FC2ブログ

おやつも沖縄

沖縄のおやつも買ってきました。
ちんすこうですが「ちんすこうカフェショコラ」♪

    okinawa 002s.jpg

チョコがついてるのです、ちんすこうに。
沖縄のショートブレットとまで書いてありますわぁ~。

ショートブレットかー、うまいこというわ。
ショートブレットなら紅茶かしら?

ずーっと以前に主人からプレゼントしてもらったティーポット。

    okinawa 001s.jpg

ホールマークのティーポットにカップがついているのです。
「ひとりでお茶をする時に」って買ってくれました。

でも、ひとりの時はマグにティーバッグを入れてお湯をそそいで...ってことが多いのです。
でも、ニュージーランドに行った時にどこのモテルでもティーポットが置かれていたの。
ティーバッグなのになぁって思っていたのです。
お店でもティーバッグのお茶でもティーポットででてくるし、ポットで入れてみたらカップにお湯を注ぐより美味しいように思えました。

なので、最近は家でもティーバッグを使うときでもポットを使うようになりました。
気のせいか美味しいように思えますよ~。

ティーバッグはニュージーランドで買ってきた紅茶。

   201009NZ-0197-DSCN1693s.jpg

イングリッシュ・ブレックファーストならぬニュージーランド・ブレックファースト!(笑)
トワイニングの期間限定商品だそうです♪
なかなか美味しいですよ。

ひとりだけれど、ちょっとゆっくりお茶の時間にいたしましょう~

ニュージーランドの旅の日記もぼつぼつと書いています。
スポンサーサイト



なんとなく沖縄~

沖縄料理が好きなのですが、毎回食べに行っていては家計がもちません。
先週、いつも買いものしている沖縄食材のお店とは別の系列のお店を見つけました♪

「来週はセールがあるんですよ」とチラシをいただいたので、さっそく買い出しに!
ジーマミ豆腐がこちらのお店の方が美味しかったです。
島豆腐もおいし~。海ぶどうも買ってしまったわぁ。
ゴーヤもスーパーで見かけるものとは違うのです。太くてよく育ってるって感じ。

我が家の夕飯はゴーヤちゃんぷる。島豆腐でつくるとなんだか私が作っても本格的~♪
ランチョンミートも安売りしていましたし、タコライスも買い込んだし、しばらく我が家は沖縄モード。

車だったので着物で行きました。木綿の着物でラクチンです。

      momens.jpg

沖縄食材のお店の方が「明日はハロウィンの扮装で着物着るんですー」って...
着物って扮装なのかーーー。(笑)
しかもハロウィンですから、しだれ柳の下にでも立つのでしょうか?

今日はアンサンブルはやめました~

昨日、アンサンブルを着て歩いたら夜にもかかわらず暑かったです~。
外はいいのですが、電車の中は蒸し暑いです。
なので、今日はウールの着物です。ウールですからもちろん単衣です。

      ansanburu 002s.jpg

これも去年縫い上げたものです。
でも反物は何年も持っていたのです。
和裁のお稽古を始めた時に買ったのですがウールはヘラがききにくくて後まわしにしていました。
後回しにするとずーっと後に回っちゃって...ぐずなのです。

どんぐりの帯止めをしました。
帯は私には珍しく名古屋帯でお太鼓です。

小さな画展がありましたので観に行きました。
小林千春さんという方の絵です。
神戸の元町のSHRASAさんの2階のギャラリーでした。神戸初の個展だそうです。
とっても繊細な絵で、奥行きを出すために紙に描いた絵の上にオーガンジーを張ってまた絵を描いてあるものなどとっても素敵でした。

小さなお部屋での個展ですが画家ご本人にお話をしながら絵をみせていただけて、アットホームで楽しめました。

アンサンブルを着てみたけれど...

涼しくなったかしら~?って喜んでアンサンブルを着てみましたがー
ほとんど羽織を脱いで持って歩くことになってしまいました。(涙)

        ansanburu 001s.jpg

初めて着ました。しつけの糸を取るのってなんだかとっても楽しみです。
自分で縫った自分の着物なので仕付けをつけなくてもいいのですが、やっぱり「仕立て上がり」って感じがするのでいつも仕付けをつけています。

この着物を着ていつも行くおすし屋さんへ行きました。
たらふく食べて...お土産に女将さん手作りの「栗の渋皮煮」をいただきました♪
今年はらでぃっしゅぼーやさんの栗が手に入らなかったので自分では作らなかったのです~。
なかなか手のかかる「渋皮煮」、いただけるなんてうれしいわぁ~。
大事に食べましょう♪

まこもだけ

先日届いたお野菜の箱に入っていたのです。

   makomodakes.jpg

なんだこれ?って思ったの。
らでぃっしゅぼーやを取りはじめて15年ほどになりますが、初めて出会うお野菜です。

主人は「中華で使うよね。」と、そういえば聞いたことがあるような...。
らでぃっしゅさんは珍しいお野菜には生産者さんお薦めの食べ方が添えられているんです。

青い葉はむいて、筍みたいな部分を食べるのだそうです。
油とよく合うというし、薄切りにし、炒め物にして中華スープを入れてオイスターソースで味をつけ、とろみをつけてみました。
あらっ、以外に美味しい!

解熱、、便秘、高血圧、貧血、糖尿、アトピーなどに効果があるとか。
イネ科だそうです。

また来るといいな~。

木枯らし一番ですって~

銀行へ行ったり、バタバタとでかけたこの日、神戸は「木枯らし一番」だったそうです~。

神戸に越してきて風の強さに驚いたものですが、それにしても今日は強風でしたー。
神戸は山から海へ通っている道があるところはとっても風が強いんです。
東西の道はそれほどでもないのですけれどねぇ。

交差点では帽子を飛ばされそうになっている人や風をよけようと物陰に逃げ込む人も。
ほこりが舞い上がるので目にごみが入りそうになりました。(眼鏡があってよかったです~。)

木枯らしが吹いて、急に寒くなってきました。
それにしても、秋はどこ?
今年は春も短かったように思ったし。
日本は夏と冬しかなくなったのかしら~。

涼しくなって着物が楽しく着られますね~。
この強風さえなければいいのだけれど。
神戸って風で着物で歩きにくいの。

7月に縫い上げたアンサンブルの羽織をまだ着ていなかったのです。
そろそろ着られる気温になりましたかね~♪
楽しみです。

英語多読 “Trixie the Halloween Fairy”

レインボーマジックのシリーズのスペシャルエディションの中の1冊です。
このシリーズ、とっても久しぶりに読みました~。3ヶ月ぶりかな?
スペシャルエディションも何冊かあるようです。(あいまいですみませ~ん。)
以前にバレンタインのフェアリーを読みました。
今度はハロウィーンのフェアリーです。

         

★Trixie the Halloween Fairy (Rainbow Magic Special Edition) / Daisy Meadows

カースティーはレイチェルのお家にお泊りに来ています。
時はハロウィーン、ふたりは妖精の羽をつけてお菓子をもらいに回ろうという計画です。
ふたりが扮装する衣装などを買いにお店に行くとどうも様子が変なのです。
そこにハロウィーンの妖精トリクシーが現れます。
トリクシーが作ったハロウィーンのマジックをかけたお菓子がフェアリーに国から盗まれたというのです。
これは、ジャック・フロストの仕業に違いない!
カースティーとレイチェルは妖精トリクシーを助けて妖精のハロウィーンのお菓子を探します。


今回、ジャック・フロストがとってもかわいいの~。
悪役ですが、ジャック・フロストって憎めないのです。

着物でランチ♪

主人とふたりでランチに行ってきました~。
ここ何回か貸切などでふられてたんですよね、このお店。

タイ料理を食べてきました。(私のブログにも何度も出てくるお店です~。笑)
しばらく来ないうちにランチのメニューが増えていました♪

  IMG_0390s.jpg

「イーサンセット」は主人が選んだもの。
イーサンってタイの北の方です。タイ料理の中でも辛いものが多いかなぁ?
ソムタム(青いパパイア)のお料理があります。
トムヤムクンもついています。おいしそうだったー。

でも、私は相変わらずのメニューを頼んでしまったの。

  IMG_0391s.jpg

タイカレーにラーメンが入って、その上にパリパリした麺がのかっています。
ヤムウンセンが添えられて、カレーが残ったらご飯といただきます。
かなりのボリューム♪(食べすぎだー!)

ヤムウンセンの辛さが以前より辛くないかも~。
カレーも少し味が変わった気がしますが...気のせいかなぁ?

いっぱい食べたにもかかわらず、以前に見かけたおいしそうなケーキのお店へ行きました♪

    IMG_0392s.jpg

手前の私の紅茶、手前だから大きいのではありませんよー。
大きなカフェオレボールみたいなので出てきます。
初めてのお店ですが、普通に美味しいお紅茶でした♪
特別って感じではないけどおいしいです。

タルトがおいしそうに並んでいます。
プレートに見本が乗せられてテーブルで見られます。
 
    IMG_0394s.jpg

クリームにチーズが入ったくるみ入りのタルト。
たっぷり昼食を食べた後なので、私にはちょっとおもい感じのクリーム。
半分主人にあげました。

    IMG_0395s.jpg

主人のケーキは栗の渋皮煮が入ったクリームたっぷりのタルト。
これがあっさりと美味しかった!
半分いただきましたー♪

私たちがお店の外から見たケーキは後から見ると作り物...。
最近の食品サンプルってよく出来てる。
本物そっくり~。
でも、イチジクのタルトは食品サンプルだけで本物はなかったわ。

まぁ、美味しかったけれど、お値段も結構お高いのよね。
特に飲み物が、さして特徴もないのに高いな。
もっと美味しければ別だけど。
値段がお高くても喫茶のコーナーに高級感があって落ち着いていただける雰囲気があれば文句はないけれど、落ち着けないスツール。

ケーキのお見本も店員さんの説明もなくただポンと置いていくだけ。
ケーキを買って帰ることはあってもこの喫茶店はもう使わないなぁ~。
ちなみに、お店は「ア・ラ・カンパーニュ トアロード店」

家からも近いので気軽に木綿の着物に下駄で出かけました。

     chou2s.jpg

神戸も着物で出歩いても気持ちのいい気温になりましたわ~♪

英語多読 “The Kalahari Typing School for Men”

続きが読みたくなってニュージーランドで買ってきました。
アマゾンで買ったほうが安いのはわかっていたのですが、帰りの飛行機で読むものがなくなるかもと思って買ってしまったー。
結局帰ってから読んだのです。
まぁ、いっかー。

      商品の詳細

★The Karahari Typing School for Men”(No.1 Ladies'Detective Agency#4) / Alexander McCall Smith

ボツワナで初めての探偵社、女性探偵社を創めたラモツエさんですが、なんと新しい探偵社が開業...これは大変です!
ヨハネスブルクやニューヨークでも経験があると広告を打つ新しい男性の探偵、依頼人が減るのは火を見るより明らか。

そんなラモツエのところにある男性が依頼に現れます。
若い頃の過ち、恩を仇で返すようなことをしてしまった。
謝罪をしたいのだという。

題名にあるタイピングの男性専用の教室を始めることを思いついたマクジ。(ラモツエの優秀なる秘書)
養子にした下の男の子の反抗。
いろいろなことが同時進行しつつ、探偵の依頼の解決も。


犯罪と過ち、依頼に来た男性のかつての行為が警察に告発される犯罪であったとしても、それを知った被害者が若者の過ち、過ぎたことだとするかどうか...


続きが読みたいところですが、ちょと休憩~。
読みたい児童書や絵本もいっぱい。
実は続きを買っていない。
この勢いで続きを買って読もうかな♪

英語多読 ハロウィーンを絵本 3

もう一冊、図書館でお借りしてきました。
この表紙のJack o' Lantern、ちょっとゆがんでいます。

   

★Pumpkin Jack / Will Hubbell

少年がカボチャのランタンを作りました。
よーく出来ていたのですが、もう捨てなければならなくて畑に置いていきました。
だんだん朽ちていくランタン。冬がきて雪の下。
そして春が来て少年はちいさな芽が出ているのをみつけます。
毎日水をやって、花が咲き大きなカボチャができました!

季節はこうやってめぐって来てるのですねぇ。
せっかく作ったランタンが朽ちていくのは寂しい感じですが
新しく芽吹いてくるってうれしいことですよねぇ。

すごーい感動ものがたりなんていうのじゃないのですが
なんでもない自然の営みは心を穏やかにしてくれますね。

関西はまだ少し袷の着物には暑いのです。

朝夕は涼しくなってきた関西ですが、それでもお昼間はなかなかの日差し。
出歩くときはまだ日傘をさしているのです~。

お友達とお茶をしてきましたー。
せっかくなので、やっぱり着物で。

   chous.jpg

先日、お友達と着物でお散歩に出かけたときの着物。
帯は半幅にかえました♪

この半幅の帯、リサイクルのお店で買ったものです。
蝶々の柄が気に入って、色も使いやすくて普段着の着物に合わせやすいのでよく使っています。

いっぱい使ったせいもあって、ちょっと蝶々の模様の糸がほつれてきたようです。
ちょっと修理してみようかしら~?
できるかな~?

のんびりしました~。

旅行から帰ってきてから初めての主人の母の通院の日。
旅行中もその後もとっても元気そうな母ですが、私たちは素人ですからお医者さまで診察してもらうと安心。
何よりも装具の様子を見てくださる、それを専門にされている看護士さんに診てもらってお話をするととっても安心できるのです。

今年は暑い夏で肌荒れを起こしている患者さんが多かったそうです。
幸い看護士さんの指示どおりに装具の取替えを短い期間にしていたら赤くなっていた部分も消えて、やったー!

涼しくなって取替え期間を一日長くしていましたけれど「もう一日長くしてもいいかもしれませんよ。」と言っていただきました。
専門の看護士さんがいなかったら、そういうことって誰に相談したら言いかわかりませんからとってもありがたい存在です。

病院の後、父母と3人でお昼を食べて満腹~。
で、お店を出たらお店の人が追っかけてくる...何もしてないよ~私たちー(汗)
「デザートがあるんです!すみません、お席にもどってくださいませんかー。」だって。
びっくりしたー。

私は単品を頼んだのでデザートはついてなかったのですが「いえいえ、サービスさせていただきますから。どうぞどうぞ!」って。
満腹だったはずなのにデザートをいただく私...。だから太るのさー。


この後、今度は私の実家へよっておしゃべりをしてきました。
「夕飯、食べていく?」という母。
お台所でお鍋をのぞくと、おいしそうにお大根が煮えていました。
お大根大好きなんですー。

主人にメールすると「どうぞ~。大根には勝たれへんなぁ。」って。
主人<大根   (笑)

のんびりしてきましたー。

先日のお友達のお着物

先日、お友達に誘われて着物でお散歩したときの写真を送ってくれました♪


     fujiiros.jpg

藤色の江戸小紋。角通しです。
細かいので無地に見えますね♪

お店で着せてもらっていたので、帯を締めている様子を見せていただいていました。
プロですもんね、きっちときれいに着せてくださってますね~。

呉服屋さんにお邪魔するときは自分の着物や帯をお店の人が見るに決まってるから気になります~。
感じのいいお店なので、私などが着て行っている帯も「木綿の帯地は最近あまりないんですよ~。」なんて程度の会話です。
取り囲まれて反物を巻きつけられるお店は苦手なの。

セールのお知らせなんかも送ってくださるのですが、今は主人の母の所に通っていることもあって家で和裁をする気持ちになれません。
お教室での和裁はぼちぼち続けていますが、先日はうまくいかなくて四苦八苦。
縫いあがるかしら?自信がなくなってきました。

英語多読 ハロウィーンの絵本 2

ハロウィーンの絵本をもう一冊♪
700歳のおばあさんと800歳のおじいさんがおりました。
と、お話の最初からハロウィーンっぽいです♪

        

★The Vanishing Pumpkin / Tony Johnston、Pictures by Tomie dePaola

おじいさんとおばあさん、ハロウィーンを思い出してパンプキンパイを作ろうと思って畑に出ると...カボチャがない!
盗まれた!とふたりはカボチャを探しに行きます。(おとしよりなので歩きません、宙に浮いていますよ♪魔法が使えるのだ!)
グール(お墓とかにいる...なんて訳したらいいのかしら?墓あらし?)に出会って「カボチャをしらないか?」と聞きますが「知らない」と言われ
次にラプスキャリオン(悪さをする化け物?)に出会って...。
次にバーミント(ネズミのような悪いことする動物?)に出会って...。
みつからないカボチャをさがして次にであったのは魔法使いのおじいさん。
さて、カボチャはどうなっちゃったかな?


次から次に出会うハロウィーンらしいキャラクター。
リズムのいい文章とトミー・デパオラさんの楽しい絵の絵本です♪

もっとハロウィンの絵本がないかしら?
図書館にいってみよっ。

お着物デビューにお付き合いしてきました♪

「お着物デビューなの。お散歩つきあって。」とお友達からメールがあって、喜んでいってきました~♪
風も涼しく気持ちよくなって着物で出かけるのも楽しい季節になりました。

お友達は江戸小紋をお誂えされて、初めて袖を通すの。
仕立てる前も見せていただいて、似合っていたから、ちゃんと帯を結んだらどんなにいいだろうと楽しみにでかけました!

なのにカメラを忘れてお友達の写真がありませんわぁ~、残念。
薄紫の角通し。大人っぽい素敵なお着物でした。
お昼間でしたので、涼しくなったとはいえ袷を着て行くとお散歩している間に大汗かしら?なんて思ってウールの着物で行きました。

   aki 002s.jpg

帯締めはもみじの帯止めです♪(ぜんぜん写ってません 汗)
新しい草履をおろしました~。お天気よくってうれしいです。

帰りに主人とおすし屋さんへ行こうとお腹をすかせていたのに、
おすし屋さんが満員でふれらました。(涙)
おなかぺこぺこなので居酒屋へ。

その後スペイン料理屋さんへはしご♪

  IMG_0387s.jpg

シャンパンがグラスでいただけるお店は少ないですが、こちらではいただけるようです。
うれしいわぁ~。

  IMG_0388s.jpg

お薦めタパスの盛り合わせでちびりちびり♪

  IMG_0389s.jpg

砂ずりのアヒージョ。(ちょっと食べちゃってから写しました~。)
バゲットにオイルをつけていただきながら、ワインが美味しい!

デザートのプリンは...またしても写真を撮る前にお腹の中へ。
食いしん坊なので~。

英語多読 ハロウィーンの絵本

久しぶりに図書館に行ってきました。
ハロウィーンの絵本は、出遅れてしまってあまり残っていませんでした。
ちょっと残念~。

でも、私の好きなLenskiさんの絵本が待っていてくれました♪
Lenskiさんはスモールさんの絵本で知られています。

      

★Now It's Fall / Lois Lenski

夏が終わって秋が来ます。それは一年でいちばん楽しい季節♪
落ち葉で遊んだり、りんごを採ったり、とりわけ楽しいのはハロウィーン!

男の子と女の子が秋を楽しんでいます。
韻が踏んであるので声に出して読むととってもたのしいです。
リズムのある文章とかわいい絵が楽しめます。

1948年に書かれたものだそうです。
でも、古さを感じさせないカラフルなえほん。
季節を楽しむっていいですね♪

着物で出かけました♪

      aki 001s.jpg

普段着用に縫った木綿の着物に半幅の帯。

地場のお野菜が買えるところがあるのでそこでお野菜を購入!
野菜がたくさん食べられるって幸せ~。

英語多読 “Mayflower Treasure Hunt”

A to Z MysteriesのSuper Editionの#2です。

     

★Mayflower Treasure Hunt(A to Z Mysteries Super Edition #2) / Ron Roy

サンクスギビングデーの季節、メイフラワー号でやってきた人たちをしのんで食事をしようとプリマスにやってきたディンクとジョッシュとルース・ローズの3人とその家族。
メイフラワー号を再現した船の博物館で「盗まれた首飾りの謎」のお話をしります。
ある絵を目にしたジョッシュは「宝の地図だ。」といい始めます。
ディンクはあやしいおばあさんを見かけますが、どうも3人の後をつけてきているようす。
3人はあやしいおばあさんに追われて逃げ回りますが...


A to Zのシリーズはスーパーエディションになって語数が増えました。
この巻も12000語あります。
このレベルの児童書にしては長いほうです。

このシリーズを読み通した子供たちはシリーズを通して何冊も本を読んで、長いお話もなんなく読めるようになっていることでしょうね。

語数が増えてお話の厚みも出て面白くなっているみたい♪
語数の短い26巻までのほうも8000語前後で読みやすさレベルもYL3。
これくらいのレベルになるとお話もしっかりしてきますね~。

太った...

旅行中に太ったか?
いえ、そうではありません。
旅行から帰って計ってみるとそれほど増えていなかったのです。
でも、帰ってからとってもよく食べるのです。

帰ってきてなにが美味しいかって、ご飯です!
日本のご飯ってやっぱりおいしい。

「郷に入っては郷に従え」と旅行中くらいはその国の食べ物を楽しむことにしている私たちです。
その国の人が美味しいと思っているものはその国で食べるのが一番美味しいと思います。
気温や気候や雰囲気や匂い。
いろんなものがあいまって、やっぱりその地で食べると違うというものです。

やっぱり和食は日本。
いえいえ、日本料理屋が一番と言っているのではありません。
我が家で食べる日常の食事が一番ではないですか?

旅行から帰って食べたのは、
白いご飯に納豆、お味噌汁、それにお野菜。
これだけ読むととっても健康的、量が問題なんですよねぇ。

そんなこんなで食欲が増しています。
体重が増えて、せっかくの着物の季節に「帯が足りない」なんて悲しいことになったら大変だ!
食欲の秋に負けないでいられるだろうか...自信なし(汗)

20年はchinaですって~

結婚記念日だったんです♪
20年になりました。

25年は銀婚式ですが、20年は陶器婚式だそうです。
記念に何か器でも買おうかしら。

今年は新婚旅行で行ったニュージーランドに行ってきました。
楽しい旅行は大好きなニュージーランドで、いい思い出になりました。

主人も旅行でお休みを取ったばかりですし、平日ですから近くのイタリアンのお店へ行きました♪

    IMG_0378s.jpg

まずはスパークリングワインで乾杯♪
オバマ大統領が飲んだとかなんとか...だそうです。(笑)

    IMG_0379s.jpg

オードブルの盛り合わせです♪
生ハムでイチジクを巻いたものが美味しかったです。
タコやサザエも美味しいです♪

    IMG_0380s.jpg

リゾットとチーズをコロッケにしたものです。
大好きなので、おかわりがしたいくらい。

   IMG_0381s.jpg

豚肉のロースト(だろうか?忘れましたー)
玉ねぎやニンニクもまるままローストしてあっていいお味です。

デザートは...写真を撮る前にお腹の中へ。

20年って思ったより早かったような気がします。
そんなに変わってないなぁとも思うけれど、大食いの私たち、
若いうちは今日のような料理でお腹いっぱいになったりしなかったなぁ~なんて思ったり。

さて、記念日も終わったのでダイエットでも始めましょ~(笑)


主人の仕事が終わる時間がわかってからレストランに予約を入れたのです。
なのでパタパタとあわてて着物を着て出かけました。
旅行から帰ってきてまだ袷の着物を出していませんでしたし、まだ関西は暑いので単衣の紬で行きました。

    kinenbis.jpg

帯も半幅。近所なのでお気楽に。
いや、いつもお気楽な格好ですね、私。

これ、いけますわ。

おもしろそうだと買ったのです。
今晩のおつまみに使ってみました♪

           

といっても、お茄子をフライパンで焼いてこのお味噌をつけただけ♪
田楽味噌にいいなぁと買っておいたのですが、パッケージをみると味噌カツが。
名古屋のものだったのかしら?
ナカモという会社のものです。愛知県の会社ですって。

お味噌は色が濃いですがそれほど塩辛くなくて美味しいです。
田楽以外にもいろいろ使えそうです♪
  

英語多読 “Morality for Beautiful Girls”

旅行中に読んだ本です。
と言っても、往復の飛行機の中だけですから、途中2週間近く間が空いて読んでいるのでちょっと間が抜けてしまいました~。

9月に読んだNo.1 Ladies'Detective Agency2巻の続き、3巻です。
面白かったので続けて読んでいます♪

       商品の詳細

★Morality for Beautiful Girls (No.1 Ladies'Detective Agency#3) / Alexander McCall Smith

女性探偵社を開業したラモツエさん。
依頼人は政府で働いている人物。
なんと、弟の妻が家族に毒をもっている疑いがあるので突き止めてほしいという依頼。
ラモツエがその家族の家に客として滞在して捜査中、なんとラモツエも毒を口にしてしまう!
そんな時、ラモツエの留守を守るマクジのところにも依頼人がやってきます。
ビューティーコンテストの最終審査に選ばれた4人の女性に会って誰が正直であるか、
国の代表として外交官のような活動もする女性として資格があるかを捜査してほしいとの依頼。
ラモツエがいない間にマクジだけで解決できるでしょうか?


ラモツエの婚約者のマテコニが気持ちが落ち込んで仕事も手につかないような様子。
いろんなことが同時進行でおこります。

このラモツエさん、警察ではないので法律的な刑罰をあたえることをしないのです。
それでも収まるところへ収める。
そんなところがアフリカのボツワナのおおらかさを感じさせます。
(もちろん、小説だからということでもありますけれどね。)

このシリーズがドラマになって何話か観ました。
旅行で観られなかったのですが、また再放送するかしら?

ドラマを観ていたとき、そのセリフが英語でした。
私はちょっとなまった英語にボツワナのなまりがあるように話しているのね~なんて違和感は感じていませんでしたの。
主人が「ボツワナって英語を話してるの?」と言いましてちょっと調べてみました。

ボツワナ共和国は英語とツワナ語が公用語だそうです。
カラハリ砂漠のある乾燥した国。ダイアモンドが産出されます。
アフリカの諸国に比べて治安も安定していて教育も力を入れているのだそうです。

本を読むっていろんなことに興味が広がってたのしい♪

部屋の照明が~

旅行から帰ってきた次の日のこと、部屋の電気がつきません。
あれっ?って思って何度もつけてみたけれど...ダメ...壊れた~(涙)

どうして旅行でお金を使った後に...よりにもよって~。
家の近くには大型電気店が2店舗あるので買いに行きました。
暗くならないうちに買わなくちゃ、取り付ける時に電気をつけられませんから。

結婚した時に買った照明ですから20年働いてくれましたから、そろそろしょうがないかなぁ~。
うまくお安いものをみつけられたのでホッ。

結婚したころに買った電化製品がそろそろ寿命でしょうか?
洗濯機と掃除機のパンフレットをもらってきました。
これらも20年使っていますからね~、あぶないかも。

旅行中しばらく使わなかった電化製品を帰ってきて使ったころから調子が悪くなることが多いのです。
テレビもそうだったのですよ~。
出費はなるべくかさなってほしくないのに、電化製品にそういうこと多いですか?
あまり聞いたことがないのに、どうして我が家では頻繁に起こるのかしら~。(涙)

帰ってきました♪

しばらくニュージーランドへ旅行に行っていました♪
今回は主人の両親と一緒の旅です。

手術やその後の入院もあった主人の母。
元気な母だったのになんだか自信をなくしているような...

まだ私が母のところに通っているので、私たちだけ旅行に行っておいて行くのも気になる。
「一緒に旅行に行くってのはどうかしら?一緒なら不安も少ないだろうし。」と思いついたのでした。

病気がみつかる直前に海外旅行の計画をしていた両親。
キャンセルしてしまって「今年はどこにも行けないね」とふたりは言っていたのでした。

術前とまったく同じ生活に戻すのは無理だけれど、人生を楽しんでもらわなくちゃ!
旅行の計画を始めてお母さんはとっても元気になってきたのでした。
目標って大切ですねー!

ぼちぼちと旅行の思い出の日記も書いていこうと思います。
帰りの国際線が6時間も遅れたので1泊延びてしまって朝の2時にモーニングコール...
ゆっくり日記を書いて行きます。
よろしかったらお付き合いくださいませ♪

ニュージーランド家族旅 (その10)

ニュージーランドの南島の西側には氷河が残っています。
せっかくこちら側にやってきたんだもの、氷河を見に行きましょう~。
主人が車でガンガン走ったので思ったよりも早くたどり着きました。(汗)
でも、宿が少ないのでi-Siteの方の言ったとおり予約を入れておいてよかったです。
ベッドルームが二つある家族用の部屋は少なめですから予約をしておいてよかったです。

お部屋に荷物を置いてもまだ氷河も見に行く時間がありました!
駐車場に車を置いて歩いて行きます。

  201009NZ-0432-DSCN1922s.jpg

こんなところを歩いていくのです。
ちょっと離れているのですが、平らなので歩くのが苦手なお父さんでも平気そう~。
と、このときは思っていました。

  201009NZ-0408-DSCN1904s.jpg

以前にも一度来たことがあるのですが、その時はこのあたりで通行禁止の札が出ていたんです。
氷河からの水や、両側の切り立つ岩山から流れ落ちる雨の水で川が流れています。
なので以前に来たときは水が増えちゃっていたのかしら?

さあ、向こうにに見える氷河へ向かってGo!

  201009NZ-0413-DSCN1909s.jpg

と、ここまで結構歩いてきたのですが、あまり氷河が近づいてきませんねぇ。
このあたりでお父さんがリタイアしたようです~。
えーっと、たしか病み上がりはお母さんだったはずですがー?(笑)

もともと健脚だった母ですので、旅行に来てどんどん今までの元気なお母さんが戻ってきたようです。
日が傾いてきて、ちょっと寒くなっていたのですが歩いていると暑いくらい!
着ていたものを一枚二枚と脱ぎながら歩く私たち。

たどり着きました!

 201009NZ-0415-P1020060s.jpg

洞窟みたいに穴が開いています。
ザーザーと氷河から水が流れています。

ここまであるいてこられるとは思いませんでした!

と、ここから帰ろうとすると小雨が降ってきましたー!
わーーーお父さん、途中で立ち止まってひとりで雨にぬれてるよーーー!
私とお母さんをおいて主人に先に行ってもらってお父さんに何か着せてあげなくちゃーーー

歩いている私たちは寒くないのですが立ち止まってたら寒いに違いない。
かわいそうに凍えていたに違いないのです。

でも、私たちの泊まっているところにはシャワーしかないのです。
湯船のない宿って田舎に行くほど確立があがります。
うーん、おとうさんちょっとかわいそうだったかも~。

ニュージーランド家族旅 (その9)

さて、私たちの旅はクライストチャーチまでしか計画が決まっていません。
私たちふたりの旅の時は気楽に行き当たりばったり。
でも、今回は主人の両親がいるので決めなくちゃ!
と言っても、前日になって明日はどっちへ行こうかなぁ~ってくらいですが。

ニュージーランド旅行が初めての両親にマウントクックを見せたいなぁと思う私たち。
普通ニュージーランドへ旅をするとテカポ湖を通ってマウントクックの近くへ行くと思います。
そこへ行くとホテルは一軒宿といってもいい、独占しているので値段はうなぎのぼり。
たいしたホテルでもないのに料金がやたらに高い。

それでも、20年前は素朴な田舎の宿だったんですが、何を勘違いしたのか高級ホテル気取り。
20年前と次に5年後に行った頃までは良かったけれど、その後は...お金を出した甲斐がないという感想です。
あんなならキャンプでいいやと思うほど。
建物が古いのはさておき、ホテルのサービスが高級ではない。人材不足でしょうか?
日本語が話せる日本人従業員が増えたことはサービスとは言わないでしょう。

両親を連れてキャンプやキャンピングカーに泊まるわけに行かないし...
それに天気が悪かったらあのホテルでは何もすることがないんです。
マウントクック周辺のトレッキングもできませんから。

テカポ湖が見せてあげられないのは残念だけれど、山の反対側からマウントクックを見るのはどうだろう?
天気が悪くてマウントクックに雲がかかっているならどちらから見ても見えないのですから。
ということで、両親には列車の旅を楽しんでもらって、私たちはレンタカーで西海岸へ向かうことに決定!

列車のチケットを買いに主人が街のi-Siteへ行くと「向こうに着く時間が遅いから宿を取っておいたほうがいいですよ。」とアドバイスされてそれもお願いしました。
これで翌日の計画もばっちり!

翌朝は駅まで両親をお見送り♪

   ryousin.jpg

いってらっしゃ~い!列車の旅を楽しんでくださいね~♪

と見送って、私たちは朝食をとりに行きました!
お芋やチキンの重ね焼き?かしら?メニューの名前は忘れましたがカフェでのんびり朝ごはん。
こんなのもいいなぁ。

   201009NZ-0381-DSCN1876s.jpg

のんびり食べていたら...時間がーーー!
だって向こう側に列車が着いたときに私たちがいなかったら両親はパニックだもの~。

この日はいいお天気!ドライブもとっても楽しかったのです♪

   201009NZ-0382-DSCN1877s.jpg

あの山並みを越えてクライストチャーチ(東海岸側)からグレイマウス(西海岸側)へ向かいます。
向こう側で列車を捕まえなければいけませんからハイキングはなしです。
でもいいお天気に恵まれて、左にこんな景色↓

   201009NZ-0390-DSCN1885s.jpg

右にはこんな↓景色と窓からでも楽しい景色をたのしめました。

   201009NZ-0391-DSCN1886s.jpg

列車が走るのとはちょっと違った景色がみられます。
アーサーズパスというところで列車が止まるのです。
お母さんたちいるかなぁ~。(いなきゃたいへんだけどね。)

   201009NZ-0395-DSCN1891s.jpg

駅とはいうけれど、何にもないのよね~。
いたいた~、お母さんのピンクのヤッケがみえました~!
お母さんも気がついた!

私たちは途中の景色のいいところで持ってきたパンやなんかでお昼ご飯。
近くに線路があるなぁ~って思っていたら、そこへ両親の乗った列車が!

おーい!って手を振ってお母さんたちに合図!
おー、気がついたよ!座った側がよかったわ~。

予定通りグレイマウスでふたりを出迎えて、車で予約を取った宿へ向かいます。
宿を取ったのはフランツジョセフというところ。
ここは近くに氷河があるのです。
たのしみ、たのしみ~♪

ニュージーランド家族旅 (その8)

主人の両親も私たちにくっついて歩いていてばかりではつまりません。
この日は別行動ということにしました~。

後で聞くと両親はこの町、クライストチャーチが気に入ったということでした。
のんびり朝寝坊して、自分の行こうと思ったところへ行くのは本当にリラックスできますからね♪

私たちもモナベイルでアフタヌーンティーを楽しんだ後、エイボン川でカヤックをしてました♪
そもそも、初めてカヤックを経験したのもニュージーランドでした。
そのときはシーカヤックでしたし、ちゃんとインストラクターの方がついてくれていました。
今度は川ですし、しかもエイボン川はとっても浅いので子どもでも楽しめます。

  201009NZ-0337-DSCN1828s.jpg

ハグレー公園の植物園を左に見ながら流れをさかのぼり、くだりはのんびりと流れにのって、いえ流れに右に左にと少々振り回されながら1時間を楽しみました。

カヤックでほとんど川の水面の高さから景色を眺めるとまた違って見えるものです。
少々筋肉痛は残りますけど、楽しいです。

昼間のトラムを楽しんで、夜はトラムウェイ・レストランを予約しました。

  201009NZ-0352-DSCN1844s.jpg

観光用のトラムなので、運転手のおじさんが街の建物を説明してくれます。
上の写真のようにベビーカーは外にくっつけられます♪
でも、この時は上手につけられなかったようです。
おじさん、苦労してます。(笑)

大きなたまごのオブジェだなぁって見ていたらキウイが乗ってる~。

  201009NZ-0363-DSCN1855s.jpg

大聖堂近くのトラムの停車場です。
ここからディナートラムの出発なんです。

これがレストラン用のトラム↓です。

    201009NZ-0365-DSCN1857s.jpg

なかなかかわいい、といいますか...昼間に走っているのと同じサイズですね。
中は狭いのでコートなどは乗り込む前に預けます。
日本人の私たちが狭いと思うのですから、大柄な外人さんにはかなり狭いです~。
後ろの席の男の人がドンと動くたびに私の背もたれに振動が~。
食べ始めたらおとなしくなりました、よかった、よかった。

    201009NZ-0366-DSCN1858s.jpg

チケットを買うときにi-Siteの(インフォメーション)おばちゃまが「おいしいお料理よ♪」と言ってくれていましたから、期待してました!
ウェルカムドリンクがついていると聞いていましたが、何度かおかわりしたのです。
いったい何処までがウェルカムドリンクだろう?

オードブルの後はスープ♪
魚介のチャウダーでした。おいしかったです。ニュージーランドは魚介類がおいしいです。

  201009NZ-0371-DSCN1863s.jpg

お父さんのマッシュルームのカプチーノスープですって♪
美味しかったそうです。こっちのほうがおしゃれですわぁ~。

  201009NZ-0372-DSCN1864s.jpg

私が選んだメインはラムラック。
フラッシュをつけなかったので黄色く写ってしまったの。
本当はもっとおいしそうなのですけどね。
写真を撮る前に一切れたべちゃったぁ。

   201009NZ-0374-DSCN1868s.jpg

もちろん、デザートとお茶もゆっくりいただきました♪

   201009NZ-0376-DSCN1871s.jpg 

   201009NZ-0375-DSCN1869s.jpg


トラムはそんなに広くない範囲の決まったところを走っているのです。
なのでだんだん日の暮れてゆく街をくるくると何度も何度もまわるのです。

おしゃべりしながら、楽しいお食事でした!
気に入っちゃった~。