FC2ブログ

8月もおわりですねぇ。

8月も終わるのだもの浴衣を着て歩けるのも最後ですねぇ。
(私は家の中ではまだ浴衣を着るつもりです。まだ暑いもの~。)

せっかく縫った浴衣ですが縫いあがるのが遅かったのでほとんど袖を通さないままでした。

図書館に浴衣で行きました。ちょっと離れたところの図書館です。
偶然お祭りをしていました。こどもたちのお神輿が出ていてかわいかったです。
小さな子の浴衣はかわいいですね。
外国の方の多いところなので金髪の女の子も浴衣を着て楽しんでいましたよ。
ベビーカーの赤ちゃんまでちっちゃな浴衣を着せてもらってました。
眠っていましたけどね♪

私たちはインド料理屋さんの出している屋台でタンドリーチキンとサモサを買って帰ってビールのおつまみに。
偶然のお祭りを楽しんできました。

こどもたちも夏休みが終っちゃいましたね~。
すぐ近くにある小学校でまたにぎやかな声がすることでしょう。

      ゆかた 0020002.jpg
スポンサーサイト



英会話教室、一月ぶりです。

月2回だけしか通っていない英会話教室。
お盆などでお休みが入ると4週間ぶりです。

でも、今日はいつもの先生がオーストラリアの両親の家に行っているのでお休み。
代わりの先生が来てくれました。
この先生よくしゃべるの~。
「そうですか~」なんて笑顔であいづちをうっているとそれだけで教室が終わってしまいそう。

口を挟めそうなタイミングをみつけてこっちに話しを持ってこないとヒアリングのクラスになっちゃうよ。
まぁ、こういうのも訓練になるってもんです。

いつもの先生よりしゃべるスピードも速いので、このクラス最年少の中二の女の子は唖然としていましたね。
まぁ、しょうがないですよねぇ。

いつもの先生はかなりラフな英語を私たちが話していてもある程度はしゃべらせてくれます。
だから気楽に英語を口に出せるのです。

今日の先生は話すときの注意などもしてくれますし、文法の話しもお好きなようです。
英語のネイティブにとって数えられる名詞の複数にsを忘れて話されるのは耳に引っかかるのだそうです。
「とってもきになるんだ~」と何度もいってましたね。
気をつけなくちゃ~、私は結構やってしまいそう。いい加減に話してるから~。

しじらを着て行きました。雨が降らなくてよかった~。

      しじら0001.jpg

英語多読 ターシャ・テューダーさんの絵本を2冊

図書館で2冊お借りしてきました~。
ターシャさんのイラストでアメリカの季節を感じられます。

ちょっと昔のアメリカですね。古き良きアメリカ。
ターシャさんのイラストや生活はアメリカ人の郷愁を誘うのでしょうね。

     springs of joy.jpg

★A Time to Keep / Tasha Tudor

ちいさな女の子が聞きます。「おばあちゃん、私のママが私くらいの頃どんな風だったの?」
一月はね、年が明ける前から焚き火をしてみんなで「新年おめでとう!」って言うのよ。
そしてローストビーフやショークシャープディリング、アップルパイも焼いてみんなで祝うの。
2月はね、お家にある小さな郵便局にヴァレンタインカードが届くのよ。

ターシャさんの絵にはモデルがちゃんといるのです。
子どもたちはみんな小さかった頃のターシャさんの子どもたちや孫たち。
動物や鳥たちだってちゃんとモデルがいるのです。

縁に描かれた花や小鳥やまでがとっても丁寧に描かれていてうっとりする絵本です。

以前にニューイングランドに旅行した時、Ciderを飲みました。(この絵本にもcider作りが出てきます。)
もっと前ニュージーランドでCiderを飲んだとき日本のサイダーをイメージしていたので驚きました。
だってアルコール飲料だったんです!ちょとびっくり。
以後Ciderはフランスのシードル(リンゴのワイン)のようにアルコールなのだと思っていました。

でもね、「大草原のちいさな家」の中でお父さんがローラのことを“my little half-pint of sweet cider half drunk up”と呼ぶのです。
このciderがアルコールだなんてちょっと変だわと思っていました。
お父さんが小さなわが娘にお酒の名をあだ名につけるなんてね。

ニューイングランドに行ってわかりました。
このciderはリンゴのジュースだったのです。
スーパーマーケットなどで売っているリンゴのジュースと違っていました。
リンゴの季節にシンプルに絞って作った、どちらかというと自家製のりんごジュースだったのです。
これでなっとく!ローラは小さなコップに入った甘いアップルジュースちゃんだったんだー。

★The Springs of Joy / Tasha Tudor

春の喜びを美しいターシャさんの絵で描かれています。
そして、言葉が書き込まれています。シェークスピア、ワーズワース、アラン・ポーマーク・トゥエインたちの言葉です。
明るい日差し、春の雨、月に照らされた静かな夜。

静かに、のんびり眺めていたい絵本です。

英語多読 ハイスクールミュージカル

ディズニーの映画(?ドラマかな?)の『ハイスクールミュージカル』がベースになっているシリーズです。
ディズニーチャンネルでこの映画をやっていたのを見たことがあって「へ~、人気があるのか~」って買ってみました。

『ハイスクールミュージカル』は
イーストハイスクールでミュージカルをすることになります。
バスケットボール部のトロイと科学部(???)のガブリエラはちょっとした事から一緒に歌うのもいいなぁと思い始める。
一方、学園のミュージカルの花は自分と思っているシャーベイとその弟のトロイ。
当然二人は自分達がオーディションに受かり主役を務めると信じて疑わない。
ところがトロイとガブリエラというライバルが現れて...

バスケットの試合とミュージカルを両立しなければいけないトロイ。
科学部のコンテストとミュージカルを両立しなければいけないガブリエラ。

こんなディズニーのミュージカル映画がベースになって、このイーストハイスクールのその後がシリーズの本になったのがこれ↓。1巻です。

               

★Battle of the Bands

イーストハイスクールではテニスコートの資金稼ぎにBattle of Bandsを計画しています。
そこで、「私こそ学園の花」と思っているシャーベイはガールズバンドを結成。
トロイはバスケットボールのチームでバンドを組むことに。
ガブリエラは自分だけのけ者にされたようで寂しい思いをしていましたが、先生の薦めでソロで出ることになります。

さて、トロフィーを手にするのは誰?


ディズニーの映画らしく明るく楽しく、憎まれ役のシャーベイもそれほどの悪役でもない感じ。
ハイスクールミュージカルのファンが読んでいるのかな?
主人公達は15,6歳役かな?でも読者の年齢を考慮してか文章も難しくないです。

読みやすさレベル YL4.0前後かしら? 語数20000語くらい。

ドイツ語多少読  少し買い足しました。

ドイツ語の多読(少読)
ドイツ語のやさしい本を少し買い足しました。


  Eine Nacht im ZeltImmer Aerger mit dem Maulwurf!

やっぱり1回目に読んだ時はわかるところが少ないのですが、2回目はわかるところが増えていますよ♪
1回目でも丁寧に読めばもっとわかるのかなぁ。

★Eine Nacht im Zelt 

ハンナとアントンは夏休み(たぶん)にお友達は旅行に行っているのに自分達は家にいるのでつまらないなぁと思っています。
そこで、お庭でテントを張ってキャンプをすることにしました。
でも、夜になるとね...

★Immer Arger mit dem Maulwurf!

ミアとマックスがサッカーボールで遊んでいるとお隣のシュミットさんがお庭しごとをしています。
シュミットさんがモグラの穴をみつけました!
退治しようとするシュミットさん。子どもたちはモグラがかわいそうだと思います。
そんなところへ二人の女性がやってきました。
あら、モグラくん命拾いしたようですよ。



こういうレベルわけされた本はなんとか「わかるかなぁ~」って感じなんです。
ところが小さい子用のボードブックの絵本が難しいのです~。

英語で多読を始めた頃に絵本が案外難しかった。
それを知っているからボードブックが読めなくても「そんなもんよね~」って思えます。
だって2ヶ月前にはさっぱりわからなかったんだから。
2ヶ月間で5000語です。語数はなかなか進みませんが本を探すのも楽しくなり始めました。
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

今日の自家製アイスクリーム

以前に買ったインスタントのチャイが私には甘すぎたのです。
なので、アイスクリームにしてみましたよ♪

お砂糖を加える必要もなく、牛乳で溶いて生クリームも入れて作ってみました。

    チャイ0001.jpg

ちょっと味見をしてみたところ、インド料理を食べに行った時にデザートに出てくるアイスの味。
で、夕飯のメニューは買ってあったキーマカレーにナンに決定!

出来上がったときはソフトクリームくらいの柔らかさだったのだけれど早めに作って冷凍庫へ。
主人の帰りを待っていたら丁度いいアイスクリームの柔らかさになってくれました。

これは好みの味です。また作ろう!

また増えてしまった...

洋版が自己破産したのです。ブログに書いている方がいらしたので知りました。
「そーかー、残念」と思っていたのですが、Tokyo Random Walkが洋版のお店と知りませんでした~。
先日友人と食事に行った時に聞いてびっくり!
当然お店も閉まっていました。

元町のお店には時々行っていたのでとっても残念。
ペーパーバックや児童書を扱っているお店は多いのですが、洋書絵本をたくさん置いているお店は少なかったのです。
絵本は中を見て買いたいので、普段はネットショップで本を買っていてもここで絵本を見つけることが多かったのに。

ところが、日曜日に前を通った時ふと見るとお店が開いていました!
期間限定でお店を開けているそうです。
全店20%オフになっていました。
物によっては30%オフ、40%オフも。

何冊か買ってしまいました~。
未読の本もたくさん抱えているのにね~。
絵本も高いのでちょっとだけ。
お目当ての絵本がなかったのが残念。
前に置いていたのになぁ、売れちゃったのね。

半年ごとに申し込み

半年ごとに和裁教室に申し込むのです。
地域の文化教室なのでお月謝がお安いのもありがたいですが、先生も丁寧に教えてくださいます。
でも、みなに公平にということで半年ごとに申し込み、希望者が多い場合は抽選ということになります。

和裁教室が少ないこともあって毎回定員オーバーなんです。なので抽選。
私は2枚目の袷を教えていただいている途中です。
抽選にもれたらがっかりです。

半年ごとにドキドキしなくていいようにしてくださるといいのですが、和裁をしたい人が増えたのでしょうか?
抽選にもれませんよーに。

浴衣の時期ももう少し、なので昨日も浴衣を着ておすし屋さんへ行きました。
この縞の綿麻の浴衣は今の和裁教室で教えていただいて初めて自分で縫った浴衣です。

     縞のゆかた0001.jpg

ビールにえだまめの半巾帯も夏限定かなぁ~。

パンチェッタを買ったので

お買い物に行った時にパンチェッタとモツァレラを買ったのです。
そうそう、パルメジャーノも買いましたよ~。
なので、ダンナがカルボナーラを作ってくれました~。
我が家ではパスタ料理はダンナがつくると決まっています!(決めたのは私~)

    DSCN00720002.jpg

チーズたっぷり♪カロリーは...考えないでおきましょう。
モッツァレラとトマトをPAULのバゲットに乗っけて、ワインといただきま~す。
私が作ったのはこれだけ。って切っただけや~!

    DSCN00710001.jpg

生のバジルがあったらよかったんですが、なかったのです。
今年はバジルを育てなかったので。
なのでパラパラとこれ↓を振りかけたのです。

         salz0001.jpg

去年オーストリアに行った時にBad Ischlerの塩をスーパーマーケットでいっぱい買ってきたの。
お土産に買ったのだけれど、自宅でも使っています。
これはトマト&モッツァレラ用。バジルが入っていますよ。他のハーブもいっぱい入っています。

う~ん、満足♪ダイエットはまた今度~。

今日は私の多読記念日

2002年8月23日に英語の多読を始めました。丸6年になりました。
その頃ア○クの雑誌に多読をすすめる酒井邦秀先生が写真入りで(笑)多読3原則を紹介されていました。

だから、私と同じ頃に多読を始めた方は多いのです。
友達もまったく同じ日に多読を始めているのですよ、偶然♪

雑誌が届いてすぐに読んだ人はもう少し早く始めているかも。
私はしばらくほっといた!性格でてます~。

でも、雑誌を読んでから多読を始めるのは早かったの。これも性格ですね~。
すぐに本屋さんへ行って雑誌に載っていた本を探しに行きました。
それがこの本↓

      

SSSの掲示板で仲間も得て、相談にのってもらったり、本を紹介してもらったり。
本を読むのは好きだけれど掲示板でみんなに本を紹介してもらわなかったら、私は自分では易しい英語の本を見つけることは難しかったと思います。
私はパソコンもインターネットもとっても苦手だから。

今まで読んだ冊数1182冊。つい先日1000万語を越えたばかり。
ペーパーバックなどの読む早さが遅くてまだまだだなぁと思います。
でも、私なりに読めるようになってきました。

辞書も使わずに本を読んでいてわからない単語がわかるようになるのか?
語彙は増えるのか?と聞かれることがあります。

私はこんなふうに思います。
砂浜によせてくる波はたくさんの砂を運んできます。
でも引く波でほとんど持ち去られてしまうでしょう。
それでも少しずつほんの少しずつ積もって砂浜ができてくるように、私の中に単語が積もって私の砂浜を造ってきているのだと思います。

そこにできた砂浜はプライベートビーチ。
誰にもじゃまされるものでも比べられるものでもありません。
私だけのもの。誰のものとも違っているでしょう。

これからどんな私のプライベートビーチになってゆくでしょう。
広くて眺めのいい、居心地のいいものになってくれるといいな。

浴衣で出かけてきました~。

昨日は家の中でだけ着ていた浴衣。
せっかくだもの~とお買い物に行っていました。

昨日の半巾の帯の裏側を使ってみました。
まぁ、似たような色なんですけれどね。

       浴衣 0010001.jpg

浴衣に帯をして出かけても汗も出ないなんて、しばらく前には考えられなかったですよね。
今日は涼しかったのでお着物の方を何人も見かけました。

*********************************************
今日はドイツに何年か暮らしていらしたお友達とおしゃべりしてきました。
彼女に薦められて家の中の物にドイツ語の単語を書いて貼ってみました。
ドイツ語には男性、女性、中性とあるので色を変えておくといいと教えてくれました。

でも、案外覚えられないものですねぇ。
本を読んでいて出てきた冷蔵庫って単語「どっかでみたなぁ~」って感じで...
毎日、料理する時に見てるのにな~。
お話の中に出てくる単語は案外覚えていたりするんですけどねぇ。

でもね、ドイツ語ってなんだか面白いです。うまく説明できないけれど。
学生さんと違ってテストがないからかもしれませんね。
でも、知ることが楽しいって勉強の基本のはずだものね。

英語多読 “Out of the Darkness” Heartland # 7

夏の暑い間はさっぱり多読が進まない私です。
身体って正直です。最近、少し涼しくなったので本を読めるようになってきましたー。

“Heartland”の7巻です。6巻を読んでからずいぶん時間がたってしまいました。(汗)
普段、絵本ばかり読んでいますからなかなかTeens物に手が伸びないのです。

でもね、Teens物が苦手だった私がTeensを読むようになったきっかけの本なんですよ。
馬や牧場や、そのあたりの単語をもっと易しい絵本や児童書で読んでいたので読みやすかったのでしょうか。
このシリーズを読んでからはTeensをけぎらいすることがなくなったのは事実です。

          

★Out of the Darkness / Lauren Brooke (Heartland #7)

身体や心に傷を負った馬を癒すための牧場Heartland。
母亡き後、その仕事を続ける15歳のエイミー。
しばらく離れて住んでいた姉は牧場の経営面を担当し、母がいたときから働いていたティーもエイミーと一緒に働いている。

そんなハートランド牧場に心と身体に傷を負った馬プリンスがやってきた。
馬小屋が火事になり傷を負ってしまって、人にも心を閉ざすプリンス。
プリンスにはプリンスを弟のように面倒を見ていたライアンがいた。
彼もまたその火事で片目の視力を失い、プリンスから離れ、心を閉ざしていた。
プリンスもライアンもお互いを必要としていると考えるエイミー。

読みやすさレベルYL4.5~YL5.5 語数31229語

さあ、涼しくなってきたのだから、どんどん読みましょ~♪

縫い上げた浴衣を着てみました。

少し過ごしやすくなってきましたね~。
予報によると来週はまた暑さがもどってくるらしいです~。(関西の天気予報です。汗)

今年の夏は浴衣の出番が少ない私。
あまりの暑さに負けて普段に浴衣を着る気がしなかったのですよ~。

でも、せっかく縫い上げたのだから着たいなぁとちょっと帯をあわせてみました。
以前にプレゼントに当たった浴衣帯です。

   yukata0001.jpg

こんな色の浴衣は初めてなので何色を合わせようかなぁと楽しみです。
同系色ですねぇ。白の帯じゃぼけるかしら?
黒は色が強いでしょうねぇ。

私は写真を撮るのがヘタなのです、でもめずらしく自動シャッターで撮ってみました。
でも、足が切れてますよ...やっぱりヘタやわぁ。

     ゆかた 0020002.jpg

柄合わせに悩んだおくみのところこんな感じです。
衿は成り行きというかー、あっちもこっちも考える頭がなくて~。
こんなもんですね、私の和裁の腕は。お勉強ですね~。

『まるごとル・クルーゼ』

ル・クルーゼのレシピ本をまた図書館でお借りしてきました~。
枝元なほみさんはNHKやなんかで人気の料理研究家さん。(って呼ぶのですかね?)
私、枝元さんのお手軽で気楽なお料理(悪い意味じゃないですよ)が好きなのです。

         

今までお借りしてきたレシピ本はココットロンドを使ったものが多かったのです。
この本ではビュッフェ・キャセロールなどもたくさん使用されていました。
う~ん、こんなの見ると欲しくなっちゃうなぁ。(いや~、がまんがまん。節約しなきゃ。)
ラムカンもかわいいな~。

この本のレシピから作ってみたのは「肉じゃが」。
いくつもの本に肉じゃがのレシピが載っているので比べてみようと思って。
簡単にとっただしを使うので前に作った水を使わない肉じゃがより汁の多いタイプ。
糸こんにゃくも入れたかったので(レシピには入ってません)このレシピもいいな~。

といいながら、肉じゃがはいろんな本のレシピをごちゃまぜに自分流で作ってしまうんですよね、私。

この本のレシピに載っている「里芋のチャウダー」がおいしそうです。
シェパードパイも簡単でおいしそう♪でもカロリーが高そうだなぁ。
ちいさいデザートも作ってみたいなぁ~。

                 
「ハンバーグのオーブン焼き」なんてこれ↑が欲しくなっちゃう。

少ーし暑さもましになってきたのでお料理も楽しくなりそうですね。

『死なないぞダイエット』

すごい題名ですねぇ。図書館でお借りしてきました。

          

NHKの「ためしてガッテン」で体重を朝食前(一番体重が少ない時間)夕食後(一番体重が多い時間)を計るだけという「計るだけダイエット」がずーっと以前に放送されていました。
番組は見ていなかったのですがグラフだけ使っていました。
100グラム減っただけでもグラフがカクッと角度をつけてくれるのです。

「死なないぞ...」は「計るだけダイエット」のディレクターだった人が「突然死しないためにダイエットをするべきだよ~。」と書いた本です。

表紙のお腹がその後腹筋がわれたようになっているのですよ。
もちろん計っているだけでそこまではなれません。

一日2回計る、そして体重が増えちゃったりした日はグラフの下にある言い訳欄に原因となっただろう食べた物や体を動かさなかったなど書いておくのです。
要するに自分の食生活と体重の関係を知るということですよね~。

この人は腹筋を鍛えることを楽しんでいたようです。
そして、体重が減っているのに欲しくないものを食べて体重を増やしたらもったいないなぁって気持ちになる。

結局のレコーディングダイエットとにてるかな?
体重を計り続けるのと食事の記録をかき続けるのが違うけれど自分の生活を知って管理するわけですね~。

2ヶ月ほど前から体重を計っています。
ゆるやか~に減っています。1.5キロ。
あまりにも緩やかでほとんどわかりませ~ん。(涙)

胃腸をこわして2日ほどほとんど食べられなくて体重が減っても元に戻るのはあっという間です。
でも、長期に体重を計っているとなんとなく生活のリズムと体重の関係がわかってきたみたい。
でも、生活が安定してる時はいいんですけどね、遊びに行くと...

ナスだよ~

お野菜の配達をお願いしているらでぃっしゅさんから届いたおナス。
おもしろい色してますよ~。

          ナス0001.jpg

おナスのヘタの感じから米ナス系でしょうか?トゲがありますよ~。
「カプリスなす」って名前だそうです。ぐんま古里農園から届きました。

火を通すと果肉がトロッとなるのだそうですよ♪
炒め物、揚げ物、煮物にいいそうです。
おもしろい模様が活かせるお料理にしたいなぁ。
揚げると色がきれいだろうなぁ~。

らでぃっしゅさんも送料が上がったり、お肉の値段があがったりしています。
企業努力だけでは吸収できなくなってきているんでしょうねぇ。
送料が上がったといっても12年前に私がらでぃっしゅを始めた頃より100円も安いんですけどね。
Faxで注文する時もフリーダイヤルじゃなかったですしね。

いろんなものが値上がりして家計も大変。
らでぃっしゅのお野菜も無駄に使わないようにしなくちゃね。

ドイツ語多少読  『白雪姫』

昨年オーストリアに旅行したのがドイツ語に興味を持つきっかけなんです。
その時スーパーマーケットのワゴンで見つけてきた数冊の本の中の1冊を読んでみました。

   ドイツ語絵本 0020002.jpg

オーストリアやドイツの本屋さんの本の値段が高くて~。
読めるかどうかわからない本を買うのをためらっていたのです。
値札付きでお恥ずかし~い。これをはがすと絵まではがれてしまいそうで。

     白雪姫0001.jpg

★Schneewittchen 『白雪姫』

たった6ページのボードブックですので、ものすごーくかいつまんだお話になっています。
白雪姫が毒林檎を渡された次のページには王子様と手に手をとっています。(笑)

Spiegelein,Spieglein an der Wand, wer ist die Schonste im ganzen Land?

と言う台詞はすぐにわかりましたよ♪
「鏡よ鏡~...」ってあの台詞ですね!
おかげでSpiegelが鏡だと覚えましたわ~。

以前にこの本を眺めてた時と比べて分かる単語が増えていました!
たのしいな~。

うちのダンナは学生の時第二外国語でドイツ語をとっていたのですが「単位を落としかけたー!」って。まぁそれも20年以上前なわけです。
それでもABCを最後までいえない私よりは分かる単語も多いと思います。

この絵本を眺めて「知らん単語がいっぱいや~」と言うダンナ。
私より知ってる単語が多くても知らない単語が目に付くのですね。
私は「知ってる単語が増えた~♪」と単純に楽しい。
知らない単語が山盛りでも知ってる単語が目に付くの~。
お気楽なやつです、私。

久しぶりにアイスクリームをつくりました。

今日のおやつはマンゴーアイスにしました~♪
以前作った時はマンゴをピューレにして入れたのですが、ちょっとすっぱかったのです。
なので、今日はマンゴーのフルーツソースを入れてみました。

    マンゴアイス0001.jpg

フルーツソースだけだと甘くなりそうだったのでマンゴーの瓶入りがあったのでそれもいれてみましたよ。
前回すっぱかったのはヨーグルトを入れすぎたのかしら?
今回はヨーグルト控えめ。
食べすぎに注意しなくちゃね~。

ドイツ語多少読  『ロッタちゃんとじてんしゃ』

子供の頃「長くつ下のピッピ」が大好きでした。
幼稚園の頃、父が読み聞かせてくれたのが最初だと思います。
自分で本を読めるようになって何度も読み返した本です。

その後、その作者アストリッド・リンドグレーンさんの本を図書館で借りて読んでいました。
図書館でお借りして読んでいたのでピッピ以外は読み直したこともなくそのままでした。
英語の多読を始めて、またリンドグレーンさんの本に出会いました。

ドイツ語に興味を持ったのは去年ザルツブルクへ行ったのがきっかけなのですが、オーストリアやミュンヘンで本屋さんをのぞいてみるとリンドグレーンさんの本がたくさんありました。
実は、英語訳されたリンドグレーンさんの本は絶版のものも多くて、私が好きだった「名探偵カッレくん」なんかは英語版では見かけなかったのです。

リンドグレーンさんはスウェーデンの方。
ヨーロッパの方がアメリカやイギリスよりリンドグレーンさんの評価が高いのでしょうか?
アメリカやイギリス、英語の児童書って多いですから、そのせいでしょうか?

    Na klar, Lotta kann radfahren!

★Na klar, Lotta kann Rad fahren / Astrid Lindgren

『ロッタちゃんとじてんしゃ』のドイツ語版を買ってみました。
と言っても読めているわけではありません。
でも、わかるところもあるんですよ♪

3ヶ月前はまったくドイツ語の単語を知らなかったわけですから、わかるところがあるだけで進歩と呼ぼう!(自分に甘い 笑)

先日の日記で「再読しているうちに理解度があがってきた」と書きました。
でも、ちょっと違ってました。同じ本を続けて読んでいるのではないのです。
何冊かの本をかわりばんこに読んでいるうちに同じ単語が違う場面で出てくるのです。
だからわかってくるのですね、辞書を使わなくても。

お話は
5歳のお誕生日を迎えたロッタちゃん。
お兄ちゃんとお姉ちゃんは自転車を持っているのにロッタちゃんは三輪車。
お誕生日のプレゼントに自転車が欲しかったのですが、もらったプレゼントは縄跳びや絵本、新しいショルダーバッグ。

まだ半分までも眺めていませんが、なつかしいなぁ~。
読めるようになりたいなぁ。

お盆なので実家へ

関東は7月がお盆でしょうか?
関西では8月、旧のお盆ですね。

ぐったりとばかりしていられません。
お盆ですし、実家に叔父夫婦も来て送り火をするというのでいってきました。

主人は盆休みはないので一人で行きました。
お盆のお供えも買いに行く元気がなかったので、行く時に買うことにしました。

暑いですが、電車のクーラーも体を冷やすので着物で行くことにしました。
と言ってもしじらですから浴衣のようなものですが。

     お盆0001.jpg

体調不良のためビールも飲めませんので帯だけビール柄。(笑)
叔父も車でしたのでアルコールは一切なし。健全なものです。

帯からちょびと出ている三角のものは↓これです。ネコの耳♪

     ネコと金魚0001.jpg

ネコの財布に金魚の根付。
切符や小銭なんかを入れるのに使っている小銭いれです。
帯ってポケット代わりで便利です~。

体調不良を母に言っていなかったのでコーヒーを入れてくれたのです。
ホットコーヒーだったからか大丈夫でした~。よかったー、具合悪くならなくて。

英語多読 BUNNICULAの3巻

胃腸の調子を崩したくらいは一晩寝れば大丈夫なんて思っていたけれど...
そう都合よくはいきませんでした~。

こんな時は体も頭も弱ってま~す。長い文章を読むのがしんどい。
お友達にお借りしたReady-To-Readシリーズなどはイラストもお話もほっこりと心にやさしいです。
とってもいいタイミングでお借りしていました。ありがたいです~。

     

★Scared Silly  (BUNNICULA and friends #3)

モンローさんの家のハロルドはチョコレート大好きな犬。
ハロウィーンはニヤリと笑ったかぼちゃや変な衣装を着た子どもたちが一杯で好きじゃない。
チョコレートがもらえること以外はね♪

ハロウィーンで家の人たちは出かけてしまってお留守番をするハロルドとネコのチェスターと子犬のホウィー、そしてうさぎのバニキュラ。
そんな4匹がお留守番をする家に魔女がやってきた!
魔女はキッチンで怪しげな物を鍋で作って混ぜているではありませんか!
さあ、どうする!

バニキュラをバンパイアだと疑っているネコのチェスター。
魔女とバニキュラは仲間なんだ!なんていってます。

ネコって疑い深く、犬は仲間思いで、子犬はこわがり。
こんなイメージは万国共通なんでしょうね。

ほのぼのとかわいく、たのしいのです、このシリーズ♪

ぐったり~

昨晩からぐったりです~(涙)
夕飯の後に気持ちが悪い+お腹が痛いと言う症状に...
そういえば、去年の今頃もそんなことになっていました。懲りてない私。

主人の診断では「アイスコーヒーの飲みすぎ」です。(彼は医者ではありません。笑)
クーラーが苦手なので切って暑い部屋でアイスコーヒーを飲みすぎたようです~。(汗)
ホットレモンを飲んで温まったらしく少しは眠れました。

真夏にホットレモンってね~。
美味しいの水出しコーヒーのアイスコーヒー。(懲りてないね。)
コーヒーは断って一日おうどんや主人が買ってきてくれたレトルトのお粥で胃を休めました。

クーラーがやっぱり苦手。
この暑い夏にお風呂に入ると体が冷えてると感じます。
日中クーラーをつけていないのですよ。なのになんで冷えてる感じがするのでしょう?

主人が帰宅後からはずっと一晩中クーラーがついているので体の芯から冷えてしまっているのかしら?
パソコンの置いてある部屋のクーラーを切って寝るまではそっちにいましたが、おかげでダンナはパソコンをほとんど触りませんでした~。
「こんな部屋におったら死ぬ~~~。」って。私、生きてるで。

ドイツ語 ちょっとずつ

やさしいドイツ語の本をなかなか見つけられなくて、4冊だけ買ってみたのです。
なので、再読ばかりしています。
再読でも楽しめるのは、本当に一度読んだだけではほとんどわからないからですね。

辞書を使わずに読んでいます。
英語の多読で「辞書を引かない、わからないところはとばす、おもしろくなくなったらやめる」なんて方法でやってきたのです。
なので、ドイツ語でもやってみようかなぁって実験みたいに楽しんでいます。

 Kuekenalarm auf dem Bauernhof. Lesemaus zum Lesenlernen. Lesestufe 1Conni und Flecki. Lesemaus zum Lesenlernen. Lesestufe 2

赤い方の本はlesestufe2と書いてあるのでレベル2でしょうか?(このシリーズのレベルは3まであるようです。)
初めて買ったのでL2も買ってみたけれどやっぱり私には難しいですねぇ。
黄色のL1のように絵辞書みたいにはなっていませんでした。

あまりわからないのも気にせずに読んでいます。
不思議なことに辞書を使わなくても再読の度に理解度は上がっています。
Conniちゃん(赤い方)はL1にもL3にも出てくる女の子でキャラクターに親しみが持てて楽しいです♪

ドイツ語の単語もまったく知らないといっても絵があるのと音が英語と似ていたりして(豚とかキツネとか)英語が助けになっているかも。

あと3冊注文したけれど、いったいいつ届くのかしらね~。
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

給湯器がこわれた~

突然、給湯器がこわれました~(涙)。って壊れるのっていつでも突然ですよね。

昨晩のこと、湯船のお湯はちゃんとお湯になっていたのですよ。
それが、シャワーを使おうとしてもちっともお湯にならないで水がでてきます。
「えっ???」どういうこった?

お湯には浸かれたけれど後は水のシャワー。
夏だから水でもいいですけどね~。

一晩置いてもやっぱりお湯は出ない。(あったりまえですよね)
保守契約をしていたので主人が電話をして修理してもらいました。

やれやれ。それにしても、給湯器って8年で部品がダメになるのでしょうか?
温度調節の機能が壊れていて60度まで設定をあげるとお湯がでるのだけれど、もちろん60度にはなっていません。
37度くらいの温度設定だと水温が高いので給湯器がお湯を沸かさないというわけです。

普段、食器を洗うときも最近は水温が高いので「給湯器のスイッチいれたかな?」って思うくらいの水(ほとんどぬるいお湯)が出てきていましたからねぇ。
それでも水風呂はいやだよー。
直ってよかったー。

実は今使っているこのパソコンも一日一回は変な音がするんですよ~
パソコンに詳しい友人にファンかも、掃除機かけてみたら?と教えてもらったのでやってみなくちゃ。

暑さのせいか私だけじゃなくて我が家のいろんなものの調子が悪いようです...
調子の悪かったビデオデッキが完全に壊れたようで、古いので修理もあきらめました。
ビデオテープはたくさんあるんですけれどねぇ。買いなおすのどうしようかなぁ。

くずきりを作ってみました。

京都に行かれたことのある方は召し上がったことがあると思います。
「くずきり」は京都のおやつ。

私はところてんも大好きなのですが、くずきりも好きです!
ところてんは関西では黒蜜でいただくのですよ。
結婚したころ関東にちょっといました。その時、黒蜜のところてんが売っていなくて~(涙)
自分で黒砂糖を溶かして作ったりしていました。

その頃、葛餅と言うのを始めて食べたんですよ、私。
黒蜜ときな粉という組み合わせが「???」だったですねぇ~。
今では関西でも食べられますけれど、私が子供の頃は関西には葛餅なんてなかったと思います。
葛といえばくずきり!

乾いた状態で売っているお鍋に入れるくずきりとは違いますよ!

高校が京都だったので、お友達のお家に遊びに行った時におばあちゃまが作ってくれたのです、くずきり。
私は大阪育ちなのでくずきりはお店で食べる物だと思っていたのですが、おばあちゃまは「くずきりみたいなおやつはすぐできるよって~」と葛を溶いて作ってくれました。

思い出して作ってみました♪

    くずきり0001.jpg

友達のおばあちゃまが作っていたように、玉子焼き機を使いました。
葛を水で溶いて、玉子焼き機におたま一杯くらいを入れてお湯を沸かしたお鍋で玉子焼き機の底をあてます。
葛が乾いて白くなったらお鍋の中にドボンと入れる。すると葛が透明になります。
氷水に玉子焼き機ごとドボンと入れて透明になった葛をはがします。
これを細く切って黒蜜でいただきます♪

簡単です。
氷菓子のように冷たくなく、口当たりよくつるつるしていてさっぱりいただけます。
ところてんより弾力があって「ツルリン、もちもち」でおいしいです。

あんこを丸めてこの葛でクルンとかぶせれば葛饅頭のようになりますね。
あんこが好きな主人に今度は葛饅頭にしてみましょうか。

英語多読 絵本を2冊

ネコが好きなんです。
絵本のネコってイラストレーターによって色々です。
今日お借りしてきた本のイラストのネコはリアルなネコですよ~。

    The Patchwork Cat (Red Fox Picture Books) 

★The Patchwork Cat

トラ猫くんにはお気に入りのパッチワークのお布団がありました。
お昼ねをしようとすると、それが見つかりません。
お家の人が捨ててしまったというのです。
トラ猫くんが探しに行くとゴミ箱の中にありました。
ゴミ箱の中のパッチワークのお布団に包まれてついうとうととしてしまったのです。
なんということ!ごみ収集車がきてトラ猫くんもいしょに遠くのゴミ捨て場に運ばれてしまったのです~。
パッチワークをくわえたトラ猫くんはお家にかえれるかしら?


もう一冊はアーノルド・ローベルさんの絵本。

     great blueness0001.jpg

★The Great Blueness and Other Predicaments / Arnold Lobel

むかしむかし、世界には色がありませんでした。
あるのはグレー、それ以外は白か黒。その時代をGreat Greynessと呼んでいました。
その時、魔法使いが薄暗い地下室で『色』を作り出しました。
魔法使いはそれを『青』と名づけました。
それを知った人々は魔法使いに分けてもらって世界はすっかり『青』くなりました。
でも、人々はだんだん気分がふさいでしまったのです。
そこで魔法使いはまた地下室で『色』を作り始めました。こんどは『黄』ができました。
人々はまた『黄』で世界を塗りかえました。
ところが、今度はまぶしくて目も開けられなくなってしまったのです。
そこで、魔法使いは地下室へいって...

あなたなら何色がいいですか?
真っ青な世界はどんなでしょう?
真っ黄色な世界なんてどんなでしょう?
いろんな色があるから空も美しく雲も美しいのでしょうね。
青いお花に青い葉なんてつまらないでしょうね。

誕生日なの~

何回目かは不問ということで...。
毎年、あたりまえですが、私の誕生日は暑い~。

暑い中、主人が食材を調達してきてくれました。
ローストビーフを焼いてくれましたよ♪初めて焼いたローストビーフです。

 DSCN00630001.jpg  DSCN00660004.jpg

 DSCN00640002.jpg  DSCN00670005.jpg

他のは買ってきたものですけれど、美味しかったです。
黒くって何かわからなく写ってしまったのは『茄子のピリカラサラダ』です。
スープは冷たいスープ。ケーキはシフォンケーキなので軽くってお腹にやさしいですわ。
プレゼントに当たって届いたスパークリングワインもいただいて、ローストビーフには赤ワイン。
ちょっと飲みすぎかな?(笑)

もらったプレゼントはデジカメ。
今までのもちゃんと使えるのだけれど液晶モニターが小さかったのです。
新しいのはモニターが大きくて見やすいですね~。
お友達の新しいカメラを見るたびに私が「モニターが大きいのよー」って言っていたので。
うれしなぁ。

プレゼントは前もってもらってしまっていたのです。
なのでお誕生日の当日には花束を買って来てくれました。
うれしーな~♪お花をもらうのってうれしいものです。
めったにないことなので。主人が買ってきたのも初めてのことです。

       花束0001.jpg

うふっ、なかなかきれいでしょ?

ターシャ・テューダーさんの本

ターシャ・テューダーさんが亡くなって、いつも行く図書館にターシャさんの本が棚の上に飾ってありました。
ターシャさんのお庭の写真もたくさん入っていてきれいだったのでお借りしてきました。

★ターシャ・テューダーの言葉

「思うとおりに歩めばいいのよ」
「楽しみは創り出せるものよ」
「今がいちばんいい時よ」

       の3冊

意志の強い、働くことと楽しむことのバランスを持って暮らしてきた人です。
ヤギを飼い、庭や畑の世話をし、絵を描いて暮らす生活。

ターシャさんの描く絵は目の前にある風景。
子どもたちのポーズを素早く描きとめたり、飼っているヤギやコーギーやニワトリやハトがモデルをつとめます。
絵本を思い出すとこの写真の動物や鳥たちが思い出せます。

ターシャさんのバーモントの家は長男のセスさんが自分ひとりで建てた「あたらしいけれど古い家」。
200年以上前とほとんど同じ方法で建てたのだそうです。

ターシャさんの言葉がとても面白いです。
気取った言葉ではありません。
飼っていたオウムを御近所のフォックスさんにあげてしまって、お客に「オウムはどうしたの?」と聞かれて「キツネにあげてしまったわ!」と答えた。「だって、うそじゃないでしょ?」なんて人をからかってみたり。

たくさんの写真と共にそんなターシャさんの言葉が書かれています。
絵を描くターシャさんの頭の上に先日「花鳥園」でみたフクシアが咲いていました。

     花鳥園 0020002.jpg

ドイツ語の本を買ってみました。

4月頃からでしょうかドイツ語で多読してみたいなぁと思っていたのです。
でもね、本を見つけるのが難しいのです。
本屋さんではまずやさしいドイツ語の本はみつかりません。
図書館も望み薄です。

アマゾンで探してみました。
でも、とっても時間がかかったのです~。探すのも、届くのも。

アルファベットの読み方もまだ覚えていない私ですから題名を見てもドイツ語なんだかなんだかわからないのです。(汗)
お勉強なしで多読でドイツ語がわかるようになるのでしょうか?

Ein wildes Tier im ParkLesemaus. Conni sucht Kater Mau. Lesemaus zum Lesenlernen. Lesestufe 1

本当は英語でいうならオックスフォード・リーディングツリー(ORT)くらいやさしいものがほしかったのですが、探すのが難しくって~。
これは小学生くらいの子が学校で使うのかしら?
絵本とも少し違っています。

   ドイツ語絵本0001.jpg

こんなふうにスペルの代わりに絵が入っていて、後ろのページに絵辞書のようにWortlisteがついています。

残念なのが、冊数が少ないようなのです。
ORTのようにお話が広がっていればいいのになぁ。
つくずく、英語学習は素材に恵まれています。

まぁ、ドイツやオーストリアに行くのはずーっと先になるでしょうから(そんな機会ないかもしれないけれど...)のんびりやります♪
テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読  “Libraray Lion”

以前に友達に紹介してもらった絵本を図書館でみつけました。
私、本がたくさんあるところって大好きなんです。
図書館はもちろん本屋さんや古本屋さん。なんだか落ち着きます。

          

★Library Lion / Michelle Knudsen  Illustrated by Kevin Hawkes
 『としょかんライオン』

ある日、ある図書館になんとライオンがやってきました。
司書のマックビーさんはもうびっくり、館長のメリーウェザーさんに「大変です!」と報告します。
メリーウェザー館長はとっても図書館の利用規則にうるさい方。
でも、ライオンが図書館に来ちゃいけないという規則はないのです。
「規則を破っていないのならほっておきなさい。」といいます。
ライオンは図書館のお話の時間にも参加してお話を聞いています。
最初は驚いていたみんなですが、だんだんライオンのいない図書館が考えられないくらいになってしまいます。

ところが、あることでライオンが規則を破って大きな声で「ガオー!」
事情を知らないマックビーさんに追い出されてしまうのです。
図書館でみんなはライオンがいないことを寂しく思っています。
さて、ライオンは帰ってくるでしょうか?

表紙のライオンくんの顔がかわいいでしょ?なぜだか眉毛がありますけどね。(笑)