FC2ブログ

イングランドの田舎への旅 (その11)

居心地のいいB&Bを出発。
この日一日コッツウォルズの村々を回って夜にはロンドンへ行かなければ。 

まず訪ねたのはカースルクーム(Castle Combe)。
ゆったりとした小さな川の流れる静かな村です。
  
  DSCN1156s.jpg

この村にも古い建物が並んでいます。
本当に小さな村なのです。

   DSCN1160s.jpg

だーれもいない...。静かだわぁ~。
この川辺にはベンチが置いてありまして、のんびり座って景色を眺められます。
ふとベンチのひとつをみると↓

     DSCN1161s.jpg

薄いですけれど読めますか?
The Prince of WalesとLady Diana Spencerと書かれています。
おふたりが寄贈されたのでしょうか?わかりません。
でもコッツウォルズにはチャールズ皇太子の別荘があるとか聞きましたけど。

私たちのここのベンチに座っておやつをいただきました。
それはね、この村で売られていたプディングなのです。

     DSCN1157s.jpg

こんなふうに無人で売られていました。
自家製でしょうねぇ。「お代はここに」と書かれた紙がドアに貼ってあります。
ドアのスロットにお代を入れて一つ買ってみたのでした。

これが美味しかった~。
気に入ったので帰りに全種類買ってみたのでした。
一つ1.5ポンド。けっこうどっしりしたケーキです。

次はレイコックへ。
ここのレイコックアビーもハリーポッターのロケ場所のひとつだそうです。
その修道院も素敵なのでしょうが、村の建物も十分満足できる古さです。

  DSCN1172s.jpg

古い建物に新しい車。なんだか不思議な風景です。

  DSCN1175s.jpg

私たち、イングランド最後の日ですからアフタヌーンティーがいただきたわぁ~ということになりました。
この日はとってもいいお天気。
中でもいただけるのですがお庭でいただくことにしました。

    DSCN1178s.jpg

これでひとり分ですよ。
実は私たち二人分頼んだつもりだったのですが、どういうわけか二人でシェアーすると思われたようです。
私が「私にもティーください。」って言ったのがお茶だけ二人分と思われたのかな?
量はひとり分で十分でした~。
後からいらしたお若いカップルに運ばれていった二人分の量を見て「よかった~ひとり分で」と思ったのでした。

日本人の胃袋ではこのサンドイッチを食べた後にスコーンとプチケーキは入りませんよねぇ。
私は大食いの方ですが無理ですわぁ。若い頃なら食べちゃっただろうなぁ。(太るわけだ 汗)

このティールームはお宿もしているらしいです。

私はORTでも読んだことのあるホワイトホースがみたかったのです。
でも私が持っているガイドブック「地球の○き方」には載ってなかったの。
このレイコックの村にはナショナルトラストのショップがありましてそこで私が観たかったホワイトホースの絵葉書をみつけたのです!

     white horses.jpg

あまり愛想のよくなさそうなレジのおばさまからその絵葉書を買いまして、おそるおそる「ホワイトホースを観たいのですけど、どうやって行けばいいですか?」と聞きました。
そうしましたら、にこやかに、そしてとっても親切に地図を広げて道を教えてくださいました~。
愛想がよくなさそうだなんて思ってごめんなさい。
この方にとってもお土産を売るだけなんてつまらないけど、こんな風に観光の案内をするのは楽しいことなのかも。

ホワイトホースはいくつもあるのです。
「このあたりにいくつもあるのよ!」と、その中でも見つけやすいひとつを教えてもらって喜んで向かったのでした♪

  DSCN1187s.jpg

見つけたのは絵葉書の右下の馬です。
下に石灰岩の地層があるのです。
表面の土を掘って石灰岩の地層で馬を描いているのです。
誰が何のために描いたものが誰も知らないのです。
謎のホワイトホース。

主人はホワイトホースのことを知らなかったようで、私が何度も「ホワイトホースは何処にあるんだろう?」と言っても知らん顔。
ホワイトホースを追いかけてきたら、あら~、ストーンヘンジもこの辺だったー。(笑)

  DSCN1201s.jpg

タイミングよく人影も少なく誰もいないストーンヘンジを撮ることができました。
音声ガイドを借りてゆっくり観てまわることができました。
私たちが一回りしたころ観光バスがつきました。
すごい人数~、よかった一緒にならなくて。ほっ。

このストーンヘンジも何のために作られたかわからないのです。
アングロサクソンがブリテン島に来たときにはすでにあったそうです。
そのときにはすでに朽ちていたようです。

宗教的なものか、日の動きで季節を読むためのものであったのか。
本当のことはわからない。

わからなくていいなぁ。(笑)
なんでもわかってるなんて面白くないもの。

もっとホワイトホースがみたいなーと探しに行ったのですがなかなか見つからない~。
ホワイトホースと書いた立て看板があったので行ってみました。でもない!
なんとその看板はホワイトホースっていう宿だかレストランかの看板だったのでした...。(涙)
でもそこから遥か向こうに見えたホワイトホース!

  DSCN1213s.jpg

あ~ん、わかるかしら?
たぶん絵葉書の左下のだと思うんです。
でも、これは近くで見るには車を置いて歩かなければいけないかも。

日も暮れかけてロンドンに帰らなければならない私たち、ここまででホワイトホース探しはおしまいにしました。
なんだか盛りだくさんな一日でした。

私たちのイングランドの田舎への旅はこれでおしまいです。

お付き合いくださった皆様、ありがとうございました♪

スポンサーサイト



イングランドの田舎への旅 (その10)

とっても気に入ったお宿に連泊となったので気分はゆったり~。
ちょっとゆったりしすぎたかも。

コッツウォルズの古くて美しい小さな村々を見て歩きます。
まずは、バイブリーへ。

静かに流れる川に小鴨を連れた鴨や白鳥や黒鳥が泳いでいます。
その川に架けられた石の橋を渡ると古い家が建ち並んだ村があります。

    DSCN1116s.jpg

毛織物が盛んだったころ、この小さい家は機織職人たちの住まいだったそうです。

    DSCN1118s.jpg

失礼ながら窓から中をちょっとのぞき見ると外側とは違って今時のお住まいなのですよ。
今も人が住んでいるんです。
こんなにたくさん観光客がやってくるのでは落ち着かないのではないかと思ったりもしますが、どうなんでしょう?

きれいな水が流れる川をたどって行くとトラウトファームがあります。

    DSCN1124s.jpg

中を見には入らなかったのですが、この側にはレストランがあります。
もちろんマスを使ったお料理です。
お昼時だったのでマスのサンドイッチとマスのロースト(だったかな?)をいただきました。
サンドイッチは普通においしかったです。ローストはとってもおいしかったー!

私、イングランドに来てから「おいしい、おいしい。」とばかり言っていますが、本当に美味しいものにであったのですよ~。
食いしん坊なのでこんな時鼻が利くのでしょうか?

次に向かったのはグロースターです。
    DSCN1132s.jpg

こちらも古い建物が建ち並ぶところです。
でも、ここは大きな町です。
このあたりは石造りの家ではないですね。

りっぱなカテドラルがあるのでそちらの方へ向かいますがその手前の小さな通りにこんな覚えのある風景が!

    DSCN1135s.jpg

     gloucesters.jpg

ポターさんの「グロースターの仕立て屋」の中に出てくるのです。
仕立て屋さんのお店です。
いえいえ、もちろんお話の中ですから。
昔はどうだったか知らないのですが、今はポターさんの本やぬいぐるみや絵葉書などが買えるお店です。

建物の奥には仕立て屋さんのお家を模して作ってある部屋もあるんですよ。
上の階はギャラリーのようになっています。
「グロースターの仕立て屋」の絵本の中に出てくる刺繍をした立派なベストが飾られているんですよ。
そんなふうに飾られていると本当に仕立て屋さんが住んでいてネズミたちが刺繍をしたのね~なんて思い違いをしていまいそう~。

歩いてゆくと立派なカテドラルが。
ハリー・ポッターの魔法学校ホグワーツとして撮影されたそうです。

    DSCN1136s.jpg

この写真の右手は修理中で足場が組んであったので中途半端な写真になっちゃいました~。
中は写真を撮ってもいいそうなのですが、あまり上手に撮れませんしのですこしだけ。

    DSCN1139s.jpg

この中はお願いをするとボランティアの方が案内をしてくださるのです。
夕方だったためでしょうか、私たち以外に案内を頼む方がいらっしゃらなかったのでボランティアのおじいちゃまは私たちが独占♪

鍵をかけてあるので案内の方がいないと入れない地下まで説明を聞きながらまわることができてよかったです。
ゆっくりグロースターを見てまわろうと駐車場を2時間にしておいてよかったー。
おじいちゃまの説明で1時間くらい歩きましたから。

でも、英語での説明は...キングなんちゃらがいったいどなたなのか???でして~。
古い教会なので王様の名前がいくつも説明にでてくるのですが、どの王様が先で後かがさっぱりわからない。
う~ん、来る前に歴史を勉強してくるべきだったかー。(歴史苦手だからムリ~)

グロースターの後はウィンチクームという村にもよりました。

   DSCN1148s.jpg

ここには日本人の女性がお店を持っていらっしゃるんです。
偶然前を通りかかったのですがもう閉まっている時間でした。
新聞にも載ったようです。スコーンが地元のかたにも人気だそうです。

こんな風に小さな村が点在しているんです。
あちらこちらと見てまわるのはとっても楽しいものでした。

イングランドの田舎への旅 (その9)

ハワースで4時間もフットパスを歩いてしまいました。1、2時間のつもりだったのですが時間をとりすぎました~。
私たちはここからコッツウォルズまで行く予定なのです!
いったい何処まで行けるだろうとひたすら車を走らせます。

コッツウォルズ地方は小さい町が点在しているところ。
どの町に宿をとって何処を回るか、私たちはまだ決めていなかったのです。
コッツウォルズ周辺に近づいた頃にはもうインフォメーションは閉まっている時間。
自力で泊まるところをさがさなくてはなりません。

いくつか町をやり過ごし、たどり着いたところがとってもかわいい町並み。
ボートン・オン・ザ・ウォーターという町です。

Vacancy(空き部屋ありのしるし)と書いてあるB&Bが何件がありました。
まったくカンですが、よさそうなところを見つけました。

   DSCN1106s.jpg

ベルを鳴らしてみると中から人当たりのいい奥様がでてくださってお部屋を見せてくださいました。

    IMG_0053s.jpg

わぁ~、天蓋つきのベッドだ~。
広々としたお部屋でとってもきれい。
お値段も予算以内でしたのでここに決定♪

お宿の奥さんが「夕飯はまだですか?いいお店があるわよ。お値段も高すぎないし素敵なお店なの。」と教えてくださったのでそこへ行ってみることにしました。

  DSCN1099s.jpg

町の中心は川が流れていて石の橋がいくつも架かっています。
ボートン・オン・ザ・ウォーターはガイドブックによるとコッツウォルズのヴェネチアというそうですよ。
柳が水面に枝をのばし、カモたちが遊ぶ、素敵な町並み。
一つ目と二つ目の橋の間にあるお店と教えてもらっていました。

    DSCN1101s.jpg

かわいい建物~♪これが教えてもらったレストランです。
写真は翌日に明るいときに撮りましたが私たちが夕飯を食べに行った頃には日が暮れかかっていました。

予約はしていないと伝えると「ここでいいかしら?」とドアの側のテーブルに。
私たちの後にいらした何組もが「満席なんです。あと30分くらいは空かないとおもう。」といわれていました。
人気があるようです。私たちも何軒も迷っていたら座れませんでしたね。

     IMG_0055s.jpg

私の選んだお料理は「フィッシュパイ」
パイといってもパイ皮を使ってはいません。
鮭や海老やホタテが入っていて上にはマッシュポテト。
おお!これは以前お料理の本を見て作った「シェパードパイ」のお魚版!
好みだわ~。イギリスのお食事、悪くないじゃない。

ちなみに、主人のはリブアイステーキ。

お部屋もとても居心地がよくて清潔で、町もとってもかわいい、気に入ってしまいました♪
翌朝の朝食後さっそく「できればもう一泊したいのですけど?」と聞くと大丈夫でした~!
これでゆっくりコッツウォルズを見てまわれます。

みなさんは旅行中のお洗濯どうされてます?
そろそろお洗濯もしたかったのでコインランドリーへ。
洗濯機を回している間に町を散策。ここにもフットパスと書かれた道がありました。

   DSCN1108s.jpg

裏道をあるくのも楽しいです。
古そうなお家ですが今でもちゃんと人が住んでいます。
このあたりは山らしいものもないので、ちょっとしたお散歩道です。

  DSCN1105s.jpg

街の横丁もすてきですねぇ。
石の壁ですがウィンダミアの石とは色が違っています。

乾燥機を回している時間を待ちながらかわいい喫茶店でお茶をしました。
イングランドに来てから毎日何杯の紅茶を飲んでいるでしょ~。
必ずポットで出てきますのでたっぷりいただけるのです。
スモール・トークというお店。
手作りらしいケーキやクリームティーも魅力的だったのですが、イングリッシュブレックファーストをいただいた後にはそれが入る隙間をお腹にみつけられませんでしたので断念。(腹も身のうち...)

       IMG_0058s.jpg

さて、コッツウォルズに点在する街をみて歩きましょう。

イングランドの田舎への旅 (その8)

インフォメーションのおばさまのおかげでハワースに泊まれた私たち。
その日のうちにブロンテミュージアムに行くことができたのも宿がとれたおかげです。
ブロンテ姉妹の住んでいた家がミュージアムになっています。

        DSCN1060s.jpg

中は写真を撮ってはいけないので看板だけ。
当時ブロンテ姉妹が住んでいたように再現されていて、家具や着ていた服まで展示されています。
ブロンテ姉妹が本を書いた頃、女性の名前では出版してもらえない頃だったので初版は男性の名前で出ています。
そういった本も展示されていました。

「嵐が丘」をイメージできるところが歩きたい。ヒースの茂る荒地ってどんなかしら。
そう思ってフットパスの地図をインフォメーションで購入。

出発地点は教会。牧師だったブロンテ姉妹のお父さんがお説教をしていた教会です。


  DSCN1050s.jpg

この教会はインフォメーションのまん前。
教会の裏を抜けてゆくと牧草地。

    DSCN1062s.jpg

柵の出口までまっすぐ歩いていくのです。何処を歩いてもいいってわけじゃありません。
他の方も歩いていらっしゃったけれど、フットパスは何本もあるのでこの先はご一緒ではありませんでした。

向こうに見えるお家、村の道をしばらく歩きます。
庭のお世話をしている奥さんが「ハロー!」と声をかけてくださったりします。
この村の小学校が見えてきました。小さくてかわいいな~。

    DSCN1068s.jpg

あれ?ケンパかな?(ケンパって大阪弁?)

村をぬけて歩いてゆくとこんなフットパスに入っていくのです。

  DSCN1064s.jpg

私たちの行く先は向こうに見えているダムを超えた向こうの丘。
あら、けっこう距離があるようです。

丘の上には今はもう屋根も落ちてしまった石の壁だけが残る建物の跡。
側に一本の木以外は背の引くいヒース(ヘザー)が茂っているだけの荒れ野が続きます。

  DSCN1082s.jpg

何にもないと言ってしまえば何にもないのです~。
でも、ヒースクリフやキャサリンが歩いているところを想像してみてください♪
朽ちてしまった丘の上の家を見ていると「嵐が丘」の屋敷はこんなところに建っていたかもと思えてきます。

気が付けば4時間も歩いていました~。
いっぱい歩いたのでカロリー補給♪

      DSCN1088s.jpg

歩いた後はブロンテ姉妹ゆかりの教会の中にも入ってみました。
小さな教会ですがいくつもステンドグラスの窓があります。

  DSCN1095s.jpg

聖書の中から題材がとられています。
左から「受胎告知」、イエスの誕生のときに貢物を持ってやってきた「東方の三賢者」、一番右は...ヨゼフのところに主の使が現れたところでしょうか?
(もうちょっと聖書をよまなくちゃ~)

柱の下の足元にはこのようなパネルが。

       DSCN1093s.jpg

エミリー・ブロンテとシャーロット・ブロンテの名前があります。
アンだけは別のところに埋葬されているのですね。

本当に若くして亡くなっています。30代で亡くなっていますものね。
シャーロットは亡くなった時お腹に赤ちゃんがいたので、赤ちゃんを待って用意していたベビードレスがミュージアムに展示されていました。

私たちが泊まったホテルの近くにハワースの駅があります。
週末だけ観光用に蒸気機関車が走るのだそうです。

    DSCN1051s.jpg

小さな古い駅も雰囲気があって素敵。

    DSCN1057s.jpg

レトロでしょ?
ネスビットの“The Railway Children”をご存知でしょうか?
映画になった時にこのハワースでロケーションされたのですって。

GRにもなっています。↓映画はこれより↓古いものかしら?
           商品の詳細

ネスビットさんは絵本も書いています。

      Melisande.jpg

イングランドの田舎への旅 (その7)

ウィンダミアを発つ日、前日に行ってみたら時間が遅すぎたのであきらめたユー・ツリー・ファームというところに行きました。

   DSCN1042s.jpg

ご覧になって「あれ?どこかで見たような?」と思われた方もいらっしゃるかも。
ヒルトップは映画に使えなかったので、映画の中でヒルトップとして使われたのがこのユー・ツリー・ファームだったのです。
ポターさんのファンが世界中から押し寄せるヒルトップを撮影の間ずっと閉めるなんてできなかったのですね。

今はゲストハウスとカフェテリアとして営業しているとガイドブックにありました。
でもまだファームとしても使われているようでした。
柵の向こうに羊もいるし、鴨やアヒルも放し飼いされています。(飛んでったりしなのですね。羽が切ってあるのかな?)
ラム肉なんかも売っていましたからね。

私たちはこれからのドライブのために早めにお昼にしようとここで食事を取りました。
天気がとても良かったのでお庭ではお茶を楽しむ人たちがたくさんいましたが、お部屋はなんと私たちが独り占め♪
 
    DSCN1031s.jpg

中も素敵でしょ?ここは撮影に使われたばかりでなくポターさんが持っていた家の一つだったのです。
ですからここの部屋の食器棚に飾られている食器などもポターさんのものなのです。
ヒルトップも素敵ですが、こちらもとても素敵です。

私たちがいただいたのはたっぷりの紅茶とホットポット。
食べ物では悪評高いイングランドですが私たちは運良く美味しいものに出会ったようでした。

     DSCN1039s.jpg

いただいたのはラムのホットポットでした。ビーツが添えられています。
お野菜たっぷり、もちろんラムもたっぷり。
素敵なお部屋の窓際の大きなテーブルを独り占めして(ふたりだけど…)美味しくいただきました。

話は違いますが、この暖炉の上に飾られている犬の置き物ゴグとマゴグですよねぇ?
ゴグとマゴグといえば私は「赤毛のアン」を思い出すのです。
出てきたのは「アンの愛情」だったでしょうか?
昔、プリンスエドワード島に行った時には見ることができなかったので、思わぬところで出会えてうれしかったです。

そしてふと見上げると暖炉の上の天井にフックがあるんです。

       DSCN1041s.jpg

これは何ですか?と聞きましたら「いたずらっ子をつるしておくのよ!」「えっ...」
「ふふふ、本当は暖炉の乾いた空気でハーブをつるして乾かすためのものなの。でも私はいたずらっ子をつるすのはいい考えだと思うわよ♪」ですって。

ゆっくり食事を楽しんで、私たちが向かうのはハワース。
『嵐が丘』や『ジェーン・エア』で有名なブロンテ姉妹のゆかりの地です。

   DSCN1046s.jpg

観光の中心地はこの旧市街地。
古い建物をそのままにお土産ものやかわいい物を売っているお店、ちょっとしたお昼がいただけてパイと共にお茶もいただけるお店なんかもあります。
私はここで食べたパイ(タルトかしら?)が気に入って翌日もドライブ中のおやつに買い求めました♪

この町並みを背に振り返ると↓インフォメーションです。

       DSCN1048s.jpg

お部屋を探しているんですと告げると「ないわよ~、ここいらは宿が少ないのよ~。」
ガーン!まぁ、予約もしないでここまで旅をしてきて宿が取れたのはラッキーだったのね。

でも、カウンターのおばちゃま方「車なの?ちょっと離れてても大丈夫なのね?」と。
そこから電話してくださること4件ほど。ドキドキな私。
そしておばちゃま「窓がなくて天窓だけのお部屋ならあるわ!この町で最後のお部屋よ!どうする?」
もちろん「OKです!」です~。
よその町で泊まってもどってくるのは面倒ですもの。

で、最後に残ってくれていたお部屋はパブの二階。
おお!そういう手があったか!

        IMG_0049s.jpg

奥のカウンターで男の人たちがビールを飲みながら楽しんでいます!
立って飲むんですよねぇ~。イギリスのドラマとかでよく見るけれど。
カウンターに椅子がないのですよね。

パブに泊まっているとお食事は簡単!
普通はちゃんとお食事ができます。ランチもちゃんとやってます。

私が食べたのはローストビーフ。

      IMG_0050s.jpg

でーんと大きいのが乗ってますがこれがヨークシャープディング♪
プディングと言っても甘いものではありません。お麩をイメージしてくださいませ~。
味はほとんどなくてローストビーフに定番の付け合せ、ローストビーフのデミグラスソースをつけて食べます。

       IMG_0051s.jpg

主人が食べたのが子羊のレバー(煮込んであるのだったかな?)
どちらも大量なジャガイモが添えられています。

英会話教室の先生(イギリスにも住んでいたらしいオーストラリア人)には「ヨークシャープディングが美味しかったなんて信じられないわ~。味なんかしなかったでしょ~。」と言われました。
彼女は嫌いらしい。でもソースが美味しかったから美味しかったのよ~。
私、薄味が好きなのでローストビーフにちょっとしかソースをつけませんし、味がほとんどしないヨークシャープディングにちょっとソースをつけただけのものが口に合ったのです。
それだけを食べたいとは思わないなぁ。
ちょっと不思議な食べ物ではありました。

さて、翌日はフットパスを歩くのです!
ヒースの丘を「嵐が丘」をイメージしながら歩くのが楽しみです。