FC2ブログ

ただのんびりと...サンディエゴ(その9)

お天気もいいのでこの日もお散歩♪
私たちはサンディエゴまでお散歩に来たのね~。(笑)

見晴らしがいいので大好きなカブリロナショナルモニュメントに行きました。

    DSCN1475s.jpg

アメリカの西海岸、ここポイント・ロマに始めて足を踏み入れたヨーロッパ人カブリロの像です。
1542年のことです。コロンブスがアメリカ大陸を発見したとされるのが1492年。50年後ですね。

海が見渡せ、気持ちのいいところです。

  DSCN1478s.jpg

この海を見ながら歩くところがあるのですが、日陰もないので以前に歩いた真夏には辛かった記憶があるのです。
今回は春なので楽しく歩けました。お花も咲いていました。

お花の写真はたくさん撮りましたが名前もわからないまま。
でもこの花は↓わかりました。インディアンペイントブラッシュです。

   DSCN1490s.jpg

以前に読んだ絵本に出てきた花です。
インディアンの言い伝えだそうです。

           

インディアンの少年が夕焼けを描いたその筆が丘や野に広がったというのです。
赤、オレンジ、黄、ピンクまでお花の色があるのですって。

私がひとりでいたときに青い翼の鳥がそばに舞い降りました。

      DSCN1494s.jpg

飛んでいるとき翼を広げているともっと青い色が目立ちます。
私はパッと「この鳥はジェイジェイジェイだわぁ」と思いました。
逃げもしないで私の目の前にしばらくいてくれました。

前の絵本と同じときに読んだ↓絵本に出てきたのがジェイジェイジェイの羽。

          

家族を亡くしひとりぼっちになってしまったインディアンの少女は大切にお人形を抱いています。
亡くなったお母さんが作ってくれたお人形、その髪にはお父さんが取ってくれたジェイジェイジェイのブルーの羽が飾られていました。

ジェイジェイジェイはその鳥の鳴き声ですが、ブルージェイという名前だそうです。

スポンサーサイト



ただのんびりと...サンディエゴ(その8)

ひたすら、のんびり散歩を続ける私たち。
天気も良好!今度は海岸を歩いてみよう!

トーレイパインズステイトビーチに行ってみました。
州立のビーチですね。子どもをつれた家族も遊びにきていました。

 DSCN1448s.jpg

クリフがそばまで迫っています。
引き潮の期間などは調べていなかったのですが、この時間は潮が引いていたようでたくさん歩けました。

今度はこのクリフの上から下ってくるトレイルを歩いてみた!

 DSCN1458s.jpg

いろんなトレイルに分かれていて、いくつか歩きました。
海まで降りられるトレイルも歩いて下に見える平らな岩まで行きました。

歩く道すがら、こんな乾いた土地にも春がきていてお花が咲いていました。

    DSCN1461s.jpg

Morning glory 朝顔に似た花です。って朝顔って英名はMorning gloryですね。
朝ではなくて昼に咲いていたのだから昼顔かしら?日本語では。

「アイスクリームが食べたいね♪」アイスクリームなんてどこでも食べられるのだけれど、せっかくだから素敵な眺めを見ながらがいいな。
車をとばしてホテルデルコロナドへ。
好きなんです、このホテル♪

中庭も、う~ん、うつくし~い♪

 DSCN1497s.jpg

やしの木も葉を整えるとエレガントだこと~。

このホテルを宿泊だけでなく楽しみに来るのは私たちではありません。
ホテルのあちらこちらがギャラリーのよう。
たくさんのお客様でショップも賑わっていました。

ロビーもぎらぎらとした豪華さとは違った美しさは落ち着きがあって宿泊客をゆったりと迎えてくれます。

    DSCN1498s.jpg

フラッシュがつかないようにしてこっそり撮りました。
お客様の邪魔をしたくないですものね。

ビーチに出るとこんな風景。

 DSCN1500s.jpg

映画「お熱いのがお好き」でマリリン・モンローが歩いていたビーチです♪
ジャック・レモンとトニー・カーチスの女装がおもしろかったわ、この映画。

    

ただのんびりと...サンディエゴ (その7)

サンディエゴっていっつもお天気!って思っていた私。
今回の旅行中はお昼ごろからは写真に写っているように青空なのですが、毎日のように朝曇りだったのです。
日差しは写真のようですが、気温がそれほど高くなく日本のように湿度があるわけではないのでサラリとしていて朝夕は薄着では寒いくらい。
あわてて長袖の服を買ってしまいました。

サンディエゴにはバルボアパークという大きな公園があります。
博物館やお庭やシアター、サンディエゴ動物園も隣(バルボアパークの中なのかな?)です。
バルボアパークをゆっくり歩いたことがなかったので、おさんぽ...おさんぽ♪

平日なので空いていると思って平日を選んだのはちょっと失敗~。
空いてはいますが、週末しか開いていないものもあって残念...。

  DSCN1417s.jpg

この中には大きなパイプオルガンがあるのです。
でも、見られるのは週末だけなんですって~。(涙)

それでもお庭にお休みがあるわけはなく楽しんで歩いてきました。
ビジターセンターのある建物もスペイン風に中庭があります。

  DSCN1422s.jpg

さわやかなお天気で、ベンチでポテトチップをパクリ!

サンディエゴって○○メサ○○バレーって名前の地名が多いのです。
台地と谷が多い地形なんです。
このバルボアパークも谷を挟んでいるので橋が架かっています。

  DSCN1440s.jpg

この橋を渡ったところは市民がペットのわんちゃんたちを放して遊べるところがあったりします。

そして、そこにはこんな像があるのです。
Kate Sessionsさんという方の像です。

  DSCN1435s.jpg

Mother of Balboa Parkと呼ばれている方なのですって。
この方の像を見かけて「誰かな~?」って思っていたらビジターセンターに絵本がありました。
ペーパーバックの絵本にしてはちょっと高いかなぁと思っていたのですけれど、そのなかから1ドルはバルボアパークの基金に寄付されるというので納得。

  DSCN1428s.jpg

こんなお庭を見ながら歩くのも気持ちがいいのです♪
この公園にお花や木がいっぱいになったのもケイトさんのおかげなのですね。

  DSCN1445s.jpg

温室の前の蓮の池を眺めながらベンチで一休み♪
公園ですから入場無料。なので小さなこどもを連れた方をたくさんみかけました。
とってもゆったりした気分になれるところです。

ただのんびりと...サンディエゴ (その6)

旅行中って気をつけているつもりでもカロリー取りすぎ~。
しっかり消費しましょうとこの日は海の近くを歩いてみようと言うことに。

シーポートビレッジはお店がいろいろあってかわいいのですが、池も作ってあってカモもいます。
この木の向こうは海なんですよ♪

  DSCN1364s.jpg

ここのベンチに座っていたら水から上がってきた子どものカモが私の足元に♪
かわいい~。私がえさをくれると思った?それともえさに見えた?

    DSCN1408s.jpg

子どものカモたちはふぁっふぁでかわいいの♪
でも、このおかあさんカモ私を警戒してるみたいね。

ずーっと海沿いに行くと観光のクルーズがあったり船がミュージアムになったものなどがあります。
なかでもStar of Indiaは美しい帆船です。

  DSCN1402s.jpg

そしてその先を歩いてゆくと...こんな像がありました。

      DSCN1404s.jpg

横浜とサンディエゴは姉妹都市なんですって。
山下公園にこの水の女神(?)の像があるんです。
横浜の女神の像は何度も見ていたのですが「サンディエゴにあったか~?」って思っていたの。
ありましたわ。後ろは市庁舎です。

私の今回の旅行、ほとんどお散歩です~。
でも海を見ながらのお散歩は気持ちいいの。

つまんない旅行の土産話でごめんなさいね~。
たんなる私の思い出です。

ただのんびりと...サンディエゴ(その5)

今回の旅行は本当にのんびりとしていただけで、とりたてて観光はしていないの~。
街中をうろうろと散策しました。

ダウンタウンに「ガスランプクオーター」というところがあります。
道にはこんな街灯があります。さすがに今はガスランプではありませんね~。

  DSCN1372s.jpg

アメリカなりの古い町並みです。
しかも西海岸側は東側と比べてももっと新しいですから。

  DSCN1371s.jpg

1888年に建てられ、ワイアット・アープもしばしば通ったといわれるオイスターバーがあったそうです。
出窓というのかな?いい感じです。搭の先にはイーグルがとまっています。

  DSCN1399s.jpg

ショッピングモールの駐車場の入り口のすぐ前なのでいつも目にしていた“Hard Rock Cafe”も1906年の建物だったんだ~。
側面のステンドグラスの窓は以前のレストランの頃からのものだそうです。
そう思って見ると以前とは違ってみえるから不思議なものです。

  DSCN1388s.jpg

1850年にニューイングランド(東海岸)から運んできた建物だそうです。
今はサンディエゴの歴史資料館でしょうか。
2階の資料を見に行くのは有料なのですが1階の特別展示は無料でした。

私たちは特別展示だけを見せていただいたのです。
私たちは何度かサンディエゴに来ていますがガスランプクォーターは「古い建物におしゃれなレストランなんかがあるところ」くらいにしか考えていませんでした。

特別展示は第二次大戦前のガスランプクォーターの写真や建物の持ち主の名前などでした。
実はガスランプクォーターは戦前ジャパンタウンだったのです。
戦争が始まり、日系人たちは財産をすべて取り上げられ収容所へ入れられます。
日系人たちが住んでいた頃の住宅や店の区画にその当時の持ち主の名前が書かれていました。

ちっとも知らなかった。
その頃の日系人の大変さを想像しながら展示を見ました。