FC2ブログ

浴衣が縫えましたー

先週届いた浴衣の反物を縫っていました。
縫いあがりましたよー。うれしいなぁー、今年の夏に間に合いましたねー。


        朝顔の浴衣 0010001.jpg

 こんな感じです。
 
 せっせ、せっせっと縫っていました。まっすぐ縫うところはテレビを見ながら。(聞きながら?)
 襟の朝顔の柄がもうちょっと顔に近いところきてくれると良かったなぁ。とか
 後ろから見たとき柄の感じからおしりが大きく見えるんじゃないかぁ?とか
 今後の課題でしょうか。

 これをせっせと縫っていたので和裁のお教室で縫っている長襦袢の宿題がおろそかになってしまいました。
 
 今から宿題やります!間に合わないけど...
スポンサーサイト



英語多読  スモールさんの絵本

図書館で絵本を借りてきました。
今回は図書館の夏休みが入るので貸出期間が長いので、絵本は3冊だけ借りて
あとは児童書を借りてきました。

和書の絵本の『スモールさんのシリーズ』が図書館にいっぱい並んでいます。
でも、洋書のスモールさん、あんまり置いていないのです。

  The Little Sailboat.jpg  The Little Fire Engine.jpg

少なくとも、この2冊は図書館にあるようです。
でも、いつも誰かが借りていて、なかなかめぐり合えません。
他にもいっぱいあるのですが、図書館さん買ってくれないかなぁ。リクエストしてみよう。

  The Little Airplane.jpg  The Little Train.jpg

  Cowboy Small.jpg Policeman Small.jpg Papa Small.jpg

ハードカバーばかりなので自分で買うにはちょっとお値段がね...一冊1300円とかしちゃうし。

アマゾンでも品切れしちゃってるのが

  The Little Farm.jpg The Little Auto.jpg
再版しないのかしら?

のんびりした風景と丸顔で、いい味でしょ?
仕事をするスモールさんのお話がシンプルな英語で楽しめます。
男の子には人気のあるシリーズですよね。

浴衣で夜店に行ってきました

今日も暑かったですね。
土日は主人がいるので一日中クーラーをつけています。
すごく暑いもんねー、しょうがないか。

近くの商店街で夜店が出ていました。
毎年やっていたのかしら?知らなかったです。
夏休みだものね。子ども達でごったがえしていました。

あまり人がいないと雰囲気がありませんが、狭い商店街に人がわんさかいました。
ちいさな女の子たちが浴衣を着ていて、かわいかったです。
おかあさん達はお洋服なのね。こどもに浴衣を着せるだけで疲れちゃったかな?

浴衣を着て出かけました。

      絞りのゆかた0001.jpg

主人が赤い帯がいいと言うので、今日は赤い博多帯。
赤い帯、ちょっと気恥ずかしいですね。若い時に買ったものだから...
洋服だと赤い色はあまり着ないのですが、着物はともかく、帯や小物は赤が好きです。
明るい色だと気持ちが晴れやかになる気がして。

英語多読 ババール

ババールの絵本をまた借りてきました。
以前日記に書いた本には入っていなかったお話です。


             Babar and His Children.jpg

★Babar and His Children / Jean De Brunhoff 『ババールのこどもたち』

 王様のババールとセレステに赤ちゃんが生まれます。
 なんと、それも三つ子ちゃん。男の子が二人と女の子がひとり。
 ポム、フローラ、アレキサンダーと名付けました。
 ババールが服を着るきっかけになった伯母様も一緒になって子育てです。
 アレキサンダーがやんちゃをやらかしたり、ババールのお話もにぎやかになってきました。

 赤ちゃんぞうがガラガラを飲み込んじゃったり、ベビーカーが坂をころがっていったりと
 いろんなことが起きてしまいます。
 ババールとセレステの子ども達への愛情がほのぼのした絵で楽しいです。

 この子達が三つ子だったとは知りませんでした。
 大きさが違うように思えたので、普通の兄弟だと思っていました。
 でも、本当の象は三つ子は無理ですよね?違う?

ちょっと体重を減らさねば!

暑いですねー、関西は梅雨明けがまだですから、これからもっと暑くなるのでしょうかね。
ヨーロッパやアメリカ(カリファルニア)で猛暑らしいですね。
みなさん、熱中症に気をつけましょう。水分をとらなければいけないそうです。

体調が悪かった時にのんびりしすぎで太ってしまった!
なので、ダイエットしなければいけません。
炭水化物とお酒を減らしています。暑いのに、ビールも飲んでないの!
といってもまだ3日目ですけどね。

先日、友人と会ったときにスロトレが話題に上がりました。
本も読んでみたいなぁ。

今日、郵便局へ行って、スーパーに行って、帰ってきたら500グラム減ってました。
近いんですよー家からスーパーまで。汗ですね...汗がいっぱい出てその分減ったわけですね。

でも、今400MLくらいいっきに飲みました~。飲んだのはビールじゃありませんよ、水です。(笑)

英語多読について

私はSSS式の多読をしています。それって、読んだ語数を数えるのですね、目安として。
そのことをちゃんと書かずに日記に書いたので誤解をまねいてしまいました。
日本語で書いて誤解される文章を書いてる私がいけないのです。

「800万語がとりあえず目標」と書いたものですから、私が800万語もの英単語を覚えようとしていると思われたわけです。
世の中に英語の単語がどのくらいあるのかも想像がつきませんが、800万語の英単語覚えるのは(少なくとも私には)無謀です、というか、ありえません。
私、コンピューターじゃないですから(笑)

でも、私の書き方が悪かったので、他にもそんなふうに誤解されている方がおられるかと思うと、非常に居心地が悪くて...

ブライアン先生からコメントをいただいたのです。(コメントを日記に書いてよいのかしら?不都合があったら言ってくださいませ。削除しますので。)

In my opinion, 90 minutes a month is not going to have much effect. The idea of のんびり usually doesn’t work with language learning, as the evidence tends to indicate that short, intensive courses are typically more effective.

Since you are already doing Extensive Reading, you are likely to naturally increase your vocabulary. However, an objective of 800,000 English words in not likely to be possible. For example, it is estimated that Shakespeare had a vocabulary of 18-25,000 words that are used in his writing.

It is estimated that a 16-year-old teenager has a vocabulary of about 10,000 words, and a university graduate about 25,000. However, the average person uses a ”core vocabulary”of about 2,000 words in everyday speech.

I suggest that you think deeply about these ideas.

Brian

**********************************************************
こんな誤解されますよね。 私の日記の書き方では。すみません。(汗)

SSSの多読では
Once upon a time,there was a little girl who was called Haruko-chan.
という文章を読んだら、13語と数えているわけです。wasが2度でてきても2語と数えるわけです。
多読をする人によって読んでいる本は違いますから、○○語と言っても人によってさまざまなわけですね。
人によって好みも知識も興味も違いますから。同じ語数といっても人それぞれです。

人と比べず、自分のペースで、しかも楽しみながら続けられる多読は英語の勉強法の一つとして優れていると思います。
英会話教室はストレスでしかなかった私が、英会話教室で楽しく話しているのは
私の中ではとっても大きな変化でした。

ミニかぼちゃ

かぼちゃは夏が旬ですね。
最近は冬でもニュージーランド産などのかぼちゃがスーパーに並んでいるので、季節感がありませんが。

ミニかぼちゃが届きました。

            ミニかぼちゃ0001.jpg


たまごと並べてみました。大きさがわかるでしょうか?
かわいいサイズのかぼちゃです。
サイズを生かして、姿を残したお料理にしたいです。

くり抜いてかぼちゃプリンなんかもおいしそう...ダメだ、ダイエットしなくちゃ!
鶏ミンチなんかを詰めて蒸してみようかしら?

今になって、もう一枚浴衣を縫おうとしている

そろそろ梅雨明けも近いらしいですね。
でも、今日は蒸し暑いです~。これから梅雨が明けたらカラッと暑くなるのでしょうか?
でも、暑いのもしんどいですよね。蒸し暑いのとどっちがましなのでしょう。

今さらですが、和裁教室で教えていただいた浴衣の縫い方を忘れてしまわないうちにもう一枚縫って、
今年の夏に着たいです。間に合うでしょうかー。

土曜日に注文した浴衣の反物が今日届きました。朝顔の柄です。


          朝顔の浴衣0001.jpg

実は、「最初は柄あわせって結構難しいのよ」と友人から聞いていたので、最初は縞の浴衣にしました。
その浴衣と同時進行で家で縫っていた木綿の着物も縞でしたので、柄あわせは初めてです。

早速、柄を見て自分なりに考えました。
もう切っちゃいましたよー。大丈夫かなぁ?まぁ大丈夫でしょう。自分のだしね♪
多少柄あわせ下手でもOKといたしましょう。


お稽古で縫っている長襦袢も袖を付けるところまできました。
もうじき出来上がりです!楽しみだなぁ。

雨ですねぇ

このあたりは雨です。梅雨があけませんねぇ。
暑いのもまいるけど、いつまでも梅雨ってうっとうしいですよね。

雨だけれど、浴衣が着たかったので、傘をさして近くのモールまで。
今日は絞りの浴衣にポリエステルの絽の半巾帯です。合っているんでしょうか?

     絞りの浴衣+絽の半巾0001.jpg


この浴衣でだんなと二人で、またしてもチャレンジ ザ トリプルをチャレンジ!
私の中のもう一人の私が「いつからやるんだダイエット!」といってますが...
今日がチャレンジ ザ トリプルの最終日なんだもん。(汗)

今日は土用ですねぇ、うなぎがいっぱい売ってました。
私は『うなぎも』も好きです。焼いて香ばしいのがおいしい。
焼き鱧皮ときゅうりの酢の物でお酒もいいなぁ...(ダイエットからだんだん遠ざかる)


浴衣を着てお祭りに出かけたいです。
花火も見たいなぁ。

お安い、でもかわいいなぁトンボ玉

今日の夕飯は外食。お寿司を食べに行ってきました。
お寿司以外にも色々出してくださって、鱧の湯引きをいただきました。
関西の夏はハモです。
京都の祇園さんは終わりましたが、この時期は鱧をいただかなければ夏が来た気がしません。

知り合いのおすし屋さんなのです。奥様がケーキ作りがお上手なんです。
ブルーベリーのロールケーキをデザートにいただきました。
懐石もされているので、そのデザート用のヴァイオレットフィズのゼリーもいただいちゃいました。
大満足の夕飯です。

梅雨の晴れ間なので浴衣を着物みたいに半襟をつけて着てゆきました。
最近、浴衣に半襟が気に入っています。
私はクーラーに弱いので、電車やお店のクーラーが寒くてたまらないのです。
浴衣だけではまだ寒い。襟がついているとずいぶん楽です。
首から冷えるのかしら?

トンボ玉もしてみました。お安かった物なので4つも買ってしまった。
白の博多の半巾帯に今日はみどりのトンボ玉。


   緑のトンボ玉 0030001.jpg   緑のトンボ玉 0040002.jpg

 写真を撮ったときは帯板を忘れていたので皺になっていますねー。
 出かける時に思い出して後から帯板を入れました。あわてものです。

英会話教室に行ってきました

5月から通い始めた英会話教室。
これが、月に二回というとってものんびりした教室です。
まさか、月に二回1時間半の教室に通って、それだけで英語が喋れるようになると考えて通ってくる人はいないですよね。
そんなの何年かかることか。

私がこの教室に申し込んだのは、英語を話す機会がないからです。
多読を始めて3年くらいたったころ、急に英語で話したくなったんです。
その時通っていたクラスは人数が集まらなくてキャンセルされてしまったので半年しか通えませんでした。
今のクラスはどれくらい続いてくれるかしら?ちょっと不安。


英語を勉強されている方のブログを読ませてもらいにうろうろしたりしますが
TOEICでとってもいい点をとってられる方なんかも多くて、その方たちもまだまだ勉強されているようで
まぁ、ゴールってないんでしょうが、どこを目指せばいいのでしょうね。
先が見えないと何だか不安になります。

100万語を目指して多読していたわけですが、今740万語?くらいかしら。
自分から英語を話したいと思ったのが一年近く前です。 600万語くらいだったのかしら?
とりあえず、目先の目標は800万語でしょうか。

 

『ダ ビンチ コード』 観にいってきました

評判がいいんだか悪いんだか。両方聞きますね。
私には悪くなかったけれど。悪い評判を聞いていて期待が薄かったからかもしれませんが。

先に本を読んでしまいたくて映画を見に行くのが遅くなっちゃっいました。
英語で読んだので読み間違えてるかも、と思ったけれど大丈夫だったみたいです。
答え合わせするつもりで映画を見に行ったわけではありませんが、大きく誤解してたら悲しいですから。

配役は
ラングドン    トム・ハンクス  (本を読んでいる時は自分のイメージと合わないと思ったけれど、そう悪くもなかったかな)

ソフィー     オドレイ・トトゥ  (アメリの頃からは、ずいぶん大人になられて...私のソフィーのイメージとは違うけれど)

ティービング  イアン・マッケラン (映画のコマーシャルの時からどの役かしら?と思っていましたが、この役だよね、やっぱり。マニアックなおじいさん役ははまり役かも。)

ファーシェ    ジャン・レノ    (あんなにちょびっとしか映らないのにジャン・レノ...もったいない気がする。)

サイラス     ポール・ベタニー (怖い!ごつい!この人誰?私あまり俳優さん知らないから...でも、モンク役にはぴったりなのかも。)

ストーリーは...昨日の日記に少し書きました。サスペンス?推理物のあらすじってうっかり書くとネタバレですからやめときますね。
上手に書ければいいのだけれど、文才ないし。

原作が500ページ近いので、それを映画にすると、ずいぶん端折ってあるのはしょうがない。
先に本を読んでいるので、ハラハラドキドキは少なかったかも。
ハラハラドキドキを感じたい方は映画をお先にどうぞ。
でも、話をしっかり追いたいなら本をお先に。映画になってない部分を頭で映像化しながら観られますよ。

この映画、カソリックの国で上映しないのですか?
原作よりも映画が拒絶されて、ソニーの不買運動にもなっているとか聞いたような。
原作と変えてある最後のところがちょっとひっかかるかな?
キリスト教徒でない私には「えっ、そうゆうことにしちゃうわけ?」って程度ですけれどね。

英語多読  “The Da Vinci Code”

ずいぶん前に読み始めた『ダ・ビンチ・コード』読み終わりました。

            The Da Vinci Code.jpg

489ページ、138000語、YL9(SSSでの読みやすさのレベル)
キリスト教のこと、ヨーロッパの歴史(宗教がらみの)、など私は疎いですが楽しめました。
いえ、疎いから楽しめちゃうのかな?単純に。


ストーリーは
ルーブル美術館で人が殺された。その死体は奇妙な形で残されていた。
殺人者がそうしたのではなく、死んだ人間本人が銃で撃たれた後そのような形を残したのだ。
容疑者としてハーバード大学の教授のラングドンの名があがった。
殺されたソニエールが彼の名を書き残したからだ。

ラングドンをフランスのDCPJ(特殊警察?)の手から逃れるために手を貸す女性が現れる。
それは、ソニエールの孫娘ソフィーだった。
二人はソニエールの残したなぞを解くため、ラングドンの濡れ衣を晴らすために動き始めるが...

 

半分くらいまで読んで、「まだ最初に人が殺されてから夜が明けていない」と気がついた。
あちらこちらとパリ中を逃げ回っていたから、ずいぶん時間がたったように思っていたけれど
この話、500ページ近くあるけれどたった3日ほどなんだ。
この本を3日で読めるようになったらもっとスピード感のある話に感じるんでしょうね。

途中、何日か体調が悪かった間あまり読めなかったのですけれど、先が気になって少しは読んでました。
この本は章が細かくて、短い章は1ページしかないほどだったので、少ししか読めないような時にも読めてました。
PBをドンドン読める人には、かえって細切れな感じがするかもしれませんね。

古い映画  『007は二度死ぬ』

もうじき007の新作『Casino Royale』が映画館で見られますね。
これは原作では最初の巻ですね。007のシリーズでは映画にしていなかったのですね。
(シリーズに数えられていないのではあるようなんですが)


           007は二度死ぬ.jpg

『007は二度死ぬ』は日本が舞台です。(“You only live twice” / Ian Fleming)
日本で007のシリーズが観客を呼んで、かなりの収益があったそうですが
その当時、日本では外国へのお金の持ち出しに制限があったということで
持ち出せないお金を日本で使ってしまえ、ってことで日本で撮影されたとか。
古い映画なので、外国人から見た日本ってこんなかなぁ?ってちょっと笑えますね。

この映画の中でショーン・コネリー演じるところのジェームス・ボンドが死んだことになって変装をして日本にやってくる。
という設定ですが、ボンドが日本人のふりをするところがまた笑えます。
ぜんぜん日本人には見えませんから~。

この時のボンドガールが浜美枝です。丹波哲郎もタイガー・田中役で出ています。
浜美枝さんは海女なのですが、泳ぎが下手です(笑)
あまり下手なので役を降ろされそうになったとか。水中で泳いでいるところは吹き替え。
急遽吹き替えになったらしくて、泳いでいるのはショーン・コネリーの奥様らしい。(記憶違いだったらすみません。)
この海女さん、白いビキニ姿です。その当時、いや今でも海女のショーを見たってビキニは着てないですよね。(笑)

忍者が人型の板に手裏剣を投げる練習をしている場面があるのですが、そこは姫路城。
忍者役が手裏剣投げが下手で姫路城の城壁に傷をつけたらしくて、クレームがついたらしい。
そりゃ重要文化財ですからねぇ。外人さん乱暴です。

こんなふうに楽しみどころいっぱいの『007は二度死ぬ』見てみます?
家では結構うけましたよー。

英語多読  『うさぎのおうち』

★Home for a Bunny / Margaret Wise Brown  Pictures by Garth Williams 『うさぎのおうち』

             Home for a Bunny.jpg    Goodnight Moon.jpg

 Margaret Wise BrownさんはGoodnight moonで有名な絵本作家。
 この『うさぎのおうち』はA Golden BookからでているA Golden Lap Bookと書いてありました。
 ひざの上で広げて読む、大きいサイズの絵本です。
 私の好きなGarth Williamsさんのイラストです。
 見開きでひとつの絵なので大きな絵でかわいいうさぎの、そのふわふわした感じがよく伝わってきます。
 
 Margaret Wise Brownさんの文は声を出して読むと、とってもリズミカルで気持ちがいいのです。
 
 小さな子向きの絵本なので、お話は単純ですが、はずむような楽しい文章で春を感じます。

ちょっとだけ英語多読 エッツさんの絵本

図書館に行ってきました。
インドの方かしら?小さい女の子を二人連れておられて、上のお子さん、(5,6歳かしら?)と私は同じ絵本の棚で並んで絵本を探してました。
まぁ、このくらいの子供の英語レベルなんでしょうねぇ、私の英語。

絵本は子どもが自分で読む場合と親に読み聞かせてもらう場合がありますから
子どもに読んで聞かせて分からないときは親がやさしい言葉で説明してくれるでしょうし
日本の学校で英語を習っていても聞いたことがない単語が結構あって
「こどもが読むものだから読めてあたりまえ」と思って手を出すと結構痛い目に遭います。
どれくらい読んだら英語のネイティブの人と同じように楽しめるのかしら?
もしかしたら、文化の違う私たちはずーっと無理なのかしら?

今日はエッツさんの絵本を借りてきました。

    Gilberto and the Wind.jpg

 ★Gilberto and the wind / Marie hall Ets

 小さな男の子ジルベルトと風。
 風はジルベルトの風船を飛ばしてしまったり、洗濯物をあおって洗濯バサミを取っちゃったり。
 おおきな男の子達の凧は空に飛ばしてくれるのにジルベルトの凧はちっとも飛ばしてくれない。
 でもね、リンゴの木下で待ってると風がリンゴの実を落っことしてくれたり
 風車をまわしていっしょに遊んだりもするの。
 時にはすごく強く吹いてジルベルトを怖がらせたりもするけれど。
 でも、ジルベルトは風がとっても好きなんです。

 初版は1963年、ながく親しまれている絵本です。
 
 エッツさんの絵本はこっちを知っている方も多いかと思います。
 

    もりのなか.jpgまた もりへ.jpg
 

英語多読  図書館で借りた絵本

多読と言いながら、この何週間はほとんど少読。
でも、図書館でお借りしてきた本はちょっとだけ読んでました。

  I Saw Esau.jpg    cabbage moon0001.jpg    The Three Robbers.jpg


 ★I SAW ESAU  /  Iona  Opie   Illustrated by Maurice Sendak  『イーソーを見た』

 この本、副題は The Schoolchild’s Pocket Book。
 子ども達が学校でする言葉あそび。早口言葉や数え歌などを集めた本です。
 (I scream,You scream, We all scream, For ice-cream なんかですね。)
 編者はマザーグースの本を紹介した時のあのIona Opieさんです。
 そして、挿絵はセンダクさんです
 言葉遊びを声を出して読んでいるととってもおもしろい。そこにセンダクさんの挿絵ですから本当に楽しい本です。
 

 以前、友人にお借りして読んだのです。再読です。
 とっても愉快なので図書館で見つけてうれしかったです。
 邦題がついていたので、最初は邦訳されているのかと思いました。
 言葉遊びを邦訳するのかしら?と思っていたら、中身は英語。
 そりゃそうですよねー。どんなにがんばって訳しても、音で遊んでいるんだもの。

 See you later alligatorなんてよく聞きます(読みます。)
 これを007のジェームス・ボンドが映画の中で言ってたの。(笑)
 ショーン・コネリーがボンドをやっていた時だからどれだったかな?
 気取ってるのにこのセリフ、かわいいね。
 
 ★Cabbage Moon /  Jan Wahl   Illustrated by Adrienne Adams
 
 ファンダジーなお話。
 お月様が好きなお姫様、お月様はキャベツでできていると言うのです。
 ある時キャベツのお月様が盗まれて、その泥棒はキャベツをサワークリームで煮始めた!
 そこで、お姫様の愛犬が大活躍。

 有名なお話なのかしら?違うイラストレーターでも出版されています。

 ★The three robbers  /  Tomi Ungerer  『すてきな三にんぐみ』

 むかしむかし、あるところに、おそろしい三にんぐみの泥棒がおりました。
 夜な夜な馬車を止めて金品を奪っては宝の箱に貯め込んでいたのです。
 ある夜、馬車を止めると、そこにはちいさい女子が乗っていました。
 孤児だったその子を連れて帰る泥棒たち。
 その女の子に「これは何に使うの?」と宝の箱のことを尋ねられた三にんは返事もできません。
 さて、三にんぐみの泥棒たちはどんな使い道を思いついたでしょうね。

太った...(涙)

ここのところ、かなりひどい食生活でした。
ずっと具合が悪かったので、家から出ることもなく、お買い物にすら行かず暮らしていました。
ちょっと楽だと外に出かけたりしましたが、主人と外食になることも多かった。

主人に買ってきてもらったお弁当で済ませることも多かったです。
「身体がつらかったら無理して作らなくてもいい。
冷蔵庫の野菜が悪くなっちゃっても仕方がない。
夜に寝られなかったら寝れる時に寝てな。」って言ってくれたのでずいぶん気が楽になりました。

今日は調子がいいわ!野菜いっぱい食べよー。
ちょっとは動いて体重も減らさなくちゃー!

寝てばっかりいたので家事が...たまった。
あーしんど。


買ってきたお惣菜とかお弁当ってやっぱりお肉に偏りますね。
主人も魚より肉を喜びます。
肉が続いたので今日は鯖です。イカときゅうりの酢の物もつくりましょうか。
お野菜もたべましょう。菜っ葉と揚げの煮びたしは早く作って冷やしたほうがいいかな?

生活もぼちぼちもどって来ました。

チクチクと襦袢を縫っています

体調が回復したので、チクチクと長襦袢を縫っています。
和裁の教室で教えていただいている正絹の長襦袢、襟もつきましたので後は袖をつければ出来上がりかしら?
うれしいなぁ、初めての自作の長襦袢。無双の袖の単長襦袢です。

一方、ポリの長襦袢。こちらは自習用です。
反物を前に「忘れかけているわ...」と不安だったわりには、何とか進んでいます。
先生のチェックが入らないので、いい加減なところもあるなぁ。

正絹とポリを縫っていて、なんだかポリの方がごわごわ分厚い気がします。
楊柳になっているからでしょうか。ポリエステルもいろいろあるのでしょうね。


この一月ほど体調悪くて、ちっとも多読が進んでいません。
読みたい本が山積みなのになぁ。そういえば、「ダビンチコード」も7割ほど読んで置いてあります。
面白くなってきていたのに~!

白茄子が届きました。

わが家では有機野菜の配達をお願いしています。
畑の季節にお任せなので何が届くか届いてからのお楽しみということになります。
今回届いたのは白茄子。

          白茄子 0010001.jpg

普通のお茄子よりは皮が幾分硬いですが、これを焼き茄子にしますと、とってもおいしいのです。
お茄子は英語でEggplantといいますが、白茄子はまさしく卵のようですね。

          白茄子 0020002.jpg

こちらはマダーボールすいかです。横に置いた白茄子は普通のお茄子の大きさ。
ラグビーボール型の小ぶりなすいかです。でも、皮が薄いので食べられるところは案外多いのです。

すいかは一つのつるにいくつ実をつけて育てるかで味が違ってくるのだと聞いたことがあります。
いつも届けてもらうこのすいかは甘くてとってもおいしいの♪

夏のお野菜大好きなのでいっぱい食べて夏を乗り切ろう!

浴衣を買いました。

お安い浴衣を買いました。
クーラーが苦手なので毎日浴衣を着ています。
主人が帰るとクーラーをつけることになるので、まさしく湯上りに着ているのです。

ミシンで縫ってあります。とっても安かったの。
和裁で先生に「浴衣やから簡単にやのうて、着物を縫うときにでも通用する縫い方を教えますぅ」
と丁寧に教えていただきました。(関西弁)
だから、ちょっとびっくりなくらい簡単に縫ってあって、きっと着物なんて見たこともない国の方が縫ってくれているのでしょうねって思いました。

1000円以下だったわけですから文句は言いますまい。
バスローブのように着用しているわけですしね。
裄も書かれていたよりは実寸は短いようです。
裄は料理をしている時はタスキ掛けですから短くてもまぁいいでしょう。

でも、昔に親に買ってもらって、もうお寝巻きくらいにしか使えないかしら?
って思っていた浴衣の方が何十倍も丁寧に縫われていて、「大切にしましょう」と改めて思いました。


        950円の浴衣0001.jpg

こんなのです。涼しそうでしょ?(帯がちょっと合ってませんけれど)
柄あわせまで言いだすと1000円以下ではできないですよね。
上前の空白が気になりますが、室内着としておきましょう。
安い反物を見つけてもう一枚浴衣を縫ってみようかしら?お稽古にもなりますからね。

ポリの長襦袢を縫い始めました

和裁の教室で教えていただいても、なかなか一度では覚えられないので並行してもう一枚長襦袢を縫おうと反物を買ってありました。

教室で教えていただいてる分だけでも宿題があるので、やっと手をつけ始めました。
こんどこそ、本当のポリエステルです。(笑)

しかし!忘れている!!!
もう、すでに忘れかけているではないか!
こんなに記憶力が悪かったか?ボケてきたのか?

大体のところは思い出せるのに、細かいところがなんともあやふや。
丁度お向かいの席で長襦袢を縫ってる方が次のお稽古の日に教わるあたりなので一緒に教えていただこう。

このポリエステルの反物、あまり深く考えずに購入しましたが、
反物を包んであるビニールに『涼』の文字。楊柳みたいなシボがあります。
こういうのは時期はいつごろ着るのかしら?
盛夏以外の夏?単衣の時期かしら。
涼って書いてあるけれど、色は涼しそうでもポリだもの涼しいわけないですよね。
梅雨の時期はつらそう...

でも、シボがあるせいかつるつると滑りません。
テーブルに広げてヘラで印をつけるのもラクチンです。
自習用にはよかったかも。

体調も戻ったようだし、せっせと縫いましょう。

プレゼント頂いちゃいましたー。

 プレゼントが当たりました~。
 時々インターネットで買い物をしているリサイクルのきものやさんのプレゼントに応募していました。
 すっかり忘れかけていたのですが、「あらー、今月のプレゼントかわいいわねー」って見ていたら
 先月のプレゼント当選者の名前に私の名前がありました。うれしー。


         プレゼントで当たった半巾0001.jpg

 リバーシブルのポリの浴衣帯です。
 夏はクーラーが寒いので、毎日のように浴衣を着ています。
 だから、浴衣帯は何本もほしいところです。うれしいなっ♪

 

英語多読  「美女と野獣」

 ディズニーのでおなじみの「美女と野獣」
 水彩画の美しい絵本があったので図書館で借りてきました。

                   美女と野獣 0010001.jpg

 ★Beauty and the Beast / Retold and Illustrated by Warwick Hutton
 
 ストーリーはみなさんご存知。
 ある商人が嵐を避けて泊まった館は恐ろしい風体のBeastの住む館だったのです。
 館の薔薇を手折ったばかりに商人は娘の一人を館に住まわせると約束させられてしまうのです。
 美しく、心優しい末娘のBeautyが父の命を助けるために館に住まうことになります。
 そして...

 
 プリンセスストーリーですから。ハッピーエンドです。
 やさしい水彩画で描かれた風景の色合いが美しい絵本です。
 
 

久しぶりの日記です。

 体調が悪くて、一晩ぐっすり眠ることもできなくって昼間もフラフラしているので
 何もできなくて、それがまたイライラしてしまって。

 いつもなら、こんなとき絵本でも読んでのんびりしているのだけれど、
 それも手に取る気がしなくて、体調を整えるって大切なことですね。

 昨日は夕飯も主人が買って帰ってくれて、ラクチンさせてもらいました。
 食欲がないとメニューもうかばない、でも、目の前に食べ物を用意してもらうと結構食べられるものです。
 朝、昼食べてないからあたりまえかも。

 今日は少し楽になりました。
 本も読みたいな。絵本もよみたいな。
 夕飯も何にしようかな?スペアリブでも焼いてみようかな?

夏の着物がほしいなぁ...

7月になってしまいました。カレンダーの半分が終わっちゃったのですねぇ...
夏ですねぇ。梅雨らしく雨も毎日降っていますし、ムシムシと湿度も高くて。

夏の暑い時に着る着物って今まで着る機会もなかったので持っていないのです。
でも、着ている方を見かけると、何だか涼しげでいいですよね。
着ておられる方は暑いのでしょうが、目に涼しく、気持ちがいいです。

せっかく和裁を習い始めたので、麻の反物を買ってしまいました。
今縫っている襦袢の後に縫うのですから、今年の夏には間に合わないのはわかっているのです。
でも、暑い時に涼しげな生地を縫うのも楽しい。

今日は綿麻の浴衣に先日作った半襦袢、きんぎょの半巾帯。
半襦袢には猫がボールで遊んでいる柄のコットンの半襟を付けました。
パッチワークの時の残り布なんですけどね。
今までしたことないけれど、浴衣を着物みたいに着てみました。

私は、丸々しているので、補正は要らないだろうと思っていましたが、そうでもないようです。
着付けを習った事がありませんので、本当はどんなふうに補正をしたらよいか知らないのですが
補正というよりも、着物に汗がつくのが嫌なので工夫をしようと
どこかでもらった薄手の白いタオルをたたんで、これまた安く買っておいたガーゼの反物を
伊達締めくらいの長さに切ってタオルを包みました。
半襦袢の上にこれで伊達締めのように締めれば汗も吸ってくれるだろうし
半襦袢の襟も崩れず、良いだろうと思いました。

タオルの部分を背中の汗をかきそうなところに来るように締めてみました。
お太鼓を締めた時にタレがペコっと上がってしまうのはここがへこんでいるためかしら?と思っていたので。

着物って寸胴にしておくことが大切なのですねぇ。
ぽっちゃり、まるまるしていてもやっぱり少々の補正は必要らしい。
補正をして、着物を着てみると何だか今までよりきれいに見える...気がする。


          縞の浴衣 0010001.jpg

これを着て図書館へ行ってきました。
曇っていたのでそんなに暑くなかったですね。

タオルのおかげで浴衣まで汗がしみていませんでした。
タオルとガーゼですから洗濯機へポイってのも楽でいいです。

今日は夏のお着物を楽しみに用意されてる方も多いでしょうね。