FC2ブログ

英語多読 アブラハムのお話

トミー・デ・パオラさんのBible Storiesでは、Abraham offers Isaac to Godまでお話が飛びます。
なので、Family Bibleで読み進みます。

アブラハムは最初アブラムと呼ばれています。
アブラムは神の声を聞き、父たちから離れて妻サライとともにハランに向かいます。
二人は年老いて、まだ子供がいませんでした。
でも、神はアブラムに子供が生まれると約束します。

な~んとアブラム100歳の時に息子が生まれますよ~~~
神様すごいね~

この後に「ソドムとゴモラ」のお話が出てきます。
神は乱れたソドムとゴモラの町を焼き払います。

神様ったら容赦ない。
アブラムの甥ロトは神からつかわされた天使をソドムの人々から守ります。
そして、家族を連れてここから逃れるように天使(?)に言われ、ロトたちは逃れます。

ロトの妻は、振り向くなと神に言われていたのに振り向いて町を見たので石になってしまいました。
神様は神様の言うことを信じないものを嫌うのですね~。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 The Tower of Babel

トミー・デ・パオラさんの聖書を順に読んでいくと「ノアの方舟」の後は「バベルの塔」です。

Tomie De Paola's Book of Bible StoriesTomie De Paola's Book of Bible Stories
(2003/12)
Tomie dePaola

商品詳細を見る


大まかなお話は知っていました。
有名なお話ですもんね~、キリスト教徒でなくても知っています。

「ノアの方舟」でノアの息子たちから子孫が広がって...人が地に満ちたということですな?
人が増え、心がけの悪いものが地にあふれたので、神が怒って大洪水をおこしたはずです。
でも、いい人ばかりが生まれてこなかったわけですな。ノアの子孫でもね。

で、神のところまで登りつけるような高い塔を建てようと試みた。
それを見た神が怒りました。
それまで同じ言葉を話していた人間たちにそれぞれの言葉で話させ
話が通じなくなったので、それぞればらばらに地に広がっていった。

世界にいろいろな言葉があることの説明ですかねぇ。
言葉が通じるほうがもめごとは減るように思いますけどね、私は。

聖書の読み方としては、プライドを持つことを神は嫌うということですかね。
う~ん
テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 ぽつりぽつりと聖書

一昨年の年末に読んでいた聖書ですが、頓挫してしまっていました。
きっかけはこの本↓

Tomie dePaola's Book of Bible StoriesTomie dePaola's Book of Bible Stories
(1990/10/11)
Tomie dePaola

商品詳細を見る


大好きなトミー・デパオラさんの挿絵の聖書です。
旧約聖書と新約聖書からいくつかのお話(?)がトミー・デパオラさんの挿絵とともに書かれています。

それだけだとすぐ読めてしまうのですが、抜けてるところが気になって、ファミリーバイブルという挿絵のある聖書を読んだり。
でも、それも聖書から抜粋されているので、抜けているところがあります。

抜けているところはいいかな~と思ったけれど、やっぱり気になる~~~
なので、結局は聖書を読むことに。

まぁ、それが頓挫する原因ですね~。
気を取り直して、読み進めています。

どれも大きくて持ち歩けない本なので、ぼちぼちです。
テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 ノアの大洪水

私のように聖書はほとんど知らなくても「ノアの方舟」のお話は知っていました。
Amazonを探せば、絵本だけでもそれこそ山ほどあることでしょう。
キリスト教の国でしたら、小さなこどもでも知っている。

私も2冊絵本を持っています。

Noah's ArkNoah's Ark
(2001/01/01)
不明

商品詳細を見る


これ↑はリスベス・ツベルガーさんのイラストです♪

Mr. and Mrs. Noah (Lois Lenski Books)Mr. and Mrs. Noah (Lois Lenski Books)
(2002/01/22)
Lois Lenski

商品詳細を見る


これは↑ロイス・レンスキーさんの。スモールさんのシリーズを描いている方です。

お話は書くまでもないと思います~
神様が地上にあふれた人の乱れや争いを見て怒り
すべてをなくしてしまおうと、地上に40日間雨を降らせました。
正しい心をもったノアとその家族だけは例外でした。
ノアは神様に言われる通り、方舟をつくり
それに彼の家族と、それぞれ一つがいの動物をのせました。
で、雨がやんで、ノアが放した鳩がオリーブの枝をくわえて帰ってきたので
方舟から出て暮らし始める。(増え始める)

ノアの家族がたくさんの民族のもととなったわけですね。


ちなみに、ノアはこの方舟を作るのに100年くらいかかっているみたい。
神様は事細かに船のサイズや作りを指示しています。
ノアさんは950歳まで生きます。


まぁ、つくってみたら失敗作だったから「消去!」ってことですね...ゲームみたいに...
神様、自分でつくったんじゃありませんか?
人間は神様のおもちゃでしょうかね。
なんだか酷いと思うのだけど。

ノアだけがよい人として残されたのもねぇ。
本当にノアだけだったのでしょうか?良い人って。
でも、その後の聖書を読んでも、よい人だけが出てくるわけでもないし~
ノアの家族だけを残した意味もあまりないように思いますが。


どれほどの数の人が地にあふれていたかは書かれていなかったかな~、読み間違えていなければ。
人だけではなくて、巨人もいたと上の絵本にも書かれていました。
巨人族の伝説って北欧にもあったり、ギリシャ神話にもあったりしますよね。

聖書には、神の子と人の娘の間に生まれたのがネフィリム。
え~っと、神の子って天使ですよね?
創世記には昔の勇士というように書かれています。
でも、いろんなところに(聖書じゃないところにも)ネフィリムは巨人と書かれていたり、
上の絵本でも巨人がいたと書かれています。


巨人族かー。
「指輪物語」や「ナルニア国ものがたり」や「ハリー・ポッター」にも巨人族って出てきますね~
どうも巨人族は乱暴で争いごとを起こす存在に書かれていることが多いですね。
聖書がギリシャ神話や土着の言い伝えを残していても不思議はないですけどね。
巨人族は洪水の後にも生き残ったのかな?
聖書では生き残ったと書いてあるのかな?

まだ創世記だけしか読んでないので...

テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 カインとアベル

聖書を読んでいますが、けっこう時間がかかっています。
デパオラさんのを読んで、足りないところをファミリーバイブルで読む。
そのつもりだったのだけれど、それでも足りないところで気になるところは結局は聖書を読むことになってしまって~。

ファミリーバイブルに載ってなくて気になったのは、
○○が何歳まで生きて△△を生み...などというところ。
誰が誰の子?って思って~
でも、聖書って男性が何歳で子供をもうけて、何歳で死んだと書いてあるのに
女性は無視!

アダムは930歳で死んだのだそうです。
でも、イブのことは書かれていません。無視?
男尊女卑ですかね。まぁ、腕力が強いものが支配する。

で、カインとアベルのあたりを読んでいました。

ふたりはアダムとイブの子。
カインは農耕をし、アベルは放牧を。
カインは収穫したものを、アベルは育てた家畜の初子を神に捧げます。
神は、アベルの捧げものにだけ目を留めます。
カインは(嫉妬して?)アベルを殺害します。

人類最初の殺人ということですね。
これって原因を作ったのは神様だよね~?シカトするから~。
酷っ!!!


ジェフリー・アーチャーの「カインとアベル」は未読なので知らないのです。
カインとアベルで思いつくのは、ジェームス・ディーンの「エデンの東」。

この映画の場合、ジェームス・ディーンが演じているキャルがカインと言うわけだけれど
どう考えてもキャルに同情しませんか?(古い映画だから、若い人知らない???)
ってことは、キリスト教を信じる人たちも、神がカインに示した冷たさを酷いと思っている?

主人がキリスト教系の学校だったのです。(別にキリスト教徒ではないと思うけど。)
神様ってひどくな~い?って聞いたら「そう、神は気まぐれで、意地悪だったりするの。そういうものなの。」
あらっ?「そういうもの」で片付くわけだね。
信仰ってそういうものなのか~。

「エデンの東」でも“brother's keeper”という言い方が聖書から引用されているのですが
“My Sister's Keeper” 『わたしのなかのあなた』という映画も思い出してしまった。

ふ~ん。聖書って面白いかも~。
面白がっていいのかな?(不謹慎だったらすいません。聞き流して~)


疑問がわいてきた~。
カインは子孫を残しています。エノク。(これがまた男子しか書かれていないってことなのかな~)

アダムとイブが人の初め。
カインとアベルってふたりの最初の一人目と二人目の子ですから、カインは誰と結婚したの?
聖書に載ってなかったようだけど。でも、アダムとイブが生んだ女子しかありえませんね。
どっか別のところに書いてあるのかな?
アダムが930年生きていたのなら、いったい何人生んだのだろう?
930年生きるって...なんだか拷問みたいな気がしてきた。(私だけ?)
テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌