FC2ブログ

ドイツ語多(少)読 Der Frühling

Frühlingはドイツ語の「春」です。
アーノルド・ローベルさんの「がまくんとかえるくん」のドイツ語版の「春」を読んでみました。
原作とドイツ語ではチャプターの並びが違うんです。
「がまくんとかえるくん」の4冊の絵本から春、夏、秋、冬と季節で分けて並べてあります。

同じ子供向けだけれども外国語からドイツ語に訳されているものは少し難しく感じます。(私の感じかたですが。)
なので、知っているお話しだからとドイツ語を読み始めたころに読むと少し不完全燃焼~(あたりまえだけど)
しばらくほっておいたので、久しぶりに「春だしね~」と春のお話しを読んだのです。

Frühling

・Der Frühling (Spring)
・Der Garten (The Garden)
・Morgen!  (Tomorrow)
・Die suche nach dem Frühling (The Corner)
・Der Liebesbrief (The letter)
多読のお仲間にはよく知られているお話し。
いえ、「がまくんとかえるくん」はみんな知ってるといえますよね。
小学生の教科書に載っていたのでしたか?
ほのぼのしたお話しです。

でも、題名を見てわかるように違う国の言葉に訳すということは難しいことなんだなぁと思います。
易しいと思える絵本ですらそうですね。

四つ目のThe Cornerは、かえるくんが子供の頃にお父さんが言った‟Spring is just aroun
d the corner”という言葉からお話しが始まります。
「春はもうそこまで来ているよ」と言っている。かえるくんは「どの角を曲がれば春が来ているのか?」と探しにいくわけです。

旅行中アメリカの天気予報で‟Spring is just around the corner”と言っているのを聞いたことがありますし、映画の‟You've got Mail”でも小さな本屋さんはすぐそこ‟The Shop around the corner”(本屋さんの屋号)という言い回しが使われていました。
そういう言い回しがないドイツ語にしたとき、なんだか無理が起こります。
お話が生きないというか...

五つ目のお話しだって、あの題名じゃラブレターみたいだしね~。
そもそもドイツ語では、アオガエルは男性名詞でヒキガエルは女性名詞なので代名詞が彼と彼女って感じになってしまうのです~
親友同士が肩を組んでいる挿絵が恋人同士に見えちゃう。(汗)

そもそも生き物ではない物にも男性名詞や女性名詞(と中性名詞)があるドイツ語。
彼、彼女という日本語の感覚はないのかもしれませんし、もうそのへんはドイツ人に聞いてみたい。
この話、どうなん?って


スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多少読 Lauras Stern Gutenacht-Geschichten

ドイツ語の多読は遅々として進んでおりません。
いや、英語の多読もあまり進んでいないのです。
ちょっとドイツ語が気になって手に取っているのですが...

ちょっと欲が出てきてというか、読める本じゃなくて読みたい本を見つけたいなぁって。
私の読める本があまりにレベルが低いものですからね。
新たにちょっと購入してみたり
以前から持っているけれど読めてない本を読んでみたり。

かわいい絵本の‟Lauras Stern”のシリーズがすきだったのです。
これは映画にもなっているのかな?テレビのシリーズもあるらしい。(もちろんドイツ語)
あ、映画は英語のもあったようです。

映画のはよく知らないのですが、ドラマ版はちょっとローラの感じが違っているようなんです。
絵本のローラは優しくていい子なんです。
ちょっと現実感がないということか、ドラマ版はちょっと意地悪だったりもします。

私が買った絵本のうち一冊はイラストが違うなぁと思っていたら
ドラマ版を絵本にしたようで、そちらの絵をつかってあるようです。

お話しが3つはいっていました。

    

★Lauras Stern Gutenacht-Geschichten

・Allein zu Hause

ママとパパがふたりでオペラに行く日、ベビーシッターが急用で来られなくなってしまいました。
お隣さんにお願いしてふたりは出かけることに。
お隣さんはお年寄りのご夫婦、ローラはつまらないなぁと思っています。
ローラが弟の面倒をみるからとお隣さんは夜に様子を見に来てくれるだけ
姉弟で仲良くできるkな~

絵本のローラはとっても優しいお姉さんなんだけどなぁ。
ちょっとお姉さんかぜふかせてます。
このほうがリアルなのでしょうが、絵本のローラが好きだなぁ。

・Der Fremde Junge

ご近所に外国人の男の子が遊びに来ていました。
ローラたちが遊んでいると仲間に入れてというのですが
ローラたちちょっと意地悪して仲間に入れてやりません。
でも、ちょっと後悔するローラです。

このお話しもちょっとローラが意地悪ですよ~

・Die Taschenlampe

雪の降る夜、ローラ一家とローラのお友達ソフィはお散歩へ。
ローラは昔ながらのランタンを手に、ソフィは新しい懐中電灯を持っていました。
ローラはうらやましくて、買ってほしいとパパに言いますが買ってもらえません。
ソフィの懐中電灯を黙ってちょっと拝借してしまったローラ。
どうしよ~

勝手に持ってきちゃだめですよ~、ちょっと悪い子のローラです。
ドイツって「雪の夜のお散歩」なんて楽しむのですね。
だったらランタンのほうが素敵なのにね~


今の私のドイツ語多読は絵本から少し足を踏み出したところかしら?(これはまだ絵本ですけど。)
なにか好みのシリーズでもみつけたいものです。

テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多読 ‟Archibald und sein Kleines Rot”


こちらも、図書館に寄贈されていた絵本です。

     DSCN6183_convert_20161117094126.jpg

★Archibaqld und sein kleines Rot / Binette Schroeder

アーチバルトは犬と二人っきりで小さな家で暮らしていました。
寝て食べて、また食べて寝ての繰り返し。
広い世界も見たこともありませんでした。
アーチバルトの右側の赤いほっぺは思いました。
「世界はアーチバルトの家よりずーっと大きいに違いない。」
そしてある日、アーチボルトの右のほっぺは真っ赤なボールになって家を飛び出しました。
アーチバルトはほっぺを追って、丘を越え、空を飛び、海を渡り...

1975年に出版された絵本のようです。
白黒の絵とカラーの絵が交互に出てきます。
物語は白黒の絵に書かれ、カラーの絵は絵だけですね。
ドイツらしいメルヘン。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多読 ”Stück für Stück”


図書館でお借りしてきたドイツ語絵本です。
珍しくドイツ語絵本が置いてあると思ったら、どうも寄贈されたもののようです。

     DSCN6181_convert_20161115175153.jpg

レオ・レオーニさんの‟Inch by Inch”のドイツ語版です。

★Stück für Stück

ある日、鳥が(Rotkehlchen)がシャクトリムシを見つけて食べようとしますと
そのシャクトリムシが言います。
「食べないでください。私は長さを測ることができるです。役に立つでしょ?」
鳥はシャクトリムシにしっぽの長さを測ってもらいました。
フラミンゴの首を測ってあげたり...
ところがある日意地悪なナイチンゲールが鳴き声の長さを測ってみろと言うのです。


なかなか利口なシャクトリムシのお話しです。
ナイチンゲールは歌声がご自慢。
でも、目つき悪いわぁ~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多読 Maulwurfの絵本を2冊

前回に続いて、↓の絵本の中の2冊

    

一番上の2冊。
Maulwurfってモグラです。他の絵本にも出てきました。
絵本で多読してると動物の単語から増えてくのです。

★Der Maulwurf nach dem Regen

長雨が降ってモグラくんの家も雨漏りがしています。
でも、長雨の後は友達のうさぎやハリネズミといっしょにピクニック!

★Der Maulwurf reist ans Meer

モグラくんは友達のうさぎとハリネズミと一緒に「海」のお話しを読んでいました。
そして思い付いたのです!海に行こうって。
いろんな動物に「海はどっち?」って聞きながら、モグラくんは海に向かいます。


絵はかわいいのだけど、前回のペンギンのヤスパーのお話しより知らない単語がおおいかなぁ~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌