FC2ブログ

神戸の花火大会はまだだけど 爪に花火♪

あいかわらず、シールをはっているだけですが。
こんどは花火にしてみました♪

    RSCN5049_convert_20130730154955.jpg

ハルカストアのミッドナイトブルーを使いました。
この色はマットじゃなくて、透けている色なのです。
それも涼しそうでよかったのですが、花火のシールがはっきりするように
ブルーの下にはホワイトを塗って、透けなくしています。

さぁ、花火の準備はできたわ!
花火の日に良い天気だといいな~
スポンサーサイト



テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ドイツ語多少読  Conniちゃんの絵本

コッニちゃん(って読むのかな?)の絵本が12話入った合本を買ってあります。
このコッニちゃんのシリーズ、絵がかわいいわりに難しい気がします。
3,4歳のこどもが対象なんですが、ママに読んでもらうんだろうなぁ。

10歳くらいのコッニちゃんのシリーズもあるんです。
それはそれで難しいそうです。
10歳くらいのコッニちゃんのLesemaus版(レベル分けされたシリーズ)もあって、それはレベルなりです。

Lesemaus. Conni sucht Kater MauLesemaus. Conni sucht Kater Mau
(2006/02)
Julia Boehme

商品詳細を見る


これは↑ドイツ語を読み始めたばかりの頃から何度か再読。
なじみがあったのです。

小さいコッニちゃん、以前に多読のお仲間にお借りして読んだことがあって、少し難しいことは知っていたのですが、読めるかな~って思って買いました。

Das grosse Conni-BuchDas grosse Conni-Buch
(2010/10)
Liane Schneider

商品詳細を見る


12話の中にティムくんと同じテーマのSeepferdchenがあったので読んでみました。
これ↓と同じでしょうか?

Conni macht das SeepferdchenConni macht das Seepferdchen
(1998/02)
Liane Schneider、Eva Wenzel-Buerger 他

商品詳細を見る


コッニちゃんね、いつも赤と白の縞のTシャツなんです。
水着も赤白の縞なんだわ~(笑)
挿絵の中に子供がたくさん出てくると、どれがコッニちゃんかわりにくいの。
でも、赤白のシマシマをみつければいいわけね♪

ティムくんと同じようにタツノオトシゴのワッペンをもらうコッニちゃん。
ドイツでは、そういうのが普通なのかな?

ティムくんのものよりコッニちゃんのシリーズの方が私には読みにくい感じ。
そして、コッニちゃんのお話しのほうがなんだかお勉強くさいかな~。
お勉強っていうより説教くさい?
作者は学校の先生かしら?
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

クーラーが壊れた???

母が電話してきました。
「クーラーが壊れて、つかないの。メーカーに電話してきてもらうことにした。」と。
「私が行かなくても大丈夫?」というと「大丈夫だ」という。

でも、少し話していて「もしかして...」と思った。
「ベッドの側の紐でつるしてあるリモコン使ってみて!」
「うん...あ~、ついたわ。」

リモコンを間違えていたのだわ。
最近、母の行動パターンがわかってきた。

まぁ、リモコンがいくつかあって、携帯電話も固定電話の子機も置いてある。
何がどれだかわからなくなっても不思議はない。

リモコンと新しく買った電話の子機を間違う。
でも、近くの電機屋さんじゃなくてメーカーに電話ができる。
何ができて、何ができないのかちょっと分かりにくい。

何もできないとは思わせたくない。
できることもいっぱいあるよ。
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

ドイツ語多少読 “Tim macht das Seepferdchen”

相変わらず、のんびりとドイツ語の多少読です。
再読ですが、あまり読めてなかった本が読めて、とっても楽し~い。
今までどれだけ読めなかったんだよぅって感じですけどね。

ティムくんはプールに来ています。
まだ泳げないティムくんですよ。

Tim macht das SeepferdchenTim macht das Seepferdchen
(2009/06)
Katharina Wieker

商品詳細を見る


★Tim macht das Seepferdchen

ティムくんはおばあちゃんにプールに連れてきてもらいます。
でも、まだ泳げないティムくん。
プールの監視員(かな~?Bademeister)のメニーさんが
「タツノオトシゴゲームに参加しないかい?」と言ってくれました。
泳げなくちゃ参加できません。
練習しなくちゃね!


「タツノオトシゴゲーム」なんて勝手に名前を付けちゃいました。
Seeが海でPferdが馬。そうなの、英語と同じだね。
プールに輪っかを沈めておいて、潜ってそれをとるゲームをするようです。
私が子供の頃はコイン拾いなんかしたことがありますわ。
まぁ、夏休みは近くの川で遊んでたのでプール遊びはあまりしなかったなぁ。

ちょっと水の中に潜るのを怖がっていたティムくんですが、
ちゃんとタツノオトシゴのワッペンをもらうことができました!

ティムくんのテディベア(ズーパーテディー)のファンです。
ぬいぐるみのはずですが、ちゃんと表情が描かれているの。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多少読 

新しく買ったドイツ語の本。
カシミアくんの本を買い足しました♪

今回はフリッペが主人公ですよ~

そもそも、カシミアとフリッペは体の大きさがずいぶん違うのですが、友達?
フリッペはカシミアの弟分でしょうか?どこかに二人の関係が書かれていたりするのかな?
読めてないのかな?

Kasimir laesst Frippe machenKasimir laesst Frippe machen
(2013/02)
Lars Klinting

商品詳細を見る


★Kasimir lässt Frippe machen

退屈そうにしているフリッペにカシミアは場所を提供します。
フリッペは修理屋さんの看板を出して、修理屋さんを始めます。
看板には「なんでも修理します。」と書かれています。
さっそくやってきたお客さん。壊れた自転車を持ってきました。
でも...出来上がったのは...一輪車???
「お代はいただきませんから」というフリッペ。
でも、さっそく看板に「自転車以外は」と書き足しました。
次々にくるお客さんの注文もさっぱりうまくいきません。
看板にはどんどん書き足す「○○以外は」という書き込み...
とうとうお客さんが来なくなってしまいます。


あ~、フリッペの後姿が寂しそうです。
でも、そこはカシミアがいますからね~

そわそわと見守るカシミアが優しいです。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多少読 “Kasimir näht”

少し買い足したドイツ語の本をさっそく読んでいます。
ほのぼのカシミアくんのお話が好きだったので、カシミアくんのお話を買い足したのです。

カシミアくん、今度はお裁縫です。

Kasimir naehtKasimir naeht
(2013/02)
Lars Klinting

商品詳細を見る


★Kasimir näht

カシミアくん、エプロンを出してみると...あら~ボロボロ~。
さっそくおばさんの使っていた裁縫室でエプロンにぴったりの布選び。
布を水通し(次いでに自分の体も洗って~)乾かして、アイロンして。
こんどは採寸して、型紙書いて、しつけ縫いして...


カシミアくん、なんでもできるな~。
カタカタとミシンを踏む後姿の絵がかわいいよ~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多少読 “Heidi”

ちょこっとドイツ語の本を買い足しました~
再読ばかりも退屈なので。

ハイジです。
もちろん、こども用の絵本で、お話もはしょられていて、一部分だけです。

中身は知らずに買っているわけです。
びっくりよ~、クララは出てきませんのよ~。
ハイジがまだクララのところに行くまでのお話です。

HeidiHeidi
(2012/03)
Barbara Rose

商品詳細を見る


★Heidi

ハイジはデーテおばさんに連れられて、おじいさんのところに行きます。
おじいさんと一緒に暮らすためです。
山羊飼いのペーター(ペーテルかなぁ、ドイツ語だと)と山に行ったりのびのびと育ちます。

みなさんご存知のお話ですね~。
アニメのハイジはドイツでも人気があるとか。

アルムおんじって誰が訳したのでしょうねぇ。
Alm-Öhiとこの本には書かれています。
あれ?英語訳はどうだったっけ?
本は友達にあげてしまったからわからないわぁ~
ぺーたーはGeiß-Peterですって。

原作が読めるようになるのはいつかしらね~。遠いなぁ~
英語訳では結構長いお話だったですから。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

浴衣ばかり

夏ですから~浴衣を着ています。
最近、ブログに書くほど新しく縫い上げた着物もないのですから。

これは絞りに見えるけれど、実はリップル。
リップルってこどもさんの夏用パジャマなんかにある生地の作り方。
でも、ちゃんと浴衣の反物として売っていたのですよ。

      DSCN5023_convert_20130720172212.jpg

クーラーの中で襟元がスースーするのが苦手で半襟をつけてみたり

      DSCN5029_convert_20130720172129.jpg

浴衣らしく着てみたり。
肌触りがさらりとしていて着心地はいいです。

もう一つは、綿紅梅の浴衣です。
帯は縞の博多帯。

      DSCN5038_convert_20130720172245.jpg

綿紅梅も肌触りがよくて、肌にくっつかず、着心地がいいので好きです。
これも、お安く反物で売っていたのを縫いました。

単衣だと自分だけで、お教室で教えていただかなくても縫えるようになりました。
でも、袷は難しいなぁ。裾のフキの部分がどうしても苦手~。

近頃、時間がなくて抱えているゆかたの反物もそのまま~
家でも縫えるといいなぁ。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

家を逃げ出す

ただ今、マンションの外装の補修中~。
足場を組むのもすごい音...何日もこんな状態でまいっている私。

パソコンが(デスクトップなの~)置いてある部屋は北側の部屋。
ちょうど北側から補修中なので、音も防犯上もプライバシー的にも窓を開けられない状態。

母のところに通う日に限って静かだったりして、皮肉なものです。
この日は家を逃げ出して映画を観に行ってきました。

と言っても、映画館ではなくて美術館にある部屋で上映されるのです。
古い映画をやってくれることも多くて、時々チェックしています。

今回はヒッチコックです。
それも3作。それぞれワンコイン♪
お財布にも優しい~

・レベッカ
・断崖
・汚名

の3作でした。全部白黒映画です。
『レベッカ』と『断崖』の主演女優さんはジョーン・フォンテーン。
役柄と彼女の雰囲気から「オリビア・デ・ハヴィランドがやってもよさそうな役ね。」って思った私。
後で調べたら...二人は姉妹でした~。びっくり。
似てるはずだわ。仲が悪かったらしいですが...
似てるもんねぇ、役の取り合いとかしそうです。

オリビア・デ・ハヴィランドは『風と共に去りぬ』のメラニー役の人です。
若い人は知らないかも~。(汗)

『レベッカ』はローレンス・オリビエが相手役。
『断崖』はヒチコックお気に入りのケーリー・グラントが相手役。
よくもこんなダメ男と結婚する女がいるもんだ~とため息がでちゃうようなダメ男役。(笑)

『汚名』はイングリット・バーグマンとケーリー・グラント。
アメリカ育ちのドイツ人役のバーグマンはぴったりの配役ですねぇ。
私、バーグマンの目や口元が好きです。
とっても美人というなら、同じ時代にほかにも美人女優さんはいっぱいいたでしょうが
好きな女優さんです。

3本の映画。6時間です~
母のところに行かない日は、ぐったり体を休めていることが多かったこの頃。
いい気分転換になりました。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ドイツ語多少読 Lauras Sternがもう一冊あったんだった

あいかわらずドイツ語の多読が続いています。
まぁ、気まぐれな私なので、いつまで続くことでしょう~

Lesemausのローラのお星さまシリーズがもう一冊あったのです。

Lauras Stern: Geschichten vom DachLauras Stern: Geschichten vom Dach
(2010/06)
Klaus Baumgart

商品詳細を見る


★Geschichten vom Dach

ローラが弟のトミーと友達のマックスと一緒に屋上で遊んでいます。


再読なので、ストーリーはだいたいわかっています。
ええ、だいたいなんです。
細かいところはわかっていませんでした。
今でも、全部はわかっていないのです。

飛ばしていたところが、少しずつわかってくるようになりました。
成長というには、なんともゆーっくりなんです。
それでも、なんだか楽しくなってくるから不思議~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 “Isabelle the Ice Dance Fairy”

忘れてたわけじゃないのですが、間が空いてしまったわ~
レインボーフェアリーのシリーズのダンスフェアリー7巻。
7冊で一グループの妖精たちのお話なので7巻まで読まなくちゃね。

ダンスの妖精なのですが、7巻目はアイスダンスの妖精...
アイスダンスってダンスの種類の一つですか?
アイスダンスの中にいろんなタイプのダンスがあるんじゃなくて?
まぁ、いいや~

Isabelle the Ice Dance Fairy (Rainbow Magic)Isabelle the Ice Dance Fairy (Rainbow Magic)
(2009/05)
Daisy Meadows

商品詳細を見る


★Isabelle the Ice Dance Fairy(Dance Fairies #7)/ Daisy Meadows

カースティーたちは、友達も出るというアイスショーを見に行くのを楽しみにしています。
でもね、アイスダンスフェアリーのリボンをみつけなくちゃ~、友達のダンスは失敗していまいます。
ゴブリンはどこに?

ゴブリンがどんな衣装でアイスショーに潜り込むのかと思ったら、アイスホッケーの衣装でした~。
アイスショーの衣装は似合わな過ぎるもんねぇ。

この巻では7人のゴブリンが勢ぞろい~。
7人そろっても役に立たないんじゃ、悪者の手先としてはダメじゃな~い。
まぁ、必ず良い子が勝つのがお約束ですからね。
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

朝顔のシールです

ネイルに時間をかけらなくても、私のように絵が描けなくても、シールがあれば何とかなる。

もちろんサロンに行けば、素敵なデザインにしてもらえるけれど...時間も資金も心細い。

涼しげにしたかったのでラメのグラデーションにしました。
ケースに入っている時はブルーなのに、光線の加減で緑にも見えます。
ブルーにしたかったのですが、グリーンもいいかも。

   RSCN5026_convert_20130711172217.jpg

朝顔に風鈴♪

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “Serena the Salsa Fairy”

気が付いたら、この本を読んだのを記録してなかった...
急に暑くなって脳みそとけた?いつ読んだんだろ?

レインボーマジックのダンスフェアリーの6巻。
サルサってダンスの妖精です。

うちのダンナは「サルサって食べるものじゃないの~」って。
ソースを意味するサルサ。(サルサソースって呼ぶと、ソースソースって言ってるわけだ~)
ダンスの名前はそのソースからとったわけでしょうが...どうして?

Serena the Salsa Fairy (Rainbow Magic)Serena the Salsa Fairy (Rainbow Magic)
(2009/05)
Daisy Meadows

商品詳細を見る


★Srena the Salsa Fairy (Dance Fairies #6)/ Daisy Meadows

カースティーの町ではお祭りがあるのです。
パレードにはいろんなフロート(山車)が出たりして、ダンスを披露しています。
そう、サルサのグループもでるのですね。
ゴブリンが持っているはずのサルサの妖精のリボンを見つけ出さなくちゃね。


南米の音楽ですね。
ラテン系の人の多いアメリカだと、こんなお祭りもあるように思います。
このレインボウマジックの原作は英国なのですけどね。
英国でもそんなお祭りあるのかな?

6巻では、ゴブリンたちは極楽鳥やオウムのコスチュームを着てサルサのフロートに乗っていますよ。
ダンスのリボンを手に入れて、ゴブリンたちはダンスが踊れて楽しんでいるのよね。
悪役のゴブリンですが、ダンスが好きなのねぇ。
妖精ちゃんもゴブリンが上手に踊れるようにしてあげればいいのにね、魔法で♪
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多少読 “Tim geht in den Kindergarten”

Timくんのシリーズも読み返してみました。
こちらは絵本でも動物じゃなくて人間の男の子です。(笑)

Timくんが初めて幼稚園に行くお話です。

Tim geht in den KindergartenTim geht in den Kindergarten
(2009/06)
Katharina Wieker

商品詳細を見る


★Tim geht in den Kindergarten / Katharina Wieker

ティムくんが初めて幼稚園に行く日です。
持っていくもの全部に名前を書いて...
ぬいぐるみのズーパーテディーも連れて行くから、おしりにTimって書いて連れて行きます。(笑)
やさしそうな幼稚園の先生。顔見知りの友達。初めて会った優しい女の子。
でも、ちょっと大きいアレクサンダーは怖そうです...

初めての幼稚園でドキドキのティムくんです。
楽しそうな幼稚園だ~。
今の幼稚園ってどんなだろ?

私の行っていた幼稚園はお寺さんだったの~。
教室やなんかは普通なんですが、園長先生はお坊さんで顔が怖かったな~。
なんて思い出しました。

CD↓もあるので、珍しく聞き読みもやってみました。

Tim geht in den KindergartenTim geht in den Kindergarten
(2011/09)
Katharina Wieker

商品詳細を見る


聞くだけでお話が分かるようになるといいんだけどねぇ~
ドイツ語を聞くことが少ないので、もうちょっと聞くようにしなくちゃね。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

かわいいお鍋♪

ル・クルーゼのお鍋、かわいい色だし、おいしく煮えるので好きなんです。
我が家の5個目のル・クルーゼのお鍋。

  DSCN5020_convert_20130705150114.jpg

小さいココットオーバル♪17センチです。
小さいので手に乗ります。が、重いのも本当です。
左手の手のひらに乗せてますが、手がぷるぷるしてます~。(笑)

以前にアメリカのアウトレットであまりにお安かったので買ってきてしまったのです~。
小さいけれど重いので、重量超過の料金を払ったら安くありませんからね、慎重に荷物に詰めました。

箱を開けたときに驚いたの。なんと日本仕様なんですよ。
どーして日本仕様のル・クルーゼが日本で買うよりアメリカで買うほうが安いんだ???

小さいのでまだ使ってなかったのです。
今日はキノコのマリネを作りました。
少量だったので、このサイズがぴったりでした♪

    DSCN5022_convert_20130705150740.jpg


昼食の冷たいおうどんです。
おいしくできました♪(自画自賛 笑)
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ドイツ語多少読 Lauras Stern も再読

Lauras Sternの原作の絵本じゃなくて、Lesemausの中の『ローラのおほしさま』シリーズを再読しています。
何度目の再読かはわかりません。
最初に読んだ頃は、ほんとーにわかってなかったですから。

このLesemausのシリーズは文章の中の単語の代わりに絵が入っていて、単語どころかABCの読み方も知らなかった私にも少しはお話の内容がわかったのです。
その絵は後ろにまとめて単語リストになっています。

ドイツ語が読める人にとっては、この文章の中の絵はとっても邪魔なようです。
実際、わたしも今回読むまで「歯磨き粉のチューブ」だと思っていたものが「日焼け止め」だったのに気が付きました。(あはは~)
分かりにくいですよね~。
お母さんが「歯磨きわすれないでね~」って言ったのかと思ったら、「日焼け止めを忘れないでね~」だったのだー。

でも、単語を一つも知らなかったのに続いたのは、こんな本があったから。
それと、ぜんぜん読めてないのに読めたような気になっている、気楽な私の性格かしら?(笑)
多読をするには有利な性格ですね。

再読したのは、雨の日にお家で遊ぶローラたちのお話と、天気のいい日に公園で遊ぶローラたちの2冊。

Lauras Stern: Ein Regentag zu HauseLauras Stern: Ein Regentag zu Hause
(2010/06)
Klaus Baumgart

商品詳細を見る


Lauras Stern: Ein toller Tag im ParkLauras Stern: Ein toller Tag im Park
(2010/06)
Klaus Baumgart

商品詳細を見る


原作のローラの絵のほうが好きです。
原作は、最初の1冊は語数が少ないけれど、次からは語数が多くて~。
私には難しいのです。
もっと読めるようになりたいなぁ~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

親が老いるということ

病気がわかってから1年も経たないで父は亡くなりました。
同時に母が動けなくなったこともあって、あの時はとっても大変だった。

その時、親戚に母を病院に入れたほうが、私が楽になるのではないかと言われたけれど、
そのままボケてしまいそうに思って、病院と実家と自宅をぐるぐるひとりで回っていた。

父が亡くなる前から、ひとりで家のベッドにいる時間がながくて時間の感覚がなくなったり...
いや、父が元気な時から、ちょっと忘れっぽくなっていた。

倒れそうになってからやっとヘルパーさんに頼ることに思い当たった。
だから今は私の体は少し楽になりました。

だんだん忘れっぽくなる母が不安。
自分が忘れっぽくなっていることに不安になっている母。母は自分にいらだっている。

そんなとき、とても悲しくなる。

なんでもないときは、とってもなんでもない。
手順も間違えず、お寿司を作ってくれたり。
私が「今晩は天ぷらにしようね」と言うと、ちゃんと天つゆを作って待っている。

年を取るってね...悲しいのかな?

自分の老後が怖くなる。
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ