FC2ブログ

アメリカ旅行 (番外)

私たちの旅も終わりです。
早朝に起きだし出発しました。ラスベガスは空港がわりに町に近いので少しは楽です。

ラスベガスからサンフランシスコ経由で日本へ。
サンフランシスコで時間がありました。
主人はスモーカーなので、ラスベガスでは大喜びしていました。
だって、何処でもタバコが大きなお顔して吸えるんですもの。
サンフランシスコではそうはいきません。空港の建物の外まで行かねばなりません。
搭乗ゲートにいる私に荷物を預けてタバコを吸いにいきました。

ゲートには、私と荷物。まだ時間が早いので人も少ないのですが、私の前に男性がおりました。
私は本を読んでいたので、ぶつぶつ言ってる男性は携帯で電話しているのかな?くらいに思っていました。

ところが、その声がだんだん大きくなる。写真をだしてバンバン殴りながら怒鳴りだした!
この男性、黒人で大男。怖いのだけれど、席を変わっても刺激するかもとじっとしていました。
主人が早く戻ってくることを祈っていましたけれど、こんなときに限って戻ってこない~。

怒鳴っていた内容は、怖かったしよく覚えていません。でも、ジェネラルとか、ゴッドとか立ち上がって怒鳴る。
「どうしよー」と固まっていたら、一人の男性が大男に声をかけました。
「君もマリーンかい?僕もだよ」と自分の方に呼んで、小声で静かにするように説得し始めました。

おとなしく話をしているので少し安心していたら、また怒鳴りなじめた!
「かかってこい、相手になってやる!」というよなことを叫んで上着を脱ぎ始める。
声をかけた男性に加勢するように若い男性が二人出てくる。
最初の男性は冷静に、「相手になるな、刺激をするな」と若い二人に小声で言いいながら
「刑務所に入りたいわけじゃないだろう」と大男を落ち着かせようとするけれども聞かない。

航空会社の女性が警察を呼ぶように言われて電話をしました。
でも、警察がなかなか来ないし私の前まできて怒鳴るし。
警察が来る前には主人が戻ってきていたのですが、私は心臓がバクバク。

やっとやってきた警察官が、小柄な東洋系。大丈夫かしら?
大男を連れてゲートから離れ通路のある上の階へ行きました。

少ししてから、先ほど大男をなだめていた男性が私たち二人のところに来て
「私は、彼とは知り合いではないけれど、同じ海兵隊。国にかわってお詫びします。」と言ってこられました。
「ええ、私たちは大丈夫、理解してますよ。」みたいなことを主人が返事していました。

私はそこまでしか知りませんでしたが。
その後、私が落ち着いたので主人が会社への土産を買いに行った帰りに見かけたことによると
先ほどきた小柄な警察官が床に座り込んでいて、大男のほうはストレッチャーの上で気を失っていて、大勢の警察官が取り囲んでいたそうです。

どうも、先の警官と殴り合いでもやったようです。警察官は殴り倒されたのかしら。
大男のほうは気を失っていたそうだから、鎮静剤?か何かを注射されたか、スタンガンでしょうか?

考えようによっては、飛行機に乗ってから騒ぎにならなくて良かったです。

その後は無事関空に着きました。

スポンサーサイト



アメリカ旅行 (その9)

あちらこちらと寄り道をしていましたが、ラスベガスに着きました。
なんというか、今まで大自然の中にいただけに目がパチクリ!
自分達がおもちゃ箱に迷い込んでしまったような気がしてきます。

とりあえず、ホテルにチェックイン。
私たちが泊まるホテルはラスベガスのメインの通り(ストリップ)からは外れたところにあります。
かなりお安い宿泊料金だったのですが、「現地の人に人気の...」とあったのでここに決めました。

Sam’s Townというカジノもあるホテル、でも小さいのだろうと思っていたら、結構大きい。
Townというだけあって、カジノで遊んで、食事もできて、ヘアーサロンもあって、お買い物もできる。
ここのカジノはいたってカジュアルです。
部屋も豪華絢爛とはいきませんが、きれいな部屋でした。
必要なものはちゃんとそろっているし、これで、グランドキャニオンで泊まったホテルの半額以下なら文句なし。

ここからストリップに行くにもシャトルがあります。
私たちはレンタカーなので使いませんでしたが、食事にでかけてお酒を飲みたい時にいいですね。
ストリップに行って映画なんかでおなじみの有名なホテルを散策。

  ラスベガス 0020002.jpg

   MGMのライオンの像です。↓キンピカね。

  ラスベガス 0010001.jpg

宿泊しないホテルを見て廻るのもおもしろいです。ショップもいろいろありますしね。
せっかくラスベガスなのでショーを見たいなぁと、チケットを手に入れに行きました。

貧乏旅行なので、当日券だと半額で買えると調べておきました。
観てきたのは『Mamma Mia』

  mammamia2.jpg

(日本でも劇団四季が上演してますね。大阪にもきます。)
ABBAの曲が劇中22曲使われているミュージカル(コメディー?)ショーです。
若い方はABBAを知らないかも。わが家にはレコードがあります。(CDじゃないよ~笑)
主人が持っていました。中学の時に買ったのかしら?小学校じゃないだろうなぁ?

劇場の客層は、若い方ももちろんいらっしゃいますが、私たちより年上の方が多かった。
その人たちが、もうノリノリで「ヒュー」と声をかけるわ、立ち上がって一緒に歌いだすわ。
いい年(失礼)したおじさまたちが、かわいいったら。私の隣の席のおじさまもイスを揺らしてました。
考えてみたら、ABBAが流行った頃彼らは若かった。丁度そうゆう年代なんですよね。
曲にあわせて、うまくストーリーができています。コメディータッチなので楽しいです。

エンディングは全員が舞台に出てきて『Dancing Queen』 や 『Waterloo 』を大合唱!
客席も大騒ぎです。立ち上がって踊りだしたりね。ディスコ(知ってる?)ミュージックですからね。
ショーが終わって出てくるお客さんも口々に歌を口ずさむ。何だか足も軽やか~。
出口でCDを売っていましたが、きっとよく売れたでしょう。
楽しかった~♪

モールでお買い物したり、3泊しかしなかったので、あっという間に2日が過ぎてしまいました。
最後の夜に3時間だけスロットもやってみました。他はルールを知らない...
3時間で20ドルで遊んでました。もうかってませんが大金をすったわけでもなく楽しみましたー。
おもしろかったです。レバーをガチャッってやらないんだーって変なことにカンシンしたりして。

あー、これで私たちの旅も終わりです。
翌朝はすごーく早起きで飛行機に乗らなければー。
旅の思い出話にお付き合いいただいた方々、ありがとうございました。



こともなく終わったと思われた今回のアメリカ旅行、実は日本への飛行機に乗るサンフランシスコの空港でちょっとありました。

それは、また。

アメリカ旅行 (その8)

私たちのアメリカ旅行も残りわずかになってきました。
グランドキャニオンを後にしてラスベガスへ向かいます。

I40を走れば早く着くでしょうが、せっかくなのでルート66を通ることにしました。
Get your kicks on Route 66~♪

景色はこの方がずっといいし、途中の町もルート66の雰囲気を大切にしているようです。
といっても、大きい町はありません。
でも、道路にもちゃんと66が書かれていますよ。

  Route 66 0010001.jpg Route 66 0020002.jpg

途中に立ち寄ったインフォメーションの方に教えてもらった町に行ってみました。
ゴールドラッシュの頃に賑わいだところなのでしょうか?
アイスクリームを食べながらうろうろしたり。お店を見て廻るのも結構面白かった。

Route 66 0040004.jpg

ミュールがうろうろしているんです。にんじんを買って食べさせることもできます。
これが、かわいい顔してるのです。

ミュールと少年.jpg

Route 66 0030003.jpg

おとなしくて、人懐っこいの。目がかわいいでしょ?
かわいかったので、思い出にマグを買ってきました。

   ルート66のマグ0001.jpg

あらー、本物の方がかわいいじゃないですかー。

寄り道をしつつラスベガスへ向かいます。

アメリカ旅行  (その7)

せっかくグランドキャニオンに来たのだから、日の出が見たいと思いました。
早起きをして見に出かけることに。日頃はしない早起きも遊びにきたらできるものです。
まだ暗いうちから車に乗り込み出かけました。

Grand Canyon 0010001.jpg

↑夜明け前です。寒くないように着込んで出かけましたが、さすがに寒い~
でも、澄んだ空気と静けさが、ため息が出るほどです。

どこどこが日の出の見所と書かれていたのを読んだのですが、まだ暗いうちから出かけたので分かりませんでした。
でも、車を止めて少し歩くとより視界が開けます。

Grand Canyon 0020002.jpg

日が昇ってきました。
すっかり日が昇ると、こんな風景です。

Grand Canyon 0030003.jpg

キャニオンの西側の壁に朝日が射してとても美しかった。
私たちが車を止めたところは「見所」といわれるところではなかったようで、人が少なく、しずかな朝を堪能しました。

朝食を食べて、今日は一日中パークを歩き回ろうと決めていたので、駐車場に車を置きシャトルに乗り込みました。

シャトルに乗ってばかりでは楽しめません。ところどころにシャトルが止まり、そこには見晴らし台があります。
体力に合わせて、おもいおもいに散策できます。私たちはシャトルを降りてところどころ歩きました。

Grand Canyon 0040004.jpg  鹿も駐車場の近くまで出てきたり

Grand Canyon 0050005.jpg

リスも「私、左から撮ってもらいたいの」と言わんばかりに、いかにもリスのポーズ。

歩くところは自然に配慮して手すりがついていないところが多いです。
足元が危ないところもありますので、ある程度自分で判断することが必要ですね。
でも、こんな風景が見られたら、歩き甲斐がありますよ。

Grand Canyon 0060006.jpg

写真に入りきらない風景が続きます。いつまで眺めていても飽きません。

私たちはまたシャトルに乗って、今度はブライト・エンジェル・トレイルを歩くことにしました。
インフォメーションに行ってみると、Steepと書いてありました。
行き着くところまで行って帰るには一日では終わりません。(というか、そうしないように注意書きがありました。)
水を補給するところもありませんから水は十分に持っていくようにとも注意書きがあります。
私たちのように途中まで行って帰ってくる人以外は準備が必要です。
真夏は10時から2時くらいまでは歩けないと思うようにとも書いてありました。

Grand Canyon 0070007.jpg

こんなつづれ折の道が続きます。ミュール(ラバ)ツアーもあるのですが私は高所恐怖症なので
この道をミュールの背に乗って行くなんて考えられません。(汗)

降りて行くのは足元に気をつけるだけですが、上りが大変です。
私の体力を考えながら(後で登って帰らなければいけませんから)見晴らしを楽しみながら下って行きました。

Grand Canyon 0100010.jpg

↑下ってきた崖が影を落としています。

P10006970001.jpg

↑の写真、道がわかりますか?ここをスイッチバックしながら、この写真の一番上まで登って行くのです。
帰り道はかなり疲れましたが、休み休みこの景色を眺めながら戻りました。
気持ちのいい疲れです。

この日はパークレンジャーさんの「満月の夜歩き」のガイドツアーがあるのです。
手にライトを持って日没1時間後に集合。
パークレンジャーのおじさまの英語が難しい~、冗談は8割がたわかりませんでしたよー。
英語で冗談を理解できる日は遠い...

一日、朝早くから夜までパークを楽しんだ私たち。明日はここを発ちます。

アメリカ旅行 (その6)

私はめちゃめちゃ方向音痴ですが、地図をみるのが大好きです。
でも、地図を見ていただけでは感じられないアメリカの広さ。
この日まで旅を続けて、私の頭の中ちょっと混乱しています。いや、かなりぐちゃぐちゃ。
何に混乱しているかというと、『時差』です。アメリカって国の中で時差があるー。
「あたりまえだ!」って怒らないでくださいね。

     時差0001.jpg

私たちの飛行機はラスベガスに着きました。ネバダ州(NV)です。Pacific Standard Timeです。
そして、車でその日のうちにザイオンナショナルパークに行ったわけです。ユタ州です。Mountain Standard Timeです。
ここで、1時間の時差が発生します。日本から着いたばかりですから、既に私の頭の中はぐちゃぐちゃです。

↑の地図を見ていただくと、AZ(アリゾナ)の色が違っていますよね。
アリゾナはPacific Mountain Standard Timeの範囲ですが、Daylight Saving Time(サマータイム)を採用していないということです。
ところが、AZの右上に回りと同じ色、Daylight Saving Timeを使っているところがある。
それがナバホネイションなのです。Monument Valleyのあるあたり。

そして、グランドキャニオンに移動してきた私たちは↑の地図でアリゾナの右上から左へ来たわけなんです。
Mountain Standard Time の地域の Daylight Saving Time を採用していない地域へ。
今、ここに書いていても自分の書いていることが合っているのかどうかさえ分からなくなっています。

アメリカの人たちは混乱せずに暮らしていらっしゃるのでしょうか?
しかも、ある日からいきなり1時間時差ができちゃうサマータイムを使っているわけです。

日の出の時間を間違えないために今何時なのかちゃんとわかっていなければね。