FC2ブログ

考え方の違い

旅行に行ってくることにしました。

父の癌が見つかって、毎年行っていた私たち夫婦の旅行も行けないなぁと思っていました。
もともと、一人っ子の私と一人息子の主人の夫婦ですから、両親が元気なうちにしか旅はできないだろうと覚悟はしていました。
その時が来たのですよね。

2年前は主人の母の癌がみつかって、手術の後の手伝いに3日ごとに通っていました。
母も元気になって、自分で大丈夫になったのでホッとしていたのに...今度はこっちか~(涙)

主人の母の退院後に、まだ私が母の手伝いに通っている時に、主人が休暇を取ったと言って帰ってきました。
旅行に行くつもりらしい。「この人何考えてるんだろ?」と思いました。
「お母さん、ほっとけないよ!」(あんたはあほか?は心の中だけでのつぶやき)

「お母さんを連れて行くんなら行く!」という私の提案に主人は「う~ん、いいけど~」って納得。(誰の親や!)
主人の両親が行くならということで、一緒に行ったのでした。


そして、今年。また主人が休暇を取ったと言って帰ってきた...
まぁ、自分の親が病気でも休暇を取ってきたんだから...

治療方針なども決まっていなかったので、「一人でいってね~。」(勝手に行って来い!は心の声。)

このダンナ、どういうわけか私の母に気に入られている。
母に「一人で旅行に行ってもらうわぁ」と私がいうと、「一人で旅行なんてかわいそうやんか。大丈夫やから二人で行っておいで」という母。
(かわいそうなのはダンナかいっ!)

けっきょく、父は手術も入院もしないことになり、母の言葉もあったので一緒に行くことにしました。
何かの時に急に帰らな帰らなければいけないことも考えて、そういう保険をかけた。
携帯もいつもはつながらないようにしているのだけれど、今回はつながるようにした。
母にも携帯で電話できるか現地から練習もした。


でも、どうしてこんなに感覚が違うのだろう?
男女の差か?うちのダンナがのんきなのか?

気分が煮詰まっていたので、旅はいい息抜きになりました。
何ごともなくてよかった、よかった。
スポンサーサイト



テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

ドイツ語多読 “Lars,bring uns nach Hause!”

またまた白くまラルスの絵本です。
ドイツ語がたのしい気分です。
まぁ、あいかわらず理解度は低いですけどね。

この絵本はドイツ語と英語の二か国語絵本なんです。

     
Kleiner Eisbar - Lars Bring Uns Nach Hause/Little Polar BearKleiner Eisbar - Lars Bring Uns Nach Hause/Little Polar Bear
(2012/03/08)
Hans de Beer

商品詳細を見る


★Lars Bring Uns Nach Hause! / Hans de Beer

しろくまラルスは犬に出会います。
その犬は潜水艦で飼われているといいます。
そして、潜水艦にしろくまの赤ちゃんが2頭いるのだというのです。
2匹でそのこぐまたちを親元に帰してやろうということになり、ラルスは潜水艦に潜り込みます。

相変わらずやんちゃなラルスです。

英語の方はほとんど読んでいません。
なので、わからないところはわからないけど、答え合わせもなんかめんどうだしね。

これは音源もあるのです。
CDがついているのかと思っていたのですが、サイトにアクセスして音源を聞けるようになっています。
そのくだりは、ドイツ語だけでかいてあったのですが、まぁ想像でわかるものですね。
聞くだけなら8か国語で聞くことができます。
他の言語でも2か国語絵本として出ているものですから。
まぁ、わたしはフランス語やイタリア語ではさっぱりですけどね。
おもしろいのね~。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 “The Book about Moomin,Mymble and Little My”

ムーミンの絵本です。
よく知っているムーミンとは少し顔が違っています。
でも、絵本用だからまだかわいい顔しているほうよ~。
児童書の挿絵はもっとかわいくないもの。

私のこどものころからアニメのムーミンは大人気でした。
ちなみに、今のフローレンはノンノンと呼ばれていました。
いまは北欧ブームでまたもてはやされていますね。

児童書は難しいのですが、これは易しいめの絵本です。

The Book About Moomin, Mymble and Little My (Sort of Children's Classics)The Book About Moomin, Mymble and Little My (Sort of Children's Classics)
(2001/10/04)
Tove Jansson

商品詳細を見る


★The Book about Moomin,Mymble and Little My

ミムラ姉さんはミーがいなくなったと泣いています。
そこに通りかかったムーミンはミーを探すのを手伝います。
ふたりはミーを探して大冒険することになります。

ページに穴があけられていて、たのしい作りになっていて、こどもはもちろん大人も楽しめます♪

900語ほどの絵本です。
読みやすさレベルは...う~ん、YL1.5~YL2ってところでしょうか?
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

きもちのいい日

今日、やっと『ボローニャ絵本原画展』にいってきました。

香枦園という駅からそれほど遠くないところにその原画展があります。
毎年たのしみにしています。

近くの喫茶店で前売り券を売っているのです。
でも今年は人気があったのか、売り切れていました。

喫茶店で昼食を取った後に「前売り券売れてしまったのですね。」といいますと、原画展のチラシを持ってきてくれました。
100円ほど割引してもらえるので、少しでもと思って持ってきてくださいました♪
ありがたいです。

そのチラシを持って歩いていると、こんどは「チケットはもうお持ちですか?」と声をかけていただきました。
もちろん、まだでしたので、そういうと招待券が残っているということでした。
お友達に送ることも考えたけれど、ここで出会った方に喜んでもらえる方がといって、私に「どうぞ、使ってください。」と。

見ず知らずの私に...声をかけるのも、ちょっと考えるとおもうのです。
手にチラシを持って歩いていなかったら声をかけていただかなかったかもしれません。
「よろしいのですか?」というわたしに「喜んでいただけたらそれだけえいいんですよ~」と言っていただいて。
ありがたく頂いてきました。

親切の連鎖とでもいうのでしょうか?
私が喜んでいただいたチラシを持って歩いていなければ声をかけていただくとこはなかったと思います。

なんだかうれしくて~。
いい気持ちで原画展に行けたのでした。

  red+riding+hood+2_convert_20120915223114.jpeg

玄関にあるポスターの絵

  red+riding+hood_convert_20120915222736.jpeg

中には『あかずきんちゃん』です。

毎年、楽しみにしている絵本の原画展です。
原画でなくては感じられない迫力。
その質感。
本当におもしろいです。
印刷された絵本では感じられない力強さです。

9月23日まで西宮市大谷記念美術館で展示されています。
機会があればどうぞ。
お庭も見応えがあるところです。

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “The First Thing My Mama Told Me”

図書館でお借りしてきた絵本。

ルーシー。これが彼女の名前です。
子どもが生まれたとき、いえ、生まれる前から親は楽しみに名前を考えていることでしょう。
そして、赤ちゃんっていつごろからそれが自分の名前って認識し始めるのでしょう。
自分が赤ちゃんだったころを思い出せるといいのにね♪

その時、親はどんな顔してたか思い出せるといいな。
写真のその断片ではあるけれど、ちょっとおすましだし。

親が年をとってきて、私が赤ちゃんだったころの親を思い浮かべてみたりします。

The First Thing My Mama Told Me (New York Times Best Illustrated Books (Awards))The First Thing My Mama Told Me (New York Times Best Illustrated Books (Awards))
(2002/05/01)
Susan Marie Swanson

商品詳細を見る


★The First Thing My Mama Told Me / Susan Marie Swanson

最初にママが私に声をかけたのは、「ルーシー」そう私の名前。
「ルーシーよ!」ってみんなに紹介してくれた。
写真をいっぱい撮って、その裏には、やっぱり「ルーシー」って書いてある。
おじちゃんだって「ルーシー」って書いた踏み台をつくってくれた。
おじいちゃんは「ルーシー」ってケーキで書いてくれた。
だから、大好きな私の名前「ルーシー」をいっぱいあっちこっちに書いちゃうの。(ダメみたい~)


笑顔でかけられる声と名前がつながって、自分の名前を好きになるんだねきっと。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多読 “Lars findet einen Freund”

注文していたドイツ語の白くまラルスの絵本が届きました。
楽しみにしていました♪

Maxi Bilderbuchという子供向けの絵本のシリーズです。
原作の絵本も何冊もでているのです。
原作者はHans de Beerさん。

イラストレーターはこの子供向けの絵本シリーズでは違う人です。
それもふたりはいるようです。
今日読んだ絵本のイラストレーターは原作の絵にとっても似ていていいな~。

   
Der kleine Eisbaer - Lars findet einen FreundDer kleine Eisbaer - Lars findet einen Freund
(2012/08)
Fred Marvin、Hans de Beer 他

商品詳細を見る


★Der Kleine Eisbär-Lars findet einen Feund

白くまのこぐまラルスはまだよく泳げないのです。
ラルスが海に落っこちた時、助けてくれたのはアザラシのロビー。
ふたりは友達になりました。
ところが、白くまとアザラシは敵対しています!
(白くまってアザラシを襲って食料にしますよね?)
友達になれないと大人の白くまに言われたラルス、いい考えを思いつきます!


順番を考えずに読んでいましたが、
先日読んだ↓

Der kleine Eisbaer. Lars und der kleine PinguinDer kleine Eisbaer. Lars und der kleine Pinguin
(2012/09)
Hans de Beer

商品詳細を見る


にアザラシのロビーが出てきます。
そして、もっと前に読んだ↓

Der kleine Eisbaer - Lars ist ganz schoen mutigDer kleine Eisbaer - Lars ist ganz schoen mutig
(2011/01)
Gail Donovan

商品詳細を見る


これにもアザラシのロビーが出てくるので、今日読んだ本が以前に読んだ2冊よりも前のお話ってことになるようです。

ラルスの絵本、まだ2冊残っています♪
知らない単語はまだたくさん。
まっ、たのしんで読んでいきましょう。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多読 “Lars und der kleine Pinguin”

私の誕生月だからと先月注文していたドイツ語の絵本がやっと届きはじめました。
近日出版というのを読まずに注文していたらしいです~(汗)
おっちょこちょいです。

小さい白くまのラルスくんのお話が気になったので1冊♪

   
Der kleine Eisbaer. Lars und der kleine PinguinDer kleine Eisbaer. Lars und der kleine Pinguin
(2012/09)
Hans de Beer

商品詳細を見る


★Der kleine Eisbä : Lars und der kleine Pinguin

ラルスたちは鳥のピープスの飛ぶ練習の手伝いをしています。
ピープスは鳥なのに飛べないのです。
何度も試してみるけれどうまくゆきません。
そんな時ラルス君は小さなペンギン、カルーソに出会います。
僕は鳥だけど飛べないだぞ~って平気なペンギン、カルーソー。
ピープスは飛べないのは自分だけじゃないないと喜びます!
やる気を出して飛ぶ練習を始めるピープスです。


わからない単語も山盛りですが、かわいいので読み進んでいます。
まぁ、いずれわかるだろ~くらいの気持ちでやってます。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 “Glasses Who Needs 'em?”

めがねって好きですか?
私は眼鏡をかけていますが、大人になってから目が悪くなったのです。
なので、眼鏡歴7年ほどかしら?

大人になって眼鏡をかけたので、大人の眼鏡はデザイン豊富♪
眼鏡選びはけっこう楽しいものでした。

でも、子供のころだったらどうだったかしら?
眼鏡はいやだったかも~
Lane Smithさんの絵本です♪

  
Glasses (Who Needs 'Em?) (Viking Kestrel picture books)Glasses (Who Needs 'Em?) (Viking Kestrel picture books)
(2006/05/17)
Lane Smith

商品詳細を見る


★Glasses Who Need 'em? / Lane Smith

男の子が目医者さんに眼鏡が必要だと言われます。
嫌なこった!まぬけに見えるよ!
そんなことないさ!君のパパやママも眼鏡をかけているじゃないか!


と目医者さん(もしかしたら眼鏡屋さん?)と男の子の掛け合いが始まります。

Lane Smithさんの絵本はなんだか暖かい。
くすっと笑える。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

使いにく~いお小遣い

先日、母が「お小遣いあげるわ」っていいました。
「いらんよ~」と言った私。
ちらっと母の手元をみて...「それ、ちょうだい!」
なぜってね~

  umeshu_303umeshu_convert_20120911103326.jpg

ほれ、懐かしの聖徳太子さんですわ~。
それも、母のいつもの財布から出てきたんでびっくり!

「これ、聖徳太子やでっ!」って言ってやっと気が付く母...ボケた???
まぁ、以前から目が疎くなっているんです。
「銀行からおろしてきたんやで。」「いえいえ、そんなことは絶対にありまへん!」

どうも、古くから使っていた財布を整理したときに混ざったらしい。
旧札だけを置いておこうと古い財布に入れて残しておいていたのをすっかり忘れていたらしい。

「聖徳太子さん、使うところやったわ~。きっと聖徳太子さん、あんたのところに行きたがって出てきたんや。」
だそうです~。(笑)

「旧札もってるとめんどくさい」って言うのでもらってきました。

    umeshu_302umeshu_convert_20120911103412.jpg

ひゃ~、100円札まであるよ~。
でもね、使いにくいです。使えなくないけどぅ。
使えないお小遣いをもらってきましたわぁ。(笑)

主人と「懐かし~」といいながら、母の大ボケぶりに大笑いしたのでしたー。

それにしても、今のお札よりなんだか重みがありましたねぇ。
ありがたみがあるというか。
大昔、私が初めて外国に行った時に一万円札を外国の方に見せると「ビューティフル!」と言われたものです。
聖徳太子さん、貫禄あります。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

真っ赤にしてみました~

いつもよりもちょっと早いのですが、ネイルを替えてみました。
お安いカラージェルを買ったので、使ってみたかったのです。

     red_convert_20120909133019.jpeg

素人の私でも使いやすい柔らかさです。
柔らかすぎるとまた使えない、技術不足なものですから。。。



量は少な目ですが、素人が自分用に使うなら十分だと思う。

でも、普段私が着ている普段着の着物に真っ赤は似合わなかったかも~(笑)

     umeshu_301umeshu_convert_20120909140205.jpg

着て歩いたのは、浴衣ですね~。
綿紅梅です。
今年まだ使っていなかった浴衣帯。
ちょっとそこまで出かけるだけだったので、まだ浴衣みたいなものでもいいかな?と思って。

こんな普段着ばかりだから、真っ赤なネイルは似合わなかったですね~。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “Science Verse”

Lane SmithさんとJon Scieszkaさんのコンビの絵本をもう一冊♪

  
Science VerseScience Verse
(2007/09/06)
Jon Scieszka

商品詳細を見る


★Science Verse / Jon Scieszka、Illustrated by Lane Smith

ある日の化学の時間のことです、ニュートン先生はいいました。
「近くによって耳をすましてごらん、科学のポエムが聞こえてくるに違いない。」
そう言われた男の子は耳をすましてみました...
なんていろんなポエムが聞こえてくることか!

男の子が聞いた(夢見た)ポエムは実は有名な本のフレーズやマザーグースをもとにした替え歌♪
これを知らないと面白くないかも~。
こういうところが絵本のあなどれないところですね~。

私でも知っているのがいくつかありましたから、ネイティブならお茶の子さいさい?

元ネタは最後にちゃんと書いてありますからご安心ください。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 “Earthquake in the Early Morning”

再読中のマジックツリーハウスの24巻。
図書館で借りているのでのんびりやってます~。

一度読んだはずなのに結構忘れています。
なので、新鮮な気持ちで読んでいます。

24巻は4っつのミッションの最後です。
・Something to follow
・Something to send
・Something to learn
・Something to lend
の最後なのです。

この4っつのミッションでキャメロットを救うということなのですが...どうするのかしら?

Magic Tree House #24: Earthquake in the Early Morning (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #24: Earthquake in the Early Morning (A Stepping Stone Book(TM))
(2001/07/24)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る


★Earthquake in the Early Morning(MTH #24) / Mary Pope Osborne

ジャックとアニーの今回の旅はアメリカ、サンフランシスコ。
ツリーハウスから眺めるとケーブルカーが走っています。
1906年、サンフランシスコはアメリカでも美しい街並みを誇っていました。
ふたりはサンフランシスコについてすぐ立っていられないほどの地震にあいます!
こんなに大変なところに来ちゃって、ふたりはミッションを成し遂げられるでしょうか?


今でも素敵な街並みですよね、サンフランシスコ。
映画やドラマの舞台にもよくつかわれる街並みは、とても魅力的です。

ジャックとアニーが出会った男の子が書いた

There is no water
And still less soap
We have no city
But lots of hope

希望を持って、街をたてなおしたのですね。

テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 “Pinocchio the Boy: Or Incognito in Collodi ”

図書館に予約を入れておいたら、いっぺんに来ないでバラバラに来るんです~。
重い絵本が一度にたくさんも困るけれど、ぱらぱら一冊来るのも疲れるわぁ。
贅沢な悩みですけれどねぇ。

最近続けて読んでいるLane Smithさんの絵本です。
ピノキオくんが主人公です!

絵本の最初にみなさんご存知のピノキオの冒険の物語をさらっと書いてあります。
そう、この絵本はピノキオのその後、みんなに知られていないピノキオの物語。

   
Pinocchio the Boy: Or Incognito in Collodi (Picture Puffin)Pinocchio the Boy: Or Incognito in Collodi (Picture Puffin)
(2003/10/02)
Smith Lane

商品詳細を見る


★Pinocchio the Boy: Or Incognito in Collodi / Lane Smith

クジラのお腹からにげだしたゼペットおじいさんとピノキオ。
ピノキオを人間の子供にしてくれるブルーフェアリーは、うかつにもピノキオが寝ているあいだに人間の子どもにしてしまったのです。
おじいさんは熱を出して寝込んでいます。
人間の子どもになったと知らないピノキオ「温かいチキンスープを作らなきゃ!」と思い町にでます。
ところが、お金がありません。
お金を稼ごうと、木の人形だった時に人気になった人形劇にでますが、すでに人形ではありません。
追い出されてしまいました。
さ~、こんなピノキオを誰が助けてくれるでしょうか!

表紙のピノキオ、かわいい顔をした男のこになっています。
昔から知っているお話は、もしかしたらあれで「めでたしめでたし~」ではなかったかも~。

絵も元気でかわいくて、貼り絵の技法も使われていて、原画が観てみたいです。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

カプリス茄子ですって~

野菜の配達をお願いしている「らでぃっしゅぼーや」さんから届いたお茄子。

    umeshu_289umeshu_convert_20120905173638.jpg

まだらのお茄子ですよ~。
へたについてるとげがすごーく痛いの!
サボテンか?ってくらい。

お茄子にミンチを挟んでみました♪

   umeshu_287umeshu_convert_20120905173745.jpg

火が通ると実がやわらかくて、甘くておいしいお茄子でした!
あら~、こんなにおいしいならもっと届けてほしいわぁ~。

今度はもっとまだらの柄が活きるお料理にしたいです。
無理かな~?
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “Seen Art?”

ちょっと前に読んだLane Smithさんの絵本を図書館でお借りしてきました♪
ほそながーい形の絵本。

  
Seen Art?Seen Art?
(2005/05/05)
Jon Scieszka

商品詳細を見る


ん?なぜ縦に?↑
横に長い絵本です。

★Seen Art? / Jon Scieszka、Illustrated by Lane Smith

「アートをみかけなかった?」と男の子が聞きます。
友達と会えないようです。
でも、大人たちは「MoMAのこと?」と言って教えてくれるのは...
“The Museum of Modern Art”
「こっちにいらっしゃい。アートがいっぱい」とみんな教えてくれますが、アート違い。


ゴッホやダリ。アンディ・ウォーホールにムンク、ピカソ。
美術に疎い私でも知っている『アート』がたくさん出てくる絵本です。

本の最後には出てきたアートが紹介されています♪
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ネイル変えちゃった

シンプルなのがけっきょく好きなんだなぁなんて書いたのは、ついこの間
なのに、なのに。変えちゃいました。
読ませていただいているブログに、マリメッコをネイルにされていたのです。

かわいいな~、私は絵がヘタだけど失敗したら削っちゃえばいいかってやってみました。

   umeshu_274umeshu_convert_20120902133527.jpg

う~ん...やっぱりヘタだわぁ。
マリメッコに見えないかも。

せっかく描いたから、しばらくこのままにしてみよっと。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ドイツ語多読 “Rapunzel”

撃沈です~。よめませんわ~。
本当は英語の絵本だと思って図書館に予約をしたのでした。
届いてみたら...ドイツ語だ~~~。

       umeshu_275umeshu_convert_20120902140652.jpg

Bernadette Wattsさんの挿絵です。

お話は知っているのによめませんわ~。
やっぱりグリムをドイツ語では無理ですわぁ。

気を取り直してもっと易しい本にしよっと。
図書館にあるんだから、いつかきっと読めるようになってリベンジだ!
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌