FC2ブログ

英語多読. "Secrets"

ジャクリーン・ウィルソンさんの本を久しぶりに~
英国の作家さんなので、アメリカの本屋さんでも見かけるのですが、やっぱり英国の本屋さんではとっても目立ってました。
幸せな子供ばかりじゃないのはわかっていても、虐待されてる子供が児童書にでてくると、ちょっとドキッとしてしまいます。
このお話の主人公は、トレジャーとインディアというふたりの少女。
全く違う環境で育った彼女たちは、あることで出会うことになります。

SecretsSecrets
(2007/04/24)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る


★Secrets / Jacqueline Wilson

トレジャーはお母さんと継父とそのこどもたちと住んでいます。
彼女が住んでいるのは、あまりお金持ちが立ち寄らぬところ。
トレジャーの継父もお酒をのんで暴力を振るうような男。
ある日、トレジャーは継父にベルトで殴られて額に傷を負います。
それを知った祖母はトレジャーを連れ帰ります。

一方、インディア。
彼女は人気子供服デザイナーの母と父と暮らしています。
父母の中が近頃よくないことも感じています。
インディアのお母さんがデザインした素敵な服は太ったインディアには似合いません。
「ダイエットしなさい」なんてプレッシャーをかけるお母さん、でもインディアはもっと自分のいいところも見てもらいたいのです。

そんなトレジャーとインディアが友達になります。
もちろん、お金持ちのインディアの家には内緒。
お互いの持っていない物を持っているとお互いに相手をうらやましくも思っています。

そんな頃、トレジャーのお母さんと継父が迎えに来るというのです!
ナン(おばあさん)は話をしている間にどこかに行っていなさいと言いましたが、ふたりに見つかってしまいました。
追いかけられて逃げるトレジャー。
行きついたのはインディアのところ。

インディアの家族に知られたら反対されること間違いなし。
インディアはそっとトレジャーをかくまいます。


自分の子どものトレジャーより酔っては暴れる男を選ぶ母も理解できませんが...いるんでしょうねぇ。
そんななのに、名前がトレジャーなんてさびしくなってしまいます。

子どもはどんな親でも愛されたいと望んでいて、それがとても痛ましくて。
救いは愛情深い、若々しいおばあちゃんナンの存在♪
ナンがいなければ大人不信になってしまうでしょう。

いったいどうなってしまうのか?とドキドキで読み進められます。

読みやすさレベルはYL5~YL5.5ってところでしょうか。
語数は46000語くらい。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌