FC2ブログ

暇をみて作ってます。レース編み

レース糸を買いましたから、残してももったいない。
なので、いろんなパターンを編んでみています。

  

     RSCN5100_convert_20130827150815.jpg

ネットに編むとしなやかにジャグカバーになりますねぇ。

真ん中を細かいネットやコットンの布にすると虫も入らないって感じですね。
ビーズをつけると重みで具合よくなると期待したのですが、ビーズが軽かったですわぁ。
ガラスビーズの大きいのがあるとアンティークみたいでステキなんだろなぁ。

イングランドなどで、アンティークを見たことがありますが、洗いざらした感じがよかったです。
ビーズがちょうどいい重みで、お庭でお茶をしていても少々の風では飛ばない感じでした。
白いレースなら、お茶の色がついてしまっても漂白ができますねぇ。
スポンサーサイト



テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

久しぶりにレース編み

以前はレースを編むのが好きで、よく編んでいたのです。

編み物を教えていたりしましたが、レース編みってなさる方が少なかったですね。
セーターなどと違ってサイズも関係ないし、教わるほどでもないですから。

手加減で大きさだけじゃなく、形も変わってしまうので
簡単なようで難しい。

一枚編んで学習しました。
次は、鎖編みの目を小さく、長編みの足をながく頭を小さく。
そうしてみよう。

   DSCN5085_convert_20130822164902.jpg

大きさがわかりにくいですね~
コースターにしてもいいし、ピッチャーのカバーにもしようかな?
麦茶を冷蔵庫じゃなくて、カウンターに置いてあるの。

先日の日記に書いた8月生まれの友達にグラスを贈りました。
私が計画すると、大阪とか変わっちゃって詳しくないので、つい神戸になっちゃうのです。
私は家から歩いて行ける~
私だけいつもラクチン

なので、ちょっとみんなにプレゼント。
みんなにトナカイ柄のグラスを贈りました。

みんながひとりでほっこりお茶でも飲むときに使ってもらおうかと。
自分にも買いました♪

   DSCN5084_convert_20130822164947.jpg

こんな風に使ってもいいかなぁ。
一休みの時に何か入らないように。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

ベストができあがり

注文いただいていたベスト、「こんなくらいだろう」と編み始めていましたが、
やっぱり不安だったのでサイズを測りに行きまして、編みあがったので送ります。
その前に写真を撮っておきました。

先生のベスト

あちゃっ、黒だからちっとも見えないよー。
Vネックです。模様もあります...
無駄な写真だった...

でも、久しぶりに編み物をしたら、また編み物をしてみたくなりました。
でも、セーターは売るほどあるんです。
小物にしましょう。

手が荒れる、足がしびれる...

出かけることが多くて、注文のベストをなかなか編めません。
待ってくださってると思うと気がせくのですが...

編み物をすると手が荒れることがあります。
私の手はわりに乾燥ぎみなのですが、使う糸によって指先のあぶらがとられるらしく
かさかさになってしまうのです。

かさかさの指でウールを編んでる時はよいのですが
ストッキングなんかがひっかかるときもあって
シルクの糸で編む時なんかはこんな指では編めなくなるのです。

今回選んだ毛糸はどうも手が荒れます。
糸を選ぶ前から分かるといいのになぁ。

わが家は床暖房なので、椅子に座らず正座をして編み物をしているのですが足がしびれます。
昼間一人でいる時に「ピンポーン」となったりしたら、
ひっくり返りそうになりながらインターフォンにたどり着く。
で、かわいかったのでこんなのを買ってみました。

きの子いす.jpg

『きの小いす』です。
この椅子にすわって、正座をするのです。
足はしびれないし、快適です。
ピンクとブルー、二人で使おうと買ったけれどだんなはいらなかったか?
でも、ふたつ並んでいるとかわいいです。

久しぶりに編み物

今住んでいるところに4、5年前に越してきました。
その時からそれまでやっていた編み物をまったくやらなくなりました。

すごく久しぶりに編み針をだしてきて編んでいます。
知り合いに頼まれたベストを編むためです。

ところが、男の方なのでご自分のサイズを把握してらっしゃらない。
以前にもこの方のものを編んでいたのですが、古すぎて記録が残っていない。
大体こんなもんだろうと編み始めてしまいました。大丈夫かなぁ。

以前は編み物を教えたりしていました。
毛糸屋さんに行くといるでしょ?そこで買った毛糸で編み方を教えている先生。
毛糸屋さんに雇われていたのですが、なんとそのお店の社長も店長も編み物ができない。
最初は驚きました。だって、手芸や編み物が好きな人がお店をやっていると思っていたから。
それでも、買い物をしているお客さんにアドバイスとかしちゃうのです。
かなりいい加減なこと言ってました。
そんなお店いっぱいあるのかなぁ。いいのかなぁ、そんなで。

そういえば、教えていた頃はこの時期忙しかったです。
バレンタインに彼に渡すために編みに来る人がたくさんいました。
でもね、よく思ったものです。
「一生懸命に編んでるこの姿こそ見せてあげたいわー」って。
「手編みなんて怨念こもってそう」なんて言うひともいるけれど、
時間をかけて編んでるんだよ。
けなげだよ、そんな女の子たち。
(まぁ、好きでもない女の子からもらうのはちょっと怖いかな。)