FC2ブログ

英語多読 “Whatever Happened to Janie?”

The Face on the Milk Carton”の2巻です。
4巻あるのですが、1巻を読んだときに4巻までお話が続いていると知らなくて~。
1巻ずつお話が完結しているかと思い込んでいましたの。

でも、印象的なストーリーで、忘れっぽい私がこの1巻のお話を覚えているのですよ。
今でもミルクのカートンに行方不明のこどもの顔が印刷されたりしているのでしょうか?
今はインターネットが盛んですからなくなったかしら?

旅行に行ってスーパーに立ち寄るのってその地の生活を感じられて楽しいです。
でも、スーパーで牛乳のパックに子供の顔が印刷されていたのを見たときはちょっと驚いてしまいました。
ドラマや映画で見たことがあっても、実際に目にするとハッとします。

このお話の1巻は以前に私が読んだときに書いたあらすじでお読みください。

Whatever Happened to Janie?Whatever Happened to Janie?
(1994/09/01)
Caroline B. Cooney

商品詳細を見る


★Whatever Happened to Janie / Caroline B. Cooney

ミルクのカートンに印刷されていた小さな女の子の顔が自分だと気が付いたジェイニー。
生みの親に連絡を取りました。2巻はそこからのお話です。

生みの親のところにもどることになったジェイニー。
連れ去られた時は3歳だったジェイニーには初対面と言っていいほど、顔も覚えていない本当の家族。
ジェイニーには兄、姉、双子の弟たちがいました。
ジェイニーがさらわれた12年前、赤ちゃんのようだった双子はともかく、兄のスティーブンも姉のジョディも複雑な気持ちを持っています。

上の二人は「また子供がさらわれるのでは!」という恐怖で過敏な反応をする両親に育てられ、窮屈な思いをしていました。
ティーンエイジャーにとって不満は当然。
家も家族にとっては小さいけれど、ジェイニー(本当の家族にとってはジェニィ)が知らないところに引っ越したくないと思った両親の考えで窮屈なまま、18歳のスティーブンは弟たちと同じ部屋で当然不満。

それぞれがいろんな感情をもったまま、ジェイニーもかわいがられた育ての親をパパママと呼んでいて、生みの親をパパママと呼べない。
子どもを連れ去られた両親を気遣って暮らしてきた兄姉は、ジェイニーが両親を傷つけていると腹を立てています。
ギクシャクする家族。


難しい問題ですよね。血のつながりだけでは家族になれないかもしれません。
でも、3歳の子供を連れ去られた両親にとって、その子がもどってくることは何よりもの喜びだったのです。

育ててくれた親を本当の両親と思って疑ったことがなかったジェイニーにとって、家庭環境や習慣の違う本当の家族たちに溶け込めない。

いったいどうすれば一番いいのでしょう。
ドキドキはらはらの1巻とはまた違って、考えさせられてしまいました。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 “Project Princess”

先日“Valentine Princess”を読んだので、続けて#4と1/2“Project Princess”を読みました。
この2冊は本編よりも短いので気楽に手に取れます。

      

★Project Princess(Princess Diaries #4and a half) / Meg Cabot

小国のプリンセスのミア、でも彼女はアメリカで育ってNYに住んでいる高校生。
春休みになってウエストヴァージニアに(田舎って意味でしょうかねぇ)ボランティアで家を建てるプロジェクトに参加することになります。
ミアはボーイフレンドのマイケルと一緒にいたいのです♪
ミアのプリンセス教育をしているお祖母さまは「パームスプリングス(お金持ちのリゾート地)でお休みを楽しめばいいのに」と言っていますが、そんなことより彼と一緒にいたい!
「ボーイフレンドと一緒なのに、シャワーもないところでキャンプだなんて~」と汗のにおいや髪についた匂いを気にするミア。
マイケルと二人っきりになるチャンスは見つけられるかしら?


短いですが、ミアがすごした春休みの日記(ストーリー)です。
シリーズの先が気になっちゃうな~。
でも、図書館でマジックツリーハウスも借りてきたんだった~。

いろんなシリーズに手を広げるもんじゃありませんねぇ。

英語多読 “Valentine Princess”

ずっとシリーズを途中でほったらかしていたことを思い出して読みました。
バレンタインデーなので本屋さんにシリーズのバレンタインのお話が置いてあったのです。

このシリーズの巻のつけ方がおもしろくて~。
このバレンタインデーのお話は4と1/4なんです。
以前にも4と1/2なんていうのもあったのですよ~。
お話が進まないでもどるのか?

私は4巻まで読んでいたので、この4と1/4を読んだわけですが
後で書かれたものなので先を読んでいてもちっともかまわないようです。

        

★Valentine Princess / (Princess Diaries #4 1/4) / Meg Cabot

主人公は14歳の女の子ミア、そして彼女は小国のプリンセス♪
ミアが部屋で日記が見つからないと探していると、古い日記が見つかりました。
なんと、マイケルとの初めてのバレンタインの頃の日記ではないですか!
そう、このお話はミアとマイケルのバレンタインのお話です。

ミアは初めての彼とのバレンタインデーを楽しみにしているのです。
ところが、マイケルはバレンタインデーはカード会社(ホールマーク)の陰謀だとかなんとか。
バレンタインデー否定派なのです。
ミアは素敵なバレンタインデーをおくれるかしら?

本編よりページ数も少なくて、バレンタインデーだなぁと思い出して手にとっても読みきれました。
読みやすさレベルYL5くらい?ちょっと単語難しいかしら?
ティーンエイジャーの言葉がわかりにくからYL5.5~YL6くらいかなぁ。
語数は11,555語。

ティーンエイジャーの言葉って日本語でも「なんってった?」って思うくらいだから気にしないで飛ばし読み。
かわいいわね、14歳のミア。

我が家のバレンタインは...バタバタしていて何もなし~。
チョコレート好きのダンナにはかわいそうだったかな。
遅れてしまったけれど何かしようかな。

英語多読 “Princess in Waiting”

私って本当に浮気者で...いろんなシリーズに手を出してしまうのです。
それもそのシリーズを続けて読んでしまえばよいものを、ずるずると...。
性格ですかねぇ。

『プリンセスダイアリーズ』の4巻です。
なんと3巻を読んだのはちょうど一年前でした~。
遅すぎる...シリーズを読み終わる気があるのかと自分でも疑ってしまう...

この巻も読み始めてから読みたい本があって途中で中断。
旅行に持って行ったけれど飛行機の中では本を読めなかったので帰ってから読み終わりました。

      

★Princess in Wating (Princess Diaries #4) / Meg Cabot

プリンセスのミアは意中の彼とつきあうことになってウキウキです♪
ところがプリンセスという立場、公務が何よりも優先されます。
初めてのデートに誘われたっていうのにおばあさまからダンスパーティーに出るように言い渡される。

初めてのデートは「スターウォーズ」を観に行くのです。
「スターウォーズ」好きのふたりの会話がおもしろかったり。
恋愛指南をするおばあさまが「男は追っちゃだめ、追わせるのよ。」「ジェーン・エアをお読みなさい。」なんて発言!
「ジェーン・エア」っていつの時代よ!笑っちゃいます。

マイケル(彼)に何日あってないかを細かく数えていたり、かわいい恋愛ものです。

私がこの本を買ったのはずいぶん前。
こんな表紙↓だったの。

      

前の表紙のほうが好きだったんだけどな~。

映画はアン・ハサウェイ主演。
おばあさまはジュリー・アンドリュース。

      

原作とは違ってミアが住んでいるのはサンフランシスコ。
サンフランシスコに旅行した後にみたので楽しかったです♪

英語多読 読み始めたけれど...

時間がないのに読み始めてしまいましたー。
読み始めたのは“Cliff Hanger”♪
Mysteries in Our National Parksシリーズの2巻です。
  
         

このシリーズは「ミステリではじめる英語100万語」に紹介されていたのです。

         

私はアメリカの国立公園が好きなんです。
なので気になっていたのです、このシリーズ。

1巻を読んでいないのに2巻を手にとってしまったのです。
1巻はイエローストーンです。アメリカで一番最初に国立公園になったんじゃなかったかな?
私はまだイエローストーンには行ったことがありませ~ん。

2巻はメサベルデです。
実は今度メサベルデに行くのです~。
だからって、これを読んでもメサベルデのことがわかるわけではありません。(汗)
私の興味をひいたというだけー。
だいいち読みきれないよ、旅行までに。

これは旅行から帰ってから、メサベルデを思い出しながら読んだほうが楽しいかな♪

まぁ、未読本を一冊手に取ったってだけのことです。