FC2ブログ

ドイツ語多読 お誕生日おめでとう!ジム・ボタン

私が買ったジム・ボタンの絵本は8冊セット

    

手のひらサイズの絵本なので絵が小さいし文字も小さいのですが、お値段がお手頃なのです。
ドイツ語の多読はぼちぼちしか進んでいないので、もっと時間を作って読みたいなぁとおもうのですが。
なかなか自分に合ったレベルのものが見つかりません。

ジム・ボタンも絵本シリーズでもいっぱい飛ばして読んでいます。
まだまだですね~。でも、絵本を読むのは楽しいのでぼちぼちでも続けていこうと思います。

    

★Alles Gute zumGeburtstag,Jim Knopf!

ジム・ボタンは5歳の誕生日!
赤ちゃんの時からジムを育ててくれたバースおばさんはケーキを焼いてくれました。
ルンメルラントのみんなもお祝いに来てくれました。
そして、旅で知り合ったマンダラ国のピンポン、竜のネポムク。
もちろんマンダラ国のお姫様リーシーもやってきてくれました。

お誕生日のお話しは原作にもあったかしら?
いろんなところに旅をしたジムですが、まだ5歳だったのですね~

ジムを育ててくれたバースおばさん。Waasさんなんです。
”was”はドイツ語で英語のwhatですが、遠くから「な~に~?」なんて聞くときに音を伸ばしますよね。
なので日本語に訳されたときは「ナーニおばさん」だったのです。
翻訳って面白いですね~
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多読 ジム・ボタンとマーメイド

梅雨だからしょうがないけど、、うっとうしいですね。
なんだかやる気というものがわいてきません。

ガンガンやる気になれなくても絵本くらいは読んでいました。
ジム・ボタンの絵本8冊セットの7冊目。

      

★Jim Knopf und das Meermädchen

ジムはルーカスとともにまた旅にでます。
行先はマンダラ国のお姫様リー・シーのところです。
もちろん機関車エマに乗っていくのです。
なので、エマに細工をして水が入らないようにして海の底を走っていますと
ジムは空気が足りないのか具合が悪くなって、リー・シーの幻まで見えてきました。
そんな時、マーメイドに出会います。
彼女のお父さんは王様です。
ごちそうをいただいて、タツノオトシゴの踊りをみたり楽しんでいたのですが
やっぱりジムはリー・シーに会いたいのです。

なんだかジムたちは竜宮城にきたような~
もちろん、ミヒャエル・エンデの原作とは違っています。
絵本ですからね~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多読 ジム・ボタン、ドラゴンの村に行く

最近、梅雨になったせいか蒸し暑かったり集中力がありません。
おまけになんだか忙しい。
英語の多読が止まっています。せっかくアニモフスの再読が続いていたのにね~

電車の中で持って歩くのがお手軽なドイツ語の絵本を引っ張り出してきました。
8冊ある「ジム・ボタン」の絵本の続きです。

     

★Jim Knopf und Lukas der Lokomotivführer in der Drachenstadt

ジムとルーカスは小さな機関車エマに乗って旅を続け、ドラゴンの村に着きました。
そこで知り合ったこどものドラゴンに学校に連れて行ってもらいました。
ドラゴンの学校では読み書きではなく火のフキ方を習うのです。
なんだかすごーく臭いにおいがするこの村。
原因はフラウ・マルツァーンというドラゴンのせいだと聞かされます。


絵本版はもとのミヒャエル・エンデが書いたお話しそのものではありません。
もとのお話しの日本語訳では「ミセスイッポンバ」とか訳されてたかな?
この絵本はお話しがずいぶん違っています。
原作を知っているかたはびっくりするかも。
でも、原作をまだ読めない小さな子のためにある絵本ですから
これでいいのでしょうか?

私が原作をドイツ語で読める日はいつでしょう~
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多読 ジム・ボタンとネポムク

ジム・ボタンの絵本5冊目です♪
ジムとルーカスは機関車エマに乗って海も山も越えていくのです~♪

     

★Jim Knopf und der Hlbdrache Nepomuk

ジムたちがたびの途中お昼を食べているとブタが鳴いているような音がしてきます。
火山の火口から顔をのぞかせて泣いていたのは龍の子ども。
彼は名前をネポムク、お母さんは動物園に住むカバで、自分は半龍だといいます。
火山が故障で煙を出さないといって泣いているのです。
優秀な機関士ルーカスは故障を直してやることにします。

半龍のネポムクのお食事は溶岩かしら???
ルーカスはネポムクが火を噴ける龍になるための手伝いもしてあげるのです。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ドイツ語多読 ジム・ボタンとルーカス、トゥア・トゥアさんに出会う

ジム・ボタンとルーカスと機関車エマの旅は続いています。
4冊目、ジムとルーカスは砂漠にいるのです。

     

★Jim Knopf und der Scheinriese

ジムとルーカスは砂漠で水筒に最後に残ったお茶を飲んでいますと
機関車エマが突然走り出しました!あわてるジムたち
エマは巨人を見つけて逃げ出したのでした。
ジムは怖がっていますがルーカスは「悪い人にみえない」といいます。
「逃げないでください」という巨人。
ルーカスはハンカチを振って遠くにいる巨人にあいさつをします。

巨人を怖がって、近寄ろうとするルーカスを止めるジム。
ルーカスはジムに「彼が大きいってだけで信用できないっていうのかい?」と言います。
見かけで判断してはいけない。
ジムは旅で学ぶことがたくさんあるようです。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌