FC2ブログ

「タイムトラベラー」

珍しく和書です。読んでいないわけではないのですが、ブログには書き忘れてしまうので。

ずーっと昔、NHKでやっていた「少年ドラマシリーズ」ってご存知でしょうか?
’72~’83年にかけて放送されていたそうです。

そこで’72に放送されたのが「タイムトラベラー」。
筒井康孝原作「時をかける少女」と言えば知っている方がぐっと増えるでしょう。
映画にもなりましたからね~。アニメにもなっていたかしら・

原作を読んだのがそれより後で5年生くらいだったかと思います。
ドラマで見たのはもっと子供だったんですねぇ。
「少年ドラマシリーズ」で評判がよく続編を望まれ、原作にない続編も「続タイムトラベラー」としてドラマになりました。

この「少年ドラマシリーズ」が大好きでずいぶん見ていたと思いますが
’83年までやっていたとは...

そのなかでも印象的だった「タイムトラベラー」。
その映像は当時のテープが高価だったため上書きされ残っていないそうです。
今回読んだのはそのシナリオを本にしたものです。

    

★タイムトラベラー / 石山 透 、原作 筒井康隆

話は中3の芳山和子が理科室の掃除当番の時に偶然薬品の入ったフラスコを割ってしまい、
そのことでタイムトラベルができる力を得ることになる。
同級生の少年は700年後の未来からやってきたケン・ソゴル。
和子はタイムリープすることでさまざまな体験をすることに。

タイムトラベラーにはルールがあって、
そのルールは、未来に何が起こるか知っていても歴史を変えてしまうようなことはしてはいけない。
悪いことが起こると知っていても知らせることもできない。
変えようとすれば時間の重み(?)に押しつぶされてしまうだろう。

ケンが自分の世界に帰ってしまう時にはみんなの記憶からケンの記憶を消してしまう。
和子からもすっかりケンの記憶はなくなってしまう。

和子の記憶からケンの事が消えてしまう終わり方が切ない終わり方で、続編が望まれたのかもしれませんね。

なんだかあんまり懐かしくて、私が昔にタイムスリップしてしまいそう~
スポンサーサイト



テーマ: 読んだ本。 | ジャンル: 本・雑誌

グランマ・モーゼス

グランマ・モーゼスさんをご存知ですか?
絵本の挿絵画家さんではありません。
素人画家からとっても有名になったおばあさん画家、グランマモーゼス

素朴で暖かく、そこにいたことがなくても懐かしい気持ちにさせてくれる。
技巧がどうこうより絵に込めた気持ちなのでしょうか。
お年を召されてから絵を描くことをされたので、儲けるつもりなどなく
そういう気持ちが絵にぎすぎすした感じを与えないのかもしれません。

図書館でお借りしてきました。

    

グランマモーゼスの画集です。
グランマ・モーゼスの絵がたくさん入っていて、見ごたえがあります。

グランマ・モーゼスさんは子供のころから絵はお好きだったようですが
1860年生まれ、当時のことですから12歳から働きに出、
結婚して農家の主婦として働き
75歳くらいと、お年を召してからやっと絵を描き始めたということですね。

80歳を超えてなお絵の技術が上がるなんてことあるのですねぇ。
100歳を超えても絵を描かれていたなんてすごい。(101歳で亡くなられています。)

私がお借りしたのは日本語版でして、文章の訳がなんとも...
文章から想像するに英語があまり難しくなさそうだったので、英語版で読みたかったですぅ。

     

これは、筆者の名前が違っているのです。
Kallirという名字が同じなので内容はどうなのでしょう。
テーマ: 図書館で借りた本 | ジャンル: 本・雑誌

こどものころ好きだった絵本

こどものころに好きだった絵本のうちの一冊。
ヴァージニア・リー・バートンさんの「ちいさいおうち」

   

私は好きで何度も読んだものでした。
こどものころは作者が誰かなど気にしなかったので
「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」と同じ作者とは知りませんでした。

   

大人になって、英語の多読を始めてもう一度絵本を読むようになって
なつかしい顔ぶれにもう一度出会うことができたのは、何よりも楽しかった。
初めて出会う顔ぶれも、とても可愛かったり、滑稽だったり、
なんだか怖かったり、考えさせられたり。
読んだ絵本は1000冊を超えたでしょうか。

今回読んだのは「ちいさいおうち」の作者ヴァージニア・リー・バートンさんのことを書いた本です。

   

図書館で見かけてお借りしてきました。
彼女の絵本がどれほどたくさんの子供たちに読まれ
そのまた子供たちにも読み継がれていることか。

息子さんのマイクさんは「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」のマイクだそうで
お友達みんなにうらやましがられたでしょうね~

フォーリーコーブデザイナーズの事は、何かほかでも読んだことがあったのですが
興味深かったです。
大胆な動き、躍動感。
デザインにもバートンさんらしさがあふれています。

行ってみたいな、フォーリーコーブ。

英語版はこちら↓

   

テーマ: 図書館で借りた本 | ジャンル: 本・雑誌

「七人のお姫さま」

中原淳一さんの絵本。
挿絵が懐かしくて、図書館でお借りしてきました。
「少女の友」の表紙絵で有名な方といえばご存知の方も多いのでしょう。
昭和10年~15年まで表紙絵を描かれていたそうなのですが、
さすがに当時をご存じの方はブログなんて読んでいらっしゃらないでしょう。

こどものころ、どれだけこんな絵本を読んだことでしょうねぇ。

   

人魚姫
白雪姫
親指姫
雪姫
白鹿姫
シンデレラ姫
ポストマニ姫

七つのお姫様のお話しが載っています。
「白鹿姫」「ポストマニ姫」は私には初めてのお話でした。

童話というのですから児童のためのお話しと日本語ではなりますね。
でも、そのお話しを大人になって、大人の気持ちで読んでみると
また違ったふうにも読めるのです。

人魚姫の王子への切ない思いは小さな子にはちょっと理解できないかもしれませんものね。
(ディズニーのアリエルではありませんよ~)
泡になって死んでしまっても、ひと時だけでも側にいたかったなんて、切ないですよね。
違う見方をすれば、恋は盲目、気がふれているとも言えるかも。

日本語で絵本を読んだのは久しぶりです。
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ヒア・カムズ・ザ・サン

タイトルはご存じビートルズの曲ですね。
「東京バンドワゴン」の...10作目かな???わかんなくなっちゃった~
以前ドラマになってましたね~
先に本を読んでいると自分でイメージを作ってしまうので、ドラマの配役に首をひねっちゃったりね。
すなおに見られません。
でも、ドラマの続きは作らないのかな?

いつもこの本の最後に

  あの頃、たくさんの涙と笑いをお茶の間に届けてくれたテレビドラマへ。

とあるのです。
作者の小路幸也さんは私と同じくらいの年なのですね~
私も昭和なテレビドラマ、ホームドラマを連想させるこのシリーズを楽しんでいます。

いつものように堀田家は賑やか。
いつものようにサチさんの語りです。

      


★ヒア・カムズ・ザ・サン / 小路幸也

古本屋に幽霊がでると騒ぎがあると思えば
図書館長が図書館に何冊も古本を置いて帰る人がいると言ってやってくる。
そうかと思えば、宮内庁の公文書館の人がやってきたり。
堀田家の子供たちも大きくなって、思春期でさわやかな恋のお話もからみ。
それぞれが収まるところになんとか収まる。
いつものこのシリーズ。

いつまで続くのかな?このシリーズ。
ちょっとこのパターンに飽きてきたけど~
つい、堀田家の人たちはどうなったか?と気になって手に取ってしまう。

昭和のホームドラマって、なんとなくそんな感じでみていたかなぁ。
連続殺人も家庭崩壊もかけらも出てこない感じ。

こんな4世代大家族ドラマか小説でしかお目にかかれませんね、今時。
テーマ: 最近読んだ本 | ジャンル: 本・雑誌