FC2ブログ

中華街でたらふく~

友達を見送ってホテルにチェックイン。
そもそも、横浜に急に行く気になったのもこのホテルのお安い料金が楽天トラベルに出ていたのを主人が見つけたのです。
泊まったのはローズホテル。昔はホリデーインだったところですね。

ゴールデンウィークの真ん中に平日が入っていてホテルも部屋が空いていたのでしょうか?
間違いじゃないの?って思ったくらいのお値段でした。
中華街も目の前といういか、ホテルを出て道路を渡れば中華街。

友達とは一昨年にも横浜にきていたけれど、主人とは本当に久しぶり。
何年ぶりかなぁ。
チェックインをしていると仕事が終わった主人が丁度やってきました。
まぁ~、待ち合わせたってこんなに時間が合わないよー。

久しぶりですから中華街のお店も変わっていました。

オーダーバイキングなんて方式は初耳~。前からあったのかしら?
食べ放題のようなのですが、普通のバイキングのように自分で取りに行くのではなくて、その名の通り食べたい物をオーダーして持ってきてもらうのです。

どんなだろうね~って試してみました。
お値段は平日料金なので2000円~2500円ってところのようです。

二人で中華料理を食べに行くと困るのがその量です。
大人数だと何種類もお料理がいただけるのに、二人だと2種類か頑張って3種類かしら?
でも、このオーダーバイキングは小さいお皿でお料理がくるんです。
数で注文できる物もあります。
たとえば、春巻きは主人が食べたくても私が脂っこくて嫌いなので普通なら一人で食べきれないのであきらめますが、一本でも持ってきてくれます。

一皿が大体二人で丁度いいくらいの量が乗っているでしょうか?
エビチリやチンジャオロースーなんておなじみのメニューはたくさん食べたいわけじゃないけどちょっと食べたいので嬉しい量です。

でも...味が変わるとついつい食べ過ぎてしまいました~。
飲茶ってウーロン茶と一緒だとするする入ってしまうんですよ。
スポンサーサイト



2泊3日で横浜へ

ゴールデンウィークといっても今年は前半は飛び石ですね。
主人がゴールデンウィークのど真ん中に出張だというのでくっついて横浜へ行ってきました。
お仕事が終わったら合流の予定。

私だけゆっくり出かけてもよかったのですが、せっかくなので去年関東へ引越して行った友人に声をかけました。
「いく、いく~!」ってことで、二人でおしゃべりして元町をぶらぶらしよ~と決定♪

元町の“霧笛楼”のランチを食べてきました。
予約も入れていなかったのですが、カウンター席に座ることができました。
30日は平日といってもゴールデンウィーク中ですもんね。
テーブル席にしたい時は予約をするもんですね。
私は横並びの方がおしゃべりしやすいのでカウンター席って好きなんです。

 霧笛楼 0050005.jpg 洋館 0010001.jpg
 
霧笛楼の看板かわいいですよね~。
着物を着て行きました。

日替わりのランチを頂きました。
いつも食べてしまってから「写真を撮ればよかった~」って思うのですが、今回は友人と一緒なのでちゃんと写真が撮れました。
(私が写真を忘れてフォークを持つと、横で友達がカメラを持っている... 笑)

 霧笛楼 0010001.jpg 

えびのゼリーよせにグリーンアスパラのムース、そこにホワイトアスパラのスープ。
とっても美味しかったです。
友人がアレルギーが出てはいけないと用心してえびと蟹がだめだというとちゃんとホタテのムースに変えていただけました。
ちゃんと用意されているんですねぇ~。うれしい心配りです。

 霧笛楼 0020002.jpg 霧笛楼 0030003.jpg

お魚とお肉のお料理もあっさりしておいしかった~。
鶏のグリルは胸肉ともも肉のソースが違えてあって変化があるので食べ飽きません。

 霧笛楼 0040004.jpg

ベリーソースを添えたアイスクリームとふわっとしたチーズのムース(スフレかしら?)

たっぷり頂いたので「港の見える丘公園」まで坂を上って、洋館を見て歩きながらおしゃべり~。

 洋館 0030003.jpg

日傘を持ってくるのを忘れてしまった私は日焼けしちゃいましたね~。
しみができるかなぁ?

ほうれんそうカレー

インド料理のゲイロードって知っていますか?
いろんなところに支店があるのかな?

神戸に昔からあるインド料理屋さんです。
阪神淡路の震災前は明治生命ビルに入っていたんです。
その後、場所が変わりました。

結婚前からよく行っていたお店なんです。
若かった私たちにもお手ごろなランチで本格的なインドカレーが食べられて好きだったお店。

そのお店のカレールーを見つけました!
そんなの作ってたんだ~。知らなかった~。

   ゲイロード0001.jpg

ほうれん草カレー辛口です。
どんな味だか知るために作り方のとおりに作ってみました。
いつもはいろんなスパイスを自分で入れていたんですけどね。

   ゲイロード0001.jpg  ゲイロード0001.jpg

写真よりはもうちょっと緑色。
でも、普通のカレールーで作るよりちょっとだけ色が違うかしら?ってくらいです。
もちろん、お味も違いますけどね。

いつものカレーとも違っていい感じ。たまに違った味が楽しみたい時にいいかも。

また、ねこ。

根付というか、ぶらというか、帯飾りというのか、それをつける時に使うものを買いました。
一つ持っているんですけれど、かわいかったので買っちゃいました。
 
      ネコとふくろう0001.jpg

ぶら下がっているのはおまけに付けていただいた「ふくろう」です。
写真が下手でネコが見えませーん。(涙)

      

こんなのです。↑
これを飾りにもできるのですが、ペタンコなのでネコに飾りを付けて帯に挟んで使えます。
帯に挟んじゃうと見えないんですけどね。自己満足。

ちょっとかじってみよう~

昨年オーストリアに旅行に行きました。ミュンヘンにもちょっとだけ。
旅行の計画をしていてドイツ語に興味をもちました。
旅行先で挨拶くらいしてみたいってことです。

その後バタバタしていたり、体調不良だったりで忘れ去っていたようなドイツ語ですが、なんだか最近また興味がフツフツとわいてきたのです。
なぜって?4月だから~。(笑) 単純です。

旅行に行った時にドイツ語の本でも買ってこようと思っていたのですが、ユーロ高い!(涙)
ドイツで子供用の本を普通の本屋さんで見ると高いんです。

あきらめかけていたらアウトレットのような本屋さんを見かけました。
まぁ、欲しい本を目当てにいっても置いてあるとは限らないけれど、ちょっと買ってみたい私には十分。

  ドイツ語絵本 0010001.jpg

左はボードブック。1ユーロくらいで買えました。
↓こっちはスーパーマーケットのワゴンに入っていました。

  ドイツ語絵本 0020002.jpg

こちらも1ユーロ。白雪姫もありました。(読めないけど...)

私、ABCの読み方も知りませ~ん。
手がかりは「絵で見るドイツ語」の本とCD。

         絵で見るドイツ語CD新装版

日本語で説明されていないの。絵とドイツ語だけ。
CDがあると文字と音が繋がってきました。

絵本も何度も眺めていると見慣れた単語が出てきたりして。
こんな調子でドイツ語が話せるようになることがあるでしょうか~。
でも、面白いです。どんな方法にしても続かなければ結果はでないですからね。

晴れたので着物でお散歩

前日まで降っていた雨も止んで、気持ちがいいのでお散歩。
銀行へ行く用事も済ませて、やれやれ。すごい列ができてました。

お気に入りの喫茶店でコーヒーとホットサンドを頂きながら本を読むのが好き。
でも、観光地が近いので、陽気がいいせいかお客さんが多かったです。

  チューリップ 0020002.jpg

お隣のマンションの入り口の花壇にきれいにチューリップが咲いていました。
花びらに緑のラインが入るのがあるのですね。
チューリップは品種がたくさんあって楽しいですね。

子供の頃好きだった「おやゆび姫」を思い出します。
くるみのからのベッドにすみれの花びらの敷布団、バラの花びらの掛け布団。
いい香りがしそうですね、そんなベッド。

今度おやゆび姫を読んでみよう。

   チューリップ 0010001.jpg

こんな名古屋帯にしてみたけれど、ちょっと合わなかったかしら~?

しじらが縫えちゃった~♪

時間ができたときに裁ったしじら、縫いあがりました~♪
生地が薄くてとっても涼しそうです。

一昨年縫ったしじらもとっても涼しかったです。
着ていても風が通るくらいなんです。

着てみました~。

  しじら2 0010001.jpg しじら2 0020002.jpg

単衣の博多の半巾をしてみました。
今縫い上げても着るのは夏ですから、ずいぶん先です。
長襦袢を着ましたが、真夏には浴衣のように着てもいいですね。
楽しみ、楽しみ~。

     しじら2 0030003.jpg

着姿も撮ってみたけれど、暗いし、自動シャッターが下りる前に動いちゃいました。
みなさん上手に撮っていらっしゃいます。
誰かに撮ってもらうのかしら?

おどろくじゃない~

先日出かけていて帰りが9時前。
そんなに夜遅いというわけではないですから夜道も平気なんですが。
やっぱり人通りの少ないところがちょっと恐い。
引ったくりとかね、時々聞きますしね。

陸橋を歩いていると向こうから若い男の人の人影。
なんとも思っていなかったのですが、急に近寄ってくるんです!
陸橋を斜めに私の方に一直線。

「きゃ~、給料日前やから私の鞄ねらってもお財布にお金入ってないよ…」
そしたら、「あの~、災害○○××はどこですか?」って…路が知りたかっただけかいっ。

近くでみると素朴な少年でありました。(汗)
高校生くらいかなぁ。でも、暗くて顔が見えなくて身体は大きいから恐いやん!

不審者あつかいしてごめんよ~、少年。
でも、もうちょっと手前から「すいませ~ん」って声かけてよ。
あ~、びっくりした~。

しじらの生地を買いました。

先日、ユザワヤさんでお安く売り出しをしていたので夏のきものにしてみようかなぁと思って買い物に行きました。
本当は浴衣の反物がお安いようだったので買いに行ったのですが、気に入った柄はどれもお安くなってなかったのです。

  しじら0001.jpg

こんなの↑を買いました。110センチ巾の生地。
着物の反物ではありません。
私は広幅で着物を縫ったことがないので、どうやって裁つのかを和裁の本を参考にしました。

5メートル買って1800円くらい。(笑) やす~。
こんな安いの着てて大丈夫でしょうか~?

今日は主人が飲み会で夕飯がいらないのでゆっくり時間があります。
なので生地を広げて裁ってみました。
とっても薄い生地なので涼しそうなのですが心配なのでいしき当てをつけました。

さて、どうなるかなぁ~。
縫いあがっても着るのはだいぶ先のことですね。

「赤毛のアン」をよみはじめました。

NHKで原書で親しむAnneの世界というのが始まったので原書を読み始めました。
多読を始めて5年半くらいになるのですが、多読を始めるずいぶん前に「もともと英語ではなんて書いてあるのかなぁ」と思って手に取った本です。

無謀でした。学校を卒業して以来、英語を読むこともほとんどない生活をしていたんですから。
1ページに山ほど知らない単語があって、それを辞書を引きながら読んでいました。(汗)
1冊読み終わるのに何ヶ月かかったかなんて覚えていません。

辞書を引いたからといって、ちゃんとわかったわけではないのです。
何度も何度も読んでいる村岡花子訳の「赤毛のアン」を思い出していただけだとおもいます。

    アン0001.jpg

あら~、表紙が変わっています!右が私の本。レトロ?(280円です。 笑)
洋書も表紙が変わってましたからね~。

      anne0001.jpg

右が私の。アンがブライトリバーの駅についた時に持ち手の取れた鞄を持っているところですね。
辞書を引きながら時間をかけて読んで、引越し荷物にも入れて持ってきたのでもうぼろぼろなんです。
でも、思い出の本ですから買い換えられないです。洋書も和書も。

読み始めた原書、140ページまで読み進んできました。
(昔だったらここまでも何ヶ月だったかなぁ...)
でも、難しいなぁ。会話している部分はわりに読みやすいんですけれどねぇ。

やさしく書かれた洋書もあります。
↓は絵本です。絵がきれいでした。
お話はマシューがクリスマスにアンに「パフスリーブ」のドレスを買ってくれるところまでのお話をなぞってあります。

  

GRにもあります。

  

まだちょっと早いけど...

先日100円ショップでちょっとお買い物。
大きな100円ショップもなんでもそろって楽しいけれど、立ち寄ったのは小さいお店でした。
小さいかわりに置いてある物は偏っているというか、私好みでした。

買ったのは扇子、団扇、手ぬぐい。

  100円ショップ 0010001.jpg

ネコの団扇です♪100円ショップにもいろいろありますねぇ。

ここには御香だとか食器なども和風のものや東南アジア風のものが多かったです。
いつできたんだろう?気づかなかった。

着物や反物なんてそうそう買える財力はないですが、100円ショップならねぇ~。


今日は「キセルの着物」を着て図書館へ行ってきました。
車で送ってもらったので、そのまま近くにできたIKEAに行ってみようとしたのですが、いつも空いているトンネルが渋滞...
こりゃ~だめだね~。駐車場3時間待ちの札をもった男の人が立ってます。
5時過ぎでしたから8時まで待つ?そんなことできませ~ん。

まぁ車でなら10分くらいで行けるので人が減ってから行ってもいいかな。
買いたいものがあったわけではないのでちょっとドライブして帰宅。
昨日のサータアンダギーでお茶にしました。(食べすぎてます~。)

  紺仁0001.jpg

この着物と帯、合ってますか?
トンボ玉を帯留めにしてみました。半巾帯なので飾りです。

******************************************
先ほどIKEAに行って来ました。
夕方の渋滞がうそのようです。わが家から10分でたどり着けました。

レジがすごい列になっている様子を耳にしていたので今日は見るだけにしました。
広いですね。でも、自分が欲しいものを決めて、それを大きな倉庫の中から引っ張り出すのって大変そう。
大きな物は若い男性も大変そうでした。

食器を買ったり小物を買ったりが楽しそう。
いいなぁと思うシャンパングラスがあったのでお客さんが減った頃にでも買い物に行こうかな。

サータアンダギーをつくりました。

私たち夫婦は沖縄料理も大好きなんですね。
「ごーやちゃんぷる」とか「ぐるくんの唐揚げ」おいしーです。
「そーきそば」も大好き!

沖縄料理屋さんに行くとおおきなサータアンダギーが置いてあったりします。
さんざん飲んだり食べたりした後にはなかなかお腹にはいりません。
今日はサータアンダギーを作ってみました。

    サータアンダギー0001.jpg

たくさんできてしまいました~。(汗)
二人暮しなのにね...

作りましたっていいましても、これは「サータアンダギーミックス」を使っています。
ホットケーキミックスみたいなものです。
お手軽、簡単♪

       

たくさんできちゃったから冷凍かなぁ~。

出張のお土産

ダンナの出張のお土産、「黒 ぼんぼん」買ってきてくれました。
「ごまたまご」のお店の新製品?期間限定商品?のようです。

 お土産 0010001.jpg お土産 0020002.jpg

胡麻味がすきなので美味しかったです~♪
こういうお菓子ってお土産で買うものだから、東京の人は逆に食べないのかもしれませんねぇ。

「ごまたまご」もちっちゃくて、かわいくて、一口サイズで食べやすくて、何よりも胡麻味で好きです。
これはブッセのような感じと言えばわかりますか?(「神戸ぶっせ」ってお菓子知ってます?)
中には黒胡麻のクリームが挟んであります。

期間限定なのかなぁ~。

まめご飯

いつもお野菜を届けてもらっているらでぃっしゅぼーやさんからお野菜が届きました。
うすいえんどうが入っていました。春ですね~。
たけのこが入っていなかったのが残念。

  100円ショップ 0020002.jpg

これをさやから出すとカップ一杯くらいでしょうか?
まめご飯にしようと思います。

でも、主人はまめご飯はあまり好きじゃないんですよね~。おいしいのになぁ~。
出張から帰ってきていきなり嫌いなものを用意されていたら嫌でしょうね。

ニラも届いたのでレバニラ炒めにいたしましょう~。好物だもんね♪ビールがすすんでしまいますネェ...
レバーを買いに行ったら「たけのこ」が少し安かったので「若竹煮」も作りましょう。

春のお野菜おホロニガ系が好きな私。たけのこ、大好き~。
でも、以前住んでいたところには竹林を持っている知り合いがいるって人が結構いたのです。
季節になるとまわりまわっていろんな方から頂いていたのです。
たけのこは頂くもの、買うものではなかったのです。
だから、お値段が高い時期は「う~ん...」と眺めてばかりで手が出ません。(けちっ 笑)
無農薬のお野菜は結構なお値段を出して買っているのにね。矛盾してますね。(笑)

サンディエゴでのんびり (その6)

サンディエゴに行ったのもずいぶん前のことになってしまいました。
旅行ものんびりだったけれど、日記ものんびりになってしまいました~。

ずっと同じ所にいたのでたいした写真もないのですが、まだ少し写真がありますので、お時間のある方はお付き合いください。

陸から海を見ているばかりでしたのでクルーズ船に乗ってみました。
のんびり2時間船に乗っているのはそれこそのんびり旅行の私たちにはピッタリです。

湾をぐるっと北側を周る1時間と南側を周る1時間。1時間コースもあるんです。

 San Diego 0010001.jpg

この橋はデルコロナドに渡るときに通る橋です。
この向こうにはホテルデルコロナドがあるんです。
そのホテルはマリリン・モンローの映画「お熱いのがお好き」のロケーションが行われたところです。
映画ではフロリダということになっていましたけれど、カリフォルニアでした。

南側を巡っている時に見えていたカブリロ・ナショナル・モニュメントというところがあります。
そこからの眺めもよいのです。そこには古い灯台もあります。

  San Diego 0040004.jpg

燈台守が家族で住んでいたそうです。
当時の生活が偲ばれるようにテーブルやベッドなども置いてあります。
水道もない時代ですから灯台の前に見えている柵の中はコンクリートで防水して雨水をためるようになっているところです。
工夫してくらしていたのですね。
それでも人里を離れて寂しいくらしだったでしょうね。

映画の中でホテルのプライベートビーチが出てくるのですが、そのビーチ側から写真を撮ってみました。
映画に詳しい方だったら見覚えがあるでしょか?

 San Diego 0050005.jpg

素敵なホテルですね。宝くじでも当たったら泊まってみよ~。(笑)
ホテルのショップやなんかを眺めて周って楽しんでいたら夕日が落ちてきました。

 San Diego 0060006.jpg

さきほど行った灯台の方に夕日が落ちて行きます。

のんびりとした旅ができました。

NHK『赤毛のアン』への旅

NHKテレビの英語講座番組に「赤毛のアン」の原書で親しむAnneの世界というのが始まりました。

毎週「何曜日の何時」にと決まった番組を見るのが苦手な私。
一回目を見そびれてしまいました~。再放送も見そびれましたよ...。

今日、2回目の再放送があったのでやっと見ました。
プリンスエドワード島の風景なども見られるので楽しみです。

テレビのアニメで「赤毛のアン」を放送していた頃は、私はもう大きかったのであまり観ることもなかったですね。
多読のお仲間には「赤毛のアン」そのアニメのイメージを持っている方も多いようです。
(要するに、私よりお若いのー。)
再放送もしていましたしね、私も再放送を観たことがあります。

私が始めて「赤毛のアン」を読んだのは小学校1年生の時、読んだのは子供用にやさしく書かれたものだったと思います。

完訳を読んだのは中学生の頃かしら?
1巻のAnneが子供の頃のイメージが強かったのですが、その後の2巻以後のお話もとっても好きだったです。

10年以上前になりますがプリンスエドワード島に行ったこともあります。
とてもきれいな、のどかなところ。
本当に真っ赤な土が印象的でした。もっと赤茶をイメージしていたのですが「赤」でした。
ダンナと二人、レンタカーでドライブしました。また行きたいところの一つです。

ダンナが出張中で一人なのもあって、懐かしくなってアルバムを眺めてみました。
「おばけの森」を朝食前に散歩をしていた時、リスの鳴き声がしていたなぁ~。

1回目を見そびれたのもあって原書を読み始めました。
ぼちぼちと番組の進み具合にあわせて読み進めようかと思います。
(あくまで予定。予定は未定~。 笑)

     

私の持っている本は10数年前のものなので縁の色がピンクなの。
でも、変色してしまっていますけれどね~。
(あれっ、よく見たら表紙の絵も変わっていたのね。)

片貝木綿ができました~♪

先日から縫っていたキセルの柄の片貝木綿の着物が縫いあがりました~♪うれしーなー!
主人が出張中なのでお料理も手抜きで時間がつくれたので、思いのほか早く縫いあがりました。

 片貝もめん 0020002.jpg 片貝もめん 0010001.jpg

ちょっと着てみました。
帯も何も考えずに着てます。

この反物、縫っている間も指が真っ青になるんです。
糸をしごいたりするので指が染まります。
湯通しは買った時にお店に頼んでしてもらっているんですが、まぁデニムみたいにしばらくは色落ちすることでしょう。
しばらくは白い帯などはできませんね~。

どんな帯が合うかしら~。
そんなにたくさん帯を持っているわけではないのでその中で合わせるわけですが。
そんな時間も楽しいです。

和裁教室で教えていただいている着物もお袖が付きました!
今月中には縫いあがりそうです。

木綿の着物

今日は木綿の着物を出してきました。
外がとっても暖かかったので「これでいいや」っておもっちゃった。
今日は徳利の柄が前にきましたよ♪

     うぐいす 0010001.jpg    


鶯の帯留めをしてみました。
これ、思っていたより大きくて~。お若い方向きでしょうかね。まぁいっか。

実家の庭に鶯そろそろきたかなぁ。
このあたりは鶯が飛んでこないのであの声が聞けないのです。(海なので海鳥は飛んでいますけれど...)

春だ、春だといちごの鼻緒の草履も。

    うぐいす 0020002.jpg

いい季節になってきましたね。
花粉症でお困りの方々は少しおさまってきたのでしょうか?

英語多読 ネコ好きさんへ ネコの絵本

私はネコが好きなのですが、ちょっと事情で飼えません。
ネコの描かれている絵本っていろいろあるのです。
かわいいなぁ~って何度も眺める絵本があります。

図書館でお借りすることができるようだったので再読♪

       

★April's Kittens / Clare Turlay Newberry 『エイプリルと子ねこ』

小さな女の子、エイプリルのお家はとっても狭いのでエイプリルのお父さんは「ネコは一匹だけ」といっていました。
でも、そんなことおかまいなしのシーバ、子ねこを3匹産みました。
エイプリルはかわいい子猫たちに夢中です。
でも、お父さんは「一匹だけだよ。」といいます。
3匹の子ねこたちも乳離れしてもらわれて行く日が近づいてきます。
そんな時、お母さんが「子ねこを一匹残してシーバをおばさんにもらってもらったらどうかしら?」と言います。
かわいい子ネコを一匹手元に置いておけるのです。
でも、それが一番いいことなのか、ちいさなエイプリルは自分に問いかけます。


3匹の中で一番お気に入りの子ねこが真っ先にもらわれてしまわないかしらと気をもむエイプリルの気持ち。
ちゃんと自分の気持ちを決められたエイプリルはちょっとお姉さんになったのですね。

この絵本、子ねこの挿絵がとってもかわいいのです。
ネコ好きさん、たまりませんよ~。ほしーなー子ねこ~...
表紙の子ねこもかわいいですが、中の挿絵もかわいーんだー。

読みやすさレベル YL3.0~YL4.0 語数2900語

着物でお散歩

図書館に行く用があったのでついでに元町までおさんぽ。
きものを着て行きました。

  徳利の帯0001.jpg

先日のウールのアンサンブルに使う帯は何がいいかしら?と違う帯を出してきました。
模様は具象化されているので何の絵かよくわからないのですが、写真の右端にあるのはどうも徳利と杯のようなんです。
今度はお酒を飲みに行くときにでも使おうかな。

きものの柄に赤があるので赤い帯を合わせているので先日とあまり違って見えませんね。
からし色の帯がほしいなぁ。あまり派手な黄色だと目がチカチカしそうですけどね。

英語多読 Jane Yolenさんの絵本

近頃、多読がすすみません!!!
なんだか気が散って読めませんよ。春だから???

まぁ、いいや。気が向かない時は読まない。
気が向いた時だけ、気が向いたものを読む。これ、「多読!」

相変わらず図書館でお借りしています。
Ed Youngさんの本を検索していたら文章がJane Yolenさんだった本も。
この日記とかあの日記に書いた本です。
なので、Jane Yolenさんの本を2冊お借りしました。

    a sip of Aesop.jpg

★A Sip of Aesop / Jane Yolen, Illustrations by Karen Barbour

いわずと知れたイソップ寓話です。
見開きで一話、数話のお話が読めます。
こどもたちでも知ってる「うさぎとかめ」「アリとキリギリス」表紙の「犬と肉」(骨くわえてますけどね。)

短いお話ばかりですから「読みたいところだけ読んで休憩」ってしやすかったです。
語数2025語。

もう一冊は私の好きなバーバラ・クーニーさんの挿絵。

    

★Letting Swift River Go / Jane Yolen, Illustrations by Barbara Cooney

山間の村に美しい川が流れていました。
そこには昔ながらののどかな生活がありました。
その頃、ボストンでは人口も増え、水がたくさん必要になってきました。
村がダムの底に沈んでしまうことになります。

何処の国にもあるお話ですね。
水は必要。でも、それに犠牲になった村もあるわけです。
村人が去り、木々が刈られて行く様子はとっても寂しいです。
語り手の少女が子どもの時に遊んだ蛍のようにダムには星だけが瞬いています。

語数 1062語

わが家の夕食は...残飯???

最近、忘れっぽいなぁとは思っているんですが、今日は炊飯ジャーに入ったご飯を冷凍するつもりが忘れてしまいました。
それも、ジャーの蓋を開けたまま電源を切り忘れてしまって。
ジャーの中のご飯は干からびさせてしまいました~(涙)

でもね、戦後の食べ物のない時を過ごした両親に育てられた私です。
「お米粒を無駄にしたらバチがあたる!」って育てられたの~。
干からびたご飯どーしよーかなぁ~

おこげにしてみました。

   おこげ 0010001.jpg

硬く干からびたところと柔らかいところはあったけれど、ラップに挟んでぺたんこにして揚げてみました。
あらっ、うまく行きそうだわぁ~。

   おこげ 0020002.jpg

きのこのあんかけにしてみました。
まずまずのできです。怪我の功名ですね。
今度はもっと本格的におこげ料理をつくってみよう♪

油を使ったついでに鶏から揚げもつくりました。
鶏のから揚げにスィートチリをつけて食べると美味しいですよ♪

    
ナムチンガイ メーパノンスイートチリソース

和裁のお稽古がぼちぼち始まりました。

今期の和裁のお稽古も始まりました。
初めての袷の着物もゆっくりですが進んでいます。

   和裁0001.jpg

縞の紬です。ちなみに、袖はまだくっついていませ~ん。
もうちょっとがんばらなくちゃ。縫い上げるのにとっても時間がかかっちゃってます。
いつものことなんですけれど、縫いあがる時期と着られる時期がテレコになっちゃってます。
去年も小千谷ちぢみが冬に縫いあがりましたもん。(汗)

自習でも縫えそうな単衣のきものなど縫おうかしら?と買っておいた反物。

   2008-04-08 15:07:30   紺仁0001.jpg

キセルの柄の片貝木綿です。
自宅で反物を広げるのはなかなか気が重いので始められないでいます。
今日こそ始めようかしら?とひろげてみました。
面倒な柄あわせも考えなくてよさそうですし、重い腰をあげてみようかしら。

とりあえず見積もってみよ。

桜もおしまいかな

主人の実家に行ってきました。
旅行から帰ってきてから初めて。旅行の写真も持って行かなくちゃ。

本当は今頃両親はヨーロッパの方に旅行のはずだったのですが、ドタキャン...。
父が足の指を骨折したのだそうです。楽しみにしていたのにかわいそう。
足をちょっと「ぐきっ」とやっただけで捻挫だと思っていたらしい。
人事とは思えません。気をつけなくっちゃ~。

主人の実家の近くには川が流れていまして、川沿いには桜が並んでいます。
花見の宴会も始まっていました。

     さくらのアーチ.jpg

主人が使い慣れない携帯で写真を撮ってくれました。
桜の花のトンネルをぶらぶら歩くのはたのしいです。

今が盛りですね。天気予報が一日ずれていいお天気で花の命も一日延びたようですね。

お天気が好かったので、和裁のお稽古でで初めて縫ったウールのアンサンブルを着て出かけました。
この着物にも合うかしら?と麻の葉模様の帯をしてみました。

     緑に麻の葉0001.jpg

お母さんのお料理を頂いて、まんぷく~。
主人の実家から帰ると「おつかれさま~」って主人がいつも言うんですよね。
相手の実家に行くと気疲れすると気遣って。
でもね、私は気が利かない嫁なのであんまり気疲れしないのです~。
食べたり飲んだりおしゃべりしたりで楽しんでいます。(いいのかな~?)
私、主人の両親が好きなんだと思います。
気を使ってくれてるのは両親の方ですね、気が利かないね~、私。

刺し子の帯

久しぶりに着物を着て英会話教室へ行ってきました。
御両親の具合が悪くてオーストラリアに帰っていた先生が帰国されて、久しぶりにお会いしました~。
両親ともに御病気って大変です。
でも、弟家族が日本に遊びに来ていたと言っていたから、そんなに深刻じゃなかったかもしれませんね。
なんにせよ、よかったよかった。

今日はシルクウールのアンサンブルを着て行きました。

       麻のは 0010001.jpg

この帯は京袋帯なんです。麻の葉模様の刺し子です。
着付けの一日講座を受けてから初めてお太鼓を結びました。
普段は半巾帯なもんですから。

なんだかちょっとだけ上手になったみたい。(な気がする 笑)
習ったのは袋帯だったので二重太鼓だったのですが、みなさんがお稽古していた名古屋帯のお太鼓も横目で見ておいたのです~。
共通のところも多いですからね、一日講座にいってよかったです。

帯揚げは桜の柄の黒いのにしてみましたが、ほとんど見えないですから自己満足ですね♪
足袋ソックスを麻の葉模様にしてみました。

         麻のは 0020002.jpg

あら、ちょっとピンボケ~。

和風ビーフシチュー

せっかく買ったのだから毎日ルクルーゼを使っていますよ~。
今日は和風のビーフシチュー。
でも、また写真を撮り忘れたのです...↓写真は料理本の写真です。

    和風シチュー0001.jpg

こんな風にできました!って言いたいところなんですが...
これは、里芋を牛肉で巻いてあるのですが、私のは牛肉がはがれて見た目がイマイチでした。(涙)
でも、お味は美味しかったです。
特に玉ねぎは新玉ねぎを使ったのでとろ~りと美味しくなりました♪

新玉ねぎっておいしいですね~。大好き!

レシピはこちらです。↓

      

クラムチャウダーをつくりました。

夕飯をクラムチャウダーにしました。
わが家の好物で、アメリカに行くとよく食べるのですが、どういうわけか作ったことがなかったのです。
たっぷりめにクラムを買ってきましたよ!

    クラムチャウダー 0010001.jpg

      

上の本のレシピで作ってみました。
アサリをワイン蒸にして身をはずして、スープも取っておきました。
ジャガイモもレンジでチンだからとってもお手軽。

でも、主人がイメージするトロンとしたクラムチャウダーとは違っていたの。美味しいんですけどね。
もう一回、今度はトロンとさせてみるか。

後はキッシュ。あんちゃんちさんのブログにパイ生地を使わないでキッシュを作ったと書いていらっしゃったので「それはいい!思いついたらすぐ作れる~。それにカロリーが少なくなるし!」
うん、パイ生地なしもいい!こんな感じ↓。

    クラムチャウダー 0020002.jpg

***********************************************
余談ですが、クラムってハマグリと覚えていました。
だから初めてアメリカに行った時「ハマグリをいっぱい入れてスープにするなんて贅沢ね~。」って思ってました。

でも、そんなことはすっかり忘れて絵本を読んでいると、時々クラムチャウダーが出てくるんです。

     

お母さんが作るクラムチャウダーのクラムをお父さんと取るのです。
読んでいて、「あ~潮干狩りねぇ。アサリ取ってるんだ。」って。
そのまま私の頭の中ではクラム=アサリになっていました。

日本人みたいに「蛤」と「あさり」の区別はしないのかしら?

春のお散歩

図書館へ行く道すがら、ぶらぶらお散歩していると「春だなぁ~」って。
お花を見てると気持ちがふわ~っと明るくなりますね。

  haru 0020002.jpg

     haru 0030003.jpg

マグノリアが満開です。こぶしですね。
さくらも咲いていました。

  haru 0040004.jpg

満開かな?もう少しかな?
さくらを見ていたら、美味しそうだったのでつい買っちゃった~。
      
        haru0001.jpg

関西の桜餅は道明寺を使った↑のような桜餅です。
関東の桜餅って薄く焼いた皮で餡をくるっと巻いてあるんですよね。
大人になるまで知りませんでした!

子供の頃に食べていた桜餅よりちょっとお上品な桜餅でした。
中は薄い桜色のしろ餡に桜の香り。美味♪
子供の頃は普通のこし餡が入っていたと思います。

お花を見て、甘い物食べて、しあわせ~。