FC2ブログ

スコットランド・アイルランドの旅 (その21)

アイルランド最後の日だというのに...涙雨~?
ダブリンは見どころたっぷりなんですが、時間があまりないのが残念。
でも、また来ればいい。と思うことにします。

イヤホンでガイドを聞きながら回れるダブルデッカーが走っているので、1日パスを買って一回り♪
飲兵衛のふたりですから、ギネス・ストアハウスへ!

 201204-1236-DSCN3733_convert_20120919182344.jpg

この建物の中にはビールの製造過程やギネスの古いポスターなどの歴史が展示されています。
今でもここで製造されているのね?
てっぺんの展望が開けたところで、入場券についているビール券でギネスがいただけます♪

グッズを売っているところもたのしくて、つい買ってしまいます~。
お店のレジの方もフレンドリー。
「ダブリンを観て回った?楽しんでますか?」「雨で残念だね~」なんて列ができてるのになんともゆったり~。
日本まで持って帰るというと瓶入りのものは丁寧にエアキャップで包んでくれました。

そして、ケルズの書があるトリニティーカレッジへ!(ええ、お酒ばっかり飲んでるわけじゃないですぅ。汗)

 201204-1251-DSCN3746_convert_20120919182710.jpg

アイルランド最古の大学。
そこのオールドライブラリーに展示されているケルズの書は4つの福音書が収められていて、最高の装飾写本のひとつと言われています。
そう、写本は手書きです。
べラム紙というらしい牛の皮でつくったものに手書きで美しい装飾とともに福音書が書かれた『美しい本』です。

バイキングの襲来から逃れてスコットランドの西方の島から逃れてきた修道僧が残したものということです。
ただ書き残すということだけでなく、修道僧たちの修行というか、信仰心を注ぎ込んだものなのでしょう。
キリスト教徒でない私ですが、想像するだけで圧倒されるというか。感動します。
西洋人の方たちもたくさん熱心に文字を読んだりされていました。
キリスト教徒の人たちは私とはもっと違うことを感じていることでしょうね。

この図書館の2階、ロングルームと呼ばれるところがまた美しい~。
漆塗りのうつくしくアーチを描いた天井、本棚に並ぶ20万冊をこえるという蔵書。
いつまでも眺めていたくなります。

バスを使って最後の一日をたくさん歩き回りました。
でも2日では足りないですね~。

行けなかったところはまた来よう。
フレンドリーで親切なアイルランドの方たちとも離れがたいけれど、
私たちの今回の旅もおしまいです。

たくさんいい思い出ができました♪
見知らぬ私たちにやさしくしてくださった旅先で出会った方たちに感謝です。
スポンサーサイト



テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行

スコットランド・アイルランドの旅 (その20)

私たちの宿から歩いてすぐの所にラグビー場があることに気が付いた主人。
見に行きたいって~。
テレビで観たことのあるラグビー場が見られるからってさ~。
試合がなくて残念だね~。

 201204-1192-P1020898_convert_20120919181847.jpg

中を観られるツアーがあるんです。
カナダから来た若者3人といっしょでしたが、ラグビーが好きなのは一人だけ~。
だからその一人のお兄さんと私たちふたりだけはしゃいでました。

アイルランド以外のラグビー選手の写った写真もあって、
ウィルキンソンだ!とかオールブラックスだ!とか喜んでしまった。
アイルランドの選手そっちのけで、申し訳なかった。(汗)

しかし、アイルランドの人ってどうしてこんなに緑が好き?
シートはみんな緑だよ!
シャワールームまで緑だ!

  201204-1187-HIMG_0792_convert_20120919181608.jpg

で、宿にもどろうとしたら...通りかかった電車が

  201204-1215-P1020904_convert_20120919182041.jpg

緑だ~~~。(笑)
シャムロックにちなんであるのでしょうかねぇ。
すごいわ~。
テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行

スコットランド・アイルランドの旅 (その19)

私たちの旅も最後の宿泊地ダブリンまでやってきました。
私たちが選んだ宿は、街中からは離れているのですが、駅も近くて便利です。
街中で駐車場を探してもたつくくらいなら公共の乗り物を使った方いいだろうと思ったからです。

適当に決めたにもかかわらず、お宿はとっても素敵なところでした。

  201204-1174-HIMG_0785_convert_20120919181109.jpg

アリエルハウスというところ。
もともとは個人の家でしょうか?
部屋も大きくはないのですが、天井が高くてとても広く感じます。

玄関を入ったところにある部屋はとっても素敵♪

   201204-1173-KIMG_0902_convert_20120919180936.jpg

昼間はお茶やケーキやクッキーを用意。
夜はいろんなお酒が用意されていました♪(もちろん無料)
自由に使えます。

2泊、それも飛行機の時間が早くて朝食は1回しか利用できないのがとっても残念に思えたくらい居心地がいい。
もし、またアイルランドに来ることがあったらここに泊まりたいわぁ♪

さて、観光です!
私たち二日しかないのです!
天気はあまりよくないけれど、降り出さないうちに山の方に行ってみたかったのです。
そこは初期キリスト教の教会の遺跡が残るというグレンダーロッホ。

  201204-1131-DSCN3667_convert_20120919175908.jpg

奥に見えるラウンドタワー、西暦900年~1200年に建てられたと思われるそうです。
ベルタワーだったとか、モンクたちが祈りをする場所だったとか、よくはわかっていないらしい。
地震がないからこんな石だけを積み上げた塔が残るのですね~。
日本ではありえない!

ここにはウォーキングコースがたくさんあります。
ラクチンなコースは小さい子でもお年寄りでも大丈夫そうです。
私たちはちょっと高いところまで登ってみました。

  201204-1154-P1020890_convert_20120919180338.jpg

けっこう高いところまで登ってきたでしょ?
さっきのラウンドタワーが眼下に見えてきました。

ここには氷河がつくりだした湖があるのです。
アッパーレイクとロウアーレイクがあります。
天気が良ければどれほどだろうと思う景色でしたが、歩いている間に降られてしまいました。

アイルランドの人はとってもフレンドリーなんです。
夕飯の後、アイリッシュのビールを飲みながらガイドブックを手に翌日の計画を立てていましたら、お隣のテーブルの家族連れの方が声をかけてくださいました。

おしゃべりをしていたら、なんと奥様の御家族にアイルランド国家を作った方がいらっしゃるんですって!
ラグビーの試合の前に聞きますよ!知ってます!っていうと誇らしそうにしていらした。
そりゃ~誇らしいですよね!
楽しく過ごせました♪
(なんて書くと英語がペラペラみたいですが、あちらがご親切なので通じているって感じです。笑)
テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行

スコットランド・アイルランドの旅 (その18)

いごこちのいいB&Bに宿泊した私たち。
ちょっと洗濯物がたまってしまったの~。
ランドリーが近くにないかしら?ってお宿のご主人に聞きますと...
私たちが着いたこの日は休日だったのです。知らなかったぁ。
なので、ランドリーはお休みだというのです。

う~ん、しょうがないから手洗いしましょうか。
お部屋の目につかないところに一組だけでも洗って干しておこう。

食事をして戻ってきた私たちに、宿のご主人が声をかけてくれました。
「うちの奥さんが洗濯してあげるって言っているから、出しておいてください。」って!
うれし~。なんてご親切...。
この旅は何度も親切な方たちに助けられています。
知った人のいない旅の空、人の親切が身に沁みます。

そんなこんなで、ほっとした私たち。
翌日はケリー周遊路Ring of Kerryを走ります。

急な雨に驚いて、ちょうどそこにあったカフェに立ち寄りました。
すぐに止んだ雨。
カフェの駐車場からの眺めがこれ↓

    201204-1025-KIMG_0895_convert_20120819163003.jpg

『貴婦人の眺め』Lady's Viewと呼ばれるところです。
と、いかにも知っていたかのように書いていますが、カフェの看板にLady's Viewと書いてあって初めてきがついたのでした~。
偶然に立ち寄ったところがとってもいい眺めでラッキーです♪

            201204-1022-HIMG_0766_convert_20120819163258.jpg

ところで、アイリッシュコーヒーってご存知ですか?
コーヒーにアイリッシュウイスキーがはいっているのです。
旅行中に何度か試したのですが、ここで飲んだのが私の初体験でした!
そして、ここのアイリッシュコーヒーが一番おいしかったです!
豪快に入れてくれるアイリッシュウイスキーにびっくり~。
飲酒運転になってしまうので、主人の分もほとんど私が飲んでしまったので、ドライブの最初からごっきげん!な私です。(笑)

    201204-1029-P1020860_convert_20120819163442.jpg

かわいいケンメアという町。
何があるってわけじゃないのですが、ウィンドーショッピングも楽しい!
絵葉書や雑貨もかわいいお店に置いてあって、楽しい寄り道♪
ドライブ旅ですから、先を急ぎません。のんびりです。

    201204-1063-DSCN3623_convert_20120819163709.jpg

雨模様だった空もひどいことにはならなくて、なんとかやり過ごしたって感じです。
どうも観光バスなどとは逆回りをしていたらしい私たち。
おかげで結構いるらしい観光客にもほとんど出会わず。

上のような景色を青空の下みたのに、数分前はカーブばかりの道を走るのが怖いくらいの雨だったのです。
気持ちのいいドライブの後、宿に戻りました。
たのしかったな~
テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行

スコットランド・アイルランドの旅 (その17)

モハーの断崖などを観て、ゴールウェイの街を歩いて楽しんだ後、私たちはキラーニーに向かいました。
その前にかわいい村に立ち寄ることにしました♪
アデアというところです。

201204-0932-DSCN3540_convert_20120819143453.jpg

それこそ絵本にでてきそうなかわいい萱葺き屋根のお家が並んでいます。

201204-0937-DSCN3544_convert_20120819143627.jpg

かわいいものが売っているお店になっていたりするので、ちょっと思い出にカレンダーやコースターなんかを買ってきました。
本当は手編みのセーターがお買い得になっていたのですが、これから夏に向かう日本に帰ると思うと買う気持ちがおきませんでした。
手編みですからお安くはありません。
でも、手編みの仕事をしていた私からみると、手の込んだ編地で丁寧に編まれてありました。
お値段は妥当だと思いますわぁ。

きれいなお庭があったり、ゆったりした気持ちになれるいいところです。
たいしたものを買わないお客の私にもお店のかたは親切で感じがよくて~。
アイルランドの人たちはとてもフレンドリー。
旅をしていてとても気持ちのいいところです♪

この後、ディングル半島を走ります。
半島には遺跡が点在しています。
そして、海べりのドライブはとってもいい気持ち!

201204-0989-DSCN3576_convert_20120819144355.jpg

これは↑カガラス礼拝堂。
蜂の巣のような形をしています。
もちろん、ステンドグラスもない礼拝堂です。
7~9世紀頃のものだそうです。

こんなところをドライブして、今日の宿のあるキラーニーに向かいました。
とっても感じのいい宿のご主人に食事をするところを薦めていただいて、街の地図を片手にでかけました。

私はこの旅行中ムール貝をいっぱいたべました。
だって、出てくるのはびっくりの量!

   201204-1001-KIMG_0890_convert_20120819144551.jpg

直径25cm?いやもっとあるかな?
お鍋ごと置いて「さあ!召し上がれ!」
「わ~!」とびっくりして声をあげると「ええ、シェアできるほどあるわ!」とにっこりのお姉さん。
主人にも分けましたけど、大半を自分で平らげてしまうほど美味しかったー!
白ワインとともにたのしみましたよ~。
まんぷくー。
テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行