FC2ブログ

こんどはパンダのマンゴープリン♪

以前に杏仁豆腐を買って美味しかったので、今度はマンゴープリンを買ってみました。

   natu 002s.jpg

オレンジ色のマンゴー色のパンダくんです。
わりにさっぱり。
こってりとマンゴの味がするのより私は食べやすかったです。
しっかりマンゴの味が好きな方には頼りないかなぁ~。

これも、このカートンごと冷蔵庫で冷やしてぷるんと固まったら出して切ってもいいですねぇ。
私は手軽に大きなスプーンですくいだしました。


今日はいいお天気♪(いや、よすぎる~)
浴衣を着て、これも自分で縫った金魚の半巾帯をして出かけてきました。
でも...金魚が横にー。(汗)
前で結んで後ろに回しているので金魚がどこにいるかわからなかったー。
真ん中にあるのもちょっと~、でもこれはただの白い帯だわねぇ。(涙)

   kingyos.jpg

暑さに負けて(関西はめっちゃ暑い!)半巾帯ばかりしています。
お太鼓の結び方忘れてしまいそう。

ドイツ語のお仲間と会っていたんです。
でも、いつもは帰りに喫茶店で読書するんですが暑くてふらふらするくらいなのでまっすぐ帰ってきてしまいました。
は~、明日から8月です。これ以上暑くなったら夜しかでかけられませんわぁ。

スポンサーサイト



やっぱりこれもいただき物

こんなカードをいただきました♪

いっぱい買ってあったそうで、久しぶりの絵本の会のときに持ってきてくださいましたの~。
欲張りな私は二つもいただいちゃった。

   cards 003s.jpg

ひとつは「オズの魔法使い」です。中がまたかわいいのです。

   cards 001s.jpg 

羽のあるサルでしょ、悪い魔女といい魔女もいますよ。

こんなのを見ていると、「オズの魔法使い」を読みたくなってきました。
単純だな、私。
ちなみに、「オズの魔法使い」って続きもいぱいあるんです。
私はドロシーのでてくる、映画になった巻(これが一巻ですよね?)だけ以前に読みました。
多読を始める前だったので読み返してみよ~。

もうひとつも素敵です。

   cards 002s.jpg

写真をちいさくしちゃったのでわかりませんね~。(汗)
素敵なの、おしゃれ~。

箱にCARDSではなくてNOTE CARDSと書いてあります。
そーか、Cardは葉書みたい一枚のカードなわけですね。
二つ折りになっているものはNote Cardなんだー。

英語多読 “The Missing Mummy”

A to Z Mysteriesの13巻です。

                 

★The Missing Mummy(A to Z Mysteries#13) / Ron Roy

ディンクとジョッシュとルース・ローズの3人は夏休みに隣町の博物館の子供向けのプログラムに参加します。
月曜日はMummy Monday。
古代エジプトのミイラの展示を見に展示室に子どもたちが入ったとき、ブロンドの髪の女が入ってきてミイラを盗み出したのです!
さて、なぜミイラが盗み出されたのか?犯人は誰だ?


あれれ?前巻はクリスマスだったのですが、もう夏休み?
子どもたちの行動範囲は隣町に広がっています。

アメリカに行った時に博物館などに行くと夏休みでなくても日曜日などには子ども用のプログラムがあったりするようです。
ちょっと気になるのですが大人は参加できないですよね~。

そしてこれもいただき物♪

従姉妹が送ってくれました~。
おいしそうなものを見かけたから~って♪

  natu 004s.jpg

かわいいでしょ~。ひょっとことおかめ~。
チョコレートなんですよぅ。

お茶屋さんのチョコレートだけあってちゃんとお茶の味がするのです。
抹茶味のチョコレートは今までも食べたことがるのですが、ほうじ茶は初めてです。

このほうじ茶味がいけます!
ちゃんとほうじ茶の味がするチョコレートですよー。おいし~。

ちゃんと冷蔵庫に入れておかないととけちゃうチョコレートです。
お茶屋さんの箱に入れらて送られてきたんです。
その箱の裏の保存の仕方を見ると「開封後は茶筒に入れて・・・」えっ?
あ~、これは茶葉の話ですね~、おどろいたー。(笑)

いただき物♪  気持ちいい風

うふふ~、すてきな団扇でしょ~。

    natu 003s.jpg

手書きで書いてくださったのです♪

クーラーが苦手な私。うれしいいただき物です。
こんな素敵な団扇を優雅に右に左に動かしてそよそよとやってくる風はなんだか特別!

そうだ、浴衣を着よう!
今日は浴衣を着て過ごすことにきーめた!

英語多読 “Harry Potter and the Half-Blood Prince”

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が上映されましたね~。
Half-Blood Princeって「謎のプリンス」って邦題だったんですねぇ。
映画を観る前に以前に読んで忘れかけている“Harry Potter and the Half-Blood Prince”を読み直しましょうと読み始めました。

あまり思い出せないので前に読んだのはいつだったかなぁと記録を見ると2005年8月。
私がこのブログを始める前だったんだ~。

         

★Harry Potter and the Half-Blood Prince / J.K.Rowling

ホグワーツの6年生になったハリー、ロン、ハーマイオニーたちは学業も大変になってきます。
Potionのクラスを取るようにとマクゴナコル先生に言われたハリーとロンは図書館にある教科書をスラグホーン先生から借ります。
ハリーが手にした本には書き込みがあり、その通りにしたハリーはPotionのクラスで一番の成績をとります。
その本にはHalf-Blood Princeと書かれていました。
いったいHalf-Blood Princeとは誰なのか?
一方、ハリーはダンブルダー校長から特別講義(?)を受けます。
さらにヴォルデモートの力が強くなり、誰が味方で誰がヴォルデモート側なのか。
そして、ダンブルダーが信じるスネイプは味方なのか敵なのか。

1巻の頃にあった子どもらしいハリーのたちの物語は巻が進むにつれて暗い影をもった物語になってゆきます。


6巻を読み直そうと手に取ったら、なんと邪魔が入りました!ダンナです!
「まだ読んでなかったから読もうと思って。」って、なんで今やねん!
私が読み終わってからずっと置いてあったやん!もう4年やん!

取り合いして読んでました。
休みの日はダンナに取られてしまいました。
平日も帰宅してからは取られて、夜に落ち着いて読もうと思っても読めないのです~。

暑いから平日の昼間は読書に集中できなかったし。
おまけに私が持っているのはハードカバーで重い。(涙)
いつものように喫茶店で本を読むにも持って歩けません。

やっと読めました~。実質10日くらいでしょうか?
私の多読の記録はいい加減で、読み始めた日を書いていないので4年ほど前にこの本を読んだときは何日かかったか正確にはわかりません。
でももっとかかったと思います。3週間くらいかしら?もっとかな?

英語を集中して読めるようになってきたようです。
私なりに成長しているようです。(そりゃ~4年もたってますからねぇ。いくらなんでも...)
読んでいて知っている単語が増えた~と実感できました。
それと、以前は自分の実力以上のものをがんばって読むとその後力尽きたように読書のペースが落ちて停滞してしまっていたんです。
今度はそういうことがない。ちょっとうれしいな。

時々再読をすると自分の成長がわかっていいです。
多読ってなかなか成長を実感できないものですから。


ダンナは多読というほどではないですが英語の本を読んでいます。
私が多読を始めた後で多読の効果に疑問を持ちながら、そして多読3原則もしらんふりで読んでいます。
要するに辞書も使うし簡単なものから始めるなんてこともなかったです。
まぁ、電車の中で大の男が子どもの本を手にするのはなかなか勇気がいりますからねぇ。

300万語くらいまでは私が語数を数えてましたが...もうわかりません。
500万語くらいはいったでしょうかね。

今、ダンナは7巻を読み始めました。取り合いで読むのはこりごりなので私はまた今度。
そうそう、7巻を読みながら辞書を引いていたようです。
「載ってないなぁ、造語か...」ってさ。
英和辞書じゃなくて魔法辞書が必要だよね~、この本には。(笑)

ドイツ語多少読

ほんとーに細々と続けているドイツ語の多読(いや多少読)。
たくさん本を買っても読めそうにないので再読ばかりしています。

何冊か買っているLESEMAUSの一番易しいレベルのものに新しい本が出ていたので買ってみました。

    Produkt-Information Produkt-Information

もともとクーゲルブリッツ警部というシリーズの本があるようで、それを易しいレベルのLESEMAUSにも登場させたようです。

う~ん、難しいです。
同じレベルの別の本と比べて理解度が落ちます。
まぁ、他の本も最初の一回目は理解度低かったですから。

また何回か読んでみよ~。

テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

また洋書バーゲンに行ってきました~。

阪神電車を利用しているのですが、その吊り広告に洋書バーゲンの広告がありました。
ジュンク堂難波店がオープンしたのだそうです。

洋書のバーゲンって言っても3月まで大阪のジュンク堂でやっていたバーゲンの残り物かなぁ。

阪神電車が難波で近鉄電車とつながって奈良まで行くようになりました。
大阪まで出なくてもいいので阪神沿線の私には便利なのかなぁ?
あんまり難波に出かけたことがないので今まで利用したことがなかったから行ってみようと洋書バーゲンを偵察に。

予想通り絵本や児童書はあんまりありませんでした。
やっぱり残り物ですかね。
でも、ペーパーバックが欲しい方には70パーセントオフは魅力的ですね。

前回までのバーゲンは私の本ばかり買っていたのですが、今回は主人の読むだろうペーパーバックを買ってきました。

これで、私と主人の読む本が一致していれば本代節減なんですが...
そうはうまく行きませんね~。しょうがないわね。

リップルの浴衣を着ました。

一昨年に自分で縫った「絞りの浴衣のように見える実はリップル」の浴衣を昨年着るのを忘れていました。
昨年は浴衣をあんまり着ていなかったのかしら?

    rippuru 001s.jpg

絞りのような柄をプリントしてあって、リップルの加工がされています。
肌にぺったりつかないので涼しいです。

バタバタと銀行をまわったり、お買い物したり。
一人でお昼を食べつつちょっとドイツ語を読んでみたり。(眺めてるだけか...)

今日はなんだか蒸し暑いです。
雨が降り足らないのでしょうか?
午前中にあった風も午後には凪いでしまいました。

蒸し暑さに負けてこの数日外出しませんでした。
喫茶店で本を読むのが好きなのですが、今日は久しぶりでした。
クーラーが寒かったけれど、あったかいコーヒーを飲むのには丁度良かったかも。

話は違いますが、駅前などで売っている「Big Issue」という雑誌があるんです。ご存知ですか?
ホームレスの人の自立のため、販売しているホームレスの人に雑誌の代金300円のうち160円が入るようになっています。

多読のお仲間に「『はらぺこあおむし』のエリックカールさんのインタビューが載っていると教えてもらったのです。
探しているとなかなか出会えなくて、やっと売っている人に出会えました。
もう次の号が出ているのですが、ちゃんとバックナンバーもそろえてくれています。

   表紙

表紙もかわいいあおむしくんですよ。
教えてくれた方に見せてもらっていたのですが他にも読みたい記事があったので買いたかったのです。
去年モディリアーニ展に行った時にその美術館で開催されていた塩田千春さんの記事です。

バックナンバーを見ていたら他にも読んでみたいものがありました。
また今度、持っているか聞いてみよ~。

バーゲンだったので

食器を買いました。
デザインが変わったためのバーゲンかしら?

ボールです。

   herb2 002s.jpg

ボールはガラスのボールもステンレスのものも持っているのです。
ガラスのボールは食洗機に入れると割れそうで気になって入れらなかったの。
ステンレスボールは食洗機だと汚れが残るように思って気になるし。

白い陶器は電子レンジにも便利です。
メモリがついているのも使いやすい。

栗原はるみさんの調理道具ってちょっとしたところが使いやすいのです。
バーゲンだと買いやすいなぁ~。って買っちゃった~。

食器もついでに買っちゃいました。
チャイブの柄です。

   herb2 001s.jpg

細長いお皿に小さなおかずを入れて、小皿は取り皿に。

結婚した時に用意した食器は5枚セットのものを買ったのです。
その時にも二人の普段使いに二つだけ買ったものもあったけれど、最近はお客様が来たときのためなんて5枚セットで買うのをやめてしまいました。

お客様には大皿でお出しして、取り皿だけ用意しておけばそれなりに格好がつくものですよね。
2人だけの生活なのでコンパクトに暮らしたいものです。
でも、新しいものを買っていてはコンパクトにはなりませんね~。(汗)

英語多読 American Girlシリーズ Meet Kaya

インディアンの壁画やなんかが好きで、春の旅行でもインディアンの遺跡にも行ってきました。
絵本も何冊か読みましたが、今度は『アメリカンガール』のKayaのシリーズです。
(Kayaってカイヤって読むのでしょうねぇ。芸能人にもカイヤさんていましたが、あの方もネイティブアメリカンの血が流れているのだそうです。)

アメリカンガールのシリーズは全部を自分で買うと冊数が多くて大変なことになりそうです。
なので、気になるシリーズだけ買うことに。

アメリカンガールのシリーズはいろんな時代の少女を主人公にしたお話です。
なので、時代考証などもあるでしょうから時代によって作者が違うようです。
作家さんによって得意な時代があるでしょうからね。

             

★Meet Kaya (An American Girl) / Janet Shaw (Kaya's Story #1)

カイヤはネズパース(発音がよくわかりません)インディアンの少女。
このあたりのインディアンは馬の扱いに長けていて、カイヤも馬を扱うのがとても上手です。
鮭が遡上してくる季節、カイヤの家族たちは鮭をとりに移動します。
小さな弟の世話を頼まれていたのにカイヤは男の子たちと馬で競争をしてしかられます。
その罰はカイヤ一人ではなく他の子どもたちにも与えられます。
子どもたちみんなの連帯責任というわけです。
そのことで仲間に信頼をなくしたカイヤ、仲間の信頼を取り戻すことができるでしょうか。


アメリカにはいろんなルーツを持つ子どもたちがいるのですね。
それも一つじゃなく、二つもみっつもということもあるわけです。
曾祖父母やその前の人たちに話を聞く機会もないですから、こういった本は子どもたちにいいですね。

そして、易しい英語で多読をすることで大雑把ながらいろんな人種の歴史を読むことができるのはうれしいことです。

去年ポートランドに行った時に興味を持ったショーショニー族のサカガウィア。
このカイヤのお話のネズパース族もその近くに(アイダホあたり)住んでいます。
鮭をとるお話で去年見かけた「鮭が突っ込んでるビル」を思い出しました~。(笑)

 DSCN01690001.jpg

いっぱいいたんですね、鮭。
インディアンたちは鮭をさばいてスモークして保存していたようですよ。

ハーブのカテゴリーを作ってみました。

でも、きっとバジルが育つ夏だけになりそうだけれど~。

先日植木鉢にさしたバジルにいっぱい葉っぱがついてきました。
これが先日の写真↓

   herb 004s.jpg

そして、一週間たちました。↓

   herb3s.jpg

まだ背は小さいですが、おいしそうなやわらかい葉がいっぱいです。

もう一鉢、先日の日記の「かわいい根っこ」のバジルも植木鉢に挿しました。
元気に育つかしら?楽しみです。

古いハーブの種が何種類か出てきました。
もう古いので芽は出ないだろうと、捨てようかと思ったのですが
どうせ捨てるのなら空いている植木鉢に蒔いてみましょう~。

なにかの芽がでるでしょうか?
何種類かまぜこぜで蒔いたのです。
イタリアンパセリ、パクチー、ミントを2種類、レモンバームにタイム。

芽が出てもどれが何の芽かわからないでしょうね、ちょっと大きくならないと。

かわいい根っこ♪

バジルの苗を買って楽しんでいるのです。
我が家にバジルが来て一月です。

収穫して食べた後、残ったじくを水につけておくと

         herb2 003s.jpg

こんなかわいい細ーい根っこが出るんです。(見えます?)
根っこが出るまで待たなくても土に挿しておくとちゃんと根がつくそうですが、根っこが出てくるのが楽しくて~♪

一鉢ずつベランダにバジルが増えています。
季節がバジルに合っているのでとっても元気です!

そうそう、今日はブルーベリーの置くところを変えたためか無事に鳥からブルーベリーを守りました!
ちゃんと色づいた実を「私が」いただきました♪

置いた場所が良かったの?それとも雨だから?

ブルーベリーが!

ひとつ、ふたつとブルーベリーが色づくのを楽しみにしている私。

ところがです!
「もう明日にでも食べられるわ~♪」と思って見守っていた実が...ない?...ない!

実が落ちたのかしら?と周りを見回しても...ない~。
もしかして鳥?

色づいた一粒だけを取っていったようです。(涙)

楽しみにしてたのに、鳥のばかー!!!

久しぶりに絵本の会♪

以前、多読の仲間と大阪で絵本の会を定期的にしていました。
今は休眠中。

当時の仲間がオランダから帰省しているので久しぶりの「絵本の会」♪
楽しんできました。

最近読んだ絵本を紹介しあったりするのです。
でも、久しぶりなので近況報告や絵本ばかりじゃなくて今読んでいる本の紹介も。

多読の仲間には英語の多読から他言語(多言語?)の多読をされている方もいます。
スペイン語の多読をしている方から絵本の紹介。
英語版(英語が先かしら?)もあるので読んでみたいなぁ。

  商品の詳細        

 Hay una Vaca Entre las Coles / There's a Cow in the Cabbage Patch

この2冊、アップリケになっているんですよ~。
原画展なんかあったら見てみたいなぁ。
すっごくかわいかったです。

       

ドクター・スースの本もスペイン語で。
(スペイン語がわからないのでスペイン語版の表紙がみつけられませんでした~)

       

私が英語で読んだフリーダもスペイン語版を持ってきてくれました。
その方はスペイン語の基礎は学生の頃に少し習っただけだそうです。
絵本は英語でも「簡単じゃないなぁ。」と思うものも多いのですが、スペイン語では難しいようでした。
それでも「このページは英語でこんな内容が書いてあった。」と言うとわかんないなぁと思っていたページもわかる単語がいくつもあったりするようでした。

私のドイツ語もたのしみたいなぁとパワーをもらってきました。

       商品の詳細
この絵本、とっても色がきれいでした!
英語版をみつけました!(でも、なかなかドイツ語版はみつからないのよねぇ。ちょっとさびしい。)
       
         

上の2冊はシンシア・ライラントさんの絵本。
文章も絵もシンシア・ライラントさんなんです!
ライラントさんの素朴な絵がなんだかとってもよかったです。
       
       

オランダが舞台の絵本。表紙に風車が描かれているのです。
オランダから帰省の友達が紹介してくれた絵本。でも、英語ですよ♪
私は猫が大好きなの♪
このお話は実話がもとになっているんですって。
猫が水害にあった風車小屋の若夫婦の赤ちゃんを守るお話です。

手のひらサイズの「ノアの方舟」の絵本も紹介してくれていたのですが、ISBNをひかえて来なかったので表紙がみつけられませんでした~。

みんなが今読んでいる本も紹介してくました。

   商品の詳細

ハリーポッターの6巻の映画が始まったので1巻から再読されている方。
ボツワナの女性探偵のお話の最新刊を読んでる方。
みんないろいろな本を手にとって読んでいますねぇ~。

私は本のバーゲンでこの女性探偵のシリーズを何冊か買ったんです。ダンナが読むかと思って。
でも、1巻は売れちゃっていたのですよね~。
やっぱり1巻から買って読もうかなぁ~。
私は児童書に気を取られてなかなかPBに手が出ないのですよねぇ。

もっとPBを紹介されてたと思うのに題名が思い出せません。(記憶力低下~、前からか?)
スティーブン・キングを一冊、ボッシュのシリーズを一冊この二冊を並行して読んでるって言うんですよ~。つわものです!

   商品の詳細

オバマ大統領の奥さんのことなどが書かれた本を紹介してもらったのですが、これかなぁ?
面白そうだったです。
初めての黒人アメリカ大統領、もちろん初めての黒人ファーストレディーです。


こんなにいっぱい本を紹介してもらって、みんなからパワーをもらってきました!
楽しかったなぁ~。私もどんどん読もう!

こんな絵本の会の後「夕飯も!」と一日楽しんできました。
私は浴衣で出かけました。ランチからビールを飲む仲間なのでいつものビールの帯です。
よく飲みました~。(ハハハ~、ダイエットはまた今度♪)

   sizira 001s.jpg

雨はほどほど、でも蒸します~。

和裁を習い始めて3年半になりました。
そのわりには上手になりませんが、何事も練習ですわぁ。

肌襦袢を縫った後、初めて教えていただいて縫った浴衣。
着物のように半襟をして着て出ました。

    stripes.jpg

帯はポリエステルの絽の半巾帯。
中途半端に降る雨に帯はポリエステルにしました。
半巾だし、少しは涼しいでしょうか?

ちょっとクーラーがきいているところは湿気がなくていいのですが
外を歩くと湿気で足に浴衣が絡んで歩きにくいです。

上は半襦袢だけれど下は何を着ると歩きやすいでしょうか?
しとやかに歩いていれば問題ないのですが、どうしてもバタバタと急いで歩いてしまうもので。

英語多読 インディアンの伝説 2

旅行に行った時に絵本や児童書を買ってくるんです。
安く買える時もありますが、その本との出合いと言った感じです。

英語の本は本当に数限りなくあるわけですから。
旅行先でその場所にまつわる絵本などがあると本屋さんやインターネットで出会った時とはちょっと違った顔でそこにあるように思えてしまうのです。

春に行った旅行の日記をついこの間まで書いていましたが、行った先がナショナルパークで、それもプエブロインディアンたちの遺跡を見ることが多かったのです。
ですので、ビジターセンターのブックショップにもインディアンの伝説の絵本がいくつもおいてありました。

           

★The Legend of the Bluebonnet / Tomie dePaola

あるインディアンの村に家族を亡くした少女がおりました。
その村にはもうずいぶん雨が降っていませんでした。
雨乞いの踊りをしても雨が降る様子はありません。
村のシャーマンによると、人々がわがままにするのでスピリットが怒ったのだと。
怒りを静めるために一番大切なものを火にくべて祈りをささげなければいけないというのです。
いったい何がスピリットが望んでいる一番大切なものは何だろうと村人たちは悩みます。
みんなが寝静まった時、少女は唯一つの家族の思い出であるお人形を火にくべました。
次の朝、そのお人形を燃した丘にはお人形の髪に挿してあった真っ青の羽と同じ色の美しい花が咲いていました。
その美しい花はスピリットからの許しであったのです。
She-Who-Is-Aloneと呼ばれていた少女はOne-Who-Dearly-Loved-Her-Peopleと呼ばれるようになりました。


          

★The Legend of the Indian Paintbrush / Tomie dePaola

あるインディアンの村に少年がおりました。
他の少年たちよりも身体が小さい少年でしたが特別な才能を持っていました。
若者になったその少年は夢でビジョンを見ます。
夢に出てきたおじいさんは「絵を描くことで偉大な者になるだろう。みなが忘れられないような絵を描くだろう。」と。
もう一人の女性は白いバックスキンを広げ「これに真っ赤に燃えた夕焼けを描くことになるだろう。」と。
彼が夕焼けの絵を描いた時使った筆は次の朝その丘に根をおろしオレンジや黄色の花を咲かせていました。
                 

ブルーボンネットはルピナスの一種だそうです。
アメリカのテキサスが原産なのだそうです。

インディアンペイントブラシはカナダでも見られるようです。
ブルーボンネットよりはずっと寒いところで咲く花のようですね。

英語多読 大草原の小さな家のチャプターブック

大草原の小さな家の絵本をクリスマスのプレゼントにもらって、一冊ずつ大切に読んでいました。
今度は大草原の小さな家のチャプターブックです。

チャプターブックは章がある本です。
わかりにくいです?絵本には章はありませんもんね。
もう少し大きくなった子が読む本です。

本当の『大草原の小さな家』がまだ読めない子たちのために
『大草原の小さな家』のお話が楽しめるように書かれた本です。

原作を読む前に読もうかなぁと思って♪(さっさと原作を読めって思いますけどね。)

表紙がね、変わってしまったんです~。
前は絵本の挿絵を書いていたRenee Graefさんの表紙だったんですが。
中に少しだけ挿絵があって、それはRenee Graefさんです。

               

★The Adventures of Laura and Jack(Little house Chapter Books #1)

「大草原の小さな家」のシリーズのお話の中からローラとローラの家の犬ジャックのお話が書かれています。
ローラたちが大きな森に住んでいた頃から狼などからローラたちを守ってきたジャック。
絵本には出てこなかったエピソードも書かれています。


読みやすさは、レベル2~3くらいだと思うのですが、この時代の生活に出てくる単語になじみがないともうちょっと難しく感じるでしょうか。
語数も8000語ほど。絵本よりぐっと語数が増えます。
挿絵も少ないのでわからない単語が絵でわかるということも絵本より少ないですね。

私は暑さでしぼんでいますが

ハーブはとっても元気です♪

先月ハーブ園に行った時にみっつだけ苗を買ってきました。
バジルとローズマリー、そしてブルーベリーの苗も買ってきたのでした。

今はブルーベリーの季節。
果物の売り場には生のブルーベリーが売られていますね。

我が家のブルーベリーは色がつくかしら?
美味しく食べられるかしら?と毎日楽しみにしていたのです。
青くなりましたよ♪

  herb 001s.jpg

上のほうに一粒だけですが色づいています。
昨日も二粒おいしそうになっていたので食べたの~。
小さな植木鉢ですが、おいしい実をつけてくれました。

そして、バジルはとっても元気!
トマトのサラダにチーズとバジルを乗せたりと楽しんでいます。

  herb 002s.jpg

葉っぱだけ取るのじゃなくて枝ごと切って使っています。
そうしたら脇から枝が出て収穫量が増えます。
使った後に水の入ったコップに葉を取った枝を1週間ほどつけておくと根っこが出てきました。
それも植木鉢に挿しておくと...根がついたようです!

  herb 004s.jpg

一鉢増えました~♪

ローズマリーも元気だわぁ。

  herb 003s.jpg

ローズマリーは水やりをうっかりしても元気に育つので私向き。
でも、前に大きくなっていたローズマリーが旅行中にかれてしまったのです。
今度は長生きしてくれますように。

パンダくんの杏仁豆腐♪

かわいいパッケージに目を引かれて手に取ると「杏仁豆腐」!
お店の人が「食べてみたんですけど、美味しかったですよ!」とにっこり。

     annins.jpg

杏仁豆腐のツルンとした口当たりとさっぱりした甘さが好きで時々コンビニなんかで買うんです。

これは牛乳のカートンのようなものに入っています。
かわいくして食べたい方は容器に入れて固めるといいかも。

私はこのまま冷蔵庫で固めてツルンっとまな板にうつして四角く切りました。
シロップを作ってフルーツを添えても美しいですね~。

     

守山乳業と書かれていたので上のものとおなじかしら?
美味しかったです♪
お手軽なのもうれしい~わ~。

ナショナルパークへの旅 (その11)

旅の日記ももう少しだけ残っていたのでした~。(ほんと、ぐずです~。)
もう少しだけ写真を載せてみますね♪

キャピトルリーフ・ナショナルパークを発つ日なのです。
なので、朝からお散歩。
ヒックマンブリッジを見に行くことにしました。

   DSCN0821s.jpg

キャピトルリーフ・ナショナルパークにはモルモン教の人たちが作った果樹園があるくらいですから水が豊かです。

こんな川を見ながら歩いて行くとこんな↓ブリッジが。

   DSCN0824s.jpg

でも、これはヒックマンブリッジではありません。
道ですれ違った人が「小さなブリッジがあるけど、それじゃなくてもっと向こうまで行くのよ!」と教えてくれました。
小さいといっても185センチの主人が入ってしまえますけれどね。

もっと歩いて行くとありました。
ヒックマンブリッジです。↓

   DSCN0828s.jpg

写真にすると大きさがちっともわかりませんが。
気持ちのいいお散歩でした。

ビジターセンターへ戻ってもう少し見に行けるところを聞いて車を走らせました。
このあたりを離れる前にサプライズキャニオンを歩いてみることに。

   DSCN0848s.jpg

パーキングなんて書いてありますが、たったの2台しか駐車できません。
私たちの前に1台駐車していました。
私たちと入れ替わりに向こうから男の人が3人帰ってきました。
「やぁ!」と挨拶。お疲れ様です~。

歩き始めるとトカゲくんが見送ってくれました。

   DSCN0835s.jpg

でも、私たちの行く道はどこ?

  DSCN0838s.jpg

きっと向こうに見える深い谷だろうと向かいました。
道しるべないですねぇ。

小さい丸いサボテンのいっぱい生えた平らなところを歩き、
足跡がフレッシュだからこっちだなとかいいながら歩いていきます。
自然になるべく手を加えない。自分の責任で歩いて行くわけですね。

こっちかな?いや、こっちのほうが登りやすいようだ。と2人で歩いて細い岩山の裂け目を見上げると

  DSCN0843s.jpg

青空が岩の裂け目から青いリボンのように細くみえるのです。
こんな風景を見るためにいっぱい歩く。
普段は運動不足な私だけれど、がんばって歩くとこんなご褒美があるんですもん、歩きますよ~。

いっぱい歩いて駐車場まで帰ってくると一台車がやってきました。
ほ~、2台だけの駐車スペースは入れ替わり立ち代り、ちょうどいいサイズということですね。
ガイドさんらしい方と一組の夫婦。「ハロー!」と挨拶して3人を見送りました。

冷やしておいたコカコーラがおいしー!
一息入れて、私たちはラスベガスまでのロングドライブ。

途中にあるシーダーブレイクス・ナショナルモニュメントにも行きたいと思ったのだけれど冬季は閉まっているらしい。
冬季って~5月だよ!と思っていたけれど。
そのあたりを通りかかると...なるほど冬季ですわ~。

  DSCN0856s.jpg

雪景色です~。さっきまで大汗で歩き回っていたのがうそのよう。
行けなかったところは次の楽しみに取っておきましょう。

週末なので浴衣を

週末なので主人が家にいて、クーラーをかけているのです。
苦手なのです、クーラー。
なので、浴衣を着てみました。

                yukatas.jpg

古い浴衣です。結婚前に買ってもらったもの。(ずいぶん前です)
抱き巾が足りてませ~ん。太ったってことですね。(涙)
若い頃だってスマートだったことなんてありませんが、今よりは細かったですから...

スーパーマーケットまでお買い物に行きましたが、私にはそれほど暑くはなかったです。
日も暮れていましたからね。汗もかかないくらいかしら?
まぁ、お店はクーラーきいてますし、冷蔵品のあたりは私には寒いくらいです。

でも、浴衣を着ていると「どこでお祭りが?」って顔で見られますねぇ~。

やっぱりアイスコーヒー♪

コーヒーがすきなんです。
でも、去年の夏にアイスコーヒーを大きなグラスに何杯も飲んで胃をこわしてしまいました~。(涙)

それでも、こんなに蒸し暑くなるとアイスコーヒーが飲みたくなります。
お手軽な水出しコーヒーを作っています。
これで。↓

  
   
結構おいしくできますよ♪
私はコーヒーはブラックが好きなんです。
子どもの頃に乳製品が苦手だったせいもあるのですが
コーヒーのあのきれいな色が濁ってしまうのが嫌いだったのです。

でも、去年の胃痛以来暖かいコーヒーもアイスコーヒーもミルクを入れるようになりました。
でも、あのちっちゃいポーションに入ったコーヒーミルク嫌いです。
コーヒーがまずくなる気がします~。
ちゃんとしたフレッシュが出てくる喫茶店のなら美味しいけれど...
ポーションミルクって植物性、サラダ油と同じです。
サラダ油を乳化させているんですよねぇ。

まぁ、あんまり考えると外食できなくなりますけどね。
今、水出しのアイスコーヒー飲んでます♪ブラックで...懲りてないなぁ私。

雨なのに着物を着ました~。

去年縫った絽の着物。ポリなんです。
なので雨も気にせず、帯もポリにして出かけてきました♪

     poris.jpg

「ポリは暑い」と思い込んで買ったことがなかったのですが、あんがい大丈夫なもんですね。
まぁ、電車もお店もクーラーが効いてますからね。
それに、着物の下には半襦袢ですから、ぐっしょり汗をかくほどではありませんでした。

お買い物もしたかったし、お中元も買わなくちゃ~。とパタパタと用事を済ませ、ちょっと遅いお昼もしてきました。
れいの新型インフルエンザ以来、お食事するお店が空いてるような気がします。
いままで遅い時間にこのお店で食べると「○○食だけ」のセットは売り切れて食べられなかったのに残ってるし。

先週、友達と行ったタイ料理のお店だってランチの時間とはいえあんなに空いていたし。
このまま神戸の景気がへこんだらどうしましょ~。
みなさん、神戸っていいところですよ♪

今週は蒸し暑くて家でも浴衣を着ませんでした~。
だから着物を着て出かけたのが楽しかったです。ちょっとだけだけど。
週末は主人がいるのできっとクーラーをかけることになるでしょう。
クーラーが苦手だからクーラーの部屋では浴衣を着ていようっと。

英語多読 “The Lucky Lottery”

A to Z Mysteriesの12巻です!
こんなに暑くなった季節にクリスマスのお話です~。


       

★The Lucky Lottery (A to Z Mysteries#12) / Ron Roy

ディンクとジョッシュとルース・ローズの3人組、今度は盗まれた宝くじを探します。
ラッキーのおじいさんが毎年クリスマスにラッキーたち孫にそれぞれの誕生日の番号の宝くじをプレゼントしてくれます。
子だくさんのラッキー兄弟、弟たちの面倒をみるラッキーの誕生日のナンバーが当たったのです。
ところが、その宝くじが盗まれた!
犯人はだれだ!疑わしいだけじゃなくてちゃんと証拠もなくちゃ!


みなさんは宝くじを買う人?
私は1度しか買ったことがないです。それも、1枚だけ~。
夢がない人だな私。
でもねぇ、宝くじって寺銭高いんじゃない?なんて考えちゃうのよねぇ。

英語多読 “Kidnapped King”

え~っとKだから~11巻?
Kがアルファベットの何番目だかはAから順番に言わないとわからないです。(汗)
英語圏の子どもはぱっと言えるのかなぁ?

             

★The Kidnapped King (A to Z Mysteries#11) / Ron Roy

仲良し3人組みのディンクとジョッシュとルース・ローズ。
そのディンクの家で外国から来たディンクたちくらいの年頃の少年がホームステイすることになりました。
3人とその少年サミィは仲良くなるのですが、なんと少年は王子様だったのです!
驚いたことに王様とお后様が誘拐されたというのです。
そして彼も誘拐されてしまわないように身分を隠してアメリカに来たと言うわけなのです。
なのに、なのに、ある朝、彼の姿が見えなくなってしまいます!!


誘拐犯から逃げるためになぜアメリカに?なんて疑問は置いておいて楽しみました♪

こども向きのミステリーですが、なかなか事件が本格的ですよ~このシリーズ。
読みやすさも手伝って次から次へと手を伸ばしてしまいます。

9巻(Iですよね?)で出てきた犬がジョッシュのペットになりました。
名前がパルといいます。なかなか活躍します。
パルの名前は読者の子どもたちから募集されたんですって。
子どもたちに人気なんですねぇ、このシリーズ。

英語多読 トニー・ロスさんの絵本

トニー・ロスさんの絵はかわいいというのか、なんていうか表情がおもしろいのです。
図書館で2冊お借りしてきました~。

「赤ずきんちゃん」自転車のってます。
しかも、この赤ずきんちゃんにはお父さんがいるのです。

  tony ross 001s.jpg

★Little Red Riding Hood / Tony Ross

お話はご存知のお話です~。
あらすじを書くまでもないですね。


  tony ross 002s.jpg

★Naughty Nigel / Tony Ross

ニゲルは(ナイゲル?)大人の言うことを何でも聞き間違えちゃうのです。
それも、じょうずにいたずらする方に間違えちゃうのです。
耳が悪い?いえいえ、都合よく間違えすぎです~。

Tony Rossさん、はAmber Brownのイラストの人ですよね?

     

なんだか感じが違うけど...

手前味噌 その後

3月の初めに作ったお味噌を天地返ししました。
もうちょっと早い時期にした方が良かったんだったかなぁ?
でも大丈夫みたい。

作ったときはこんな感じ♪↓茹でた大豆の色ですよね。

     手前味噌 002s.jpg

発酵が進んでこんな色になりました。↓

     misos.jpg

まだ出来上がりではありません。
味をみてみるとまだ塩が勝っていて塩辛さを感じます。味噌の辛さとは少し違います。

いろいろなやり方があるようですが、私は落し蓋をして重しをかけています。
そうするとお醤油のような液体が落し蓋のふちに上がってきてシールドしてくれます。
カビの発生を防いでくれます。

これから発酵が進むとどんどん色が濃くなります。
気に入った発酵加減になった時点で冷蔵庫に入れて発酵を止めて保存します。
でも、それまで待てないので早めに食べはじめてしまうのです。

これで8キロくらいの味噌になったでしょうか?
一年もつかなぁ。

今日は少しだけ取り出しました。
きゅうりにこのお味噌をつけてたべようと思います♪
楽しみ楽しみ~。

飲みすぎ~

主人の出張のお土産♪
ふぐの子の糠漬けと巻きぶり。
なんて酒飲みなお土産でしょう~(汗)
それでは!と日本酒を買って二人で飲みました。

「ふぐの子」ってふぐの卵巣です。そう!毒です!
テトロドキシンという毒があるそうで、そのまま食べたら死にます~。

その毒を抜くために塩漬けをした後に糠漬けにするのだそうです。
3年漬けるのですって~。
そうまでして食べるって人間の食に対する興味というか情熱ってすごいわぁ~。

すごく強い塩で漬けているようでとってもショッパイです。
薄く切ってフライパンであぶってみました。

   fugu 002s.jpg

製品として売るにはちゃんと毒が消えているかを検査しているのだそうです。
そりゃそうです、命がけで食べたくはないです、いくら私が食いしん坊でも!

でも、そもそもどうやって毒が抜けたかを確認したんでしょうねぇ、昔の人は。
1年塩漬けして食べたら死人が出た・・・・×
2年でどうだ!・・・・×
さらに糠でつけてみたぞ・・・・生きてるぞ~
なんて事が行われていたんだろうか...

おいしいですよ~、でもお酒がすすみます。
飲みすぎました。(涙)

朝顔の浴衣を着て

浴衣を着て何処へ行ったかって、近所のスーパーが入っているショッピングビル。
そこにはサーティーワンがあるんです♪

今サーティーワンでは「チャレンジザトリプル」をやっています。
毎年、夏になるとやってますね。

今日は今年2度目のチャレンジザトリプルなのです。(太るはずだわ~)
浴衣を着たかったのです。
夏らしい朝顔の浴衣を引っぱり出しました。

    asagaos.jpg

ありゃりゃにょっきりと腕が出てしまいました。
本当にご近所なので帯も考えずにその辺に出ていたものをしてゆきました。

浴衣っていいなぁ。肌にあたる木綿の感じがすきです。
この浴衣のしたにはタンクトップです。
家でタンクトップで過ごしていたのでその上に浴衣を着ています。

お友達にも「浴衣くらい着ようかなぁ」って一日講座に行こうとしている人もいます。
どうぞ、気楽にきてくださいな~。
一昔、いや二昔?前は誰でも気楽に着ていたのでしょうから。
お仲間が増えるとうれしいなぁ~。