FC2ブログ

ドイツ語多少読 Kasimirくん、まだ読んでます。

Kasimirくんの本、ほかにも出ているのです。
でも、ほら~。円がねぇ。
ドイツ語の本も高くなって~
たぶん英語の本も高くなってるんだろうけど、最近手持ちの本を消化中なのでチェックしてません。

景気回復???どこの話や?

え~っと、心静かに絵本を読むことにします。(笑)

Kasimir pflanzt weisse BohnenKasimir pflanzt weisse Bohnen
(2011/03)
Lars Klinting

商品詳細を見る


★Kasimir pflanzt weiße Bohnen / Lars Klinting

フリッペがカシミア(カシミール?)のところに買い物してきました。
袋が破れて買い物をした「豆」が落っこちました。
「いい考えがある!」とカシミア。
この豆を植えることにしました。
おじさんの庭仕事のノートを探し出しました。

今回は植木鉢やスコップなんて単語が出てきます。
なんの豆かしら~
そらまめ系みたいです。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多少読 Kasimirくんの絵本をまた~

ドイツ語の絵本の再読が続いています♪
ちょっと分かる単語が増えたからって、お調子者です~。
まぁ、そんなお気楽なタイプなので多読が気楽に続くのです。

Kasimir hat einen PlattenKasimir hat einen Platten
(2011/03)
Lars Klinting

商品詳細を見る


★Kasimir hat einen Platten / Lars Klinting

カシミアくんはフリッペとふたりで(二匹だね)自転車でピクニックに出かけます。
喜んで出かけたふたりですが、フリッペの自転車がパンク!
泣き出すフリッペをなぐさめて、パンクの修理をするカシミア。

ちゃーんとパンクが直せるんだねカシミアくん!
パンクの直し方が細かく描かれているのですよ。
パンクの修理は万国共通。
大工道具よりは道具の名前がわかります。(日本語でってことですよ)
だからって私にパンクは直せないけど...

ドイツって自転車の人が多いですね。
坂が少ないのでしょうかね?
歩道と自転車用のところとちゃんとわかれていたように思います。
田舎はちがうかもしれないけれど。

あ、でもカシミアくんの絵本はスウェーデンが原作のようです。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多少読 Ksimirくんの絵本

ドイツ語が少し読めるようになっているのに気が付いたら、とっても楽しくなって、再読しています。
新しいものを読むのもいいかと思ったのですが、ちょっと背伸びして読むものばかりを買っていたので、再読をすることにしました。

再読だと以前より↑か↓か→かがよくわかると思ったのです。
さすがに↓はないよねぇと、久しぶりにドイツ語を読むときはいつもドキドキなの。

読んでいない間に「なに」が私の中で起こっているのでしょう?
英語の多読の時にも思ったことです。

英語の多読の時も、始めたころは、立ち止まって読まなくなると読めなくなってしまうかもと不安だったんです。
でも、そんなことなかった。
私の経験からいうと、読んでいない間も何かが自分の中に貯まっていっている気がします。

なので、多読って語数や冊数と進歩が必ずしもイコールでないのではないかしら?って思っています。
読まない時間も何かが育っているのよ~きっと~。
読まない時間にも、気持ちが英語やドイツ語に向いているのでしょうか?意識はありませんが。

普段の生活をしているときに、ふっと「あの時読んだ英語は、こんな時に使うんだ~きっと」なんて思うのです。
ふわ~っと浮いてくる感じ。とっても頼りないけれど、辞書を引いては感じられない感覚です。

さて、ドイツ語の多読ですが。(いえ、多少読です。)
最初は絵本の絵の中にある名詞を覚えていることが多かったのですが、最近お話が分かるようになったのは、知っている、見たことのある動詞が多くなってきたのではないか。
分析していてもつまらないので、突き詰めていませんが。
読めると、分かるとと楽しい。再読を続けてみようと思っています。

手始めは、Kasimirくんのお話です♪
ビーバーですよ。

Kasimir tischlertKasimir tischlert
(2011/03)
Lars Klinting

商品詳細を見る


★Kasimir tischlert / Lars Klinting

カシミアくんは、大工仕事を始めるようです。
おじいちゃんの大工道具箱をひっくり返して、設計図を見つけました。
出来上がったのは?あれ?

大工道具の単語がいっぱい出てきます。
私は、日本語でもなんて言うか知らない物がいっぱいです~。

爪を削るのをファイルするとかって言うようですが、おぉ、やすりはeine Feileなんですね~
これ一冊読んで大工道具の単語を覚えるとは思えないです。
私が使うことも少なそうで、きっと忘れちゃうわね~。
また何かのお話を読んだときに思い出せるといいけど。

あれ?仲良しのフリッペくんが出てこないわ。
ちょっと寂しいですねぇ。

他にも2冊持っています♪
それはまた今度~

Kasimir pflanzt weisse BohnenKasimir pflanzt weisse Bohnen
(2011/03)
Lars Klinting

商品詳細を見る


Kasimir hat einen PlattenKasimir hat einen Platten
(2011/03)
Lars Klinting

商品詳細を見る
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多少読 “Tatz und Tiger machen eine Reise”

ドイツ語も少しは読んでいます。
でも、再読ばかりだったり、読めないよ~と弱音を吐いて途中で投げ出したり。

最近、しばらく置いてあった本を手に取って読んでみると...
わ~い、わかる単語が増えてるわ~
なぜだかわからないけれど、わかる単語が増えていますよ♪

うれし~な~

こうやって、絵本で単語を覚えると動物の名前ばかりを先に覚えるのですよ。
そういえば、英語の多読もそうだったなぁ~。

動物の名前ってドイツの人のファミリーネームに多いのだそうです。
キツネさんとか、鹿先生とか、いるのかな?

Tatz und Tiger machen eine ReiseTatz und Tiger machen eine Reise
(2012/03)
Anne Steinwart

商品詳細を見る


★Tatz und Tiger machen eine Reise 

タッツとティーガーは二人乗りの自転車で旅に出ることにしました。
友達の野ウサギたちを訪ね、青い川まで行こう!
野ウサギたちとピクニックをしたり、星空の下で眠ったり。
ところが川にたどり着くとワニがいるというのです!


かわいいので気に入っているTatz und Tigerシリーズ。3冊あります。
他の2冊は

Tatz & Tiger - Allerbeste FreundeTatz & Tiger - Allerbeste Freunde
(2010/06)
Anne Steinwart

商品詳細を見る


Tatz & Tiger feiern WeihnachtenTatz & Tiger feiern Weihnachten
(2010/10)
Anne Steinwart

商品詳細を見る

テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 “Mr.Putter & Tabby Take the Train”

また、お気に入りのプターさんシリーズです。
相変わらず、かわいいおじいさんとおばあさん(お隣りのティーベリーさん)です。

Mr. Putter and Tabby Take the TrainMr. Putter and Tabby Take the Train
(2000/02/28)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る


★Mr.Putter & Tabby Take the Train / Cynthia Rylant

プターさんは、ティーベリーさんに「列車でちょっとお出かけしませんか?」と誘われました。
こどもの頃から列車が好きだったことを思い出し、久しぶりに列車で出かけることにしたプターさん。
でも、ネコのタビーも連れて行きたい。
ティーベリーさんに「ペットも一緒に客車にのれるかな?」と何度も確認します。
「もちろん!大丈夫よ!」と自信たっぷりのティーベリーさん。
ところが、ところが、駅についてみると「ペットはだめですよ!」と言われてしまいました。
さて~、プターさんはいい考えを思いつくでしょうか~?


ペットも乗せられると自信たっぷりに答えていたティーベリーさん。
彼女が前回列車に乗ったのは...なんと1938年!
アメリカってそんなに何十年も列車に乗らずに暮らすのね...
日本じゃあんまりないことではないですか~?。
アメリカって車社会だものねぇ。

このふたり、出直して列車に乗るんです。
さて~、解決策は?
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

ハルシュタットが...

オーストリアのハルシュタット。
以前、行ったことのある美しい街です。

ところが、そこに水害があったらしくて~

http://www.youtube.com/watch?v=hN-eggV5CNI&feature=endscreen&NR=1
ショック...

今はもう観光もできるようになっているとか...
でも、被害は大きかったもようです。

あちらこちらで異常気象。
人命も失われたり...

悲しいですね
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

シーフードミックスとセセリのパエリア

少しずつル・クルーゼのお鍋が増えている我が家です。
以前に買ったビュッフェ・キャセロール。色はデューン。

     osara 003s.jpg

   
ココットロンドを二つ普段使いにしているので、他のはつい出しそびれてしまうのです。

パエリアは大好きなのですが、お店で食べるばかりで作ったことがなかったのです。
作ってみました~

鶏のせせりを買ってあったし、シーフードミックスもあったので、それらを入れて、適当パエリア♪
けっこうおいしくできたので、また作ろ~

     シーフードミックスとセセリのパエリア

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “Mr.Putter &Taffy Walk the Dog”

大好きなプッターさんのシリーズ。
長いものを読む気にならないときや、のんびりしたい気分の時は、このシリーズに限ります♪
(私には、だけどね)

Mr. Putter & Tabby Walk the Dog (Mr. Putter and Tabby)Mr. Putter & Tabby Walk the Dog (Mr. Putter and Tabby)
(1994/03/30)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る


★Mr.Putter & Tabby Walk the Dog  / Cynthia Rylant

プターさんには老ネコのタビーと住んでいます。お隣にはティーベリーさん。
ティベリーさんはジークという犬と住んでいます。
ある日、ティーベリーさんが転んでしまって、ジークの散歩に行けません。
プターさんはジークの散歩を引き受けますが...

表紙の絵をみておわかりでしょう~
プターさんはかなり苦労しているようです。
そこは、年の功!ジークとわかりあえた?
いえ、取引成立?

なごみますわぁ、このシリーズ。
雨のうっとうしさなんて飛んでいくわ~

じゃんじゃん降っている雨。
関西の南のほうではかなり降っています。
ひどいことにならないでほしいです。
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

ズッキーニをおつまみに♪

とってもお手軽なおつまみ

薄切りにしたズッキーニを粉をつけて、たまごをくぐらせて揚げるだけ♪

ズッキーニのたまごフライ
ズッキーニのたまごフライ



揚げたてに、お塩をパラリとふるだけ。
ズッキーニあま~い♪

らでぃっしゅぼーやでお野菜の宅配を始めて何年だろ?
1996年からだから...17年だわ~

最初はズッキーニなんてこなかったわぁ~
無農薬や低農薬で栽培される農家さんが増えたってことですね。
最初は無農薬のお野菜にそれなりのお値段を出して買うお客さんも少なかった中、ご苦労されたことでしょう。

らでぃっしゅぼーやさん、できて25年になるのだそうです。
農家さん、これからもがんばってくださいませ~
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

シュパーゲルの季節なの

梅雨なのに雨が降らないなぁなんて思っていたら...台風ですって~
どうなってるの?

うっとうしい天気はさておき、季節なのでシュパーゲル!
ホワイトアスパラガスですわん♪

といっても、シュパーゲルだけではお財布にやさしくないのでグリーンアスパラガスも添えました。
そして、シンケンも一緒に添えて。


    DSCN5007_convert_20130620133537.jpg

そしてソースはオランデーズソース♪
イタリアのオーストリア国境に行ったときにソースにゆで玉子も刻んで入っていたのです。
なので、やってみました。
たまごLOVEなダンナですから喜んでくれました~
とっても不健康な感じが漂うおいしさです(笑)。

まぁ、この季節だけですからね。
いいことにしておこう。

オランデーズソースはこちら↓

英語多読 “Jessica the Jazz Fairy”

マジックツリーハウスのシリーズを図書館でお借りしているので、そっちを読んだり、あっちに手を出したり、こっちをのぞいてみたり。
気持ちの定まらない私です。

そんな気持でも読めてしまうのがレインボーマジックのシリーズ。
深刻なお話もなく、なんだかかわいいのだ。

疲れた気分の時でも気楽に読める。
子供向きのお話なのだ。
でも、なにかと忙しく、気持ちが滅入ることだって多い大人にも気楽でいいかも~。

あぁ、こどもの頃はお姫様とか妖精とか好きだったなぁなんて思いだしながら。


Jessica the Jazz Fairy (Rainbow Magic)Jessica the Jazz Fairy (Rainbow Magic)
(2009/05)
Daisy Meadows

商品詳細を見る


★Jessica the Jazz Fairy (Dance Fairies #5)/ Daisy Meadows

カースティーとレイチェルは、ミュージカルのプロデューサー、ウィロウさんのパーティーに行くことになります。
そこにはジャズバンドもやってきます。
ということは、ジャズダンスのフェアリーのジェシカから奪われた魔法のリボンを持ってゴブリンがやって来るに違いない!
ところが、舞台に出てきたダンサーのダンスショーは素晴らしい。
おかしいな?
ふたりは舞台にダンサーとして紛れ込んだゴブリンをみつけます。
リボンを取り戻さなくちゃね~


相変わらず、ゴブリンは間抜けなことをするのです。
ええ、決まっています。そういうストーリーなんです~。

今度のゴブリンはブラウニーの焼けるいい匂いに弱いのだー。
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

一年もたっていないんだな

たまっていたメールを消しましょうと思って、一つずつ消していた。

去年の7月1日に父のメールが残っていた。
PET検査に付いて行った後に、父から礼のメールが来ていた。
あの頃はまだちゃんとメールができたんだ。

あの日は暑かったなぁ。
一緒に遅いお昼を食べたなぁ。
スパゲティーが好きだったなぁ。
一緒に外食するのを楽しんでいたなぁ。

あの時はまだ元気だった。
癌は見つかっていたけれど、だんだん弱ってくるとは思っていたけれど。

80歳だったから、一般的にいって年に不足はないっていうのだろう。

「年に不足はない」って言葉が嫌い。
20年以上も前に亡くなった、大好きな春子伯母。
その時に、人に言われて「不足だ!」と思った。
家族にとっては何歳でも不足だ。

ぜったいこの言葉は使わないとその時に決めた。

欲深いのだろうな、私。
でも、不足なんだ。80歳でも不足なんだ。

テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

最近のお気に入り 「あゆだし」

ゴールデンウィークに高知に行きました。
その時に買ってきたのです。

   DSCN4969_convert_20130521134140.jpg

あゆだし」です。
ビンの中に鮎を低温で燻製にしたものが入って売っています。
家でお気に入りのお醤油を入れておくとおいしい鮎の出汁がでたお醤油になります。

お醤油がまろやかになるので、お刺身なんかもおいしいし、お漬物なんかもおいしいと思います。
お取り寄せもできるみたい。
いかがですか?
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “Dragon of the Red Dawn”

マジックツリーハウスの再読も終わって、先の巻にやっと進んでいます~
よく思い出せないから再読したのに、時間がかかりすぎて先のお話もわすれちゃうよっ!
で、間違えて読み終えている36巻を図書館で借りてしまった...

気を取り直して37巻を読みました。

私、表紙を見て、今回ジャックとアニーは中国に行ったのかと思ってましたー。
日本に行ったのね...
挿絵の二人が着ているものが着物には見えなかったものですからね。
バスローブだよ、どうみても。

Magic Tree House #37: Dragon of the Red Dawn (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #37: Dragon of the Red Dawn (A Stepping Stone Book(TM))
(2008/08/12)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る


★Dragon of the Red Dawn(MTH #37) / Mary Pope Osborne

ジャックとアニーがマジックツリーハウスでやってきたのは、江戸時代の日本。
なんだかツリーハスは江戸城のお庭に降りたったようです。(汗)
魔法の杖を持つことを許されているジャックとアニーですが、その使い道は自分たちのためではなく、人のために使わなければいけません。
江戸では出入りを制限されていてパスポート(通行手形のことかな?)が必要。
そんなものを持っていないジャックとアニー。
お侍さんに通行手形を見せろと言われて困っているところを助けてくれたのは、なんと松尾芭蕉~
ジャックとアニーは芭蕉に連れられ江戸をみて歩き、芭蕉の庵に一泊します。
そんな時、江戸の町で火事が起こります!
魔法の杖をどう使えば江戸の町を救えるのでしょうか~


この火事で芭蕉の庵が焼けているので、天和2年の八百屋お七の火事でしょうか?

なかなか突っ込みどころの多い日本についてのあれこれ。
マジックツリーハウスで日本に来たのは二度目。(5巻で日本が出てきます。)

挿絵はイラストレーターが日本や着物を知らないせいでしょうからしょうがないですねぇ~。
メアリー・P・オズボーンさんは日本にいらしたことがあるそうです。
きっとその時、レストランなどで温かいおしぼりが出されたことが印象的だったんでしょうねぇ。
芭蕉やジャックとアニーはお寿司屋さんでおしぼりを使っています。
う~ん、その時代に温かいおしぼりがあったかな???
巻き寿司も、鉄火巻きみたいに生のお魚は入っていないんじゃない?


まぁ、アメリカでは誰も気が付かないでしょうからねぇ。
だから誰からも苦情は来ないでしょう。
時代考証もいい加減なのでしょうかね。(笑)

まぁ、あまり深く考えずに読みましょうか。
日本語版ではどう訳されているのかしら?
日本のこどもも江戸時代から温かいおしぼりが出てくるなんて思ってたらやだなー。
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

味噌の天地返し

1月に仕込んだ私の味噌を天地返ししました。
       
    DSCN5005_convert_20130613160511.jpg


キッチンの暗い電気の下で写したのでずいぶん黄色く写ってしまっていますが、これほど色がついてはいませんでした。
でも、なかなかいい感じ♪

味見もしてみました。
まだまだ味噌の味というより、塩の味が強いです。
でも、味噌らしい味になってきました。

天地返しの時に黒いカビができてしまっていたら、味が落ちるのでしっかり取り除かなければいけません。
白カビは味に影響しないそうですが、やっぱり取り除いておきましょう。

私のお味噌、今回はカビはまったくありませんでした。
もうすぐ食べられそうです♪
去年の味噌が残り少なくなっているので、待ち遠しいわ~。

 ↓の写真よりはずいぶん味噌らしい色になっていました。


  毎年作る 私の手作り味噌

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

持つべきものは...

学生の頃、マンドリン部にいました。
その当時の先生のマンドリンオーケストラが九州公演をするというのを去年から聞いていました。

九州には友達が3人いるわ♪
旅行に行ったことがあっても、ほとんど知らない土地。
それなのに、友達がいるって思うとなんだか親しみのある土地に思えてしまう。
そんなの私だけかしら?

母の調子が良ければ九州演奏会に行って聞きたいなぁ。
そして、できればちょっと旅も楽しみたいな~。

幸い、なんだか最近は母の調子が良かった。
なので思い切って行ってきました~

学生時代の友達を呼び出して二人で2泊3日のミニ旅行。
おいしいものをたくさん食べてきました。(結局こうなる...笑)

演奏会のチケットをもう一人の九州の友達にお願いすると
「翌日においしいイカ食べない?」なんてメールが!
もちろん、二つ返事♪
ずいぶん長く会っていない人たちとも会えて、おしゃべりして、美味しいもの食べて、極楽~。

元気を取り戻しました!
リフレッシュして、またがんばろっ!
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

かたつむりは爪の上

最近、ネイルが長持ちするのです。
つい先日までのネイルは↓

   DSCN4987_convert_20130611173044.jpg

すでに3週間たっているときに撮った写真。
結局4週間もってくれました。

爪がのびてきたので爪先からファイルで削って短くするので
だんだん白い部分が減ってきます~。
それにしても、先をファイルしても浮くこともなく、
以前、2週間ほどで浮いてしまっていたのはなぜだったのでしょう?

梅雨入り後、あまり雨も降らないようですが、爪の上にはかたつむり。

   DSCN4998_convert_20130611173131.jpg

あら?見えにくい?
小さいシールなので自己満足♪

   RSCN5003_convert_20130611173559.jpg

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “Tasha the Tap Dance Fairy”

あ~、一週間があっという間だわぁ~。
なんだか本を読む気力もなくて、忙しかったー。
ちょっと落ち着いてきたかしら?
いや、油断してるとまた...

レインボーマジックシリーズのダンスフェアリー4巻はタップダンスの妖精ですって~
タップダンスって誰が考え出したのかしら?
アフリカ系アメリカ人のダンスがもとだとか?アイルランドのダンスがもとだとか?
私は、サミー・デイヴィスJrを思い出す。なんて言うと年がばれますが...


    
Tasha the Tap Dance Fairy (Rainbow Magic)Tasha the Tap Dance Fairy (Rainbow Magic)
(2009/05)
Daisy Meadows

商品詳細を見る


★Tasha the Tap Dance Fairy(Dance Fairies #4)/ Daisy Meadows

カースティーとレイチェルは、大学で行われるオープンハウスに来ています。
いろいろなコースが設けられ、ケーキを作ったり、木工をしたり、特殊メイクまで!
カースティたちはタップダンスの練習をしている女の子たちはどうもうまくいっていない様子。
そうです、タップダンスのフェアリーの魔法のリボンがまだ取り返せていないから~
ひとりの女の子からタップシューズとステッキを盗んで、ご機嫌でタップを踏むゴブリン!
ゴブリンの魔法で凍らせられないように、カースティーとレイチェルはターシャとともにリボンを取り返す作戦を練ります。


それにしても、タップを楽しむゴブリンって憎めないわぁ。
緑の肌に尖った耳で真っ赤なタップシューズを履いてタップしているところは、なんだか笑えます。
どこまでも邪悪じゃないのがこのシリーズの悪役。
そういえば、ゴブリンって小鬼とかって訳されるけれど、
いたずらをする妖精かな?邪悪とは限らないイメージ。
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌