FC2ブログ

和裁の宿題

 次の和裁のお稽古まで半月以上あるので忘れてしまいそう。
 ちょっと不安です。

 先週の今年最後のお稽古日「できるところまでやってきてねー。宿題!」って先生。
 初めて縫う浴衣です。覚えて帰ったつもりでもけっこう忘れかけてる。
 一度やっただけでは覚えられないと思って
 もうひとつ木綿の着物を縫っていますが、そっちも同じところまで縫いました。
 間違ってなければいいけど...

 何もなしでは不安なので、和裁の本を買ってみました。
 でも、先生に習ってから読むとわかるのですが、
 何も知らない時にこの本を買って読んだ時はさっぱり分かりませんでした。
 
 出来上がるのはいつごろになるだろう?
 2月かな?
 次はお襦袢が作りたいな。ウールの反物も持っていたのだった。
 夢がふくらむー。


 しかし、お掃除やなんかで忙しいはずの時にブログ書いてる私って
 現実逃避してます。
スポンサーサイト



きもののお洗濯してみた

 もめんの着物とたぶんポリの襦袢を手洗いしてみました。

 実は、初体験。
 いつもは洗濯屋さんまかせです。
 毎日のように着物を着始めて、
 ちょっと洗濯代がもったいないと思い始めました。
 
 セーターが手洗いできるのに、もめんやウールの着物が手洗い不可なわけないですよね。
 でも、おそるおそるです。

 これからアイロンしてみよう。
 のりはカビを呼ぶかしら?やめておこうかな?

 -着物本-
 きもの初心者なので本も楽しくて読んでいます。
 図書館にもいろいろありました。

 ★樋口可南子のきものまわり
 写真がきれい。着物も建物の写真も。

 ★玉緒の「着物」の喜び
 玉緒さんのファンなら楽しいのかも。
 着物の写真がないよー(涙)

 ★きもの草子 / 田中優子
 着物の柄が何に由来しているのか。
 浮世絵や絵巻物の着物も興味がでてきました。
 昔、着物はモダンだった。

英語の絵本を読んでます

英語の多読といいながら最近絵本ばかり読んでいます。
年末で気ぜわしく、きっと絵本が今の気分なのですね。

今日の絵本は

★Miffy in hospital / Dick Buruna
★Miffy in the Tent / Dick Buruna
★Boris and Barbara / Dick Buruna

ご存知ミッフィーちゃんです。
私には「うさこちゃん」なんですけどね(笑)
かわいいです。子供の頃大好きで、今でも実家に置いてあります。

これ、最近知ったのですが、ミッフィーちゃんって顔が少しずつ変わっていたのですね。
私が子供の頃読んでいた「うさこちゃん」はちょっと横長の丸顔してます。
「うさこちゃん」「ゆきのひのうさこちゃん」なんかがそうです。
『Miffy in hospital』『Miffy in the Tent』は新しいので丸顔です。

★Snowy Day / Ezra Jack Keats

『ゆきのひ』です。キーツさんの絵本、大好きなのです。
これはピーターくんのシリーズです。
最近我が家のまわりでもゆきが少し積もりました。
そんな日に読み直したくなる絵本です。

★Louie / Ezra Jack Keats

ピーターくんの妹がちょっと出てきます。
人とうまく付き合えないルイが突然人形劇の人形が気に入ってしまいます。
なかなか友達をつくれないルイに友達ができるかも。Louie.jpgmiffy in hospital.jpgsnowy day.jpg

今日は和書

今日読んだ本は

「蝉しぐれ」 藤沢周平

 映画が上映され、俳優さんのインタビューを聞いて
 映画より本が読みたくなって読みました。
 
 若いほのかな恋心、道場や塾での若者達の競争、藩の権力争い。
 話は文四郎という一人の少年が逆境に負けず成長してゆく姿と共に進んで行きます。
 自然の描写が美しく、若者のすがすがしさとあいまって読後感も心地よく
 藤沢周平の他の作品も読んでみようと思わせる本でした。


和書の小説、特に時代小説を読んだのは久しぶりです。
英語の多読を始めて3年いじょうになりますが、
最初の1年は本当に本といえば英語の本を読んでいました。
その後は和書も読み始めエッセイや軽いものは読んでいました。
やっぱり、日本語は楽だー(笑)ん十年読んでるのだから当たり前ですね。
日本語はうつくしいと思います。

蝉しぐれ.jpg

クリスマスですが、お着物をきています。

寒い日が続いていますね。

思わず、ネルのすそよけを買ってしまいました。
普段着のもめんやウールの着物の下にあったかです。
こんなに違うと思っていませんでしたが、あったかいわー。

昨日、ウールのアンサンブルで上にマントを着てお買い物へ行ってきました。
手袋もして、ちょっと雪のちらつく中を二駅分ほど歩いてお買い物。

帰り道でクリスマスケーキを買いました。
イタリアンのレストランと思っていたお店でしたが、
もとはパティスリーだったようです。
百貨店のケーキ売り場のすごい列におどろいて
今年はケーキなしていいか、と思っていたのですが
おいしかったー。

写真を撮ろうと思っていたのに、気がついたら完食...
跡形もなくなって、写真は撮れず。
我ながら食いしん坊です。
ちなみに、モンブランでした。見た目はモンブランぽくなくて、
クリームの中に渋皮のままグラッセにした栗が入っていてとっても満足。

あー、お着物の日記を書くつもりがケーキの話になってしまったわ。

クリスマスバトン

Melmoさんからクリスマスバトンまわしてもらいましたー。


Q1.気になる相手からクリスマスプレゼント、何がもらいたい??

気になる相手...いないなー。
あっ、友達のおじょうちゃん!
彼女がハリーポッターが大好きで、
私が読んでる英語の本のレベルと彼女の読んでる本が同じで
ママのお友達から私のお友達に昇格したようでちょっと期待。
ハリーポッター関係の小物プレゼントしてくれるかもね。
会えるのが楽しみ~。

Q2.気になる相手に贈りたいプレゼントは??

Q1に書いた彼女にぬいぐるみが買ってあります。
私の子供の頃の着物が彼女にピッタリの大きさだろうと
置いてあります。
似合うかな?楽しみ、楽しみ。

Q3.当日、過ごしたい場所は?

一度くらい本場でクリスマスを味わってみたい。(本場ってどこだろ?)
ホワイトクリスマスなんていいなぁ。

Q4.サンタさんを、いつごろまで信じていましたか?? 

小学校2年生。
友達のお兄さんが喋っちゃいました。
いとこの子どもが今2年生ですが、まだ信じてます。
いつまで信じていてくれるかなー?

Q5.思い出に残っているクリスマスソングは??

“リトルドラマーボーイ”
初めてお小遣いでかったクリスマスのレコードの中でこれが一番好きだった。
去年この歌に絵をつけた絵本を読んで、もっと好きになりました。

Q6.今までで、かっこいい(かわいい)演出とは??

1年生の時親から(その時はサンタだとおもってましたけど)ブロックをもらいました。
私が眠っている間に父が(サンタが 笑)そのブロックでお城を作ってくれました。
目が覚めたときうれしかったですー。

Q7.今年の予定は?? 

今から料理をつくって、ケーキを焼いて...
忙しいー。

Q8.今、考えている最高のシチュエーションとは??

料理やセッティングをぜーーんぶだんなにやってもらって
ゆっくり食事をいただきたい。  だめだな、ありえない。

Q9.このバトンを渡す人を5人

今日はイヴだし、私が最後でいいかしらーん?


今年最後の和裁のお稽古

昨日は今年最後の和裁のお稽古の日でした。

それにしても寒い。ひゅーひゅーと山側から風が吹き降ろしてきます。
お教室は暖かですが、帰り道がつらいです。

たっぷりの宿題...全部覚えているだろうか?
と思って今日宿題をやってみました。

よかった、覚えてて。
次のお稽古までずいぶん日があるので、
教室で縫っている浴衣と復習のために縫っている木綿の着物
両方宿題のところまで縫って行けそう。

初めての和裁なので、柄あわせをしなくてもよいように
浴衣ももめんも縞にしました。
背が高いので柄あわせが必要だったらちょっと難しかったかも。

大きな柄で縫い始めた方は苦労している様子。
でも、ずーっと縞の着物ばかりではねぇ。

だんだん仕上がってくるのが楽しい。

 宿題  おくみを付ける、くける。
   次回は袖の丸みがまだだったから、それかな?

やっと読む時間ができました

なかなか読む時間がとれなくて、せっかく図書館で借りてきたのに読めなかった本をやっと読みました。

 Lottie and Lisa / Erich Kastner
 邦題 『ふたりのロッテ』

 離婚した両親にそれぞれ別々に育てられた双子の姉妹が偶然知り合うことに。
 お互いの存在を知らなかったふたり。
 記憶にも残っていない父母に会うために入れ替わります。


 子供の頃、ケストナーが好きで、よく読んでいました。
 『ふたりのロッテ』は舞台でも観たことがありました。
 『飛ぶ教室』『エーミールと探偵たち』大好きでした。
 英語の本は(ドイツ語がオリジナルでしょうから英訳ですね。)
 もう売っていないようで、残念に思っていたのですが、図書館にありました。
 どなたかの寄贈本のようです。うれしい。
 The Frying Classroomも借りてきました。
 明日が返却日なのに読む時間がとれません。残念。
 延長できるかしら?2005-12-17 12:23:08

英会話教室 最終日

今日は英会話教室の日でした。

やっぱり次回はひとが集まらなくてこのクラスはなくなっちゃいます。
時間が中途半端なのかもしれない。
私にはちょうど良い時間だったのになぁ。
レベルもちょうど良くて。次に行くところ探さなくっちゃ。

クリスマスも近いので、
ちょうど友達が貸してくれた“The Polar Express”のCD付きを持っていって
みんなでえほんを見ながら聞きましたが、初めて聞いたら結構英語が難しかったかも。
私は何回も読んで、CDも何回も聞いているのですけどね。

私の英語はちょっと幼稚かもしれません。
絵本や児童書を読んでいて自然に自分の中にたまってきた英語ですが、
難しそうな長い単語はほとんど知らないです。
中高で覚えたはずの単語はほとんど忘れているのですから。

2005-12-16 23:59:17

パソコン...

私はパソコンがとっても苦手です。
苦手だからさわらない→しらないまま
この繰り返し
なのに始めてしまったこのブログとやら。

???の毎日です。

どうして、みなさんのページあんなに美しいのだろ?

本の表紙の写真はどうやって載せるのかしら?

せっかく書いたのに消えた...消したのね、私...(涙)
なんで消えたの?私何したんだろ?

ついさっき本の表紙の問題は解決しました~
こんな些細なことがうれしい!

たいして使われないままになっているデジカメも役に立つ日がくるかも。

絵本の会

今日も寒い。
昨日も寒かったけれど。

昨日は絵本の会へ行っていました。

友達と絵本の情報交換したり、読み聞かせしたり、してもらったり。
絵本は人に読んで聞かせてもらうとここちがいいのです。
声を出して読むように韻を踏んであるのもたくさんあります。

季節柄クリスマスの本が多かったです。
『あくたれラルフ』のクリスマスものもおもしろかったです。

私は、『どろんこハリー』のシリーズを持って行きました。
我ながら季節感ないわー。
ビーチに遊びに行く話はハワイにでもいるつもりで読みましょうかね。
ハワイなら今も暑いくらいかしらね。

お針のお稽古

昨日、和裁教室に行ってきた。
(どうして昨日の日記ばっかり書いてるのかな?私)

のんびりやっている上に、先生お一人、生徒20数人。
なかなか進みません。

始めたばかりの私達は初めての浴衣を縫っています。
縫い上げてもしばらくは着れませんね。

欲を出してもめんの着物も同時進行で縫い始めました。
これなら縫いあがった頃着れるはず。
いくらなんでも、その頃には仕上げたいな。

宿題 脇縫い。
    来週はおく身かな?

昨日読んだ絵本

お風呂タイムに読んだ絵本。

○Harry the Dirty dog / Gene Zion
 『どろんこハリ-』

 ハリーは白いからだに黒いぶちがあるんです。
 でも、泥んこになって遊んできたら
 まるで黒いからだに白いぶちの犬にみえます。
 家族にハリーだとわかってもらえない。

○No Roses For Harry / Gene Zion
 『ハリ-のセ-タ-』
 
 『どろんこハリー』シリーズ。
 せっかく送ってもらったバラの柄のセーターが気に入らないハリー。
 こんなのなくしちゃえって考えるのだけれど、うまく行きません。

○Harry by the Sea / Gene Zion
 『うみべのハリ-』

 これも、『どろんこハリー』のシリーズ。
 暑いのがキライなハリー。
 日陰を探しているうちに迷子になっちゃった。

○Harry and the Lady Next Door / Gene Zion
 『ハリ-のだいかつやく 』

 『どろんこハリー』のシリーズ。
 I CAN READ I Can Read Books Level 1
 ご近所さんたちが大好きなハリー、お隣のおばさんを除いては...
 なぜキライかというと、かん高い大きな声で歌うからなんです。
 こんな人いるかも。

○The Man Who Wore All His Clothes / Allan Ahlberg

 あるだけの服を着こんで、お仕事に出かけて行くパパのお話。
 どうして、いっぱい着込むのかは読んでからのお楽しみ。
 ヒントはクリスマスに読みたくなった本です。

 
寒い日はお家で読書がすき。出不精です。
さむーい日も心があったかくなるのが絵本ですねー。
そもそも、お風呂で読書ですからあったかいんですけどね。Harry the Dirty Dog2005-12-15 10:15:272005-12-15 10:21:16

昨日読んだ本

 絵本を2冊読みました。

 “Harvey Slumfenburger’s Christmas Present”『クリスマスのおくりもの』
 John Burningham  

 Harveyくんへのプレゼントを配り忘れたサンタさん。
 疲れ果てたトナカイたちを休ませて、それこそ野を越え山越え配りに行きます。


 “The Easter Story”『イースターストーリー―キリスト復活ものがたり』
 Brian Wildsmith

 ブライアン・ワイルドスミスさんは子どもの向けの聖書ものを他にも書いていますね。
 イースターの時に読もうと思っていたのに...
 クリスマスだし、読んでおきましょう。


 図書館で借りた『二人のロッテ』まだ読めていませんね。
 2005-12-15 10:32:51

寒くなってきました

さむいですー。冬ですからあたりまえですが。

昨日は前にも書いたお召しを着て実家へ。
母の着物をもらってきているので、それを着てゆくと母がうれしそうです。
若い時の着物のようで、父は見覚えがないらしい。忘れてるのかな?

私の母は、それこそキャリアウーマンのハシリで、
着物もほとんどきていませんでした。
でも、昔の人ってそれでも帯くらいは結べてしまうのですね。

昔、友達と浴衣を着てお祭りに行きたいけれど
着せてくれる母は仕事で帰宅が遅い。
母に教えてもらって自分で浴衣を着たのは中学生くらいでした。

着付けも習ってみようかとも思うけれど、習うよりなれ。
毎日着ているうちに、なんとなくさまになってくるようです。
ちゃんと習った人からみたら「ぎょ」っとするような着方をしてるんじゃないかと思う時もありますが。
年齢もあって、昔のように道で着物の着方を注意してくださる方もありませんね。
ちょっと寂しいなぁ。

今日は、もめんの着物です。
ウールの着物を洗ってみようかな。
自分で洗うのは初めて。大丈夫かしら?

なまえ

 春子は私の叔母の名前です。
 大好きな叔母でした。
 17年前に亡くなりました。

 私は、母が仕事を持っていたので叔母が面倒をみてくれていました。
 7ヶ月から8歳まで。
 手のかかる時期ですね。
 かわいがってくれました。

 大きくなってからは離れて暮らしていたので
 今でも叔母が生きているような気がします。
 しばらく会っていないだけなような気がするのです。

 うさぎのように、ほわほわとあたたかく、やさしい叔母だったので
 うさぎの春子をニックネームにしました。

 会いたいなって今でも時々思います。
 

ハリーポッターと炎のゴブレット

先日、ハリーポッターと炎のゴブレットを観てきました。
ダニエル君たちが大きくなっちゃってー。
って、まるで遠い親戚のおばさんみたい。

“Harry Potter and The Goblet of Fire”を読んだのは2003年の6月。
映画を観て「こんなだったかなぁー?」と思うところもあったり。
もちろん、「あー、とばされてるー。」と思うところもあった。

一作目の配役が決まったと時、もう4巻を読んでいたので
「ハーマイオニーかわいすぎない?」と友達が言ったけれど
「だって、4巻でうつくしい女の子にならなきゃいけないんだから...」
と思ったけど。
小さい時の方がかわいかったなぁ、ハーマイオニー。

忘れかけている“Harry Potter and The Goblet of Fire”を
もう一回読もうと、今度は朗読CDを聞いています。
分厚い本なので、再読はちょとしんどいから。
しかし、CDの枚数も多いわ。最後まで聞けるかな?

英会話教室に行ってきました

 今日は英会話教室の日。
 でも、この教室来週でおしまい。
 来学期は人数が集まらないみたいで
 なくなっちゃう。

 来月からどうしようかなぁ。
 せっかく始めた英会話、3ヶ月休んだりしたくないな。

 -英語とのお付き合い-
 中学、高校の英語の授業いらい、しばらく英語にふれていなかった。
 でも、英語を話したいし、子供の頃読んだ本の原作も読んでみたい。
 辞書を引きながら、10年間に読んだ児童書たった20冊あまり。
 ハリーポッターも4巻までこの方法で読了。
 全然英語は話せない、辞書なしじゃ読めない、書けない、わからない。

 3年前から英語の本の多読を開始。
 SSS多読学習法(http://www.seg.co.jp/sss/)
 多読って、いっぱい本を読むこと。

 三原則ってのがあって
 ・辞書は引かない (引かなくてもわかる本を読む)
 ・分からないところは飛ばして前へ進む 
  (わかっているところをつなげて読む)
 ・つまらなくなったら止める 
  (1 2 の原則で楽しく読めない本は読まない) 
 です。

 辞書を引かなくていいと書かれていたのがうれしかった。
 だって、面倒なんだもの。

 英語の勉強のつもりが、
 いつしか英語の本を読むことをただ楽しんでいた。
 3年間で800冊のえほんや児童書などを読んだ。

 そしたら、急に英語を喋りたくなってきた。
 で、英会話教室に参加。

 以前は、外国人苦手で、喋るなんてとんでもなかった。
 一時教室に通うも、教室の日の先日から胃が痛くなる始末。
 そんなはずの私が、今しゃべりたくってしょうがない。
 今の教室では、何か持っていって
 頼まれもしないのに”Show and Tell"をやってる。
 
 多読の効果は何故かListeningにも効果があるようで
 英語が聞こえてくるようにもなった。

 書くほうも、絵を見てお話が書けるくらいになった。

 まぁ、どれも以前の私と比べてだけど。
 私にとっては効果的だった。

 

今日のお着物

 今日の着物は、お召し。
 母の着物だった。
 10センチも身長が違うから着るのが難しい。
 おはしょりがちょっとだけ。着崩れそう。

 今日は、この着物で英会話教室へ行きましょう。
 着物を着てゆくと先生が喜んでくれるのだ。
 フリートークの話題作りにもなるし。
 
 しかし、今からスーパーへ買い物に行って、
 夕方の英会話教室まで着崩れないかなぁ。まっいいか。

Fantastic Mr Fox 読了

 -多読-
 
 お風呂読書でFantastic Mr Foxを読了。
 
 頭のいいきつねの父さんのおはなし。
 Dahlらしく、悪者がばっちいわー。

 人間が悪者。そりゃー、きつねにとってはそうね。
 いろんな動物が集まって晩餐会してるのがかわいいや。

 図書館で借りた本。

 次は、『ふたりのロッテ』を読もう。
 これも図書館の本。2005-12-15 12:50:47

お針のお稽古

 和裁を習い始めた。

 まだ、肌襦袢を縫っただけ。
 浴衣を縫い始めている。
 単のきものならほとんど浴衣と縫い方は同じ。
 
 教室とは別に復習をかねてもめんのきものを縫ってみよう。
 反物にはさみを入れるのはドキドキだわー。

日記を始めてみる

 今日から日記を始めてみる。
 
 三日坊主になるかもね。

 とりあえず
 おきもののこととか、多読のこととかを書いてみよう。

 -おきもの-
 やっぱり、12月。寒くなってきた。
 もめんのきものの下にあったかいものを着なくてはね。
 きものの上から着るセーター(?みたいなもの)を着ていると
 あったかくていいわー。
 お袖もじゃまになりにくいしね。
 お料理しやすい。

 -多読-
 Fantastic Mr Foxを読んでる。
 Roald Dahl の本。今まであんまり読んでなかったなぁ。
 評判いいのもわかる。おもしろいもん。