FC2ブログ

ナショナルパークへの旅 (その11)

旅の日記ももう少しだけ残っていたのでした~。(ほんと、ぐずです~。)
もう少しだけ写真を載せてみますね♪

キャピトルリーフ・ナショナルパークを発つ日なのです。
なので、朝からお散歩。
ヒックマンブリッジを見に行くことにしました。

   DSCN0821s.jpg

キャピトルリーフ・ナショナルパークにはモルモン教の人たちが作った果樹園があるくらいですから水が豊かです。

こんな川を見ながら歩いて行くとこんな↓ブリッジが。

   DSCN0824s.jpg

でも、これはヒックマンブリッジではありません。
道ですれ違った人が「小さなブリッジがあるけど、それじゃなくてもっと向こうまで行くのよ!」と教えてくれました。
小さいといっても185センチの主人が入ってしまえますけれどね。

もっと歩いて行くとありました。
ヒックマンブリッジです。↓

   DSCN0828s.jpg

写真にすると大きさがちっともわかりませんが。
気持ちのいいお散歩でした。

ビジターセンターへ戻ってもう少し見に行けるところを聞いて車を走らせました。
このあたりを離れる前にサプライズキャニオンを歩いてみることに。

   DSCN0848s.jpg

パーキングなんて書いてありますが、たったの2台しか駐車できません。
私たちの前に1台駐車していました。
私たちと入れ替わりに向こうから男の人が3人帰ってきました。
「やぁ!」と挨拶。お疲れ様です~。

歩き始めるとトカゲくんが見送ってくれました。

   DSCN0835s.jpg

でも、私たちの行く道はどこ?

  DSCN0838s.jpg

きっと向こうに見える深い谷だろうと向かいました。
道しるべないですねぇ。

小さい丸いサボテンのいっぱい生えた平らなところを歩き、
足跡がフレッシュだからこっちだなとかいいながら歩いていきます。
自然になるべく手を加えない。自分の責任で歩いて行くわけですね。

こっちかな?いや、こっちのほうが登りやすいようだ。と2人で歩いて細い岩山の裂け目を見上げると

  DSCN0843s.jpg

青空が岩の裂け目から青いリボンのように細くみえるのです。
こんな風景を見るためにいっぱい歩く。
普段は運動不足な私だけれど、がんばって歩くとこんなご褒美があるんですもん、歩きますよ~。

いっぱい歩いて駐車場まで帰ってくると一台車がやってきました。
ほ~、2台だけの駐車スペースは入れ替わり立ち代り、ちょうどいいサイズということですね。
ガイドさんらしい方と一組の夫婦。「ハロー!」と挨拶して3人を見送りました。

冷やしておいたコカコーラがおいしー!
一息入れて、私たちはラスベガスまでのロングドライブ。

途中にあるシーダーブレイクス・ナショナルモニュメントにも行きたいと思ったのだけれど冬季は閉まっているらしい。
冬季って~5月だよ!と思っていたけれど。
そのあたりを通りかかると...なるほど冬季ですわ~。

  DSCN0856s.jpg

雪景色です~。さっきまで大汗で歩き回っていたのがうそのよう。
行けなかったところは次の楽しみに取っておきましょう。
スポンサーサイト



ナショナルパークへの旅 (その10)

ガイドブックには4WDだけが入れると書かれている道が多いのです。
なので、レンタカーで普通の車の私たち、つまんないなぁ~と思っていました。
こりゃ~期待はずれだったかしら?と。

でも、ビジターセンターへ行って聞いてみると
「大丈夫だよ。行けますよ。ここいらはお薦めだよ。」と!
ガイドブックに書かれていたのは夕立などの多い夏などは入れないということだったのでしょう。
行ってみると、ぬかるんでいたらこの車ではあやしいなぁという道でした。
そんなところに行ってみると見られるのが先日の日記の景色です。

こっちの道にも行ってみよう~と別の道へ。
駐車場に車を置いて案内板を見ると「キャシディーアーチ」と書いてあります。
ブッチ・キャシディーのキャシディーです。

『明日に向かって撃て』(Butch Cassidy and The Sundance Kid)なんて古い映画を思い出します。
ブッチ・キャシディーがここいらに隠れていたとか、本当かな?

でもね、歩き始めのところからそのアーチがいったいどこにあるのか見えないのです。
少し歩くとみえるかなぁ~とスイッチバックしながら登っていくけれど見えません。
あらら~、駐車場は遥か下です。(写真じゃ遠近感がありませんが、かなり登ってます。)

     DSCN0808s.jpg

もしかしてあれ!あれがキャシディーアーチ!
ずいぶん歩いてきたんですが...まだ遠い~。↓

 DSCN0809s.jpg

でもね、ここまで来たらもどれません!
たどり着きましたよキャシディーアーチ!

  DSCN0812s.jpg

遠くからではわからなかったのですが、このアーチ上からも穴が開いているのです。
私は足元が怖くてこれ以上前に出て写真を撮れなかったのです。
怖いもの知らずのダンナはアーチの上までいっててを振っています。
見えますか?上の写真にだんながいるんですよ。

アーチの上に乗ると、どのあたりがアーチの中心がわからないくらいしっかりしたアーチだそうで、あまり怖くないそうです。(私には怖いと思うけどね。)

お疲れ様~の写真。↓顔隠してますが疲れた顔してます。

 DSCN0814s.jpg

ここに1.5マイルって書いてあるでしょ~。
ここまでにずいぶん登ってきたんですよ!!!ここからまだ1.5マイルあったわけです。

ところが、私たちは歩き始めにこれ↓を見て歩き始めたのです!!!

 DSCN0805s.jpg

3の前に「点」があるでしょ~。
0.3マイルだと思って歩き始めたんです!
かんばんのうそつき!点はないんじゃないの?3マイルだったのか?

いい運動になりました。疲れたけれどいい景色でした。
3マイルだと思っていたら行かなかったかも。(汗)

ビジターセンター近くまで帰ってきたら鹿たちが草を食んでいました。

 DSCN0816s.jpg

ここいらにいる鹿はミュールディアというそうで、耳が大きめなの。
かわいい顔してるんですが、シャイでこっちを見てくれません。

ナショナルパークへの旅 (その9)

ぐずぐずとまだ書いてる旅日記です。(笑)

「行けるだけナショナルパークとナショナルモニュメントに行くぞ!」が今回のテーマなのです。(うそ~)
このあたりは「石を投げたらナショナルパークにあたる」って感じです。(ちょっと大げさ)
次はキャピトルリーフ・ナショナルパークへ行くことにしました。

        DSCN0832s.jpg

ナチュラルブリッジ・ナショナルモニュメントでのんびりしていたので着いた日はキャピトルリーフを眺めながら宿泊するトレーの町へ直行。
ナショナルパークのあるところってどこも田舎ですが、ここは本当になんにもない!
ホテルに置いてある最寄のレストラン案内、1つ以外は隣町...えーっと20キロくらい離れてますよー。(涙)
観光客はみんなそのレストランに集まっているらしく駐車場もいっぱい。
おみごとな田舎です。牛はいっぱいいるのにハンバガーショップもないのね。

このナショナルパーク内にはレストランはありません!
昔モルモン教の人たちが住んでいて果樹園などを持っていた、そのあたりに建物がありました♪

  DSCN0781s.jpg
 
土日だからでしょうか、ビジターセンターで「食べるものがあるよ」と教えてもらったのです。

  DSCN0783s.jpg

アイスクリームやベリーパイ、パンが売っていました。
他にも手作りの石鹸やなんかも。
外のテーブルでは石鹸を作って見せたり、家の中ではパッチワークや編み物を教えてくれるようでした。
小さな小屋はスモークする小屋なんですって。
ここで買ったミックスベリーパイは今日のお昼ごはん♪

     DSCN0794s.jpg

こんなところを歩いて行きました。The Narrowsと呼ばれているところ。
細いのです。夕立が多い頃なら川になるのでしょうか。今は水はありません。

 DSCN0788s.jpg

インディアンが残したペトログリフもあれば

 DSCN0795s.jpg

移り住んできたモルモン教の人たちの残したものが岩肌にあります。
こんなところを見て歩いた後にお昼にしましたよ♪
ミックスベリーパイでーす。

        DSCN0802s.jpg

おいしかったです。
後でもう一つ別のパイとパンを買ってホテルで夕飯のときに食べました。


ナショナルパークへの旅 (その8)

だらだらと続けている旅の日記です。
自分の思い出にと書いていますので、立ち寄ってくださる方にはいささか退屈かと...。
また、岩の写真です!(汗)

ナチュラルブリッジ・ナショナルモニュメントです。
キャピトルリーフ・ナショナルパークへ行く途中で立ち寄りました。

      DSCN0759s.jpg

ここで見られるブリッジを全部回る時間はないのです~。
せめて一つだけでもブリッジの近くまで降りてみることにしました。

駐車場からでは見えないブリッジ。
駐車場からの階段を下り、ハシゴを下りて
こんなところ↓を歩くいて行くと

 DSCN0761s.jpg

ブリッジが見えてきます。

   DSCN0763s.jpg

上から見下ろしただけではつまらないのでブリッジの下までハシゴ(一段壊れてるのに修理してないの~ 涙)を下り、岩を下り...ブリッジへ!

   DSCN0768s.jpg

これ以上近づいてもカメラに納まらない大きさ。
このあたりを初めて探検に来た人たちの写真がありました。
このブリッジの上を馬に乗って渡っていました。
今はブリッジの上には行ってはいけないみたいです。

有名なナショナルパークとは違って観光客は多くありません。
ブリッジの下まで下りてきたのは私たちの他に男性が一人だけでした。
その方の奥様らしき方は最初のハシゴが怖くて降りるのをあきらめたらしい。
私はというと、数日前に登ったハシゴよりましだーって思えたのでした。

ブリッジは川の流れによって作られたものだそうです。
川が曲がるところで流れがぶつかった岩が擦り切れ穴が開きできたのがブリッジ。
川の流れが変わって地形も変わったのでしょうね。

さて、私たちは先を急がなくっちゃ!と移動したのでした。

ナショナルパークへの旅 (その7)

この旅行は一番最初に「アーチーズに行きたい」から始まりました。
飛行機がラスベガスまでなので、そこでも数日遊ぶことを考えていて「気温は暑い」と思い込んでいました。
でも、標高が高いってことは...

メサベルデでは冬期閉鎖と書かれた道があるのです。
でも、もう春だしきっと大丈夫だと思っていたのです。
でも、まだ閉まっていました~。
こんな遠いところ、また来ることがあるかどうかはわからないけれど、いつか行けなかったところにも行けるといいなぁ。

メサベルデでさんざん遺跡を見てきたのに「見に行きたい?」とダンナに聞かれて二つ返事で行ったのは「アナサジ・ヘリテージ・センター」。
アンセストラル・プエブロ(アナサジ)の遺跡があるところに博物館ができているんです。

 DSCN0745s.jpg

小高い丘の上に住居があります。
崖で暮らしていた人たちの生活とは違って暮らしやすそう~。

 DSCN0747s.jpg

ここからの眺めもいいのです~。
住みたいくらいのところ♪
アナサジさんたちいいところに住んでましたねー。

ところが、私たちがたどり着いてみると受付のおばさまが「お~、後10分で閉館なのよ~。」「え~!!!」
「明日もこれる?展示は明日見てね。上の遺跡には行けるから!
帰るときに駐車場の門が閉まっていたら、開けていいから後で閉めといてね♪」

フレンドリーなおばさま(きっとボランティア)のお言葉に甘えて上のような景色を楽しんだのでした。

そして次の日、私たちはもう一度ミュージアムの展示やビデオを見せてもらいにきたのでした。

このあたりの種族はとても手が器用だったようで、good weaverとして知られているようです。
採集生活やちょっとした農耕もしていたので作物や何かを入れるのに籠を使っていたのです。
それもきれいな模様もいれて!
30歳くらいが平均寿命だった頃、食べるだけのものを集めるだけでも大変なのに道具に模様をつけるなんて!
人ってそういう生き物なんですねぇ。

その後、焼き物をおぼえ、お水も運べる陶器を使い始めます。
それにもきれいに模様が付けられています。

おまけにミニチュアの陶器が残っていました。
子どもたちのおもちゃだったらしいです。
ずーっと昔の人たちも私たちと変わらないなぁと、とっても身近に思えました。

ブランケットを織るのも籠を編むのもweaveなんですね。

先日読んだ絵本にあったような織り機がありました。
私もやってみました~。

 DSCN0749s.jpg weavers.jpg

こんなところ見て回るの大好きなんです。
主人は退屈だったかもしれない。

アナサジさんたちの作っていただろう籠を作って見られるキットが売っていました。
買っちゃった。主人は呆れ顔。(笑)

    バスケットs.jpg

できるかな~?