今日の母のお弁当

お弁当箱を先日から新しいものに変えました。
母はまだ覚えてくれていないので、お弁当屋さんに返そうとする~
スヌーピーのお弁当箱は私のよ!と言ってもスヌーピー知らないわぁ。
「のらくろ」なら知ってるだろうけど、そんなイラストのお弁当箱は探せません!
って、あったら逆に高かったりするかも。

     IMG_2852_convert_20170426114103.jpg

・ピーマンの肉詰め
・ミニミニトマト
・卵焼き
・高野豆腐

ピーマンの肉詰めは食べられるだろうか?野菜を食べてほしいと作ってみたけど。
ミニミニトマトも湯むきしました。ブドウと間違えそうなくらい粒が小さいの~
卵焼きはカルシュウムが取れるかとアミエビ入れてネギも入れてあります。
高野豆腐は今までのが私たちには柔らかすぎたのでメーカーを変えました。
母にはどうかなk?

お弁当持っていってきまーす!
スポンサーサイト
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

英語多読 “Drgaons Love Tacos”

図書館でお借りしてきた絵本です。
先日、家でタコシェルにチリコンカンでタコスを作って食べたものですから、思わずお借りしてきました~
ドラゴンじゃなくても美味しいタコスは大好きですよね~♪


    

★Dragons Love Tacos / Adam Rubin、Illustrated by Daniel Salmieri

ドラゴンたちはとってもタコスが好きなんだ!
もしドラゴンと友達になりたかったら「タコス!」これがキーになるんだ!
ドラゴンを呼んでタコスパーティー!これだ!
でもね、これだけは忘れちゃいけない。
ドラゴンにはスパイシーなタコスはダメだってこと!
もしドラゴンにスパイシーなタコスを食べさせちゃったら大変なことになるんだ。
おいおい、そのサルサソースに入っている緑色のはなんだい?
あー、ダメだって言ったじゃないか!スパイシーなタコスは...

ええ、みなさん、ドラゴンとタコスパーティーをなさるときはくれぐれも気を付けて!
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

らでぃっしゅぼーやのお野菜で作り置き4月4週

風邪がやっとおさまってきて、咳は出るものの味は...わかるかなぁ~???(笑)

   IMG_2851_convert_20170424190015.jpg

・高野豆腐の煮物
・菜っ葉の炊いたん(こまつなと加賀揚げ)
・長ネギ(ぬたにします。)
・新玉ねぎのスライス
・半熟煮卵

高野豆腐はまとめて買ったのでたっぷりあるんです。
菜っ葉の炊いたんは今夜食べてしまうかなぁ。
風邪をひいていたので、ここ数日料理が適当でぇ。
主人が頑張っていろいろ作ってくれていました。

新玉ねぎが届いたのでオニオンスライス♪
子供の頃から火の通った甘くなった玉ねぎよりオニオンスライスが好きという子供でした。
そのころから酒飲みの素養があったということだろうか?
半熟煮卵もサラダに添えましょうか~

まだまだ調子が戻っていないので、今日はこれだけ。
テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

英語多読 “Friends”

「はらぺこあおむし」でお馴染みのエリック・カールさんの絵本。
エリック・カールさんの絵本たくさんありますね~。
どれくらい読んだかしら?

    

★Friends / Eric Carle

男の子と女の子、二人は仲良しでした。いつも一緒。
でも、ある日女の子は引っ越して行ってしまったのです。
「どこに行ってしまったとしても探し出さなくちゃ!」と男の子は旅にでるのです。

海を越え、山を越え、草原を渡って男の子は女の子を探しに行くの。
海や山や草原が大胆で色鮮やかで
「きっと見つかる」って思えてきちゃうのです。

語数 269語 英語も易しいので多読初心者向きですね。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

英語多読 “Mr. Wishing Went Fishing”

最近、図書館に行く時間がなかなかないので絵本を読む機会が減っています。

今回お借りしてきたのはG+D Vintage Books というのです。
ペンギンランダムハウスから出ているクラッシック絵本のシリーズのようです。
1940年代50年代60年代のクラシックなイラスト。
今の絵本とはまた違った魅力があります。

   

★Mr.Wishing Went Fishing / Irma Wilde、Pictures by George Wilde

船のような形の部屋に住むウィッシングさん。
釣りに出かけて自分の金魚鉢にぴったりのお魚をみつけスキッパーと名付けます。
寂しそうにしているのでヒトデを取ってきて入れてやりましたが「こんなチクチクしたのはイヤ!」と言われます。
そうか、と今度はカニを取ってきて入れてやりましたが「カニなんて大嫌い!」。
そして...。

かわいいイラスト、ほのぼのしたお話し。
読んだのは初めてでも、どこか懐かしい。

G+D Vintage Booksのシリーズ、図書館さん他にも所蔵しているかしら~

語数は1000語ほどです。
テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌