FC2ブログ

英語多読 “Changes for Kirsten”

American Girl、カーステンの6巻。最終巻です。
冬のお話です。

フロンティアたちの生活は冬はことさら大変そうです。
スウェーデンから移民してきたカーステンたちですが、ミネソタの冬はスウェーデンより厳しいと感じているようです。

畑仕事がなくなる冬。
カーステンたち開拓者のお父さんたちは現金収入を得るために出稼ぎに行きます。

この時代、開拓者たちはカタログで必要なものを買うのがあたりまえのようです。
わぁ、今のカタログ販売がこのころからあったんですね~。
アメリカは広いし、お店もお客が必要なものを全部取りそろえるのは大変だったのでしょうね。

Changes for Kirsten: A Winter Story (American Girls Collection)Changes for Kirsten: A Winter Story (American Girls Collection)
(1988/10)
Janet Beeler Shaw

商品詳細を見る


★Changes for Kirsten (A Winter Story)/ Janet Shaw (Kirsten's Story #6)

カーステンのお父さんは冬の間、家を離れて仕事に出ています。
家を守るのはお母さんとこどもたち。
みんな心細さと寂しさを感じています。
カーステンが弟と赤ちゃんの妹の面倒を見ている時、火事を起こしてしまいます。
消そうと頑張りますが、カーステンたちの住むログハウスは焼け落ちてしまいました。
生活用品のほとんどをなくしてしまって「また最初からやり直すだなんて...」肩を落とすおかあさん。
カーステンたちはどう乗り切るのでしょう。


今ならログハウスはおしゃれ~って感じですが、ちゃんと窓ガラスが入ったログの隙間から寒い風が入らないお家は開拓者の憧れ。
「大草原の小さな家」のローラたちなんてダグアウトと呼ばれる穴倉みたいなところにも住んでいましたもの。
そのダグアウト、たしかまだ残されているのだそうです。
行ってみたいな~。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌