽がおもしろい絵本です。

どちらも子どもに読んであげたくなる楽しい絵本。
やっぱり、ハッチンスさんですね~

テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読  “Archie”

もうひとつ、別の図書館にも通っています。
そちらでは、主に絵本をお借りしています。
地域のコミュニティーの図書館。

忙しくてしばらく行っていない間に新しい絵本が入っていて、
楽しくて、また通い始めました。

        


★Archie  / Domenica More Gordon

アーチーさんのところにベティーおばさんから何か届きました。
開けてみるとミシンです!
さっそくペットのワンちゃんに服を作ってあげました。
散歩中にであった御嬢さん、そちらもワンちゃんと一緒です。
「まぁ、すてきね」と言ったかな?そのワンちゃんにも服を縫いました。
そして、ふたりで散歩していると「あら~」「ワンワン!」とみなさんに評判になります。
それから電話がかかるわかかるわ~
アーチーさん、大忙しです!

と、物語を読んだかのように書いていますが、セリフも文章もありません。
書いてあるのはwoofとかooooh~とかringringと電話の音だけ~
これを多読というか?わかりませんが、絵もおしゃれ~
素敵な絵本です。

スコットランドはエジンバラ出身のイラストレーターさんのようです。

テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 ORT Stage 1 More First Wordsの残りの3冊

なかなか図書館から連絡が来ない時もあれば
何冊届いているかチェックしてから出かけたのに、出かけてる間に増えちゃってたり~
前回、借りられる以上の冊数が届いていて、あわててまたお借りしてきました。

      


★Floppy Did This

キッパーたちは家族でそれぞれの顔を絵に描いています。
〇〇 did this. It is 〇〇.
フロッピーも描きましたよ~

      


★Get Dad

お父さんはふざけてキッパーたちにホースで水をかけたり
水鉄砲でねらってみたり~
でも、上手はお母さんだ~
  
     


★I See

いろんなところから覗いてみるのです。
I See~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

南蛮漬けにも使ってみました。

粉豆腐、おもしろくて~
今まで卯の花煮風にしか煮てなかったけれど
今度はアジの南蛮漬けの衣にしてみました。

粉豆腐は細かさが何種類かあるようですが
私が買ったものは細かい粉状です。
なので、衣が薄くついてくれてカロリーカットになるかな?

なにより、漬け汁をよく吸ってくれるようです。
そりゃ~高野豆腐ですもんねぇ。
アジの南蛮漬けにしっかり味がしみ込んでなかなかよかったです。

       粉豆腐を使った お手軽アジの南蛮漬け
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ハロウィンじゃないですが

ハロウィンのつもりではないですが、ベースが黒だと
「ハロウィンネール?」と聞かれます...

    RSCN5824_convert_20151021094853.jpg

あいかわらずピンボケ~
お化け屋敷じゃなくて、お城の柄のシールなんですけどね。
言われてみるとお化け屋敷にもみえたりして。

両親指をそろえると

     kabocha_convert_20151021125034.jpeg

シンデレラのシールなんです
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

粉豆腐って知ってますか?

以前から高野豆腐をおろし金で下して、ハンバーグのつなぎにパン粉を切らした時などに使っていました。
でも、簡単なようでおろすのってめんどうなのです。

そしたら時々行く飲み屋さんで出してもらったのが粉豆腐の煮もの。
「卯の花煮」のように煮てあったのですが、しっとりしておいし~い。

もともとは高野豆腐をつくている地方でかけたものを粉にしたり、くずれたものを粉にしたりして使われていたらしいです。
今は商品となって売っています。

健康食品のお店などで見かけたことがあったので購入、さっそく使い始めました。
粉になっているからいろいろ使えておもしろい。
それに素が豆腐ですからヘルシーです。

              粉豆腐を使って ロールキャベツのコンソメスープ煮

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

結婚25年の記念日

母の怪我やなんかで、すっかり気落ちand疲れていた私。
でも、せっかく予約した旅館も、久しぶりの由布院も未練が残る。

怪我のことが嘘のようにケロッとしている母。
迷いに迷って由布院に行ってきました。

母の怪我が旅行中だったらと思うとぞっとします。
由布院から帰るのって台湾から帰るより時間がかかりますわ~
怪我がもっとギリギリ直前でもキャンセルだったと思います。
タイミングがいいんだか悪いんだか...

とにもかくにも、結婚記念日は観光より温泉でゆっくりしたいというのが私の希望だったのです。
ちょっと贅沢なところにも泊まってみたい。(いつもは貧乏旅行なので~ 涙)

博多に前日から行って、そこは安宿で一泊。
屋台を楽しんできました♪

朝から「ゆふいんの森号」に乗って由布院へ~

    yufu2_convert_20151019181810.jpeg

ゆふいんの森だけで販売しているというお弁当を食べつつ向かいます。
お天気はいま一つ。翌日の方が晴れるというのでお店を冷やかしつつ金鱗湖まで。
びっくりするほどの人人人~。日本人ばかりじゃありません。
中国、韓国、台湾、どこか知らない外国からもいっぱいいらしてました。

荷物だけ先に旅館に届けていただいて、後は我が身だけタクシーでむかいます。
ウェルカムフルーツ?ウェルカム甘酒?ウェルカムかりんとう、などをロビーでゆっくりいただきます。

    yufu_convert_20151019181850.jpeg

観光より温泉という私の希望なので早い時間にチェックイン。
さっそく温泉を楽しんだのでした~
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 Sunlight and Shadows 第3話

American Girlのシリーズ。ホセフィーナのお話の第3話。
合本になる前の題名は“Josefina's Surprise”クリスマスのお話です。
ちょっと季節はずれになってしまいましたが、続けて読んでいます。

       


★Jsefina's Surprise / Valerie Tripp

クリスマスも近づいてきました。
ホセフィーナたちには、一年前のクリスマスはお母さんを亡くして悲しいクリスマスでした。
町の教会にはホセフィーナのお母さんが刺繍を施したクリスマスの飾りがあります。
ところが、それを箱から出してみると箱に穴がありネズミがかじってしまっていたのです。
お父さんをはじめ、ホセフィーナたち娘もショックをうけます。
ドロレスおばさんは、その布を丁寧に広げ、きれいに洗いました。
補修して補修できない部分は新しい布を足し、娘たちの手で新たに刺繍をしてよみがえらせようと言います。

娘たちの中には母がいなくなって、ドロレスおばさんがやってきて、
いろいろな事が変わっていくことが受け入れられない者もいます。
普段押し隠している寂しさは、なにかのきっかけで表に出てくるものなのです。

スペイン語の物もでていたようです。

     

一番最初に出た英語版もこの挿絵の表紙。
ホセフィーナの後ろに描かれた刺繍の布がお話に出てきた刺繍の布でしょうね。
挿絵があるほうがとっても素敵なのに。
テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 Sunlight and Shadows 第2話

American Girlのシリーズ。ホセフィーナのお話の2話目。
本が3冊合本になってしまったのですが、とりあず今までどおりにブログには残しておこうと思います。

         



★Josefina Learns a Lesson

ホセフィーナたちの住んでいるところに嵐がやってきます。
村に危険を知らせるベルが鳴り響きます。
川が決壊して畑をのみこみ、建物の中まで泥が入ってきました。
嵐が去った後、お父さんは無事に戻ってきました。
ところが、大切な家畜の羊が大量に溺れ死んでしまったというのです。
財産と言うべき羊。
大切に育てたラバを売って、羊を買って、またやり直さなければなりません。
そんな時、亡くなったお母さんの妹ドロレスおばさんが「考えがあります」と言い出しました。
刈り取られた羊毛で糸を紡ぎ、ブランケットを織って資金にすればラバを売らなくてすむというのです。
機を織ったことのないホセフィーナも機織りを学び始めます。

まだアメリカになっていないメキシコ時代のニューメキシコ。
ホセフィーナたちメキシコ人やインディアンたちはアメリカ人と通商することで糧をえていました。

一日の仕事をして、そのうえ機を織ることはホセフィーナと姉たちにとって大変な事。
「ドロレスおばさん、仕事を増やして~」と疲れて文句も出てきますよ~。

この本は版が変わって以前のように挿絵がありません。
ホセフィーナたちの織ったブランケットの絵があったかな~って、ちょっと残念。
テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 ORT Stage1More First Words

ORTのStage1です。More First Words Aの中の3冊。

ファーストワーズなのでシンプルな単語3語くらいの短い文。
これでお話ができているのですからね~

  



★Is it?

Is it 〇〇? It is〇〇。と疑問文と肯定文。
漢字で書くとなんだかね~
「こう聞くでしょ?」「こう答えるの」とわかるのね。

   


★Get on

Get on ,〇〇. 〇〇 got on.
と、こちらも命令文と...
「乗って~、!」「乗った~!」ってね♪
さりげなく過去形ね♪

   



★Up you go

Up you go 〇〇~  Go~!
「登って、さぁ行け~〇〇!」 「いけ~♪」
って楽しそうなお話が数語でできちゃうんだな~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

いろんなことが起こります

うれしいことも、困ったことも、楽しいことも、怖いことも。
本当にめまぐるしく、毎日のように、私の気分は上がったり下がったり。

私は毎日何度も一人暮らしの母に電話をします。
私が母の家に行っている日でさえ、母の家を出てから最低2回は電話します。
あれした?これした?そんなことしたら、あかんよ!
電話で遠隔操作です。

先週のことでした。
いつものように、お弁当届いてるから忘れず食べるようにと電話をすると
なかなか出ない...出た!と思ったらあわてた声で「今怪我してるねん!切るよ!」と切られた!!!

母のあわてようから怪我はひどい気がするけれど、電話ではどうしようもない。
大慌てでいつも来てもらっている訪問看護師さんに電話!
私も電話番号がなかなか見つけられないくらいあわてていた。

訪看さんはすぐに行きますと。でも、報告の電話までの時間の長かったこと...。
包丁でも使っていたかな?とか、電話にでられたのだから足は骨折してないのだろうな?とか
いろんなことを考えると胃が痛くなってくる。

めずらしく主人が早く帰ると連絡があったばかり。
電車に乗って駆けつけるより、車のほうが母のところで役に立つし、少しでも早く行けるかも。

訪看さんの連絡では、母はこけて後頭部を打って切ったらしい。
訪看さんが止血をしてくれて、様子を見てくれて私と相談して、車で病院に連れて行ってくれた。
5針ほど縫って、CTも取って...と全部訪看さんが付き添ってくれていた。
私が病院に着いた頃はすべて終わっていて、
あんなにあわてていた母は私の顔を見て笑ってこっちこっちと手を振っている。

怪我をした当日でも、どこでこけたか記憶に残っていない母。
それどころか、痛みがないからか、怪我をしたことも忘れかけている。
「お腹がすいたわぁ」なんて言って、こっちは心配で空腹なんか感じないのに。

何度も何度も、何度も何度も「頭を怪我して縫ったの。触ったらあかんよ。」と言って、
やっと怪我をしたことを覚えたみたい。

忘れる力ってすごい。
頭を切るとかなり出血する。
きっと頭からだらだら流れる血に、気の強い母もそうとうおびえたと思うのに。
その時の怖かった気持ちを忘れていて、ショックもない。

脈拍正常、熱も出なく、嘔吐もなく。
訪看さん曰く「お母さん、強い!大丈夫やわ!」
あ~、訪看さんにつながっていてよかった~~~
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

英語多読 ORT Floppy's Phonics Stage 1+

ORTのフォニックスのStage1+の6冊のうちの最後の1冊がなかなか順番が回ってこなくて~
図書館でおかりしているのでしょうがないですね~

    


    
★I Can
s m c t p a o h にフォーカスしています。

I canってみんなそれぞれできることをして、一緒に海賊ごっこ。

hop mop tap pat Pの音って日本語は弱いですねぇ。
英語はいつも破裂音を強く言うかしら?
時々Pが聞こえない時があったけれど。
ソーダはどこ?って聞いたときに「Popのところよ」って教えてもらったの。
ポップがポッとしか聞こえなかったけど。

テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ

カタカナです。ビートルズの歌ではありません。
「東京バンドワゴン」の9作目です。

あいかわらずの、ほっこりさせてくれる堀田家のお話。

       


★オール・ユー・ニード・イズ・ラブ / 小路幸也

堀田家の古本屋「東京バンドワゴン」に知り合いの女性客が、
そして少女が絵本を売りにやって来るところからお話が始まります。
ひとりで絵本を売りに来る少女もいわくありげ、それを見て涙を見せる女性客も何かありそうです。
女性客はどうも堀田家に興味があるのです。
堀田家の幽霊おばあちゃん、サチさんはあるお家柄のお嬢様だったのです。
そのため外に出てはならぬ文書が堀田家の蔵にあることを嗅ぎ付けたのか?


などなど、毎回いろんなことが起こり、解決されていく堀田家。
家族関係が複雑なので、本の最初に人間関係の図がありますが、
これは最初の1作から読んでいないとわかりにくいかな?

今回あんまりドキドキが少なく感じてしまったのは、私の心が落ち着いていなかったせいでしょうねぇ。
テーマ: 図書館で借りた本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 The Bake Shop Ghost

ハロウィーンも近いので、幽霊の本も借りてきました♪

    


★The Bake Shop Ghost / Jacqeline K. Ogburn、Illustrated by Marjorie Priceman

コーラ・リー・メリウェザーさんは街で一番のケーキ屋さんでした。
本当に美味しかったので、コーラさんのお葬式にきた町の人は「もうあのケーキが食べられない。」と涙を流して嘆いたほどです。
空家になったケーキ屋さん、次々とお店を開きますが、うまくいきません。
それはコーラさんの幽霊のせいだったのです。
そこにやってきたアニー・ワシントン。
「幽霊になんて負けないわ!」とがんばりますが、コーラさんの幽霊はなかなか手強かった!
「いったいどうしたら、この店を私の店だと認めてくれるの?」と幽霊のコーラに聞きました。
「私にケーキを作って!リッチで甘くって、涙がでるくらいのケーキ!」と言うコーラさん。
アニーはお安い御用と次々とケーキを焼きますが、いろいろと指摘されます。
その指摘が的を射ていることに気が付いたアニー。
彼女はコーラさんをただの幽霊としてじゃなく、コーラさんを認め始めます。

絵も素敵♪お話もとっても素敵な絵本です。

日本でも梅干し婆さんなんていいますね、口元にしわの寄った感じ。
lemon-pucker mouthと言うのね~
甘い美味しいケーキを作っていたのに、コーラ・リーはそんな顔をしていたんです。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 Little Wizard

こんどは、魔法使いの男の子のお話。
ハロウィーンで魔女本、魔法使い本が図書館に集めて置いてあります。
楽しいのでお借りしてきました。

  


★Little Wizard / Kazuno Kohara

小さな魔法使いの男の子は魔法学校の落ちこぼれ?まだ空を飛べません。
そんな男の子が出会ったのはドラゴン!でも、とってもやさしいドラゴンでした。
いっしょに空を飛ぶ練習をしてくれます。
なかなか飛べない魔法使いの男の子、ばったり出会ったのはドラゴン退治をするという騎士。
大変!友達のドラゴンが退治されちゃう!
   
この方の絵本は以前に一冊読みました。

   


どちらも版画で描かれたかわいらしい絵本です。
日本のかたです。UKの大学で美術を学ばれて
今はケンブリッジにお住まいのようですね。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 Winnie's New Computer

図書館にもっと置いているかしら???
アマゾンをみるともう少しこの魔女のウィニーの絵本があるようです。
児童書にもなっています。絵本と児童書とどちらが先かしらね?

魔女のウィニー、今の魔女はコンピューターだって使うのです!

      


★Winnie's New Computer / Valerie Thomas and Karky Paul

ウィニーはコンピューターを買いました!
これさえあれば、魔術の呪文の本だってコンピューターに呪文を入れておけばクリック一つで簡単~♪
こうなったら魔術の本分厚い本も、魔法の杖もいらないわ!
ええ、そうなの。コンピューターが故障したり、消えちゃったりしなければね~

いや~、魔女の世界も大変です。
魔法の呪文はアブラカタブラ~ばっかりみたいだけど
念を入れれば違った魔法になるのだろうか?(いや、まじめに考える必要はないけどね)

    
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 Sunlight and Shadows 第1話

American Girlのシリーズ。ホセフィーナのお話です。
Josefinaはホセフィーナと読みます。ジョセフィーナじゃない。
なぜって、今はアメリカになってしまったニューメキシコがメキシコだった時代。
彼らはスペイン語を話していましたからね。

先月サンディエゴに行ったときに、サンディエゴのメキシコ時代の建物をみたり
ヒスパニックの人たちの多い地域だったので、以前から読みたかったホセフィーナのお話を読み始めたのです。

アメリカンガールの本はカラーのきれいな挿絵のある本でしたが変わってしまって
今出版されている本は挿絵がありません。
残念な事です。

ホセフィーナたちが織り上げたブランケットを挿絵でみたかったです。
文字だけよりずっといいのに。本代を安くするためでしょうか?
挿絵画家さんといざこざでもあったのでしょうか?(アメリカンガールのお人形の会社が変わったらしいから)

アメリカンガールのシリーズは
★・1764年(Kaya) ネイティブアメリカンの少女 
★・1774年(Felicity) 植民地時代のアメリカの少女
△・1824年(Josefina) ヒスパニックの少女
★・1854年(Kirsten) アメリカへの移民の少女
 ・1864年(Addy) 南北戦争の頃の黒人の少女
★・1904年(Samantha) 孤児でおばあさんと一緒に暮らす少女
★・1934年(Kit) 世界大恐慌の頃の少女  
 ・1944年(Molly) 第二次世界大戦の頃の少女
とあります。実は、今はもっと増えています~おいかけられませ~ん。
(★は以前に読んだシリーズ、△は今読んでいるシリーズ)

それぞれ9歳の女の子で基本のお話は6冊です。(でした?)
1.Meet だれそれ
2.A School Story
3.A Christmas Story
4.A Spring Story
5.A Summer Story
6.A Winter Story

挿絵がなくなったとともに、これも3冊が1冊にまとめられてしまったようです。
Sunlight and Shadowsは、Meet Josefina、Josefina Learns a Lesson、Josefina's Surpriseが1冊になっていました。

以前の1冊分ずつ読んでいきましょう~

★Meet josefina / Valerie Tripp

ホセフィーナは4姉妹の末っ子。9歳です。
昨年、お母さんを亡くして、無口なお父さんと4姉妹は母のいない生活を送っています。
ホセフィーナはもちろん、お姉さんたちもお母さんから教えてもらいたかったことが、まだいっぱいあったのです。
そんなところへお母さんの妹ドロレスおばさんがやってきました。
都会的な雰囲気のドロレスにあこがれている姉妹たち。
ドロレスおばさんは、旅の途中にちょっと立ち寄っただけかしら?

       

以前はこんな挿絵の本でした。


      

いまはこんなです。この中の1冊目のお話です。
テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 Winnie's Magic Wand

図書館でお借りしてきた魔女のウィニーシリーズ。
巻順は...まぁいいか~

    


★Winnie's Magic Wand / Valerie Thomas and Karky Paul

マジックショーがあるので、魔女のウィニーは準備に忙しい。
どんな服を着ていこうかしら?
お気に入りの服をお洗濯したら、なんと魔法の杖まで洗濯機に入れてしまいました!
グニャグニャの魔法の杖はうまく働いてくれません。
猫のウィルバーがガックリきているウィニーに新しい魔法の杖を持ってきましたが...

このシリーズなかなか面白い♪
児童書もあるらしい。図書館にないかな~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

世界一きれいになる モレノ博士の17日間ダイエット

本屋さんで見かけて気になった本が図書館にあったのでお借りしてきました。
1週間お酒抜きダイエットという名の肝臓の休日中の私です。
ダイエット本でレシピ付なので借りてみたのです。

著者はマイケル・モレノさんって人。全米№1のダイエットのカリスマだそうです~

題名になっている「17日間」ですが、17日で終わるのではなくて
17日を4サイクルなのです。だから68日間ですね。
ちょっとずるい、誤解させる題名だね。
題名に68日間って書いてあったらそんなに売れてないかも~

アメリカで出版された本を日本語に訳されてるのです。
レシピもそのままに。
なので68日間の3食のレシピもいかにもアメリカ~ン。

何度も出てくるのは、朝食に卵白だけのオムレツ。
アメリカには卵白だけのたまごが売られているのかしら?って思うくらい何度も出てきます。

野菜も、サラダや芽キャベツのヘビーローテーション。
蒸し野菜も進められていますが温野菜サラダですね。結局サラダ。

お肉も鶏肉なら日本でも普通ですが、低カロリー高たんぱくの七面鳥...
きっと日本でも高級スーパーには売ってるのよね七面鳥のひき肉。私が行くスーパーにはありません。

メニューは使い物になりませんでした。
理論は面白いですけれどね。

最初にドカンとカロリーをコントロールして、それを維持する。
ちびちび体重を落とすより効果があると聞いたことがあります。
朝食はヨーグルトとフルーツが多かったですね。

朝は体の中から排出する時間。
朝食をしっかりしたものにすると内蔵は消化のために働き、排出することに力を発揮できません。
なので、ヨーグルトとフルーツ。タンパク質豊富なたまごは◎ですよね。

この本では「甘くないフルーツ」を食べるようにと書かれています。
アメリカの本をそのまま訳されていますから。
日本のフルーツはアメリカのフルーツより甘くておいしい。
でも、それってカロリーも高いの。
なので、日本の果物で同じようには使えないと思います。

それと、一日2リットルの水を飲むように勧めています。
私は以前の日記に書いたように中医でいう水毒証のようなのです。
からだに水分を溜めやすい。水分を排泄しにくい体質のようなのです。
なのでこれはNGです。
ちなみに、心臓に負担がかかるので、心臓に疾患があるかたは2リットルの水はちょっと多いですよね。
そのことはちょっと本のなかでも触れられていたかな。

レシピを読んでいて、アメリカ風の食生活では大変だなぁと思いました。
食物繊維を取るために野菜を食べろと勧めていますがサラダですからね~
大豆などの豆類、全粒粉のパンなども勧めていますが、これらは非水溶性食物繊維。
日本には海藻類を食べる習慣があります。しかもそれらは水溶性食物繊維。

本の中に食物繊維をたくさん取って水を飲まないと腸の中で固まって大変なことになると
怖い言葉が書かれていますが、水溶性の食物繊維がいいからといってアメリカ人に海藻は好まれませんもんねぇ。

この本のレシピを読んでいて日本食の良さを改めて感じました。

ちなみに、この本の食事って低炭水化物ダイエットに似ています。
最初に炭水化物を減らして体重減の勢いをつける。ずーっと食べないわけじゃない。
レシピがアメリカ風なところは私が知ってる低炭水化物ダイエットと違うところ。

68日間が終わったら、体重をにらみつつ、改善した食生活を元に戻さないようにする。
ダイエットは永遠に続くって感じかな~

「痩せている人はデートに誘われる回数が多い」とか
「太っていると就職に影響する。太っていると怠惰で自己管理ができなく見え仕事の効率も悪いだろうと思われてしまう。」とか
あ~、アメリカ人~って(笑)思った。
まぁ、太り方もアメリカ人ってびっくりするような人が大勢いますからね。
日本でこの本は売れているのでしょうか?

   

テーマ: 図書館で借りた本 | ジャンル: 本・雑誌