FC2ブログ

2015年 アドベントカレンダー 23日

2015年のアドベントカレンダーの抜けていた絵本の最後の1冊です!
24日の分だけ帳尻を合わせている私~
自分でブログを見直して、初めて4冊読んでいないことを思い出しました~(笑)
ブログ書いててよかったわ~。

    DSCN5890_convert_20151224222138.jpg

★Das hab ich mir nicht gewünscht!

こんなの欲しいって言ってないよ~って題名ですね。

「やったー!クリスマスプレゼントだ!」と喜んだネコ君。
開けてみると「茶色の色鉛筆。こんなの頼んでなーい。」
ひつじちゃんにも、オウム君にも、サイ君にも...「こんなのたのんでなーい!」ってものが。
プレゼントが入れ替わっちゃったんだ~
で、みんなで交換!
でも、最後に茶色の色鉛筆が残ったよ。誰がお願いしたの???

語数が少ないのですが、楽しいお話しでした~
なにより、私のドイツ語レベルで理解できるお話しでしたよん♪
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

2015年 アドベントカレンダー 22日

2015年のアドベントカレンダーの抜けている数冊の分を埋めています。
今日は22日の分。

DSCN5889_convert_20151224222100.jpg

★Oh Tannenbaum!

Tannenbaumはドイツ語でモミの木です。

12月の22日。キツネが動物の仲間に言います。
「ぼくたちクリスマスツリーがないじゃない。なんかいいアイデアはない?」
そして、動物たちは力を合わせてモミの木を飾ります。
クモくんはツリーの飾りにクモの巣を作ってくれます。
ロウソクのかわりにフクロウの目が輝きますよ~


ドイツではアメリカみたいに早くからツリーを飾ったりしないそうです。
私が聞いたのは23日だったけど
この絵本では22日ですね。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

2015年 アドベントカレンダー 21日

21日のアドベントカレンダーの絵本はグリム童話「星の銀貨」。
このお話しは2012年のアドベントカレンダーにも入っていました。
イラストが違います。
文章は...同じかしら?なんか違う感じがする。

    DSCN5888_convert_20151224222003.jpg

★Sterntaler

昔々貧しい女の子がおりました。お父さんもお母さんも死んでしまって
住むところもありません。
持っているのは、洋服とパンだけでした。
雪の中を歩いていると食べるものもないおじいさんにであいました。
そのおじいさんは「食べ物をください」というので、たった一つのパンをあげてしまいました。

と、いろんな人に乞われて、わずかに持っていたものをあげてしまった女の子。
最後に奇跡がおこります。


2012年のものと比べてみると、もちろんお話しの筋は同じ。
でも少し書き方がちがっていて、グリムのお話しの再話でしょうか?
それとも、グリムも何度か書き直しているお話しもあるようなので、そのためなのか?

グリム研究者でない私にはわかりかねますが
あ~、こういう言い方とあぁいう言い方があるんだね~って興味深いです。
文法がよくわかっていない私ですが、それなりに学べる気がします。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

2015年 アドベントカレンダー 20日

昨年のアドベントカレンダーなのです。
12月の1日から読み始めるのですが、年末なので忙しくて読めないことも多いのです。

20日~23日の分を読んでいなかったか、ブログを書く時間がなかったか?
今頃になって手に取ってみました。

     DSCN5886_convert_20151224221936.jpg

★Basti und Carlos

バスティはアロイスおじいさんと住んでいます。
アロイスおじいさんに拾ってもらったのです。
アロイスおじいさんは他にもたくさん動物を飼っているのです。
そこにスペインからカルロスがやってくることに。
バスティは犬の友達ができるので喜んでいたのですが
「あれ?確かに四本脚でしっぽもあるけど。犬にみえないよ~」と戸惑うバスティ。


あまり理解度が低いので、おそらく昨年はもっと理解度が低かったかとおもいます。
それで20日の分からブログに書いていなかったんだわぁ~

ドイツ語の絵本がだいぶわかるようになってきたと思っても
ガーンと理解度が落ちる本と出合ってがっくりすることがあります。

まぁ、ぼちぼちいこか
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

2015年 アドベントカレンダー 24日

クリスマスイブ。Heiligabendです。
ドイツ語絵本のアドベントカレンダーもとうとう最後の一冊です。

   DSCN5891_convert_20151224222207.jpg

★Bauer Lausens Weihnachtsstall

農夫のラウゼンさんのクリスマス。
馬小屋ではラウゼンさんのクリスマスのお祝いをみていたネコが「自分たちもクリスマスを祝おう」といいだします。
棒に藁をくくりつけてツリーを作ったり
プレゼントは...牝牛はいいことを思いつきました。
動物たちは言葉のプレゼントを贈りあいます。

ごちそうはないけれど、幸せにみんな一緒に眠りにつきます。

みなさま、よいクリスマスを!
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌