FC2ブログ

遠い親戚より、近くの他人

母がひとり暮らしになって、週二回私が通っているけれど、一週間は七日ある...

玄関のポストに新聞を取りに行って、座り込んでしまい、立てなくなった母。
お向かいの奥さんが助けてくださいました。

子どもの頃からそこの大奥様に生け花を習っていたので親しみがあります。
介護タクシーがきたり、私が再々やってきたりを目にして「どうも以前とは様子が違う」と感じていらしたそうです。

お向かいから我が家の玄関先はよく見えるので、母が座り込んでいるのを見かけて「おかしいな?」と声をかけにきてくださった。
ご近所は何軒か入れ替わって、私が知らないお宅も多いのです。
その中でも、私が子供の頃から知っているもう一軒のお宅にも相談してくださって、母の様子を見に来てくださったのです。

何かあったらと私の電話をお知らせしたり、ヘルパーさんやデイサービスに通っているところの連絡先も知っておいていただいたり、ほんとうにお世話になります。
「ご近所なんだから、当たり前だよ。」と言ってくださって、ほんとうにありがたかったです。


母は末っ子なので、母の兄弟は年をとった伯父がひとりのこるのみ。
気にして来てくれたり、電話をくれたりは私の母方の従弟たち。

まぁ、父方の親戚にとっては母は他人なのでしょうねぇ。
一番大変だった時にあてにしていたら、「急用でいけませんでした」と後からメールが...
あてにした私がばかだったのだけれど、ほんとうに疲れていたので。
歩けない母は水すら飲めなかった。後から言われてもどうしようもない。

父の通夜だって、父方の親戚は残ってくれなくて、私と主人だけでしたもの。
自分の身内の通夜でそうなら、母のことはね...

本当に、ご近所さんって大切。
私もご近所の役に立てる隣人でいたいです。
スポンサーサイト



テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

ドイツ語多少読 ボードブックの絵本の再読

久しぶりに手に取った絵本です。
ドイツ語の多少読もしているのですが、読み切れるものがあまりないし、再読もあきちゃうでしょ~?

なので、語数も増えていません。記録もしてないし。

ドイツ語絵本 0020002.jpg

読んだのは上の3冊。

ドイツ語の多少読はほんとに多少なのですが、ほったらかしておいた絵本に知ってる単語が増えていました~♪
うれし~♪

って、以前は絵をみてわかるところだけ拾ってたわけですね。(汗)
左の2冊は「おやすみなさい」の絵本です。

英語でもミスター・サンドマンって眠りを誘う妖精(?)がいるのです。
ドイツにもいるのね、サンドマン。Sandmännchenですって~

眠いときに目がこすりたくなるのは、このサンドマンが魔法の砂を撒くからだそうですよ♪
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ひとりの食事の記録  5

は~っ、疲れた。

最初の用事で疲れたので
自分のしたいことは何もできなかったー。

最近、体力ないなぁ。

昼食は、残り物の「ブリ大根」
残り物を食べるのってなんだかなぁ。
でも、疲れてる時は何もないよりいい。

今日の夕ご飯

   DSCN4982_convert_20130524220321.jpg

・肉じゃが
・刺身こんにゃく(残りもの~)

とりあえず、主人が出張から帰るので、ひとりのご飯はこれで終了~
肉じゃがは、やっぱり二人分できてしまいました。
残りは、主人の明日のお昼の一品にしましょう。(残り物を押し付けてる?)

お酒を月曜日から5日間飲んでいなかったの♪
お酒とおつまみのカロリーがないぶん少し体重が落ちました。(嬉)
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ひとりの食事の記録  4

明日はとっても忙しいんだ~

いったい、週に何回実家に通うんだか...

今日は、明日のための買い物に、あっちへ行ったりこっちにいったり。
さて、私もお医者さんに胃の薬をもらいに行かなくっちゃ~って思ったら...午後休診。(汗)
まだ、胃が治らないんだー。

5月23日の夕食

   DSCN4981_convert_20130523210020.jpg

・ぶり(アラ)大根
・温野菜をマヨネーズとヨーグルトを混ぜたソースで

自分だけの食事のために煮たけれど、やっぱり二人分できちゃったわ「ぶり大根」
自分だけだから、温野菜もシリコンスチーマーで作ってそのまま~
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ひとりの食事の記録  3

5月22日。
今日のひとりご飯。

お昼ご飯は母が食べたいと言った「お刺身」だった。

最近、ひとりで銀行に歩いて行こうとしてこけた...救急車騒ぎ。
顎を打ってしまって、ものが食べにくい。
お腹はすくけれど、食欲はないという。
でも、好きなものはパクパク~

そういうものよね~

母をいつもの病院と、けがを縫ったところの抜糸に別の病院にも...

母も疲れただろうけれど、私も疲れ果てた~
ので、夕ご飯は買ってきたものと昨日の残りもの。

    DSCN4974_convert_20130523205943.jpg

・ローストビーフと鴨のローストとハムを山盛りのサラダで!
・すき昆布の炒め煮

ひとりだとお料理に力が入りません
作ると、食べきれない量を作っちゃうのよね~
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ひとりの食事の記録  2

5月21日の食事の記録

お昼ご飯

  DSCN4971_convert_20130521134257.jpg

・鶏胸肉の酒塩蒸し
・かぶの葉の茎とハムのお好み焼き風


夕ご飯

  DSCN4973_convert_20130521205327.jpg

・刺身こんにゃく
・すきこぶと人参と鶏胸肉の炒り煮

この、トロトロの刺身こんにゃく大好きなんです。
やわ~らかいの。らでぃっしゅさんで買っています。
でも、いつもはふたりで食べるので、ひとりでは多いです。
なので、半分だけ。
残りは...明日かな?
ひとりだと量がこまりますね~

すき昆布って知ってますか?
関西にはあまり売っていなくて、知らなかったのですが、
主人の母がおいしいわよ♪って教えてくれて、それ以来見つけたら飛びついて買ってます。

これまた、お昼の鶏胸肉の酒塩蒸しが多すぎて...残りを入れました。
ひとりで食べきるのって難しいな~
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ひとりの食事の記録

今、ひとり暮らし。
どうしてもいい加減になる食事。
日記にい書いておくと、ちゃんとするかな?

5月20日の夕飯

   DSCN4970_convert_20130521134219.jpg

・椎茸の肉詰め
・オニオンスライス

カロリーを抑えたいと思っているのです。
でも、お酒なしですからね~

主人がいるときは、最近のストレスを解消しようと
どうしても酒量が増えている私たち

ストレスは主人もいろいろと...
私にもストレスは、次から次へと~

ちょっと体重が減るかしら~
たった一週間ですけどね。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “Rebecca the Rock'n' Roll Fairy”

レインボーマジックシリーズのダンスフェアリーの3巻です。
はい、題名のようにロックンロールです。

主人公のカースティーのパパとママは映画「グリース」みたいにキメテいます。(笑)
アメリカ人が大好きなプレスリーのそっくりさん?ものまねさん?
へ~、英語でそういうんだね~なんて思ったり。

Rebecca the Rock 'n Roll Fairy (Rainbow Magic)Rebecca the Rock 'n Roll Fairy (Rainbow Magic)
(2009/05)
Daisy Meadows

商品詳細を見る


★Rebecca the Rock'n' Roll Fairy(Dance Fairies #3)/ Daisy Meadows

カースティーとレイチェルはロックンロールのパーティーに連れてきてもらいました。
そう、今までと同じように、リボンが盗まれてしまっていて、ロックンロールのダンスを見せるはずの二人のダンサーのダンスはひどいことになります!
リボンをとりもどさなくちゃー


このシリーズ、悪者のはずのジャック・フロストやゴブリンたちですが、憎めない存在なの。
今回のゴブリンはプレスリーの声が気に入ってしまいます~
マイクを魔法の杖だと思っていて、マイクがあるとかっこよく歌えていると思っています。

ゴブリンってどんな声なんでしょうね~
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

マイヤー電子レンジ圧力鍋を使ってみました

先日の日記に書いたマイヤー電子レンジ圧力鍋を使ってみましたよ~。

私はいつもスペアリブを下味を漬け込んでグリルで焼いちゃうのです。
でも、煮るのもおいしそう。
ル・クルーゼのお鍋で煮てもいいのだけれど、新しく手に入れた電子レンジ圧力鍋を使ってみたわけです。

レンジでしょ~、圧力かかってんのかしら?
でも、使ってみたら骨離れもよく、いい感じに煮えました~
不思議だな~。

         スペアリブの煮もの マイヤー電子レンジ圧力鍋で!

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “Jade the Disco Fairy”

レインボーマジックシリーズのダンスフェアリー2巻。
バレエの次はディスコですって~
って、いまディスコって言う???(私が若いころは言いましたけどね。 笑)
ディスコってダンスの種類(?)だったのですね...

Jade the Disco Fairy (Rainbow Magic)Jade the Disco Fairy (Rainbow Magic)
(2009/05)
Daisy Meadows

商品詳細を見る


★Jade the Dance Fairy(Dance Fairies #2)/ Daisy Meadows

レイチェルとカースティーは学校で行われるディスコパーティーに参加するのです。
そう、ディスコフェアリーのジェイドの魔法のバトンのリボンも盗られてしまったので、これは問題が起きそうです。
案の定、体育館ではみんなのディスコダンスがひどいことになっています。
そんな中、ご機嫌で踊っているのが一人。。。そいつがリボンを持っているゴブリンですね!
妖精を助けてレイチェルとカースティーはリボンを取り戻すのです。


そうそう、このシリーズは120もあると教えてもらいました。
いや~、多すぎる~。

私のブログを読んで、全部揃えようと思う人はいないと思いますが、そんな恐ろしいことゆめゆめ思いますな!
だったら図書館に揃えてもらいましょうよ~。

市立の図書館ではないのですが、通っているコミュニティーの図書館があるのです。
そこに読み終わったこのシリーズを寄付しています。
そのかわり、ほかの妖精ちゃんも買って~ってことで。

図書館に易しい洋書増えるといいな~
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

多読も1400万語になりました

2002年の8月に始めた多読です。

きっちり語数を数えているわけではないのです。
記録に残していないものもあるし、語数を数えるのがめんどくさくて語数に入れていないものもある。
まぁいいや~、で書いているから記録も続くというものです。
きっちりした性格だと大変だ~、語数や読んだ本の記録。

ここ数年読んだ本の冊数も語数も減っています。
特に、この一年ほどはいろいろあったので。

去年の私の多読記念日に1360万語と日記に書いています。
今日数えたら1400万語になっていました。
わ~、8月からたったの40万語しか読んでいませんよ~。(汗)

42冊で40万語。9か月もあったのにね...
でも、立ち止まっても、のんびりやっても、道が続いているのが多読なんでしょうね。
テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

アヒージョ♪

ちょっとお疲れぎみな私~。

母がいろいろやらかしてくれるもので...

主人がアヒージョを作ってくれました♪

   DSCN4955_convert_20130516124903.jpg

ホタルイカのアヒージョです♪

ふたりでスペイン料理を食べに行くお店があるんです。
そこで大好きなアヒージョをいつも注文します。
ときどき家で主人が作ってくれるようになりました。

ホタルイカの季節なので、主人の今日のアヒージョはホタルイカのアヒージョ。

オリーブオイルにニンニクたっぷり!
オリーブオイルはあまり高温にならないようにしないとニンニクが焦げたら最悪のお味です。
オリーブオイルで茹でるって感じでしょうか?

な~んて言ってますが、作るのはいつも主人です。
オリーブオイルもいいものを奮発!(ここ大切!)
だって、オリーブオイルはバゲットにつけていただいちゃいますからね♪

おいしかった~、ごちそうさま!
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “Bethany the Ballet Fairy”

レインボーマジックというシリーズ。
少女向けの児童書です。
読みやすさレベルYL2~YL3くらいかな?
児童書のYL3がまだ読みにくいなぁってあたりを読んでいる人にちょうどいいレベルだと思います。

少女が好きそうな妖精の出てくるお話なので、みんなが好みというわけにはいかないですが、1冊4000語くらいで長さも長くなく、放り出してしまう前に読み終えてしまうことでしょう。
マジックツリーハウスのシリーズより易しいですね。

Bethany the Ballet Fairy (Rainbow Magic)Bethany the Ballet Fairy (Rainbow Magic)
(2009/05)
Daisy Meadows

商品詳細を見る


★Bethany the Ballet Fairy(Dance Fairies #1)/ Daisy Meadows

仲良しのカースティーとレイチェル。
今回はカースティーのところにレイチェルが遊びに来ています。

ふたりがカースティーの両親とバレエを見に行こうとしていると、ダンスフェアリーたちをみつけます。
妖精たちの言うには、自分たちの魔法のバトンについているリボンが盗られてしまったというのです。
そのリボンがないと、世界中でダンスがおかしなことになるという!
犯人はジャック・フロスト。手下のゴブリンたちはリボンを持って人間の世界へ!
妖精たちをたすけてカースティーとレイチェルはリボンを取り戻すことができるでしょうか!


このシリーズいっぱい出ています。
50冊は軽く超えているかな?

レインボーマジックというシリーズなので、7冊ずつお話が一まとまりです。
レインボーマジックのシリーズのダンスフェアリーが7冊ってわけです。

・Rainbow Fairies
・Weather Fairies
・Jewel Fairies
上の3っつのフェアリーと、スペシャルエディションを何冊かを以前に読みました。

薄いし、軽くて鞄に入れやすいので、忙しい最近の毎日にはいいかも~
ちなみに、私はアメリカ版で読んでいますが、英版がオリジナルですって。
で、英版は通し番号です。
最初のほう以外は7冊ずつ読めば、どのグループから読んでもよさそうなので気にせずに読んでいます。
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

こんなのを手に入れました

マイヤー電子レンジ圧力鍋。

   



買ったわけじゃないのです。
主人がクレジットカードのポイントが貯まったので、これをもらってくれました。

普通の圧力鍋って苦手なんです。
なので、お味噌を作るときに大豆を茹でるときにしか使っていないの。(宝の持ち腐れ 汗)
主人の母なんて上手に使っているようですよ。

そんな私ですから、この圧力鍋も買うほど興味は持っていなかったのです。
でも、シリコンスチーマーを使い始めたので、今なら使うんじゃない?って主人は思ったわけです。

さ~て、何をつくりましょう?
ステンレスの圧力鍋のように圧力はかからないと思います。
でも、ステンレスのように重くないので、洗うのも気楽ですね。

真っ赤な色もかわいくて、使う気になりますね。


テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

最近よく手をつなぐ

今日は母の日でしたね~

最近、母と手をつなぐことが多くなりました。
足が痛くなって1月ほどベッドにいてばかりで歩かなかったら、足が弱ってしまったのです。
なので、家の中では歩くのですが、外を歩けるつもりで出かけてコケて以来怖がっているのです。

私の実家は坂ばかりなのです。
なので足元が危ないの。

外科に通って、近くにあるスーパーマーケットに行こうと思いついた母。
でも、途中で怖くなって私の手をギュっ。

手をつなぎながら歩くのってこどものころ以来です。
子どもの頃は私が母につかまっていたはず。
いつの間にか入れ替わってしまいましたね~。

「怖いから手つないでー」って言うの。
手をつないで歩くのって懐かしくていいの。

今日は母の日だったので、カーネーションののったケーキを買っていきました。
コーヒーが好きな母はケーキを食べたがります。

今日はステーキが食べたい!っていうので、主人と私と3人でステーキを焼いて食べました。
(焼くのは主人ですが...)
肉食な母ですわ~。
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

英語多読 “Little House inthe Big Woods”

知らない人がいないくらい日本では有名なのじゃないかしら?
私が子供のころはNHKでドラマを放送していましたし。
何度も再放送されていました。

でもね、ドラマより本のほうが好きだったの。というか、別物。
もちろん読んでいたのは日本語訳。
図書館でお借りして読んでいたので再読したことはありませんでした。

多読を始める前、ですから15年?もっと前だったかな?
旅行に行った思い出に大草原の小さな家のシリーズ(もちろん英語です。笑)を買いました。
多読を始める前ですから、辞書を引きながら時間をかけて読んだものです。

アメリカの開拓時代のお話なので、アメリカでは根強い人気なのでしょうか?
(親が読ませたい本なのかも~)
小さい子にも読めるように絵本版やチャプターブックなども出ています。

今回、やっと原作を読んでいます♪再読ですけど~。
実は、15年前に買ったものは挿絵が白黒でしたが、フルカラーコレクターズエディションを買いなおしてしまいました♪
保存版ってことで...でも、カラー版を読んでるから保存してないね。

    
Little House in the Big WoodsLittle House in the Big Woods
(2004/05/11)
Laura Ingalls Wilder

商品詳細を見る


★Little House in the Big Woods (Little Houseシリーズ#1)/ Laura ingalls Wilder、Illustrated by Garth Wiliams

大きな森の中にローラは住んでいました。
家族は、お父さんとお母さん、お姉さんのメアリーと赤ちゃんのキャリー。
お隣の家までは一日以上、いえ、もっとかかります。
幼いローラにとっては小さな家と森が世界のすべてでした。

自給自足の暮らしの中、それでもいろいろな楽しみを作りながら暮らしているローラの一家。
幼いローラの視点で書かれています。
家族が食べられることが一番重要だった時代のお話だからか?
食べ物のお話がとっても楽しく書かれています。

お父さんの家族とも馬車で行けるところに住んでいたこの頃のローラたち。
クリスマスに親戚がやってきたり、メイプルシロップを採るときに親戚集まってのパーティーの様子などは、素朴な暮らしの中の彩りとしてローラの記憶に深く残ったのでしょう。


食いしん坊の私ですから、食べるものを作る作業などはとっても興味深いです!
でも、この時代のこの生活の中に出てくる単語はなかなか難し~い。
以前に読んだときと比べれば知ってる単語も増えたけれど、それでも思い描くのが難しいのです。

挿絵のないバージョンもあるそうです。
この本はぜひともガース・ウィリアムズさんの挿絵入りを♪

ところで、Johnny-cakeというのがこの本に出てくるのです。
コーンミールで作ったパンだそうです。ケーキじゃないの。
ローラのお母さんも、どうしてそう呼ばれるかを知らなかったそうです。

“Journey Cake, Ho!”って絵本があります。
↓は日本語版。ルース・ソーヤさんの文にロバート・マクロスキーさんの挿絵です。

ジョニーのかたやきパン (大型絵本)ジョニーのかたやきパン (大型絵本)
(2009/05/15)
ルース ソーヤー

商品詳細を見る


旅にでる男の子に持たせてやるためにおばあさんが作ってやるのですが、ローラのお母さんは旅に持ってでるのに向かないパンだからケーキと呼んでるじゃないかと言っています。
上の絵本でも男の子は結局帰ってきてしまいます。
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

館林木綿

急に暑くなってきてびっくり!
袷の着物はもう無理ですね。
きれいにしてしまっておきましょ~。

いきなり木綿の単衣着てます。
帯も単衣の名古屋帯。

   DSCN4954_convert_20130514131026.jpg

ちょっと出かけたら...予報どうりに雨がー
傘は持っていましたが、帯が新しいものだったのです。
ほとんど屋根のあるところを歩いていたのですが、駅から家までのたった1、2分が屋根がない。
周りに人もいないし、お太鼓部分に手ぬぐいをかけて歩きました。
よかった、ぬれなくて。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

もうそろそろ変えなくちゃ~

もう2週間以上たっているネイルです~
だいぶ爪も伸びたので、爪先からファイルで削って短くしています。


   

近頃はベースをちゃんと付けられるようになったのか、3週間くらいはもつでしょうか?
もっとちゃんとデザインが考えつけばいいのだけれど~
アイデアが乏しいのです。(涙)

ベースがしっかりついているなら、お直しで大丈夫なんでしょうか?
爪には持たせたほうがよいだろうけれど...
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “Mr. Putter and Tabby Pick the Pears”

多読のお仲間に人気のあるシンシア・ライラントさんの「プッターさん」のシリーズ。
シンシア・ライラントさんの本の中でも、私はこのシリーズが好きです。

絵の多い児童書というか、絵本というか...
いずれにしても、こどもが読むようなのには違いないのです。
なのに、主人公はおじいさんと老ネコ~。
年をとると、こんなことができない、あんなこともできない。なんて書いてある。

私には「そーだよね~」なんて読むお話ですが、こどもはどうなんでしょう。
一度聞いてみたいわ。

ずいぶん前に洋書のバーゲンで買ってあったのですが、好きなシリーズなので読み終わってしまうのがもったいなくておいてあったのです♪
やっぱりいいわ~、このシリーズ♪

Mr. Putter & Tabby Pick the Pears (Mr. Putter and Tabby)Mr. Putter & Tabby Pick the Pears (Mr. Putter and Tabby)
(1995/09/15)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る


★Mr. Putter & Tabby Pick the Pears / Cynthia Rylant

秋になって実りの季節。
プッターさんは、リンゴを見てはアップルパイやアップルサイダーなんかを思い浮かべています。
でも、洋ナシを見ると、洋ナシのジェリーが子供のころから大好きだったと思い出しました。
梯子をかけて洋ナシを摘もうと思ったのですが、寄る年波...
足がいうことをききませ~ん。
子どもの頃を思い出し、パチンコを作って洋ナシを落とそうと思いつきました!
熟れて落ちているリンゴをパチンコで飛ばすと...おもしろい!
それ~っと、次から次へと時を忘れて遊んでしまいました。

翌日、お隣のおばあさんティーベリーさんが「うちにはリンゴの木もないのに、気が付いたらいっぱい庭にリンゴが落ちていたのよぅ。」と...

ええ、次は洋ナシが木から落ちるのを待ってパチンコで飛ばしましょうね~(笑)


なんとものんきで、ゆったりした時間を感じるお話です~。
ちゃんとオチもありますしね♪

読みやすさレベルYL1くらい?YL1~1.5くらいでしょうね~。
語数も900語ほど。
らくちんにスラスラ読める、大好きなシリーズです。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

白ご飯をシリコンスチーマーで炊いてみました~

主人が出張の時、私一人だと炊飯器でご飯を炊くと余ってしまうの~。
我が家の炊飯器はガスで、5合炊きなの。
炊飯器の研究って5合炊きは5合のご飯を炊いて研究していると聞いていたのです。
それがその炊飯器で一番おいしく炊ける量なのだそうです。

でも二人だと5合もいらない。
なのでいろいろな合数で炊いてみたことがあります。
2合と3合の炊きあがり具合にずいぶん違いがあったようでした。
なのでいつもは3合炊いています。

一人の時に3合は多すぎ~。
それならとシリコンスチーマーで炊いてみた!

結構おいしく炊けました~。へ~って感じ~。


     白ご飯をシリコンスチーマーで炊く

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “High Tide in Hawaii”

しばらく図書館に行けなくて、間が空いてしまったマジックツリーハウスのシリーズ28巻。
28巻でいったんシリーズの区切りになります。
29巻からはマーリンミッションのシリーズになるのです。
(そちらは36巻まで読み進んでいます。)

ジャックとアニーのふたり、首にレイをかけて...ハワイだと表紙でわかりますね~


Magic Tree House #28: High Tide in Hawaii (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #28: High Tide in Hawaii (A Stepping Stone Book(TM))
(2003/03/25)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る


★High Tide in Hawaii(MTH #28) / Mary Pope Osborne

ジャックとアニーのふたりの今回の行き先はハワイ!
ふたりはハワイの原住民に出会います。
そして、サーフィンをすることになるのですが、ジャックはうまくできません。
面白くないジャック。
砂浜でハワイの本をリサーチしていると...地震が起こりました!
本を調べていたジャックは津波が来ると察します!
海でサーフィンをしているアニーたちに知らせなければ!!!

津波って英語でもTunamiっていいますよね~。
不思議に思いました。
だって、津波って英語の国でもおこっていたはず。
なら英語の単語があってよさそうですよね。

この本によると、以前はTidal Waveと言っていたようです。
でも、Tideって潮のこと。潮の満ち引きを意味するわけです。
津波は潮の満ち引きではありませんね。
なので今はTunamiと日本語をそのままに呼ばれているのですね。

日本は海に囲まれた国。
地震国ですから、そういった単語は豊富というわけですね~。

さてさて、28巻まで再読をしたので、この先はマーリンミッションの37巻に読み進もうと思います。
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

高知に行っていました

Ryoma Holidayを楽しんできた私たち。
ちょっとだけ写真もあるのです~

   kouti5_convert_20130505115706.jpeg

一日目、雨女の私ですから、雨が少々降っていました。
なので桂浜の龍馬の像も曇り空の中。

翌日はよく晴れてくれて、高知城は青空の下で見上げることができました。

  kouti4_convert_20130505115637.jpeg

はりまや橋だって、雨が上がったら色鮮やかってもんですよね♪

  kouti3_convert_20130505115605.jpeg

たくさんおいしいものを食べてきました~

    kouti_convert_20130505115536.jpeg

藁焼きのカツオのタタキでお昼を食べたときの写真。
夕飯もたっぷりいただいたのに、テーブルに運ばれるや、お箸が伸びてしまって写真を撮る暇もない...

モーニングをやっているところがたくさんあると聞いていたので、せっかくだからホテルで食べずに喫茶店でいただいてきました。

    kouti2_convert_20130505115435.jpeg

トーストにジュースや卵の焼き方も選べてお味噌汁もついて、豪華です♪
これで500円だったかしら?550円?

喫茶店ばかりでなく、ごはん屋さんみたいなところでもモーニングをやっているのです。

それに、スタバばかりが幅を利かすようになって喫茶店が姿を消しつつある神戸と違って、なんてたくさんの喫茶店があること!
商店街も大きくて、都会では大型店におされて小さい本屋さんが減ってきているのに、本屋さんも残っていて、懐かしい感じ。

中土佐のほうに車を走らせてカツオのタタキを買ったり、干物をかったり。(お酒もね♪)
楽しんできました。

どこに行っても、高知の人の人なつっこさに癒されます。
言葉もいいな~。土地の言葉で話しかけられるのっていいものですね。
高知の人がとってもやさしくて、また来たいなぁって思いました。
思ったほど遠くもないし。
ぜったいまた行こうね~って帰ってきました。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ